コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

阿蘇エバンジェリスト

925yado_DSC1282.jpg
今朝の大観峰

8時過ぎだと観光客もまばらで清々しい。

ならばと駐車場に車を置き展望所までのアスファルト道路の左にある遊歩道を登った。

仕事前のちょっとしたトレッキング気分は実に爽快。




























925yado_DSC1283.jpg































925yado_DSC1284.jpg





























925yado_DSC1274.jpg
狩尾峠や小嵐山でマラソンとは違う格好で走る人を見かけることがあるがトレイルランの人たちだろうか

山野を走るトレインランニングの第一人者、44歳の鏑木さんはいまでも世界の第一線で活躍している。

「主戦場を100マイルなど長い距離のレースにしたのはなぜ?」という質問に

「短い距離のレースはフィジカル勝負。しかし、長い距離なら、培ってきたメンタルの強さを生かせる。短いレースはいわばアクセルを踏みっぱなしでいい。長い距離になると、いつ踏むかがカギとなる。ときにはニュートラルの状態にして体を休ませる。最後の最後に、もうひとつの燃料タンクを出してくるイメージで勝負する。100キロまではレースをしている感覚ではなくリラックスして走る。そうしないと心が疲れてしまう。そのへんのさじ加減は経験を積まないとできない」

年齢とともに、どういう能力が落ちたかと感じ、それをどうやって克服しているのですか。

「脚力は明らかに低下する。でも、スタミナはアップする。若い選手より長い間、走ってきているわけだから当然なのかもしれない」

理にかなった心強い考え方だな。
確かに壱岐の50キロや英彦山ヒルクライム15キロより、自転車始めたときから阿蘇を100キロ以上走るのが普通と思っていたから、次に挑戦するツール・ド・沖縄市民100キロが経験が生かせていいかも知れない。、まあそういう理屈もなるから前向きに自分を思い込ませよう。

今朝からいつもの朝錬を再開した。





















925yado_DSC1278.jpg
一昨日からお泊りの東京のSさま

早朝ラピュタにミルクロード、草原の道い、箱石峠・吉田線・坊中線で阿蘇山巡り

帰りは阿蘇駅から列車に揺られ帰路の途中だろう。

たぶん2泊の阿蘇旅を思い出しながらビールで乾杯していらっしゃるじゃないかな。

もう一方、長崎のKさまは翌朝の出発に間に合わず写真をお撮りすることはできなかった。

事前に自転車で来る旨連絡があるのは3分の1、

ほとんどは自転車に乗ったまま玄関に来られ、「予約していた〇〇です」と、

そこでいきなり写真獲りましょうとは言えなくて、

1泊の方だったら翌朝私が出勤する9時までいらっしゃれば撮影可能となる。

よってここで紹介できない方も多い。


























925yado_DSC1269.jpg
神戸からお越しのNさま夫妻

早朝ラピュタは劇的な体験だったようだ。

ミルクロードでは朝陽を浴び輝くススキに感動、所詮ススキは、されどススキなのだ

「茶のこ」も大満足で、草原の道では思わぬ「野生の牛」との遭遇に・・・

完全に阿蘇を手中にされたお二人だった。






















925yado_DSC1270.jpg
宿に泊まって走るベストなタイムスケジュールは、

泊まった翌朝からだが、まずはなるだけ早起きして、早朝ラピュタ&ミルクロードの28キロ

宿に帰いたら速攻で朝湯、さっぱりしたところで8時30分朝食

その後、部屋でブラブラ、ウトウトと過ごし

やおら11時に復活し、2度目のラピュタへ、

ミルクロード、マゼノミステリーロード、茶のこでランチ、草原の道の60キロ、小嵐山、あとは体力に応じて

16時宿着、スタッフがサイクリングの感想を聞いてくるので出来事を笑顔で話し、

陸上実業団チームの合宿地として選ばれる理由のひとつである温泉を堪能、

自然の治癒力を求めた究極のアスリートが通う昔ながらの湯治とは? を自ら体験。


夕食、そしてバーでしっとりと乾杯し、別のスタッフの「どうでしたか?」に

またもや笑顔で阿蘇の素晴らしさを説くことになる。

2日目 朝風呂のあと朝食 時間をゆとりを持って帰る準備をし、最後の〆は「いまきん食堂」のあか牛丼がベスト、昼行ったら何時間待ちになるか判らないので開店前の11時に行くこと。並ばずにすぐに食べれる。これで阿蘇旅が完結する。

そして気づいたら、いつの間にか阿蘇の素晴らしさ語り告ぐひとりとなっているわけだ。













Festina Lente - 悠々として急げ

スポンサーサイト
  1. 2013/09/25(水) 18:55:27|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<明日は阿蘇を走る。 | ホーム | 2013年 英彦山サイクルタイムトライアル>>

コメント

ありがとうございます

湯浦も良さそうですがマピュタも気になりますね!車を途中に置いてってのも可能ですか?峠は往路ランニ ング安全ですか?
いろいろ情報サンクスです!ミルクロードへ家族でドライブ!いいですねー。テンションあがっちゃいますわ。笑

  1. 2013/09/26(木) 23:03:10 |
  2. URL |
  3. パタ #-
  4. [ 編集 ]

パタさま

自転車じゃなくランですね。
今は宮崎銀行女子陸上部のみなさんが合宿されています。その後、TOTOさんや佐川ホールディングスなどプロのアスリートが書く10泊程度合宿されています。

コースは3つあり、日本一過酷なコースと言われるミルクロードのクロスカントリーコース、それにアピカ陸上競技場、すぐ近くの湯浦の5キロ平坦コースがあります。

お話を聞けば湯浦が一番よさそうですね。
狩尾峠、通称ラピュタは宿より片道9キロになり希望距離の倍にはなりますが景色は最高です。早朝は雲海の可能性もありますのでその予兆の際には車でみなさんと一緒にミルクロードから見てもいいですね。
  1. 2013/09/26(木) 13:35:24 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1219-aad438a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: