コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

プチ冒険の朝

92wkkR0014375.jpg
突風吹き荒れ鉛色の雲と下界から湧き上がる霧に覆われた狩尾峠に行ってみようと今朝寄り道してきた。

阿蘇のベストロケーションは、からりと晴れた青空に阿蘇五岳という景色が思い浮かぶかも知れないが、

やや通うと天地創造のような荒々しい大自然の景色が実に阿蘇らしいと感じるときもある。

北外輪山は年間通してこんな天気が多い。

今朝は車から降り横殴りの雨ゆえカメラはないが用意してきたカッパ着て俳諧してきた。

板子一枚下は地獄・・・「ゴー、ゴー」車窓一枚外はそんな風唸る世界だった。

快適な車内から出ると危機迫るようにさえ感じ、いつもの道をヨロヨロと歩たものの200m先の峠まで行けなかった。

短い小さな冒険の帰りいつも目にするチープな看板が実に不似合いに感じた。



昭和の文芸評論家、山本健吉が戦後日本の三大愚行を挙げている。

旧仮名を新仮名にしたこと。

尺貫法をメートル法に変えたこと。

そして住居表示法施工による地名の改悪。

「長年の努力をあざ笑うような奇妙奇天烈な地名の横行」地名とは「日本人が大地につけた足跡である」

「もっとも身近な民族の遺産である」「時代の化石である」「大事にされないのは水と同じである」

(日経 民族学者 谷川健一さんのコラムより)




























91yoteIMG_3318.jpg
新しい月になったので今月の予定ひとつ目

月初めに両親と私達夫婦4人で毎年訪れる長崎県東松浦郡にある小さな島、青島に一泊旅行に行ってくる。

本土から島へ行き来するフェリーの港は御厨港といい元寇に由来する名だ。

元寇2度目の襲来となった弘安4年、14万の元軍が近くの鷹島沖に集結したところを暴風雨が襲い、

元軍は壊滅状態に追い込まれ“神風伝説”がこの時生まれた・・・

2011年には鷹島南沖海底で原型をとどめた元寇船が見つかったというニュースは記憶に新しい。

青島は8年ほど通う島で民宿の方や漁師さんなど親戚のように毎年来るのを待ってくれている。

歴史好きの90歳になる父の元気の源は700年以上前の地獄絵を想像し平和なここの島旅で過ごすことだ。
























91yoteIMG_3924.jpg
今月の予定ふたつ目

22日は英彦山サイクルタイムトライアル(15.1km)に3日目のエントリーをする。

2011年初参加は55分39秒

2012年は屈辱の59分20秒

そして今年は50分切りに挑む。

その根拠は悔しさのあまり朝錬した結果、オートポリス3時間耐久レースで目標周回数を上回る結果を出した。

その際に鹿児島大学宇宙物理学教授の和田桂一さんが

「中尾さんはまだまだ進化している」と言ってくれた。

物理学者はお世辞なんて言わないイメージから可能性を秘めたフレーズだった。

和田さんは鹿児島のセカンドウィンドのメンバーで自転車のお友達

当然、自転車関連やスポーツ医学のプロではないが宇宙を考える専門家の「進化」という言葉は元気になるものだ。

以来、その「進化」を胸に50分を切る目標のために私の冒険をしている。

















Festina Lente - 悠々として急げ

スポンサーサイト
  1. 2013/09/02(月) 18:05:48|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<埼玉よりシニアチームの自転車旅 | ホーム | 草原再生の道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1208-b799eb38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: