コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

草原再生の道

WWQIMG_0797.jpg
台風の前に8月最後のライドを愉しんできた。

菊池を相方のへボーネンさんと二人で出発、怪しい雲行きなのでいつでも引き返えせるよう

予定していた南阿蘇へ行かず南小国から北外輪山方面のコースにした。

出発してすぐに台風の影響だろう湿った蒸し暑さに久しぶりにポタポタと汗がフレームに落ちる。

菊池渓谷に入ると原生林の森はまるで別世界で心地よい冷風に包まれていた。

渓谷から先は極端に車は少ないのだが、今日ばかりは青果市場のトラックが何十台も上って行く。

台風を恐れる農家が、急いで出荷したい気持ちを察して畑で直接買い入れるのだろう。

「原生林の道」を上り進むと急に森が空け「牛乳の道」ミルクロードとなる。

北山展望所で休憩し天候と相談、大丈夫そうなので「マゼノの道」で南小国へ行く。

茶のこが休みだったのでそばで腹ごしらえをし、満願寺温泉を抜けセミがこだまする「里山の道」を愉しんだ。

目指すは「草原の道」

初めて通るにはここの曲がり角が判りにくい。

満願寺から「TAO’S Cafe」の看板通り進み、

店の手前100mくらいにある消防ホース格納庫を右折し小さな橋を渡って左に行く。


























WWQIMG_0759.jpg
「草原の道」とは仲間内で勝手に呼んでる名だが、

南小国からミルクロードを抜けそのまま小嵐山を降りる道でカルデラマラソンのコースでもある。

ほとんどというか、まず車が通らない放牧の牛を管理する道で

人が珍しい牛たちにとって自転車で通ると鉄条網に沿いに群れで威嚇するかのように追ってくる。

それはまるで野生を思わすギラリとして鋭い目ではじめてのときは心底怖かった。

これがその「野生の牛」に見つけられた瞬間、
























WWQIMG_0760.jpg
今日は追われずに逃げられた。

























WWQIMG_0763.jpg
ミルクロードの下を抜け牧場を通り阿蘇山へそのまま飛んで行けそうな「小嵐山の道」へ

ここでは野生動物とよく遭遇する。

鹿・アナグマ・イノシシ・・・

今日は野うさぎが飛び出してきた。




























WWQIMG_0764.jpg
景色はいいが道は荒れているので細心の注意で下ろう。

























WWQIMG_0767.jpg
小嵐山の道を降りると213号

右に曲がり内牧温泉のコンビニで補給し最後の峠道へ

























WWQIMG_0767.jpg
「ラピュタの道」

麓から上り始め舗装が荒れ出すと陥没したところをスプレーで印し番号を書いてあり

長寿ヶ丘では44番となった。
























WWQIMG_0776.jpg
100番目

























WWQIMG_0779.jpg
明日から天気がくずれるのだろう、山が近く見える。

























WWQIMG_0784.jpg
風が強くなり岩山に遮られ無風のところもあれば、体中に力を入れないと振られてしまいそうになる。

山の斜面の草は波打ち、まるで生き物の群れが移動するかのようで目を奪われる。

ここだけはいつも特別な体験が待っている。

























WWQIMG_0781.jpg






















WWQIMG_0787.jpg
半島のように飛び出した右斜面は追い風で上りなのにスーッと前に進む

背中を押されるのではなく、浮かぶような不思議な感覚にお互い大笑いする。
























WWQIMG_0801.jpg
ラピュタのロケーションスポットでは陥没ナンバー188番





























WWQIMG_0804.jpg
そしてここには、バイクの人や自転車の人ではなく

カップル、それも赤ちゃん連れもいる。

小学生連れの親子も・・・

上からは続々とそんな人達が歩いて下りてくる、

しばらくしたら人で錆びたガードレールと白いガードレールが見えなくなった・・・

始めてみる光景だった。
























WWQ2IMG_0805.jpg
そうこうしているうちに、牧草を満載した農家のおじさんが運転するミルクロードから降りてきた。

今は牧草の刈り取りのシーズンだから早朝より忙しく行き来している。

すると下から自家用車が上がって来て・・・・

この光景に驚くというよりもこうなると予測はされていたはず

夏休みの観光地。




















WWQIMG_0808.jpg
最後の陥没ナンバーは207番

全部修理するのだろう。

入り口には車が10台、どこに駐車しようかと迷う車も・・・

早々に引き上げ菊池へ帰った。


























WWQMG_0790.jpg
最後に寄ったかぶと岩展望所も同じような観光客で賑わっていた。

熊本県の観光マップの表紙を飾った狩尾峠、通称ラピュタの道。

昨年の水害によりさすがに配布をずらされたが、今年になって印刷された数十万部が配られた。

6月下旬、上り口と降り口に遮断機が設置され、やがて道路の陥没箇所の工事となるだろう。

あとはカーブミラーとガードレール増設

それに「速度注意」「離合注意」「がけ崩れ注意」「スリップ注意」の看板に溢れるのか・・・・

自家用車などの往来が増えても私たちは遊びなので意見も無いが、

牧草の刈り取りで急ぐ農家の人達はどうなるのだろう。

今日見たトラックを運転していたおじさんの怒りのような表情

ここは草原再生の道。














Festina Lente - 悠々として急げ

スポンサーサイト
  1. 2013/08/30(金) 17:45:56|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<プチ冒険の朝 | ホーム | 第二幕のために>>

コメント

ヘタレオヤジさん

その日、8時過ぎに「いがぐり苑」というラーメン屋を過ぎた辺りを走っていた方々でしょうか。
赤い車で追い越していきましたが、すごく気持ち良さそうな感じでしたね。

阿蘇及び近郊の道で私が一番好きなコースが走られた菊池発のミルクロードへ行く道です。
菊池渓谷の念仏橋から広葉樹に覆われた木漏れ陽の中を走り、いよいよ上りが終わるといきなり草原の道・・・・
何度走っても感動があります。そこからまっすぐミルクロードを走るもよし、右に曲がるとかぶと岩展望所、ラピュタ、左はマゼノミステリーで南小国へ。そして今朝も一人愉しんでいる人が・・・

今走らずしていつ走るのか・・・と自分に問いたいです!
  1. 2013/09/17(火) 12:18:56 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

とても良かったです(^^)

9月16日 秋の阿蘇を散策しようと道を検索してコルナゴ部長さんのブログを拝見させていただきました。
仲間3人で菊池から今まで知らなかった阿蘇を楽しむことができ本当に感謝しています(^^)
今後はブログを楽しみに拝見させて頂きます。
  1. 2013/09/17(火) 09:23:09 |
  2. URL |
  3. ヘタレオヤジ #-
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

台風の前にしっかり走れて良かったですね。
私も久しぶりに大汗かいて体も絞れたような感じでいい練習になりました。特に翌朝の気分は最高でした。
菊池発120kmのこのコースは最近お気に入りで、ラピュタ上ったらダウンヒルで帰れるというのがいい、下りでも目一杯踏めますしね。

南阿蘇が最近縁遠く、というのも阿蘇望のコースはしばらくは走りたくないというのが本音、気候が変わってまた挑戦したいものです。次回は乾杯付きのフルコースですね!
  1. 2013/09/01(日) 18:44:20 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ひなもんさん

へえー、あれ福岡放送でも流れたんですか・・・
あのために中腹から走ったんですからね、でも最後にアナウンサーが「自転車は下り専用」と読み上げてくれたから出た甲斐はありました。
観光ルールの注意歓喜は実際そのような声が出るか、もしくは大きな事故が起らないと無理なんでしょうね。
  1. 2013/09/01(日) 18:24:12 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

たけとさん

こんにちは、ミニベロでも十分阿蘇は走れますよ。
ただ、用途から言えば街乗りでしょうから、本格的に楽しもうと思えばやはりロードですね。
  1. 2013/09/01(日) 18:18:08 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

部長、お疲れ様でした。怪しい天気と思いきや、最高のサイクリング日和、、、いつもながらの的確なコースプランニングありがとうございます!
まあ、ラピュタの観光客には驚きましたが、、、

おかげ様で、翌日からの仕事も気がのって良い感じで、捌けています。

でも朝練で少しは絞れたかなと思っていましたが、やっぱりまだまだでした、、水分はすぐにとんでいくのに、脂肪はそう簡単に出ていってくれませんね。
とにかく、朝練続けて頑張っていきたいと思います。

また、鋭気を充電したくなったら、よろしくお願いいたします。

PS K子ちゃん、またまた補給食をいっぱいありがとう、頑張って阿蘇通いさせていただきます。
  1. 2013/08/31(土) 17:37:40 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

NoTitle

先日コルナゴ部長とカルキさんが出演されたラピュタのTVを福岡放送でみました。(熊本放送分は見逃しました)
部長とカルキさんのインタビューと走行分含め10秒くらいであとは観光客のインタビュー。観光客の方が長かった(汗)地元の人の大切な道と言っていたものの、観光ルールの注意喚起などはなくどうしたものかと思いました。地元の人からすれば邪魔でしょうがないでしょうね。
  1. 2013/08/31(土) 16:21:00 |
  2. URL |
  3. ぴなもん #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
私はミニベロ乗りのたけとと申します。
ほんといいですね、天気も良くて行ってみたいです^^
  1. 2013/08/30(金) 21:17:29 |
  2. URL |
  3. たけと #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1207-8f2e8f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: