コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

第二幕のために

828kkkIMG_0669.jpg
ここは阿蘇駅バスのりば

ここから路線バス、定期観光バス、九州横断バスなど多くのバスが運行している。

そこで自転車で阿蘇山へ行きたい方は多いだろうが、

坂を上るのが苦手とか、短時間で火口を楽しんでみたい方など手軽に山頂まで行けるのがバス輪行。

当然、輪行袋は必須で乗るバスは阿蘇登山線。

まずは阿蘇駅からフラットな草千里まで豪快な景色を車窓から見ながら35分で草千里到着。

終点の阿蘇山西駅でもいいが、せっかくのサイクリングだから草千里で降りて走ってみよう。

西駅から有料道路(自転車は無料)で1キロ足らずで火口まで行ける。

ただ、15%以上の勾配箇所もあるのでこける前に無理せず押して行こう。

帰りは阿蘇駅までのダウンヒルが満喫できる。

阿蘇駅にはロッカーがあるので出発時に荷物はここに預けると便利だ。

体力が落ちた方でも十分楽しめる阿蘇は目前に悠然とそびえる。

























828kkktaime.jpg
一番近いバス停は「宝泉前」で宿まで50m

泊まった翌朝に観光で阿蘇山に行かれる方はほとんどの方が9時34分に乗られる。

自転車輪行の方もこれに乗れば楽勝で阿蘇を愉しめる。

でも時間が合わなくても阿蘇駅までは6キロ、タクシーで10分、1600円位で行ける。




























828kkk_DSC0978.jpg
さて、猛暑から盆の大雨、止んだと思ったら秋になった阿蘇。

朝夕は17度と涼しい、がまたたく間に冬になり

11月までが雲海が見れる阿蘇サイクリングのトップシーズンとなる。



そんな情報を得た自転車乗りが雲海を狙って遠方より訪れられている。

こちらは福岡の自転車仲間のU君、忙しい仕事の合間に自走とJRを織り交ぜ来られた。

今朝会うと満面の笑顔・・・

「雲海でした!」

今朝通勤のときもまだ薄っすらと残っていたが早朝はさぞや見事だったろう。


























828kkk1377600958939.jpg
今朝のラピュタの雲海の写真がメールで届いた。

送り主は25日から阿蘇入りしている山形の須藤さん

2日連続雲海遭遇の宝くじ当選者

たぶん。
























828kkkNCM_0335.jpg

第二幕のために阿蘇はある。

存分に愉しみあれ。












Festina Lente - 悠々として急げ -


スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 18:59:19|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<草原再生の道 | ホーム | コルナゴ部長2.0>>

コメント

oouchida さん

はじめまして、
阿蘇駅前からの登山道(坊中線)は、大型バスやマイカーが多くて、シーズン中や日曜など自転車で上るにはあまり楽しくありません。そこでポケットサイズの輪行袋によるバス輪行で山頂付近のサイクリングを体験できます

山頂だけではなくもっと走りたければ、交通量の少ない吉田線で南阿蘇に下り、高森からこれまた車の少ない265号で箱石峠を上って帰ってくるコースもおすすめですね。
いずれにしても、上り坂が苦手の方はまっすぐ走れませんから阿蘇でも交通量の多い坊中線は気をつけたいがいいですね。
私もファームランドや米塚方面から合流する268号から先の、カーブが多い上りでは路側帯が狭く大型バスに追い越される際に内輪差によって何度も危険を感じたことがあります。

「阿蘇を上る」にはこのような体力や季節に応じた方法やコースがありますから今後も紹介していきたいと思います。

ラピュタの番組、お恥かしい・・・
でも最後に「自転車は上り専用の道」と言ってくれてミッション完了でした。
「秋には挑戦」とは阿蘇はすでに秋ですよ(笑)
  1. 2013/08/30(金) 10:13:03 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

目からうろこ・・・

初めてコメントします。TEAM PARABOLA oouchidaと申します。
登りはバスで輪行、下りだけの阿蘇。そんな楽しみ方もあったんですね。

今日、テレビで拝見しました。
まだ未経験のラピュタ。今秋こそはと思っています。
  1. 2013/08/28(水) 19:58:44 |
  2. URL |
  3. oouchida #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1206-6dc66c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: