コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

何でも面白がってしまおう

2812su_DSC0955.jpg
宿には露天風呂付きの客室が二つあり、ここは「草原」という部屋の掛け流しの風呂。

なかなか洒落ていて2食付で一人2万円前後と宿では高い方だが一番に売れる部屋だ。
























88hIMG_0690.jpg
この部屋を予約すると食事は個室の食事処で内容もワンランク上の料理になる。

一般的な客室(和室8畳洗浄トイレ付きバス無し)の夕食がレストラン食の場合11700円。

だがこの二つの条件を加えると15900円になる。

天然温泉の風呂を部屋を出るまで独占できることに価値を見出す人ならそう高くはないだろう。



さて、宿は盆シーズンで月初めよりずっと賑わっている。

私もこの時ばかりは非力ながら戦力というか頭数の内で下足から受付までの案内している。

下足とは純和風の宿だから玄関で履物を預かることだが、宿のオーナーら自ら接する大事な接客である。

まずお客さんが着かれたら名前を聞き利用される部屋を記憶する

名前と部屋が書かれた下足箱に履物を入れ、出られるときは自分の靴を探すかのように自然に並べなくてはならない。

若いスタッフは21室分憶えるのだから大したもので私は到底できない。

でも加齢とともに記憶力が弱くなるのを感じる今、

体力の右肩下がりを緩くする趣味の自転車と同じように、頭の体操と思えば楽しくも面白いものだ。

それと盆が空けたらまた自転車の方と会えるのが何より楽しい。

一人旅2食付12750円

朝食付きは8550円

自転車旅、応援しますよ!
























810nonIMG_0680.jpg
今月の文藝春秋より

ここはコート・ダジュールの避暑地・避寒地として有名なゴルフ・ジュアン

パラソルを掲げ持っているのは65歳のピカソ

さっそうと笑顔で砂浜を歩くのはピカソの愛人で画家志望のフランソワール・ジロー26歳。

沢木耕太郎さんはこの写真を見て、

「ピカソの何でも面白がってしまおうという性向が見事に撮られている」


























mrsu2013812.jpg
2006年から八重洲出版されているサイクルロードレース専門誌チクリッシモ
























mrys1375161985.jpg
世界のサイクルロードレースでオートバイに乗っての撮影を許されている数少ないフォトグラファーの一人

砂田弓弦さん、

チクリッシモの監修も務められている。

砂田さんは世界各地を回る仕事について自身のブログにこう書かれている。

「仕事の満足度はこんな感じです。
いい写真が撮れたときには30%
それが媒体に掲載されたときには60%
それを見た人から誉められたときに90%
良いお金が入ったときに100% 

最近だと、ガゼッタで2ページに渡って掲載された写真。
チクリッシモのグラビアとしても使いました。
ヴィスコンティ本人からも誉められました。
だけど、ガゼッタの写真料は雀の涙なので、90%の満足度止まりでした(笑)」


100周年のツール・ド・フランスを自身25年目の撮影を終えて現在ミラノのオフィスから短い帰国中。

そこで阿蘇でこんな考えで、こんなことやってますと・・・・

砂田さんのフェイスブックに送ったら・・・・・

何と返事があった!
























mrys1369730563.jpg
                                           写真:砂田弓弦氏の公式ブログより涼しげな一枚


『中尾さん、こんにちは。

メールありがとうございます。

日本でレースを撮影することは年間1、2回しかないので、あまり各地に行っておらず、

阿蘇山も見たことがないのですが、きっとすばらしいところでしょう。

ヨーロッパでも自転車とホテルをいっしょに売り出しているところはたくさんありますから、

阿蘇を自転車でさらに活気づけてください。

それでは!』











Festina Lente - 悠々として急げ -

スポンサーサイト
  1. 2013/08/13(火) 15:50:08|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<試走 試作 試飲 | ホーム | 満貫上がり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1200-1a41801a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: