コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

阿蘇カルデラ観光列車『あそ1962』に乗ってきました。

あそ1962

阿蘇カルデラ観光列車『あそ1962』に乗ってきました。

あそ1962号とは、カルデラライナーとも呼ばれ、熊本駅を始発にスイッチバックを登り阿蘇の宮地駅を終点とする1962年(昭和37年)製のレトロな列車です。
2両編成の可愛い列車は、内装も昭和30年代がよみがえる木の温もりに満ちた雰囲気、田園と勇壮な阿蘇の山々の車窓風景が楽しめます。

また、自転車ごと乗車できるカルデラ・サイクルトレインの顔も持ち、愛車をサイクルスペースにセットし(7台)阿蘇のサイクリングも満喫できます。

そこで友人6人と自転車を持ち込み阿蘇を走る予定でしたが、あいにくの雨模様にサイクリングを断念、自転車抜きで「あそ1962」に乗車してきました。
お客さんは列車マニアの方々が多かったですね、列車のいたるところをカメラで撮影され、沿線でもかなり方が三脚立てて撮られていました。私達は列車販売の地ビールで乾杯し宴会ムードを堪能しました。

お昼は事前予約をしていた名物駅弁「阿蘇うなり弁当」が味もボリューム満点でたいへん美味しかったですね。宮地のお店の名物料理が並び、五目炊き込みご飯は「はなびし」、豆腐天ぷらは「木村とうふ店」、馬スジ煮込みとハンバーグは「阿蘇とり宮」、ハムカツは「ひばり工房」、しょんしょんは「やまべ麹屋」、デザートのおはぎは「後藤万十店」の6軒。

宮地に着いたら阿蘇神社や近頃評判の湧水散策水基巡りを楽しみ、帰りは普通列車で帰ってきました。久しぶりにガタンゴトンとレールの音を聞き優雅な一日となりました。


土日休のみ一日一往復運行、今年は11月30日まで、来年は3月1日より、団体の場合営業期間外でも運行する場合も、立野よりトロッコ列車に乗り換え高森まで楽しむ方法もあります。

※乗車券・自転車持込・弁当はすべて事前予約
予約お問い合せ:南阿蘇鉄道高森駅
TEL:0967-62-0058  こちらのサイトを参考にどうぞ

スポンサーサイト
  1. 2008/11/10(月) 18:35:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<竜王戦・羽生名人が3連勝 | ホーム | 菊池渓谷の紅葉>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/03/06(金) 14:49:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/120-f0bd48b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: