コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

おだやかなることを学べ

626bozIMG_0297.jpg
大観峰の近くの乗馬クラブグリーンバレーで厩舎に帰すのを忘れられたのか数頭の馬が月明かりのなか草を食んでいた。
車を停め木製のフェンス越しに近づくと、すぐ目の前で動きながら草を食む自然の姿は優雅で美しく轟々と吹きさらしの草原で見とれていた。

乙姫の草原で馬に乗って夜空を見ながら散策するという体験ツアーが旅館組合により開催されている。草原の夜という究極の神秘さのなかで人なら誰もが恐怖心に震えそうなところ、雄大な自然のなかで頼り甲斐がある馬と接することは昔からの人と馬の関係だろうと思った。それに星空を眺めることも素晴らしそうだが、心を交わす馬と過ごす時間が貴重な体験のようにも感じた。

やはり物事は自分の目で判断しないといけない。でないと記憶のなかの事例がフラッシュバックし「そんなのやめよう」とか「値段が高かそう」とか「行くまでが大変」とか、トムとジェリー的に天使が悪魔に追いやられ挑戦欲がしぼんでしまうのだ、私の場合。だからそんな非日常的体験を提供するにはもっとリアルに目の奥まで迫るように魅力を伝えなければいけない。





























626boz_MG_9690.jpg
とりあえず宿の魅力のことは写真と



























626boz_MG_9112.jpg
只今製製作中のパンフレットで

今の時代とも考えるが、やはりシニアの方にはそれなりのものが必要。






























626saruto2013.jpg
さて、いよいよ開催まで20日となったオートポリス3時間耐久レース

レース志向の選手は集団となり風のようにコース内側を走り抜ける。

その歴然とした体力の差を目の当たりにしながら私みたいに自分の目標の周回数を達成したいものは外側を走る

チームとして交代で走ったりファミリーでも外側を走れば安全に楽しめる大会だ。

いずれにせよ3時間を完走したあとの達成感はやってみないと判らない。






























sarutoIMG_0002.jpg
来年の熊本城マラソンは2月16日に開催と発表されエントリーは8月1日から





























sarutoIMG_0005.jpg













sarutoIMG_0007.jpg













sarutoIMG_0006.jpg













saruto0000IMG.jpg
マラソンの報道はメディアでもにぎやか、これらの記事は全部日経新聞でいろんな側面から取り上げられている。

理由は購読者がそんな人達なのだろう。

東京マラソンをきっかけとしたランニングブームによりジョギング・ランニング人口は1000万人を越えた。

多くの大会では開催費が、大会スポンサー・選手・地元自治体のそれぞれが3分の1づつ分担する構図となっている。

よって開催地における経済波及効果も発表されている。



「経済波及効果は、あくまで推計値であり、各自治体の大会運営のために支出した額と比較すべきものではない。むしろ大会によってもたらされる各自治体の税収の増加と比較することが適切だと考えられるが、これもいくつかの仮定条件を置いた上で分析する推計値でしか計算はできない。したがって、マラソン大会の効果を見る場合には、単純に金額の比較ではなく、マラソン大会を実施した場合と実施しない場合の地域にもたらす影響を多面的に検証することが望ましいと考えられる。つまりは、プラスの効果と共に、マイナスの効果もできるかぎり把握する必要がある。
例えば、京都市の場合、市内を訪れる観光客は、年間5000万人で、京都マラソンが行われた3月だけでも450万人が訪れている観光都市である。単純計算でも土日の2日間で最低30万人の観光客が訪れており、京都マラソンを開催しなくても観光客による経済効果が生じていると考えられる。また、マラソンの開催によって、その日の市内観光を取りやめた人も存在したかもしれない。したがって、マラソン開催した週末と開催していない週末と市内のホテル稼働率がどのくらい変化しているのか、市内各観光地や商店街の人出は増えているのかなど、比較して見ることが重要である。

中略

ランナー初心者は、フルマラソンを完走することが第一目標となる。そして、フルマラソンを完走して、中級者のレベルに到達したランナーは、次のステップとしてフルマラソン以外の別の領域に参加する傾向がある。具体的には、フルマラソンよりも長い距離を走る「ウルトラマラソン」、水泳、自転車、ランの三種目で競う「トライアスロン」、道路ではなく山道を走る「トレイルランニング」の三つに大別される。中でも「トレイルランニング」に関しては、「山ガール」という言葉も流行して、女性の参加人口の割合が増加している。また、「トレイルランニング」は、オフシーズンのスキー場のゲレンデや宿泊など各種施設を活用することができ、スキー・スノーボード人口が減少の一途をたどる中で、観光刺激策の一つとして有効である。

「ウルトラマラソン」、「トライアスロン」、「トレイルランニング」は、開催場所が都市部から離れた場所で、自然豊かな場所で行われることが多く、交通規制をかける必要がないケースが多い。また大会自体、通常のマラソン大会以上に長時間を要するため、参加者は必然的にその土地に宿泊することが必要で、宿泊需要を見込めるイベントともいえる。」

以上 株式会社 価値総合研究所  パブリックコンサルティング第二事業部 丸山 智由氏
市民マラソン開催による経済効果と今後の課題より抜粋



まさしくその通り。

熊本城マラソンは縁遠くうんぬんの立場ではないが、

阿蘇カルデラマラソンの前日と当日、内牧温泉の宿はランナーで賑わう。

これだけのマラソン人気のなか地の利を生かして何か形にしたいものだ。



























626bozIMG.jpg
うっとおしい梅雨におすすめは懐かしのボズのバラード

スローダンサーを絶唱しよう。

すると、おだやかなることを学ぶ。

「STUDY TO BE QUIET」

アイザック・ウォルトン「釣魚大全」の最後の一行、釣師のバイブルであり最近の日常の心得でもある。













Festina Lente - 悠々として急げ


スポンサーサイト
  1. 2013/06/26(水) 19:46:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『世界』ジオパークを目指すなら | ホーム | 梅雨が空けたら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1180-c06633d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: