コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

雨に走るGIANT人

619rin_DSC0658.jpg
アルミフレームの中で技術力と質の高さで人気が高いのがキャノンデールのCAAD10。それに肩を並べる上質な乗り心地でよく走ると言われるのが職人が磨き上げる溶接痕のない美しいフレームDEROSA TEAM。

なんとその完全なロードバイク仕様で日本各地を旅する方がお越しになった。コンポはデュラエース、ホイールがフルクラムゼロ、それにチャリ旅には珍しいビンディングシューズ。




























619rin_DSC0660.jpg
仙台からお越しになり次なる宿泊地は高千穂。




























619rin_DSC0663.jpg
補給食にと陣太鼓をあげたら「頑張ります!」と笑顔が素敵だった。

聞けばりアバッグは16キロ、上り坂では前輪が浮かないよう重心を前にしなくてはならないそうだ。

雨降るなか何度も頭を下げ宿を発たれた。




























619rin_DSC0669.jpg
そして昨日、台湾から12名の自転車乗りがお越しになった。

この方が全員の荷物と輪行バッグに自分の自転車を入れタクシーで阿蘇駅から先に着かれた。

その後、阿蘇駅からレインウェアーのシニアの方々が続々と到着。





























619rin_DSC0673.jpg
まずは温泉に入り一息、その後は洗濯したりライブラリーの自転車の本を眺められていた。

明日は阿蘇に上るそうだ。

距離や高低差など質問攻めにあったが雨なら絶対走らないと口を揃えて言われた。

余程阿蘇の雨は懲りられたようだ。





























619rinIMG_0371.jpg
昨晩は宿に泊まった。

朝、台湾の方に見送られて狩尾峠の麓、長寿ヶ丘公園まで走った。

帰るとちょうど雨が降り出し台湾一行は自転車を諦め定期観光バスで阿蘇山に行かれたが、

帰って来て元気なシニアは雨のサイクリングに行かれた。

こちらに置いている私のCLXを見て「いい自転車じゃないか」と写真なんか撮られた。

「フレームはメイドインタイワン!」と言うとハイテンションに喜ばれた。

少し日本語が話せる方に私用の名刺を渡したら「この写真見たことある」とびっくりされた。

それは3年前にfunrideに取材されたのだが、その雑誌を持っていると言われこちらはもっと驚いた。


台湾では子供からシニアまで自転車人気が凄いらしい。それにサイクリングロードも整い自転車の市民権は高い。


何しろGIANTの国だから。

このような台湾からの自転車旅の方々は大歓迎、

GIANT企画&スポンサーの阿蘇サイクリングツアーなんてできないものかと夢は大きく持ちたいものだ。













Festina Lente - 悠々として急げ


スポンサーサイト
  1. 2013/06/19(水) 17:19:46|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<80年前のこと | ホーム | 合わせ湯の効果>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1177-84063fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: