コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

足跡を残した阿蘇

62goo_DSC0530.jpg

「巷に雨の降るごとく 我が心にも雨ぞ降る

 かくも心ににじみ入る この悲しみは何やらん?」





カルデラスパーマラソンは雨だった。

100キロは朝5時にスタート、しばらくしたら雨が降り出し

50キロは雨のなか11時にスタートした。

ポツポツ、シトシト、パラパラ、ザァーザァー、雨の世界を走る1500人・・・





「やるせなき心のために おお、雨の歌よ!

 やさしき雨の響きは  地上にも屋上にも!」



























62goo_DSC0554.jpg
「消えも入りなん心の奥に ゆえなきに雨は涙す。
 
 何事ぞ! 裏切りもなきにあらずや? この喪そのゆえの知られず。」





「笑顔を見せて」と子供も言っているが

でもそれは無理だろう

標高900mを超える雨の原野は寒いゆえに霧また霧

農道は水溜り

じゃぶじゃぶ走るミルキーウェイ

やまない雨はないと言うが、この日はやまなかった・・・






「ゆえしれぬかなしみぞ げにこよなくも堪えがたし。

 恋もなく恨みもなきに わが心かくもかなし。    

 巷に雨の降るごとく 我が心にも雨ぞ降る」




















62goo2_DSC0532.jpg
奥さんと一緒に来た東京の友人は50キロ走り帰って来た。

昨年より10分早い5時間18分!

その時100キロのタイムは11時間18分!!


























62goo_DSC0541.jpg
この人もゴールを祝い駆けつけた!



























62goo_DSC0549.jpg
すべては歓喜のこの瞬間

足跡を残した阿蘇はこれから何度も反芻することができることだろう。



このくらいのタイムでゴールする人はそれなりの疲労感の「人間」だが

以後はまるで「ゾンビ」



多くの人がゴールするのは16時以降、

その後風呂で汗を流したり身体のケアとか考えると遠来の方はゴール後に帰ることができず泊まらなくてはならない。

だから金曜前泊の土曜が大会で日曜アウト、となる。

よってゴールする阿蘇内牧温泉は宿泊者で賑わう。

スポーツイベントは地元に経済効果を与えることが基本。



5時間も10時間も走ったずぶ濡れの人が宿に帰ってくると膝が曲がらなくシューズを脱ぐのが一苦労のようだった。

でも心配ない。実業団も雨をもろともせず練習する。宿は20年以上そんな選手たちのもてなしの経験がある。ひとつに玄関にはバスタオルが敷かれ選手は腰をおろしシューズを脱ぎ置いてある新聞紙を詰め乾かす。

疲労が激しい人やシニアの方には、部屋に戻らないでいいようにその場で着替えの浴衣を渡し、そのままお風呂に直行し疲れをほぐし生まれ変わってもらうようにしている。そのような歴史もあってか2泊・3泊される方は常連が多くなかでも連れの方と一緒の仲睦まじい夫婦が目立つ。そのような方は宿のルールも承知されているので、スタッフも阿吽の呼吸で送り出し、受け入れ、奥様の一人観光の案内にもお手伝いする。





















62goo_DSC0556.jpg
そんなマラソン参加の方に混じり福岡からお越しなった自転車乗りのM夫妻

曇りになった翌朝、二人でラピュタに行かれた。


























6262gooDSC0561.jpg
夫婦で共通の趣味を持つことが人生にどれだけプラスをもたらすことだろう。

例えばこのお二人が楽しく過ごす時間は自転車によって作られているように感じた。

それは霧が晴れるのを期待しやっと見えてくる景色を愉しむためではなく、あの山を越え念願のラピュタに行くことであり、そこが晴れているか霧なのか雨なのか、それはどうでもよいこととであり二人で同じ体験をすることに価値があることだ。

午後を過ぎて宿に帰って来られた。

残念ながらラピュタは霧で景色は見れなかったそうだ。

でも見えない霧の世界でも感動したと満面の笑顔で話された。

「モノ」から「コト」へ消費の流れが変わってきているように

家族とのつながりのための投資は「コト」のための「モノ」である。

うっとうしい雨も霧も家族と一緒だったら感激するほど楽しめることがあるということだ。















Festina Lente - 悠々として急げ-
スポンサーサイト
  1. 2013/06/03(月) 08:49:36|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<休日の過ごし方 | ホーム | 流儀>>

コメント

サルトさん

やはり玄関ではそうでしたか、普通と雰囲気違っていましたからね。やや朦朧でした。

最近は家内も走らず「モノ」があるからこそ自転車旅の「オトモ」という応援です。

さて、1年ぶりに輪行袋入れの練習をしております。

苦手です!
  1. 2013/06/05(水) 16:11:17 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

去れどサルト

サルトさん二度目完走おめでとうございます。ゴールした者だけが出来る笑顔ですね。またゆっくりお会いしましょう!壱岐での赤コルナゴ撃沈よろしくお願いします(笑)
  1. 2013/06/03(月) 15:32:15 |
  2. URL |
  3. カルキ君 #-
  4. [ 編集 ]

「トモ」に迎えられた東京の友人

ピーカンの高温よりも雨の方がといいつつも、標高900mを超える雨の原野は霧また霧、農道は水溜り、じゃぶじゃぶ走るミルキーウェイ、楽しかったよ!!
走り終え朦朧とした頭には玄関に用意されたバスタオル/古新聞も視野には入らず、情けなし、修行がたりませんね。
「モノ」から「コト」、夫婦の「コト」が共通の趣味である必要もありません。家内は走らず(ランもバイクも)旅先ではそれぞれの趣味に走っておりますが一緒に旅に出る「コト」が楽しみです。
それになにより「トモ」でしょうか。
  1. 2013/06/03(月) 14:12:58 |
  2. URL |
  3. サルト #YCdeWPgQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1170-62805457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: