コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

阿蘇流歓迎会

516roku_DSC0263.jpg
阿蘇乙姫の交差点から森に入ったらすぐのところにある「Aso Country Life 六月の風」さんに泊まってきた。

ここは国道に近いのだがつい忘れてしまうような深い森の中にあり、まるでカナダやアラスカのような雰囲気のところだ。静かな森のあちこちから野鳥の声が飛び交い爽やかな風が実に心地よい。敷地内のあちこちの細やかなところまで長らくアメリカをトレーラーで旅したオーナーの宇野夫妻のセンスが光り気軽に非日常的体験ができる住処だ。



























516rokuR0014298.jpg
この日は「六月の風」さんで阿蘇の友人たちと宇野夫妻を交えた飲み会で家内も初参加。



























428yadoR0014282.jpg
阿蘇の人は集合時間など決め事に極めていい加減というかおおらかだ。それにこういうとろこでの飲み会は、会費制ではなくおおまかな食材の担当は決まるが飲み物やちょっとした食べ物などみんなが持ち寄るのが習慣のようで最初の頃は戸惑ったものだ。阿蘇に来てすでに1年も過ぎ慣れてきたのでなかなか事が始まらない時間の過ごし方も愉しめるようになった。

例えばマウンテンバイクで森の中を走ったり、


























516roku_DSC0268.jpg
マニアック車を見せてもらったり、

というかこれは阿蘇のビンテージビートル専門ショップのオーナーの車で世界に一台の希少なビートル



























516roku_DSC0287.jpg
薪割り

コツをつかめばスパッと割れ楽しものだ。





























516roku_DSC0369.jpg
「Aso Country Life 六月の風」さんは、現在このアメリカ直輸入の長さ34フィート(約10.3m)あるトレーラーハウスの中でも一番豪華なAIR STREAM2台で営業されている。それぞれ定員は4名で空調やベッド・ソファセット・洗面・トイレにシャワーなど普通の家と同じ設備でキャンピングカーと違い本来牽引して生活するほとんどホテルのようなものである。




























516roku_DSC0253.jpg
ご好意により泊まらせていただいたのは、

明日テレビ取材のため現在メンテナンス中のダブルベッドタイプ定員2名のAIR STREAM

これでも十分過ぎる豪華さ。




























516roku_DSC0255.jpg
通常料金は、ニ食付き10500円から、朝食付き6800円、素泊りだと5000円でトレーラー体験ができる。
























516roku_DSC0254.jpg
夕食朝食とも食事処、別棟にトイレや五右衛門風呂など浴場施設もある。



Aso Country Life 六月の風
予約はこちらへ 0967-24-6555 

じゃらんネットからも予約できる。


























516roku_DSC0266.jpg
焚き火の準備もできた。




























516roku_DSC0280.jpg
馬刺し・馬レバー刺し・あか牛の炭火焼きなど肉類はカルキさん提供

阿蘇ネイチャーランドのマサヤ君は実家の親父が釣った鯛を持参




























516roku_DSC0295.jpg
焚き火パーティスタート

薪がはぜる音

炭火焼のいい香り




























516roku_DSC0314.jpg
大人の遊びは延々続く・・・・

と思いきや

「では二次会会場へどうぞ!」と宇野さん


























516roku_DSC0322.jpg
料理は宇野さんんも手料理が所狭しと並び

そして、東京でジプシースィングジャズのギターリストで人気の手島大輔の師匠

カルキさんのライブ!



























516roku_DSC0318.jpg
家内も演奏に感動!

リクエストしたら何でも弾いてくれる

























2516roku_DSC0352.jpg
仕事柄、パラグライダーや気球で天空を舞う阿蘇ネイチャーランドの坂田君、

社長さんだがやはりここでも有頂天に舞い上がっていた

というか私たちの記憶も飛んでいたのだが・・・



























516roku_DSC0303.jpg
六月の風宴終了。

終わって判ったが今夜の趣旨は家内の歓迎会だった。











Festina Lente - 悠々として急げ-



スポンサーサイト
  1. 2013/05/17(金) 19:49:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<だから愉しもう | ホーム | 時代の象徴>>

コメント

カルキさん

完全燃焼したので記憶もおぼろげでした。
ストーンズライブが究極のライブと信じる家内は感動の夜でした。
それに字を書くようにスラスラ描かれる五線譜書きにはびっくりしておりました。

次はカルキバーに行くそうです!
  1. 2013/05/18(土) 11:49:04 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

盛り上がり過ぎて困りました!奥さんは私のライブ歴のなかでも3本の指に入る強者オーディエンスです(泣) 手島大輔では30分しかもたなかったでしょう。弟子の坂田君はイッテしまいました(笑)
  1. 2013/05/18(土) 06:37:33 |
  2. URL |
  3. 坂田君の師匠カルキ君 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1162-e3369715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: