コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

走り応え抜群、小国経由草原の道を飛ぶ

512oguniIMG_0037.jpg
好天の日曜、壱岐を視野にいれるべく交通量の少ないコースを走ってきた。

菊池発・竜門ダムサイクリング道・133号穴川峠・442号鯛尾金山・387号で小国・442号満願寺温泉・40号萩の草・

草原の道でミルクロード・小嵐山を下り・内牧温泉・ラピュタ・北山展望所・菊池渓谷経由45号・387号で菊池着

何しろ「視野」が視野だけに昼食はとらず補給食のみ、早めに帰ったら山の草払までの予定。



10時自宅発、竜門ダムを出て穴川峠まで車とは一台もすれ違わない平日のような静けさ。小国を過ぎ40号もほとんど車が通らず、ウグイスの鳴声の合間に思わず録音したくなるような野鳥の掛け合う美声が心地良かった。
走っていると山奥の道のところどころに「Tao's cafe」の看板が目に付いた、「こんな山奥にカフェか」と思いつつちょっと寄ってみることにした。





























512oguniIMG_0044.jpg
店はちょっと小高いところにあり、木立のなかに溶け込んでいる。






























512oguniIMG_0042.jpg
席はすべてバルコニー側にあり眺めが素晴らしい。

野鳥の声もまるでBGMを流しているかのようだ。

ここ「Tao's cafe」は昨年5月にオープンした休日のみ営業のオーガニックカフェ。





























I512oguniMG_0053.jpg
ランチメニュ3品に、マクロビスィーツと自分で挽く珈琲などのドリンクメニュ。





























512oguniIMG_0054.jpg
雰囲気に呑まれ当初の予定を変更しつい長居してしまった。

有機野菜のべジカレーは穏やかなまろやか系、玄米の噛み応えと噛むごとにじんわり染み込んでくる味は初体験。

玄米の量もちゃんと聞いてくれ自転車乗りにはおすすめのカフェだ。





























512oguniIMG_0060.jpg
卵や乳製品を使わないマクロビスィーツ

その人により甘さ加減もしてくれるところも嬉しい。




























512oguniIMG_0062.jpg
右が小国出身のオーナーの北里さん

食べたら終わりじゃなく、ここの自然に浸り食後はオーナーの話を聞かせてもらうのが大きな価値。

マクロビの話はすぐに実行するとかでなく、今後の食生活の知識を高めることは大きい。

噛むことを必要とする玄米のオーガニック・ベジタブル・カレーは私にとって大きいなインパクトだった。



























512oguniIMG_0049.jpg
屋根裏には広間がありここで宿泊もできるという。

2食付で7000円もしない。





























512oguniIMG_0065.jpg
長居したので頑張る意識が薄れ、ゆっくり草原の道でミルクロードを目指す。

店の前の40号は6月1日開催の第23回カルデラスーパーマラソンのコースで今は試走する人もたまに見かけるという。

店を出たら左へ、ちょっと行き左折し草原の道を上りミルクロードをくぐって小嵐山から阿蘇平野に降りるのがマラソンコース

オーナーさんに見送られ遅い午後の部出発。

これからは阿蘇平野に降りらずショートカットでミルクロード経由で帰ることにした。







「Tao's cafe」(タオズカフェ)

住所 阿蘇市一の宮町萩の草107-1
電話 090-1978-3386
営業 11:00~ (16:00 オーダーストップ)
























512oguniIMG_0066.jpg
誰一人いない草原を走る。

2月中旬ミルクロードから降りてきたときは寒くて凍りついたが今日はポカポカ。





























512oguniIMG_0069.jpg




























512oguniIMG_0070.jpg
有刺鉄線をはさんで左が野焼き跡で青々とした草原になっている。

右は野焼きをしていないのでこんなに荒れている。

これが野焼きが必要な証。



























512oguniIMG_0071.jpg
道の脇には可憐なフデリンドウ

曇ったら花を閉じ、筆(フデ)になる。































512oguniIMG_0075.jpg
草原に何やら?






























512oguniIMG_0080.jpg
のそのそ逃げもしないのはアナグマ

注意して見渡すとこの辺ではよく見かける。





















512oguniIMG_0087.jpg
ミルクロードに出た。

車もバイクも嫌なほど多い。

阿蘇平野の田んぼは、かなり水を張られているようだ。






























512oguniIMG_0089.jpg
大観峰からはパラグライダーが飛んでいた。

ヘリでこの辺りを飛んだことがあるが地面とは1000m以上

「もし」なんて考えないだろうか・・・・・





























512oguniIMG_0094.jpg
アメリカ国旗がはためくグリーンバレー牧場の手前に駐機中のヘリを発見

そこには遊覧飛行の免許取得の問題で営業停止になっていたオーナー堀田さんと受付嬢

従来の不特定多数の遊覧飛行からクラブ会員入会のお試し飛行という募集で営業が再開したようだ。

お試し飛行のあとも会員強制はなく、保険付きで空から阿蘇を愉しむことができる。

私は一度試したが自転車乗りは、ミルクロードやラピュタを空から眺めることには大きな価値がある。

詳しくはこちらでお尋ねを 「Vertex Hell Club」 070-6593-5550 090-8044-0572

自己責任でお試しの程。






























512oguniIMG_0104.jpg
ミルクロードから渓谷経由で駆け下り1時間弱で自宅到着。

夜はいつもの「菊乃家」で母の日も兼ね乾杯!




























512oguniIMG_0116.jpg
料理もだが店内の写真展示もますます冴え渡り憧れの人の写真も
































512oguniIMG_0121.jpg
この店のさくら納豆は究極

けっして混ぜてはいけない

延ばすことに旨さが出るという。

11回だった。






























512oguni2IMG_0101.jpg
今日のサイクリングコースにヘリ遊覧も加われば究極だ。

別に阿蘇や九重を空から眺めようなんて思いもしないがミルクロードやラピュタは別だ。

その立体映像には鳥肌が立つ。

サイクリングコースは内牧温泉発でもいい。ラピュタ上ってマゼノミステリーロードで小国へ

ヘリに乗ったら小嵐山で下ればすぐに内牧だ。

ロードで走った軌跡を空から眺めるのは相当愉快、わたくし体験者は語るのだ。
















Festina Lente - 悠々として急げ-













スポンサーサイト
  1. 2013/05/13(月) 16:17:27|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<時代の象徴 | ホーム | 草木染め遊牧民絨毯 ギャッベ>>

コメント

風の住処さん

意味不明の表現などお恥ずかしい。文法の誤りはよき理解者からご指摘を受け感謝しております。
聞くは一時の恥(指摘のコメントをもらうこと)、聞かぬは一生の恥(無視・・・裸の王様的お馬鹿になってしまう・・・)と承知しております。

さて、阿蘇通いやや満腹気味の風の住処さんほかメンバーのみなさん、阿蘇発でのこのコースいかがでしょう。草原の道は気持ちいいですよ。

最後のドラマティックなヘリは苦手・・・・まさかカメラを愛される風の住処さんが空撮キャンセルされるんはずはないですよね。
  1. 2013/05/14(火) 13:52:06 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

いつもながら・・・部長スゴシ!

お写真もですが、文章もさすがですね。
どこも行ってみたくなる衝動に駆られますョ(笑

「Tao's cafe」さんイイですね!
残念ながら高所恐怖症なんでヘリは腰が引けますが(汗
  1. 2013/05/13(月) 20:52:38 |
  2. URL |
  3. 風の住処 #ihn3MyrQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1160-912b74e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: