コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

終の住処

56kuebiko_DSC0075.jpg
俵山方面から阿蘇望のスタート・ゴールのアスペクタへ曲がる交差点を左折し暫く行くと



























56kuebiko_DSC0073.jpg
今年3月オープンしたカフェ久延毘古(クエビコ)さんに着く。

ここは先日、自転車仲間に教えてもらったところで何やら触手に触れるオーナーらしいと訊き訪ねてきた。






























56kuebiko_DSC0097.jpg
オーナーの原口さん

50歳を超えたところで第二の人生を探しに熊本市内から南阿蘇村に移住され、

のんびりした農村に佇む店舗を兼ねた我が家となった。






























56kuebiko_DSC0082.jpg
吹き抜けの一部ロフトのある広々とした空間

さてどこに座ろうかと席の配置に迷うものの、テラス側ソファーが上席のよう

メニュはドリンクとケーキセット、それにワンプレートのランチが1280円



























56kuebiko_DSC0087.jpg




























56kuebiko_DSC0090.jpg
ワンプレートの中身は、塩こうじとシーズニングスパイスに漬け込んだ三元豚のソテーと天然腸に詰めたフランクフルト。付け合せは、野菜サラダとザワークラフトにスィートピクルス、香ばしいパンは国産小麦粉の全粒粉の石挽き。それにビーフコンソメに自家製ヨーグルトのランチとなる。質重視でありボリューム感は薄いものの吟味した食材の味が愉しめる。


























56kuebiko_DSC0094.jpg
食後の珈琲は明るいテラス空間とご主人との会話でつい時間を忘れこととなった。

この店は食事に行くというよりも、この地で安らぐという小一時間の体験を愉しむことのようだ。























56kuebiko_DSC0102.jpg
話を訊けば開店の動機もいさぎよく

雑誌取材行く末の繁盛店路線から真逆の我が道を進むと原口さん、プラットフォームは人生謳歌店のように感じた。

日本神話に登場する神の名を冠したカフェは、まだ未完成部分もあるが私たちはそれを応援したくもなった。

それは本人の終の住処だからではなろうか。














久延毘古(くえびこ)
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰1350-6
電話 0967-67-2686
営業時間 11:00~18:00
定休日 木・金曜日


Festina Lente - 悠々として急げ-



スポンサーサイト
  1. 2013/05/07(火) 16:47:57|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<情熱を失わないために | ホーム | 黄金の日>>

コメント

makiroso さん

こんにちは、日ノ峠ですね。

昨年の水害前に走り以後通っておりません。
というのも212号ややまなみ、箱石峠、坊中線、吉田線など主要幹線道路がいまだに片側通行となっている現状、この道は恐らく手付かずではと思っておりました。

そこで市役所や地元の方に尋ねたところやはり通行止ということでした。ただ宮地から別荘エリアまでは行けるそうで、高岳の眺めが素晴らしいビューポイントは大丈夫のようです。
  1. 2013/05/09(木) 13:00:15 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

日ノ尾峠

いつもありがとうございます。
来週週末に日ノ尾峠に行こうと思っています。

途中ご紹介いただいた久延毘古にもよらせて頂きます。
そこで質問なのですが、
日ノ尾峠はどちら側から登る方が景色を楽しめますでしょうか?

過去記事を読むと下りは緊張感がありそう、
景色を楽しむ余裕がなさそうなので、
登りでノンビリ景色を楽しみます。
  1. 2013/05/09(木) 08:55:22 |
  2. URL |
  3. makiroso #I4t1ZHtI
  4. [ 編集 ]

風の住処さん

すごくいい環境でサクッと食べるというより、ゆっくりまどろんで長居しないともったいないお店って感じですね。
床と椅子は次回試してみます。写真はカメラまかせで私はナーンにもしておりません。

さて、今朝も狩尾峠でした・・・・最近「禁」を破って2日連続の通勤路となりました。「禁」とは自転車で走るためにとっておきたいという意味ですが、長寿ヶ丘公園のつつじと阿蘇山の絵は感動的で魅了されます。今朝は峠で一夜をあかしたキャンピングカーがあり、テーブル出して珈琲を愉しんでおられ、それはそれは優雅なひとときのようでした。風の住処さんもシュラフを揃えられたそうだし、ならばここで一夜もおすすめですね(笑)
  1. 2013/05/08(水) 12:28:45 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

仲睦まじい

終わりの住処ですかぁ~ちょっとドキッとしましたが(笑、部長うまい事書くなぁ。。。
コチラのオーナーさんと少しお話したことありますが、まさしくココはオーナーご自身選択した最後の住処かと・・・。
ん~しかし部長のお写真、アングルや最後の写真のコントラストなんかはシビレますね、勉強になります。


あとココは裸足で歩くと床材の荒れた質感が楽しめます。
椅子は座面がちゃんと上がるシアターチェアーをばらした面白い椅子が2脚あります。
思いのほかすわり心地がイイです(笑
ちょうど奥さまが座られたソファーのひとつキッチン側にありました。
  1. 2013/05/07(火) 22:19:36 |
  2. URL |
  3. 風の住処 #ihn3MyrQ
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/07(火) 22:04:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1157-fd18e0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: