コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

2013年オール九州3時間耐久ロードレース 第1戦

op2013IMG_8096.jpg
2年振りにオートポリス開催の3時間耐久ロードレースに行ってきた。

この大会はご存知の方も多いかと思うがあえて知らない方に紹介したい。
というのは、自転車を趣味とする上でサーキットという上質の舗装路を、思いっきり体力のある限り走ることができる非日常的体験ができる大会であり、子供からレース志向の選手まで広いコースを安全に自身の強さを他の選手と比較することができるのだ。

また、解釈を変えれば40歳を過ぎ右肩下がりの健康度数の現実に遭遇した人の体力測定、もしくはそんな現実を目の当たりにする健康診断的な大会なのである。

会場であるオートポリスは熊本県北のミルクロードのすぐ近くにあるサーキット場で、全長4,674mの国際公認コース。ホームストレートは902m、高低差は52メートル、最大上り勾配7,2%、下り勾配10%のアップダウンの激しいテクニカルコースだ。ここを約3キロにショートカットし3時間走り続けるというレースである。

カテゴリー別に、ロードソロ、ロードチーム、ロードチーム混合、MTBソロ、MTBチーム、MTBチーム混合、それに小さな子供も走るファミリー部門が午前8時に同時スタートする。エントリーが一番多いのが一人で3時間走り続けるロードソロ。九州各地の高校や大学の自転車部やレース志向の人、それに「レース」というのものを体験したい人や、私のように3時間で何周走れるかという自分への挑戦で参加する人など今回総勢348名が凹凸のない広いサーキット場を駆け抜けるのだ。

レースは早い人たちがグループを形成し内側を集団で走る。よって、塊のような集団に巻き込まれないように遅い人や子供達は左側端を走ると危険なことはまずない。初心者や経験のある方でも「ロードレース」をまだ自身として体験したことがなかったら是非ともおすすめする大会でもある。

また、レースにおける集団走行について事前に知識を得ておくと彼らが何を考えて走っているのかが判る。そのためにもここで何度か紹介してきたが和田桂一氏の電子本「はじめてのロードレース」を読んでおくとたいへん参考になると思う。和田氏は自転車を通じて知り合った友人で、鹿児島のセカンドウィンドというチームのメンバーだ。

まずは「はじめてのロードレースオフィシャルホームページ」をご覧になれば今後の貴方の自転車ライフをより価値のあるものになるのではないかと思う。





























op2013IMG_8088.jpg
サイクルイベントは走るだけではなく多くの友人知人を作ることができる。参加した人は「ロードバイク」という趣味により異業種の人と気軽に話すことができ、自分の名刺の範囲では出会うことができない人との出会いも多い。そんな人生における「人」と「人」とを結びつけるチャンスのある生涯スポーツでもある。

今日も大切な仲間たちと再会した。

自転車旦那さんにワッキーさん、





























op2013IMG_8090.jpg
赤の水玉ジャージが南小国のTea room「茶のこ」さん

阿蘇方面を走る際にランチやお茶休憩のポイントとして自転車乗りには貴重な店である。場所はミルクロードからマゼノミステリーロードを豪快に下って30分のところにある。お洒落な店なのでジャージ姿にビィンディングではと危惧されるが見ての通りその点はご心配なく。
ただ、だからこそ店の空気をよんで馴染んで頂きたい。

ランチは「茶のこごはん」と「ハヤシライス」の2種類。どちらも地の物を使った厳選メニュ。お茶休憩には和洋の甘味がもの凄くレベルが高い。良店ゆえあまり教えたくない店だが何となく水玉の勢いで紹介してしまった。





























op2013IMG_8097.jpg
こちらは土橋塾塾長の「どばし」さん

本職は男性専用の理容室「d-world for men’s life」を奥さんと二人で営業されている。私も宿の目の前に理容店があるのにあえて90分かけて通う床屋だ。理由はその人のライフスタイルに最も似合う髪形を教えてくれ2ヶ月保つカットをしてくれるのだ。床屋にいるのにバーにいるような気分で愉しめるのも贅沢だ。騙された思って一度行けばその価値はわかるはず。敷居は高いような雰囲気だがそうではない。自転車乗りはストレートで迎えてくれるので県外の方も自身への土産のつもりで訪れたいい。それは塾長も望むところだ。



























op2013IMG_8098.jpg
みるみる早くなっているターザンさん

かっての職がシルベスタなので自転車知識は豊富、私はずっと一人もしくは友人と二人だけで走っていたのでグループ走行の経験がなかった。手信号なども全く知らなかったが、彼と一緒に走るようになってからその辺をまとめて学んだ。ビギナーの頃、何より驚いたのは彼は常にまっすぐ走ることだった。簡単のようだがグループ走行では必須のことであり最も基本的なテクニックでもある。

彼は基本が備わっているので美しいフォームが身についている。弧を描くような背中のラインはジロやツールを走るプロサイクリストを見ているようでもある。ペダリングも必見の価値ありと思う。それは今回のリザルトが物語っておりソロ部門・・・7位!!





























op2013IMG_8105.jpg
そしてご存知、福島さんとジュニア

2つ上なのに強烈に早い有名なサイクリストは九州以外のレースでも表彰台の常連のトップアスリート

シニア部門ではマスターズの大会でロンドンまで行った日本代表

スプリントでは絶対負けないと言い切る勝負師は

老人ホームや施設など得意のギター片手に慰問にも行かれる人だ。

私は以前から「テレビ局は彼を追う取材をせよ」と思っていた。

欠かさない早朝の練習と引き換えの名誉

そこで得た有言実行の証明を社会への還元する姿

福島さんの行動は同じ50歳代を奮い立たせる力がある

私たちが元気になることを証明してくれる人がここにいるのだ。






























op2013IMG_8111.jpg
愉しい仲間たちとの3時間が終わった。

レース中はちょこっと挨拶する程度だが、終われば自分自信との戦いを終えた者同士肩を組み合える。




私は特に練習するわけでもなく気持ち良く最後まで走ることができた。

それは過去の成績と比較が物語る。

48歳でロードバイクを始め最初のサイクルイベントがこの大会だった。


07年 第1戦 25周(緊張のあまり無口な少年のように振るえて無我夢中で参加した)
    第2戦 27周(まだまだ緊張しっぱなしでスタート後クリートが填らず焦った。)

08年 第1戦 29周(多少慣れてはきたものの、集団を走る人達は遠くに見えていた)
    第2戦 31周(結構走れるようになったと思うがタイムの記録はメモしていない)

09年 第1戦 30周(頑張るが伸びない、補給食などが必要と講釈垂れていた)

10年 第1戦 30周(これが身の丈と感じた)
    第2戦 25周(雨のため2時間30分で中止、ホッとした)

11年 第1戦 31周(3時間05分05秒、週に一度は必ず走り、毎日ローラーの思い出)



そして今回

13年 第1戦 31周(3時間02分25秒)



48歳の初回が25周でその後31周が壁だった。

今回練習もせず当然壁を超えることはできなかったが満足のゆく成績だった。

その要因は軽くて坂を上ることに適している自転車であったろう。

ストレートは力不足だったが8%の坂はダンシングが軽やかだった。

それは常に自転車ライフを応援し、2台目のM10を我が物にすることを勧めてくれた家内のおかげだ。

人は言う。機材ではなく足だ。

が、今回それは否定された。

足ではなく機材に投資することにより結果は出るのだ。

「精神力」「気持ち」という根性的なものもあるかも知れぬが、果たしてそれで31回坂が登れるか、

バイクは年齢とともに軽さ、ギア数、体力に合うフレームなど必要である。



その日の夕方、風呂に浸ると今年初めての日焼けが痛かった。

でもその痛みは体以上に心に沁みた。

私なりに勝利を手にしたから。

さて、大会を反芻しリザルトをゆっくり眺めてみよう。
















Festina Lente - 悠々として急げ-

スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 20:09:48|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<風はひょうひょう波また波 | ホーム | 時間を愉しむ>>

コメント

へボーネンさん

7月15日のオートポリス第2戦、エントリーの予定です。
そして7月26日が阿蘇望・・・・もちろんです。
JCA・KCA会員は5月9日から先行予約が始まります。

只今GW真っ只中、阿蘇の主な幹線道路は想像される通り渋滞がひどく、坊中線も自転車で走る下るには最悪です。
平穏な阿蘇に戻るGW明けにゆっくり愉しみましょう。今年の仙酔峡のミヤマキリシマは早そうです。
  1. 2013/05/03(金) 11:07:12 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

部長、お疲れ様でした。私はここ数年同窓会の役員をしていたため、29日は恒例のゴルフ大会に出ないといけないはめになっています。来年こそは、オートポリスへ戻れるよう、地下工作しておきたいと思います。
取り急ぎ、第二戦は出るつもりです。
ゴールデンウィークが終わったら、また走りましょう!
  1. 2013/05/02(木) 21:14:27 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

nupuri さん

オートポリスの坂、私たちのレベルではここで極端にスピードが落ち体力も消耗し減速の要因となるものです。M10はとってもダンシングしやすく体重で漕ぐ省エネでいけたように思います。本来は坂でも主にサドルにしっかり座りペダリングすべきでしょうが、この方法は力のない人にとって攻略マニュアルのひとつにいいのではと思いました。

著書はそれを超えるような指南書もなくたいへん価値あるものだと思います。それに電子本だから気軽にどこでも「読む・見る」こともできますし、続編の時間はないでしょうから追加改定でより豊かになることを応援したいと思います。

さて、壱岐。
今度こそは足つりなど全力を出しけれないまま終わらぬよう準備したいと思っています。(前半の水分摂取と前夜の///酒量///)
サルトさんもエントリーされますし愉しみたいと思っています。
  1. 2013/05/02(木) 13:06:25 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

もりたんさん

久しぶりにお二人に会えて嬉しかったですね。
昨年、壱岐のゴールでお会いしたとき、まだビギナーと言われていたのに自分自身に挑戦されるな、と感じました。それに宿も福島さんと同じところだったと聞きいろいろ勉強になったのではないかと思いました。
今回までは私が追い越しましたが、いずれ逆転の立場となるでしょう。その際には機関車となって助けていただくことをお願いしておきますね。

さて、6月の壱岐、お互い昨年の成績を短縮できるよう準備しておきましょう。
  1. 2013/05/02(木) 12:38:42 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

chanoko さん

食事やお茶で欲を満たす場である店舗には決してできないメニュがあるのが茶のこ。
これからも定番メニュの継続と限定商品の開発を阿蘇を愛する自転車乗りとして益々期待しております。
南小国の田舎にもアベノミクスの影響がと考えると、茶のこさんが「ゆとり茶のこ」になり目ぼしいサイクルイベントにすべてエントリーされると予想します。そうなると日曜がお休みとなり多くの皆さんが行けなくなる、

その図式はちょっと問題だな・・・
  1. 2013/05/02(木) 12:15:25 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい

年々結果がよくなっているのがすごいです。
まだまだ伸びますね。

著書、宣伝していただきありがとうございます。
ただいま改訂中です。

次はたぶん壱岐ですね。楽しみにしております。
  1. 2013/05/02(木) 12:00:19 |
  2. URL |
  3. nupuri #lHI8H0U6
  4. [ 編集 ]

ターザンさん

あの山崎氏、よく自転車専門誌でモデルとして登場される方ですね!
参考にされたのはあの方のフォームだったんですか・・・自転車は「独学」ではとても回り道しますからね。

今回紹介したようなみなさんが、お子さんやビギナーの方、乗り方を学びたい方やロードレースに参加したい方など、それぞれの経験による「チャリ学」の教えができる「サイクルスポーツ普及の行動ができる場」を作ることがちょっとした夢です。その際には「ターザン講座」として「 フォーム学・ペダリング学」の先生でよろしくお願いしますね。
  1. 2013/05/02(木) 11:30:08 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

風の住処さん

ZENさんですね。http://pub.ne.jp/zen1_super_biker/
自転車以外にも趣味の奥行きが広くて凄い人です。

この日はオートポリスから自走で帰り(55km)、

トライアスロン練習の水泳やって、夜はバイクの練習だから凄い人です。

でも風の住処さんの写真の懲りようには脱帽します。

新しいジャージ、イケテマスネ。
  1. 2013/05/02(木) 10:32:52 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

いつもありがとうございます!

今回も取り上げて頂いてありがとうございます!
私は今持っている力を出し切れたと思います。レベルは低いですが(笑)。

画像のサイクリストが皆共通の友人というのも嬉しいですね。
土橋塾長は集団内で何回も私のお尻を触った報いを受けたたようですが...
大した怪我がなくて良かったです!

それに私も同じくターザン氏に手ほどきを受けたので弟弟子です!今後とも宜しくお願いいたします!
  1. 2013/05/01(水) 23:18:46 |
  2. URL |
  3. chanoko #dcJU4M0Q
  4. [ 編集 ]

楽しく参加しました

スタートラインに並んだ時、まさかすぐ前にいらっしゃるとは驚きでした。
久しぶりにお会いできたのにあまりお話できなくて残念!
でも、途中へこたれてる私に声をかけてくださったり、追い越される時
『お互い頑張ろう!』と、背中で励ましていただいたので力が出ました。
ありがとうございました!

アップダウン・カーブ・風・・・ 3時間でロードバイクに随分慣れました(^^;)
新しいことになかなかチャレンジすることがない日々ですが、ビンディング
ちょっと関心が出てきました。。
次は壱岐ですね。ご健闘お祈りいたします!
  1. 2013/05/01(水) 22:36:02 |
  2. URL |
  3. もりたん #-
  4. [ 編集 ]

プレッシャーが・・・(汗

一昨日はお疲れ様でした。妻が奥様と一緒に応援して、お世話になりました。

また、プレッシャーかかるご紹介、恐縮です(大汗

このフォームは、シルベストの山崎店長(モスクワ五輪代表)を参考に、「背中で乗る」をイメージして、上半身を上手く使うようにした結果です。

今回の好結果は、仲間との朝練のおかげでした♪

次は、本職で頑張ります!
  1. 2013/05/01(水) 21:33:59 |
  2. URL |
  3. ターザン #8IykC4x2
  4. [ 編集 ]

福島さん

私は真剣に現実になることを願っています。
50歳を過ぎても世界に挑戦するという夢を追い続ける姿を多くの人に知って欲しいと思っています。それでどれだけの人が身体も心も健康になれるか、「あきらめた」という言葉が禁句であることを知ることも大きな価値があります。

福島さんは夢を追い求め、夢のいただきものに熨斗をつけて私たちに返していただきたいとこれからも願うファンの一人です。
  1. 2013/05/01(水) 12:27:20 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ぴなもんさん

学力テストみたいなもので、下を見ても意味ないし、上を羨ましがっても明日へはつながらない、
現在の実力を知り得たことは投資に対する価値以上ものではなかったかと思います。自分との戦いに今後も挑戦され、どこそこ遠征しておりますので終わったら乾杯でもしましょう。
  1. 2013/05/01(水) 11:54:08 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ワッキーさん

オートポリスは初でしたか、今回の周回数をスタートとして次回も挑戦されたいいですね。
それに集団の後ろに半周でも付いてみると風がなく結構楽に走れることが判りますね。サイクルマラソンにはない楽しみ方が「3時間耐久レース」にはあります。それに11時終わって充実した一日になるものいいものです。こちらへ来られる際には是非お声掛けくださいね。では夏のオートポリスで会いましょう。
  1. 2013/05/01(水) 11:41:42 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

zenさん

家内が「ZENの部屋」のファンでブログ更新の度に悪戦苦闘の姿を聞かされております。

機関車ZEN率いる親子鷹に抜かれたあと1週半ジュニアの後ろにいました。おかげでその後もいい感じで走れたように思います。「このバイクは重かな!」と文句言いながら走り抜ける機関車ZENにまた乗せていただきたいもの、あの坂で屍のようなゾンビを抜き去るのは何とも喜色の良いものでした。
  1. 2013/05/01(水) 11:32:52 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

紹介して頂きありがとうございます。
毎回部長のブログは楽しみに拝見しております。
写真も文章力も、
そして何より起承転結というか構成が素晴らしい!
サイクリストの方々の良きバイブルになっています。
これからも期待していますのでよろしくお願いいたします。
  1. 2013/05/01(水) 10:42:54 |
  2. URL |
  3. yuujifukusima #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

NoTitle

昨日はお疲れ様でした。
本来こちらから御挨拶に伺わなければいけないのにスタート前の貴重な時間に来ていただいて有り難うございました。結果は29周回でしたが、純粋に自分の力が試せた楽しい大会でした。もっと皆さんに近づけるように精進していきます。これからもよろしくお願いたします。
  1. 2013/04/30(火) 22:59:26 |
  2. URL |
  3. ぴなもん #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

お疲れ様でした。
私は初サーキットレースにドキドキでしたが、楽しかったです。結果はダメダメでしたが、また新しい自転車の楽しみ方を見つけた気がします。
また阿蘇を走りたいですね~
その時は是非ご一緒お願いします。
  1. 2013/04/30(火) 21:21:29 |
  2. URL |
  3. ワッキー #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりでした!

お久しぶりでした!
レース中は、お互い真剣勝負。
でも、終わった後の仲間とのホット一息の触れ合いが、
たまらんですね。

成績も、まだまだこれから未知数の伸びが期待できそうですね!お互いがんばりましょう!
  1. 2013/04/30(火) 21:17:37 |
  2. URL |
  3. zen #-
  4. [ 編集 ]

31周ですか?おぉ~スゴイ!

THEチーム部長の面々が(笑
たぶん知っている方は知っているスゲェ~と思う面々ですね(汗
最近ブログを拝見している熊本弁講座的なブログの主(最後の写真)もお見えデスネ、
たぶん同い年のようで一度お会いしたい方です。いつも元気もらっています!

そして、リザルト見ましたが、ターザンさん早いなぁ~さすが
  1. 2013/04/30(火) 20:30:22 |
  2. URL |
  3. 風の住処 #ihn3MyrQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1154-5c2345ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: