コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

やってみなはれ!

kenkaikoIMG_8051.jpg

























kenkaikoIMG_8061.jpg
風は強かったが好天の日曜はラピュタを訪ねて数組宿にお越しになった。

季節柄最も穏やかな自転車日和である。

そこでみなさんに紹介するのは内牧温泉をベースにラピュタ~ミルクロード~212号で帰ってくる27キロコース、

もしくはも少し走りたい人には小嵐山まで足の延ばす60キロコースがある。

そしてガッツリ走りたい人には箱石峠で阿蘇山を超えて吉田線~坊中線で帰ってくる75キロを追加する組み合わせだ。

いずれも走ってみないとその感動は判らない。

いろんな大人の問題はあるだろうが「阿蘇を走る」ために最優先で行動されたし。






























kenkaikoR0013894.jpg
アルフィスタ曰く

ジュリエッタの心奪われるボディライン

まさかあのコマツのプレス機械がその成型を可能にしたとは知らなかった・・・・































kenkaikoIMG_6805.jpg
カルキさんの教えで久しぶりにライブハウスに行ってきた。

なにしろ福岡ブルーノートでデビッドサンボーン以来だからほとんど初めてのようなものだ。

会場はカルキさんの音楽のルーツともいえる熊本市内のDjango

彼曰く、「弟子のギターリストの手島大輔が久々成功を手土産に東京から帰って来たんだ・・・」

構成はギター2本とウッドベースのトリオ演奏

分野はジプシー スイング ジャズという枠

初めて聞くアコースティクのギターソロは

ジャズ風なサンタナの情熱的曲調や

アルディメオラを彷彿させる早弾きなどいずれも凄いテクニックで全曲グイグイと引き込まれ魅了された。

ゲスト出演のボーカルの媚山カオリも素晴らしかった。

コンサートはカメラ禁止なので持って行かなかったが

ライブハウスでは撮影できたようでスモークマシーン付きステージ写真を見せられないのが残念だった。





























kenkaikoIMG_0003.jpg
DIMEより抜粋

「日本人にウイスキーを注いだ男」とは

サントリーの旧社名、寿屋時代の開高健のこと

当時、日本人が苦手の度数の強いウイスキーを売るにはどうしたら良いか

そこで炭酸で割る飲み物、ハイボールを広めた元祖が開高健。

小説家のアルバイトとして始めたサラリーマン開高健はのちに芥川賞を受賞した。

その頃の芥川賞の権威は雲の上のように尊く

冠した作家が宣伝するという強いインパクトと

名コピーライターとして数々のヒット作によりウイスキーが闊歩し始めトリスは売れに売れた。

しかし、のちに焼酎が流行りウイスキーの消費は急降下し暗黒の時代が到来

長い暗闇の時代から再びハイボールでウイスキーが復活した。

「角」から始まり様々なウイスキーがハイボールで商品化され

入り口が広まったことから水割りやストーレートなど原点復帰もなされた。

やってみないとわからない、

いろんな「まさか」がある。

サントリーの創業者、鳥井信治郎の有名な言葉

「やってみなはれ」

常に挑戦の構えをポケットに入れておこう。

















Festina Lente - 悠々として急げ-



スポンサーサイト
  1. 2013/04/21(日) 19:12:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<源流をたどる | ホーム | 海を渡る話>>

コメント

カルキさん

恥ずかしながら想像以上の感動の一夜でした。

素晴らしい演奏でずっと集中して聞いていました。

Djangoのスタッフや演奏仲間に顔パス的で通るというカルキさんの実力もなんとなく想定外でした。

またお誘いください。
  1. 2013/04/23(火) 13:06:34 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

私の白髪の20%は手島大輔のおかげです(泣) 久しぶりに演奏見ましたがまた成長して今後楽しみなギタリストです! 関東のサイクリストの皆さん是非応援よろしくお願いします。部長のブログ見た!でライブ割引してもらいますか?(笑)
  1. 2013/04/22(月) 20:03:29 |
  2. URL |
  3. カルキ君 #-
  4. [ 編集 ]

まさか!

まさかの手島大輔さんでしょうか!
光栄です。
はじめてのDjangoとジプシー・スィング・ジャズはたいへん心地よかったです。曲を重ねるごとに熱くなる演奏にずっと聞き惚れていました。次回開催の日には是非家内にも聞かせたいと思いました。

スーツ姿のギターリスト、カッコいいですね。恐らく、間違いなく、テレビCMに出演されるであろうと予感しました。もちろん音だけでなく手島大輔とセットでですね。
あの夜の感動は忘れません。
ありがとうございました。
  1. 2013/04/22(月) 15:44:44 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました!

ギターの手島です。
先日はありがとうございました!
カルキ師匠には大変お世話になってます。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2013/04/22(月) 13:54:51 |
  2. URL |
  3. 手島 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1149-89f5cab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: