コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

二人の少年は引きかえらない

415winR0014164.jpg
久しぶりに菊池発のカルデラ一周に行こうとへボーネンさんと二人で菊池渓谷経由ミルクロードへ向かった。
出るときはポカポカ陽気だったので、レーパンにレッグウォーマー、上は長袖のインナーに半袖ジャージで出発、しかし外輪山に近づき日が陰ると薄寒くなったり、晴れるとまた程よくなったりと妙な天気で、北山展望所では気温は12度と暖かいのだが強烈な風が吹いていた。吹きさらしのミルクロードを走ると、バイクはヨットの帆のように風の方角に倒さなくてはまっすぐ進めない程の風だった。

初めてのことだが警察の検問が3箇所もあっており、ブンブンバイクの少年グループは検問を前に早々に引き返していた。「手野の名水・国造神社」の降り口から下って田んぼの一直線道路で宮地を目指していると急に雨が振り出してきた。強風に大粒の雨になりやがて「バツッ!バツッ!」と痛いほど雨が体中を叩くのだがそれは雹(ひょう)だった。避難しようにも田んぼの真ん中で先に進むしかない哀れな状況、加えて真正面からの強風、さらに道路は何の工事か知らぬが5mおきに砂利を敷いてあり「まるでパリルーべだね」と笑うしかなかった。

阿蘇市役所前のコンビニにビショビショに濡れ、カチカチの凍った体で二人到着。

寒くて寒くて、すでにここからコースを予定していた265号で阿蘇超えなんてありえない。

さっきまで夢に描いたサイクリングは泡と消え、まずは濡れた体をどうにかしないと・・・・・

次なる行動も二人ともマイナス思考で駄々下がり

テンションがた落ち、ヤルキも失せあとは救世主に頼るのみ・・・・

そうなるとカルキさん、

連絡すると「自宅においでよ」に甘え正気に戻る。





























415winR0014165.jpg
これが欲しかった、ストーブに乾いたタオル

それにアツアツの味噌汁とあか牛たっぷりのハヤシライスをご馳走になり生き返った。

一度は宿の車に自転車を積み、引き返そうかと思ったが、またメラメラと勇気が戻ってきた単純な二人。





























415winR0014169.jpg
友人の娘さんの阿蘇体験でお世話になっている内牧にある阿蘇ネイチャーランドを訪問、ちょうどはな阿蘇美の駐車場でお客さんとマウンテンボードをやっているとのことでお邪魔する。




























415winR0014175.jpg
お客さんは親子三人、坂田君がインストラクターとなりとても愉しそう。強風で熱気球やパラグライダーが中止されたときにも対応できるマウンテンボードにエンジンをつけた爽快感ある人気のスポーツだ。

さて、たっぷり休憩もした。帰路はラピュタを上って帰ろうと決まる。






























415winR0014176.jpg
上り口から1.9キロ先にある長寿ヶ丘公園でトイレと水補給。

ここから先は岩山の道になり強風をまともに受けなくてはならない

でも慣れた者同士それをも愉しもうといざ出発。































415winR0014178.jpg
やはり凄い風

それに車がやたらと降りてきてバイクも20台以上下ってくる。






























415winR0014182.jpg
野焼きの跡のラピュタの魅力は来ないと判らない。

そして厳しい天候のときこそ、はるかいにしえの峠の姿が見えてきそうだ。





























415winR0014188.jpg
崖に残った1本のヤマザクラ

この辺りから強烈過ぎる風が吹き荒れ

自転車を抱くようにして風に耐える































2415winR0014189.jpg
最後の上りで不思議な現象、

「グワーッ!」「ゴーッ」「ビューッ!」と荒れ狂う風が背中を押した

この坂をペダルに力を入れなくてもスイスイ上るのだ。

まるで電動自転車体験に二人して大笑いした。
































413kisureR0014157.jpg
ほとんど台風のラピュタ

長く通うが面白かったな

ミルクロードへ出る坂では、

超向かい風にほとんど止まるかのようで

可笑しくなり

ゲラゲラ大笑いした。

面白かったな、強風の狩尾峠

夢のようなラピュタだった。






























415winR0014190.jpg
悪天候をも手中にすると

困難の楽しみが判るような、またもや少年に戻った一日だった。

引き返さない余裕も経験。













Festina Lente - 悠々として急げ-



スポンサーサイト
  1. 2013/04/15(月) 19:14:12|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<海を渡る話 | ホーム | 品格を考える>>

コメント

ken さん

こんにちは、kenさん

ジャージ、よく判りましたね。
あれって背中のデザインが蛇がバイクになったアルファのマークなんですね。
なもんですから、つい買ってしまいました。
走れても週一、ローラーする時間もなくその程度でオートポリスや壱岐を迎えます。
でも、それもいいかと思っています。

また遊びにきてください、というかいつかの月曜でも。
  1. 2013/04/18(木) 17:39:46 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

ご無沙汰しています。

部長のNewパンダーニのウエアとM10のカラーがベストマッチですね!野焼き後の黒いラピュタにとっても映えています。

体力つけてまた遊びに行きますので今シーズンもよろしくお願いします!「
  1. 2013/04/18(木) 16:56:42 |
  2. URL |
  3. ken #Szz/4ZYk
  4. [ 編集 ]

松井さま

こんにちは、お久しぶりですね。
ラピュタの5.6キロの峠道は何度行っても飽きることはありません。
先日は異常な天気を愉しみました。普通なら途中断念もあるところですが、経験によるアンテナを敏感に判断すると「頑張った成果」に出会うことができます。(駄々下がりで終わることもよくありますがね)

さて、オートポリス挑戦とは良き選択!
最初の3、4年くらいは連続してエントリーしていましたが、今回初心に戻り「3時間の自分との戦い」を愉しみたいと思っています。会場で見かけたらお声掛けくださいね。
  1. 2013/04/17(水) 13:40:54 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ぴなもん

天草で御挨拶させていただいた松井です。
御無沙汰しております。

平地では暖かいですが、阿蘇は油断するとまだ寒いのですね。ラピュタは緑がないとなんか荒々しく感じますね。GWには阿蘇望の試走兼ねて四季の里辺りを拠点(日帰りです)に走ろうかと計画中です。

29日は初めてのレース、オートポリス3時間耐久にも実力はありませんが何か得るものがあるものと思い参加します。コルナゴ部長さんも参加されるとの以前の記事で拝見しました。また、御挨拶させていただけたら光栄です


長文失礼しました。
  1. 2013/04/17(水) 11:43:18 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

「極限」とは大げさかもしれませんが、自分の中ではそんな体験でした。かぶと岩付近のミルクロードでの横風は恐怖でしたね。家にたどり着いたら雨、しばらくしたらカミナリ、なんともついてた一日でした。
来月あたり今度こそカルデラ一周と行きましょう!
  1. 2013/04/16(火) 12:19:11 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

いやいや本当に悲しくとも、楽しくもあるサイクリングでしたね。とにかくカルキさんの助けがすべてでした、ありがとうございました。
何より横風の怖さを痛感させられました。いや~怖かったなぁ。
  1. 2013/04/15(月) 21:22:39 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1147-7e55d509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: