コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

野焼きの阿蘇を走る

325hiromaR0013868.jpg
24日、あんずの丘で開催された全国高校選抜ロードレースは残念ながら行けなかったが、

観戦のあと泊まられていたひろまみさん夫妻と昨日阿蘇を走ってきた。

坊中のカルキさん宅に集合しスタート&ゴールの基地とさせていただいた。

コースは265号で箱石峠を超え高森へ行き、季節柄一心行の大桜でも見て、

吉田線で阿蘇山へ上り坊中線で帰ってくる2峠超えだが、目的は野焼きの後の景色を是非お二人に愉しんでもらいたい。



菊池を出るときには暖かかったが、念のためシューズカバーや真冬用グローブなど持ってきて正解、

カルキさん宅に着くと結構な寒さだった。

だがお二人は指切りのグローブなど小春日和の井出達で出発

最後の吉田線と坊中線では震え上がることとなった。

私も何度も経験したが阿蘇の峠は標高900m以上で草千里は1100m、

気温は4度から10度近く低くなることを頭にいれておかないといけない。

頭や顔はなんとか凌げるものの、手が悴むと操作ができなくなるのでグローブの選択は要注意だ。



























325hiromaR0013850.jpg
箱石峠の野焼きはまだだった。

雨で日延べになり今週の土曜日に阿蘇市の野焼きは予定されている。

月廻り公園でトイレ休憩のあと一心行の大桜を目指す。




























325hiromaR0013853.jpg
一心行の大桜はまだ3分咲き

付近の桜、ソメヨシノは満開のようだがヤマザクラだから開花が遅い。

それにしても周辺は祭り会場のようになっており、

混雑する駐車場に騒音のような音楽、焼肉の煙・・・・

風情なんかあったもんじゃない。

ちなみに車の駐車料金は500円、自転車は100円となっていた。




























325horomaR0013864.jpg
昼食は高森のSTORONG BOSSというライダーズハウスのようなハンバーガーショップ

自転車も歓迎だそうだ。




























325horomaR0013867.jpg
吉田線で帰る。

真夏の炎天下の四峠超え、ラファじゃないがまさしく「地獄へようこそ」阿蘇望最初の峠道だ。

もともと吉田線は車が少ないが、平日の今日はひっそりと静か。

森を抜け自販機がある付近から野焼きの跡が見れた。

真っ黒の山の斜面を見ると疲れを忘れる

ひろまみさんも元気に頂上を目指した。





























325hiromaR0013870.jpg
今日の峠終了。

あとは坊中線で下るだけ

下ったところに友人宅がありそこに車を置いていると心強い。

阿蘇をベースにコース設定すると余裕で愉しめる。




























325hiromaR0013873.jpg
阿蘇は何度は走ってもいい、

素晴らしい景色は期待を裏切ったことはない。

「素晴らしい景色」とは晴れだけが理想ではなく、厳しい自然と対峙して得られるものに意味がある。

そのために装備を充実し、いつでも避難できる場所をベースにすると挑戦も可能だ。

阿蘇で雨に打たれるとは「強風とともに」ということが加わる。

ウィンドブレーカーで1時間までならなんとか我慢の範囲だが2時間は体を壊す。

準備を整えて挑戦して欲しい。

休日の坊中線は車やバスが多く上っている際にふらつくと危険だ。

よって自信がない人は今日走った箱石峠、吉田線、坊中線の60キロがおすすめだ。

ひろまみさん夫妻、ありがとう、愉しかった、また走ろう。


























325hiromaR0013876.jpg
夜は自遊亭で決まり

























326hiromaR0013878.jpg
近頃精進料理ばっかりだったので特に美味しい






























325hiromaR0013883.jpg
出始めのタラの芽の天ぷら




























325hiromaR0013887.jpg
カキフライも美味しい

普段、油物はあまり食べないのだが、走った日には何でもたらふく食べられる。




























325hiromaR0013892.jpg
鶏の柚子こしょう焼き

























325hiromaR0013893.jpg
馬ひも炙りおろしポン酢

絶品極上の幻の味、

頑張った褒美に如何?

気が弱い私なんかは言い訳ばかりして挑戦する意欲が薄い

だから「走らないとこんなもの食べれない」と縛りをつけると幸せになれる。

私の場合、受身ではなく能動的に取り組まなければ阿蘇はやってこないしブログも書けないんだ。














Festina Lente - 悠々として急げ-




スポンサーサイト
  1. 2013/03/26(火) 16:36:34|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<霧にむせぶ狩尾峠 | ホーム | 別れとなる野焼き 其の二>>

コメント

ひろまみさん

6月9日は壱岐です。
困難を乗り越えて挑戦されることを望みます。
ただ、今年ツールに行かれることを思えば仕事やなんや厳しいかと思いますが
壱岐の頂上ゴール、是非この感動を味わって欲しいと説に思うところです。

特別ですからね、壱岐、

騙された思って是非!

阿蘇では勝手なコースで遊んでくれてありがとう、自転車旦那。

頑張ったひろまみさん、吉田線の2枚の写真、

いい感じでよく撮れたお気に入りになりました。

またご一緒しましょう

  1. 2013/03/26(火) 23:06:16 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

いつもながらお世話になりました!!
楽しかったです!
しかしながら、登りはきつかったです・・・
今年の阿蘇望リベンジは絶対にないな・・・と思いながら走りました・・・
自遊亭に私も行ってみたいです!
  1. 2013/03/26(火) 20:23:45 |
  2. URL |
  3. ひろまみ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1137-76a59854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: