コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

2013天草サイクルマラソン其の一 前夜祭

ama13R0013510.jpg
天草サイクルマラソンのもうひとつの愉しみである奴寿司で地魚を堪能してきた。

今回は遠来より友人が参加する。すべてを任すというミッションに、前泊で天草の幸、本番のあとは菊池に宿を移し馬料理、3日目に阿蘇を走って完結という計画。

染み渡る我が五つ星店で友を料理する前にまずは彼の紹介。
趣味がグライダーで空を飛ぶ友は前職よりのお付き合い。宿を阿蘇に移した私を尋ねて昨年5月岐阜よりツーリングバイクの陸路によりはるばる来られた。最終日の早朝、愛車でラピュタを上り、峠の落書きされた石の上にヘルメットを置き記念撮影すると、その一枚がまるで過去の自分の墓のように見えたという。瞬間愛車BMWへの愛が終わった。家に帰った翌日、近くの自転車店で展示してあったロードバイクに心を打たれ即購入。以後オルベア熱のウィルスに感染してしまったようだ。

そして今回が初めてのサイクルイベントとなった次第。
前置きが長くなったがそんな理由で天草は始まった。奴寿司はカウンター越しのご主人との会話が一番なのだが予約した際にはすでに先客があり、なるだけ近くとこの席をとってもらった。




























ama13R0013537.jpg
来店したのが18時。まだカウンター客がいない間、一年振りにご主人の話を聴く。張りのある声。ユーモアを交えた料理の説明。以前とまったく変わらない。魚を「寝かす」のが奴寿司の特徴「熟成」が旨みをひきだし、それぞれに絶妙に絡み合う荒塩や柚子こしょう・酢・レモン・梅肉などが味を引き立たせる。

今回は私と家内に浮世雲さんにへボーネンさんの四人。ご主人は覚えていてくれて、というか「記憶に残る人たち」だったのかも知れないが「飲まれるでしょうからお刺身用意しましょうか」と

笑顔で元気良く、

「はい!」




























ama13R0013520.jpg
一品目の付きだしの「鯛のはらこ」で奴寿司の記憶が蘇ると

クエの刺身。

口に入れると一工夫のポン酢が爽やかさを感じる間もなく

淡白の次に上品な旨みがプルプルと弾け

クエ独特が旨みが溢れ

「凄いな」と口を揃える以外ない。



























ama13R0013516.jpg
これには驚いたな。

さば。

今日一番のネタだそうで、じっくり寝かされた痕跡は見て判る。

添えてあるのはソテーしたガーリック

パンチ力なんてもんじゃない。

創造の矢に貫かれた早くも撃沈の3品目。



























ama13R0013533.jpg
さて、これもただのブリの刺身ではない。

寝かされた、熟成した・・・

さて、どのくらい?






25日間!

これには佐渡の島酒に合わす。

レモンと荒塩でいただく

どのような味であったか?

教えない。




























ama13R0013551.jpg
寿司へ

冷酒も四号瓶二本空く。



























ama13R0013560.jpg
熟成と炙り

次から次に食べては注文する四人は、過去のこととか、明日のこととか、

どだい天草へ何しに来たなど一切話すことはない。

ただ美味しいこととその理由を知りたく

ご主人に訊くたびに感嘆の声にまた一杯。



























ama13R0013515.jpg
恐るべし、奴寿司。



























ama13R0013528.jpg
熱燗でいただいたのは

太刀魚と鯛のはらみ

寝かした太刀魚はふわふわぴゅるぴゅるで

ねったりまったりと極上の刺身となり、

炙りの香りがとどめを突く。

鯛のはらみは寝かして繊維に沿って切ってあり

ご主人曰く

「奥歯で噛んで」と謎めいた食べ方を伝授。

そのように四人とも子供のようにいわれるままゴリゴリと歯ごたえある身を噛むと

これまた不思議な美味しさが口中に広がり、

ほのかなあの鯛の風味が鼻腔を届いてくる。




























ama13R0013556.jpg
カウンターのお客さんも笑い声が絶えない

そのうち明日の大会にご一緒の方々だと判り

宴会合体で盛り上がった。



























ama13R0013564.jpg
ドクターチームの方々で、うちお一人は大阪からの遠征。

こちらも私たちと同じように




奴寿司 > 天草サイクルマラソン




いやはや賑やかな前夜祭となった。













Festina Lente - 悠々として急げ-


スポンサーサイト
  1. 2013/03/05(火) 15:06:00|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2013天草サイクルマラソン 其の二 本編  | ホーム | 3月9日は阿蘇の火文字焼き>>

コメント

M&M さん

酔った勢いもありましたがいつになく熱い奴寿司でした。戦い前夜の交流会はいい雰囲気でしたね、走るだけではなく前夜祭があるとこうも愉しくなるものです。またいつかどこかでお会いしましょう。
それからグライダーにご興味のある方は紹介しますよ!
  1. 2013/03/08(金) 11:57:27 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

コルナゴ部長様のブログ拝見いたしました。とんでもなく熱い方だと、奴寿司でお話をお聞きした際感じておりましたが、やはりそうでした。おつれの方々も大変人間力あふれた方ばかりで、お会いできてよかったです。
楽しい夜をありがとうございました。
  1. 2013/03/07(木) 08:28:23 |
  2. URL |
  3. M&M #21dmeV6s
  4. [ 編集 ]

ek9rさん

奴寿司のご主人には感服するばかり、ネタが傷むのと熟成とは紙一重ですが、その技と見極めが凄いです。

天候に恵まれた下島は素晴らしいの一言、地磯で釣りする人たちを羨ましくも横目で見て走っておりました。

実は釣りもいいなあと思った天草でした。
  1. 2013/03/06(水) 17:47:13 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

お世話になりました。
コバンザメ戦法で心地よくゴールできました。
そのあとの馬づくしがこれまた最高でした。
できることなら「ダシ」をひとすすり差し上げたかった・・・・
いずれまた夢路の戸を開きましょう。
  1. 2013/03/06(水) 17:25:49 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

えちゅこ さん

お久しぶりです。
幻のPさんにはたいへんお世話になりました。
前日の激しい練習に弱りかけていたPさんは私にとって程よくご一緒のあんばいでした。それでも遠征して走るという熱烈さのエネルギーの根拠は何なのか、後日お聞きしたいところです。
さて、「風車が呼んでいる・・・・」三役をこなす女性サイクリストの自分日記のつぶやきのファンとして一言。
いろんな立場の人のブログがありますが、何やらホッとする日記のお気に入りのひとつであり、やはりときどき継続して欲しいと愉しみにしています。三役の視線の行き着くところが自分自身の生き方だろうと想像しますが、紆余曲折の落ち込みに応援したいところもあるような、「頑張れえちゅこさん」とブログ更新と風車までの一人旅を。
  1. 2013/03/05(火) 23:14:42 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

お久しぶりです。
久しぶりの日本晴れで楽しまれたサイクルマラソンお疲れ様でした・・・、とその前に打ち上げ(!?)お疲れ様でした。でしょうか?(笑
例の奴寿司、美味しそうですね。

大会前日に用事で本渡市内に向かったのですが、宿場が判らなかったのでお会い出来なかったのが残念。
今年も仕事の都合で地元開催なのに応援行けなくて申し訳なかったです。

盛夏辺りに空けられる予定があるのでそれまでの楽しみにとっておきます。
  1. 2013/03/05(火) 23:06:19 |
  2. URL |
  3. ek9r #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

部長、奥さん、大久保さん、前夜祭も100%、サイクルマラソンも100%、あわせて200%の2日をありがとうございました!
これからも走るときは勿論ですが、使用前、使用後のアルコール 補給までお付き合いください、、、、ではまた
  1. 2013/03/05(火) 22:07:24 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

奴は私にとってもとても思い入れのある寿司屋です。
今回天草は出ませんでしたが、奴だけでもご一緒すればよかったです(^_^)

最後の写真に写っているドクターチームのお二方はしゃりんかんメンバーです。

ここでもつながりました。
  1. 2013/03/05(火) 20:50:46 |
  2. URL |
  3. えちゅこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1127-cc0f013d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: