コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

2月の雲海を見た人

222IMG_7671.jpg
以前にも紹介した「はじめてのロードレース」の著者であるWada夫妻が奥様の誕生日旅行を兼ねてお越しになった。
(あえてブレ写真で)

























222510fdpcyvoL__AA278_PIkin.jpg
WADAさんはチームオーベスト・チームセカンドウィンド鹿児島に所属するロードレーサーだ。

この電子本は経験をもとに書かれたロードレースの教本であり、安全に楽しくスポーツとしてロードバイクを楽しむための稀少な教本でもある。それはロードレースにおける集団走行のマナーやルールは、仲間と走るサイクリングや順位を競わないサイクルマラソンなどのイベントにも共通するものであるからだ。

その点でこれからロードレースを始めようと思う方以外にも、仲間とサイクリングを楽しむために一読の価値は大いにある。「はじめてのロードレース」はKindleストアにて今年元旦にリリースされ、Kindle他、スマホのKindleアプリでも読める。お値段は破格の100円、迷わず購入をお薦めする。



























222IMG_7736.jpg
宿で夕食のあとは、



























222IMG_7734.jpg
迷わずカルキバーへ案内する

























I222MG_7688.jpg
好みのお酒で乾杯、今日は夕食のあとなので、

つまみはあか牛のたたきや豆の木さんのパンやラスク


























222IMG_7730.jpg
九州で最も古いとされる山岳信仰の中心であった西巌殿寺の境内

かって36坊52庵が軒を連ねた西国の宗都であった歴史ある静かな坊中にあるカルキ宅

敷地の一角に大型の冷凍庫を改造した本格的なプライベートバーが限られた自転車仲間の憩いの場となる。

バーの雰囲気に馴染み、置き忘れた自分の影が見えるようになった頃、

カルキさんのアコースティクギターが静かに響き出す。

何度も、何度も演奏を聞いたが、じんわり包み込まれる魂の音色に微酔する。

食前酒の語りのあとの前菜はクラシックやジャズの演奏、穏やかなスープはボサノバなど多国籍音楽

そしてメインが6年間現地で学んだブルースとなる。

よき友人と知り合えてなどと感傷的になる反面

エレキトリックに持ち替えてもらい

タブルアントレは豊富なロックレパトリー

投げたら返ってくるものだから

いい具合にグラスが底を見せ、またシングルモルトを注ぐ

いつの間にか坊中の夜が更け

ギターが心に通じる道となる・・・・・






2222R0010630.jpg
























2222IMG_6776.jpg
そして翌朝6時、

宿の窓を開けると真っ暗な中、庭木も街灯の光もほとんど見えない。

濃霧。

自転車にはライトをつけておらず、「危険」とか「愉しくない」とか、すぐそんな答えが浮び、

走れるもんじゃないと一瞬で諦めた。

その判断は悔いることになった。ここは内牧、濃霧ということは雲海が出ているはず・・・・そんな想像ができなかった・・・・・

WADAさんは昨日教えたミルクロードコースでラピュタに行かれた、

9時30分、セカンドウィンドの青いジャージが勢いよく宿に着く。

元気に玄関を開け、開口一番!





























jj540495_573269069368056_21.jpg
                                                                         Photo by wada



見事な雲海だった!
























jj2024_573269009368062_6929.jpg
                                                                   Photo by wada

濃霧に包まれる内牧から212号を上ると標高600m当たりで霧の層を抜け出し

晴天の青空となっていたそうだ。

遠く雲に浮ぶ阿蘇五岳

この時期に珍しい雲海に遭遇されたなんて幸運な人だ。

興奮覚めやらぬ出発となり阿蘇の家族旅行は

奥様誕生日記念のよき想い出になり、お二人のご褒美となった。

記憶に残る旅となって私も凄く嬉しい。

また一人阿蘇の魅力を伝える伝道師が増えたように思う。










Festina Lente - 悠々として急げ-


スポンサーサイト
  1. 2013/02/03(日) 16:09:17|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<外でランチはいろんな景色が見えてくる | ホーム | カルデラ一周コースに挑戦>>

コメント

サルトさん

もうそろそろ相談に乗って頂きたい!
Wada夫妻は素晴らしい!
  1. 2013/02/06(水) 11:41:16 |
  2. URL |
  3. ブッチャーK #-
  4. [ 編集 ]

サルトさん

カルキバーでは教授夫人が大の音楽好きでその道の教室にも通われているらしくギター演奏にかなり興奮されておられました。そのうちウクレレを弾いたりジャズドラムの練習用ブラッシュスティクを叩き、カルキさんと共演されたりと賑やかな反面、朝型の教授は後半記憶が飛んでいたそうです。

翌朝9時30分頃、「まだ帰って来ない」と奥さんが心配そうにロビーで待っておられたところ、霧の中から青いジャージが現れました。玄関を開けた教授の丸い眼鏡の一部凍っており、「帰りの雲海の中で凍った」と教授、

そして、

「見事な雲海でしたよ」

・・・・・瞬間、ここは内牧だったことを忘れていた!!!!

と唖然でした。

外輪山付近は3月3日が野焼き。焼け野原から顔を出すのは暖かい気持ちになるフキノトウ。谷あいの所々に白いコブシの花も火入れの原野に見事に映ります。

そして黒い山々がやや薄くなると千年杉の屋敷の庭に梅が咲きほこり芳ばしい香りが庭を包みます。すると小鳥が遊びにきて、今年初めてのメジロと再会することになります。

自然が人を招いています。そのことを教えられるよう努めたいと考えます。
  1. 2013/02/06(水) 11:32:45 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

残念、見逃した!

ブッチャー・カルキさんとWaDa教授の凸凹会話を聞けなかったのも残念だが、Wada教授の『見事な雲海だった!』を聞いたコルナゴ部長の尊顔を見逃したのは残念至極に存じます。コルナゴ部長の庭は千客万来何よりです!
  1. 2013/02/05(火) 21:18:10 |
  2. URL |
  3. サルト #YCdeWPgQ
  4. [ 編集 ]

pj=nupuri さん

10月、11月の雲海の季節、ミルクロードが通勤路だったので薄いの濃いの、ユラユラ動いたり波打っていたりといろんな雲海を見ましたがなかなか上玉の雲海ですね。

スカイライン展望所から撮られた根子岳と高岳が見える写真では高岳の手前の二つの小さな山、手前が北塚(552m)奥が本塚(573m)が完全に見えてますから低い雲海だったようです。

それにしてもまさかこの時期にラッキーでしたね。
  1. 2013/02/05(火) 17:08:37 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました

おかげさまで一泊とは思えない有意義な
時をすごせました。

雲海になるのは、昔山屋だったので、
霧の感じでわかったのです。これは薄いなと。
夜明け前は月も薄っすら見えていたし。
それでもあれだけ見事な雲海はめったに見られない。

ラピュタを降りたらまた濃霧に突入、メガネが
凍りついて大変でした(^^;

ヘボーネンさん、また一緒に走りましょうね。
  1. 2013/02/05(火) 15:10:13 |
  2. URL |
  3. pj=nupuri #lHI8H0U6
  4. [ 編集 ]

NoTitle

PJ教授様へ
素晴らしい奥様孝行、、、、
そして、自分へのご褒美と素晴らしい時を過ごされましたね。羨ましい限りです。
  1. 2013/02/04(月) 23:04:13 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1115-3f012ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: