コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

天空を駆けるためのシェイクダウン

1217blueIMG_7152.jpg
お互いまだ試走すらしたことがないカルキさんと山鹿方面を走ってきた。
旭志の田舎道をグルグル回って鞍岳の真横まで行くとそこから下って合志川沿いの河川敷コースから菊池川に合流すると分田橋を渡り自転車専用道で山鹿を目指した。

風もなく穏やかな冬晴れ。冬物のジャージでは汗ばむほどのポカポカ陽気。阿蘇の寒さに慣れた二人にはほとんど春。川沿いの静かな平坦な風景は久し振り。阿蘇が日常であり雄大な地に安住していてはガラパゴス化し取り残されているような気さえした。



























1217blueIMG_7157.jpg
熊本市と山鹿市を結ぶ34kmの自転車専用道路の起点で折り返し、豊前街道をまるで観光客のように見渡しながら山鹿のサイクリスト一押しのタオ珈琲で寛いだ。八千代座近くのこの店の自家焙煎珈琲&パイは噂通り絶品。パイは五つ六つの中から選べて「甘くないのを」と注文したクリームチーズパイは走ってきた身体に沁みた。それと、笑顔で「1粒入れました」とカップに浮いた珈琲豆が妙に気に入った。




























1217blueIMG_7161.jpg
初めての人が平地を走ると位置が判らなくなってしまう。そんなときに便利なのが「やまだて」だ。船上で自分の位置を確かめるための方法で、陸地にある二つの目標物を船上から見て、その二つの目標物によって自分の位置を確かめる。菊池・山鹿方面だったら鞍岳と八方ヶ岳がやまだてに便利だ。この日のように鞍岳の真横まで走ると遠くかすんで見える馬上の鞍の形をした山に「遠くまで来たもんだ」と走った距離に感心する。

折り返して、八千代座・石の風車の一本松公園・あんずの丘公園・鞠智城、それに竜門ダムと湖岸を走るサイクリング専用道を走って菊池に着き走行距離95キロのシェイクダウン終了。

カルキさんのシクロのブレーキはベンツホーンのような音だったが帰り際にはおさまった。私のマビックの専用ブレーキシューは「キーン」と唸りメカの方に「結構強烈な音」と前もって言われた通り下りでは人が振り返るほどの音だった。DEDAのハンドルのアンダーバーは普通の太さだが上部は35mmパイと太く好感触のエルゴフォルムと言えよう。SLRとフレームは、まっすぐ手放しで進むのが第一印象。ダンシングがしやすくグイグイ進むという感じは阿蘇仕様のメカニックのチョイスに感謝。CONCORの穴空きは苦痛皆無。9000の「パツッ、パツ」はまさに快感、進化に驚く。EDGE500は8つ表示してるが時計と標高、それに進行方向の南北の表示は有り難い。最後に7.1キロの軽さは「天空を駆けるかのごとく」のキャチに相応しい。



























1217blueR0012686.jpg
最後の〆は家内も参加のお神酒で乾杯し身も心も充実した一日となった。

将来の日本が危ういのはご存知の通り。そうはならない可能性もあるが、事実として人口構造は今後大きく変貌し先進国中で高齢化比率が最も高く、生産年齢比率が最も低い国となる。労働力不足が成長を制約し負担者である働く層が減り、受益者である高齢者層が増えれば年金・医療・介護などの社会保障システムを維持していくことは難しくなる。そのためにもまずは健康年齢を長くすることが自己努力として大切である。その手段として自転車への投資という考えることは笑ってひと蹴りで済ます場合ではないともいえよう。
ラン人気もそのひとつかも知れない。世界五大マラソンで構成する最高峰シリーズのワールドマラソンメジャーズに東京マラソンが加盟した。2月東京・4月ボストン・ロンドン・9月ベルリン・10月シカゴ・11月ニューヨークシティとなる。東京マラソンの経済効果は200億、参加ランナー36000人に対し応募者は30万人で今後もっと競争率は高くなることだろう。自転車の大会も同じような道を歩み健康維持とスポーツを介した生き方を選ぶ人は高齢化社会とともに増えてゆくのは間違いない。最近のサイクリングは意外な展開をはらんできた。










日々是好日



スポンサーサイト
  1. 2012/12/17(月) 17:33:03|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<阿蘇観光ルートマップの出来映え | ホーム | 三つ目の発見、田子山>>

コメント

ブッチャーKさん

冬には無理せずこういうコースも愉しいものですね。夜の部は家内友人の乱入もあって賑やかな菊池の夜となりましたがまっ、よくあることです。懲りずにまたお越しください。
  1. 2012/12/18(火) 09:58:31 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

慣らし運転

昨日はお付き合いありがとうございました。どうにか年内に一緒に走ることが出来良かったです。夜も久しぶりに菊池を満喫し楽しませてもらいました!N家ご家族の皆さんありがとうございました今後ともよろしくお願いします。
  1. 2012/12/17(月) 21:28:42 |
  2. URL |
  3. ブッチャーK #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1096-5b79f9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: