コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

サイクリストたちの都

amakusa33MG_0001.jpg
天草市牛深町を舞台にした映画「女たちの都」を見にいってきた。
過疎化、高齢化、小子化、と日本の典型的な田舎町ともいえる牛深。カツオ漁やイワシ漁が盛んな頃は、活気ある華やいだ街として栄えていたが、不漁で経済も落ち、働く場を失う若者は地元に残らず、衰退して行く港町にウツボ屋の女房演ずる大竹しのぶほか天草で暮らす女性たちが町興しを図るというものだ。

牛深は熊本市の3号線から155kmもある。車で3時間半という衰退のハンディも距離に現れる港町である。
天草と言えば天草五橋が有名だがこの地、上天草市から95km、本渡からも40km、「まだか!」と一般人には遠過ぎるが、場荒れも緩やかな有名地磯が点在し釣り人にとっては憧れの地でもある。

僻地ゆえ昭和の懐かしい景色が残っている。映画にも出てくるが人情もそうだ。そんな風情ある街や歴史ある教会、美しい自然が残る海岸など釣り人に限らず自転車乗りにとっても黄金郷といってもいい。海の幸は驚くほど安くて旨い。信号も少なく観光バスやトラックも皆無という条件が揃っている。何度も走ったことがあるが間違なく泊りがけの自転車旅に最適の地だ。以前牛深をじっくり堪能したエントリーがあるのでイメージだけでもお伝えしたい。




記念日だから牛深へ その1


記念日だから牛深へ その2


記念日だから牛深へ その3


























amakusa33IMG.jpg
天草下島一周サイクルマラソンの開催が2013年3月3日と決まり、エントリーがJCA会員は4日から、一般受付は10日から始まる。来年で大会開催も20回となり春一番のサイクルマラソンとして関西・関東からのエントリーも多い。人気は牛深まで足を延ばすAコース。ハイヤ大橋を渡り静かな漁村を抜け、西海岸のサンセットラインの紺碧の海を見ながらのコースだ。そして最終的に自分のものにするためにこの大会を下見と捉え、次に気の合う仲間や家族とゆっくり訪れ愉しむことだ。

そのサワリとして、「女たちの都」を見て頂きたい。牛深の人たちはこの映画で町の活性化を考えている。映画では女性たちが元遊郭を料亭にし花街復活を目指し町興しを夢見る。そこで悪役となるのは市役所、その元遊郭をイワシ館なる箱物を作る悪大官を演じている。よくもそこまで了解したものだと感心する。映画の最後のエンドロールには牛深の企業や商店、団体などずらりと名を連ね、そこには市役所職員グループの名もあり本気で町興しを考えているのだと思った。

遠くて不便ゆえに残されているものが多くそれを発見しに訪れてはどうか。きっと心に響くものがあると思う。映画撮影中に出演スタッフたちが足しげく通った店が「魚正」さんだと聞いた。以前友人と行った際、たまたま見つけた食堂で下記のエントリーで紹介しているが美味しくて穏やかな牛深らしい店である。

熊本には山岳コースの阿蘇があり海岸コースの天草がある。あか牛があり地魚があり、火の山信仰の寺がありキリシタンの教会がある。山と海で完結する「天草下島一周&阿蘇カルデラ一周」なんて究極の熊本チャリ旅はどうだろうか。寒さゆえ走る気になれぬ冬の阿蘇での空想は、うたかたのサイクリングに想いを巡らす。




天草下島一周ライド (前編)

天草下島一周ライド (後編)



2012年天草下島一周サイクルマラソン 其の一

2012年天草下島一周サイクルマラソン 其の二









日々是好日




スポンサーサイト
  1. 2012/12/08(土) 13:49:29|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<視点を変えれば何事も愉しいものである。 | ホーム | 親和苑で食事会を愉しむ。>>

コメント

浮世雲さん

天草サイクルマラソンの一言メッセージには文字制限があり

「チームラピュタ」と書きたかったんですが、

女たちの都の紹介をしました。

小松空港からキリシタンの聖地に舞い降り、

天草を堪能なされまし。
  1. 2012/12/13(木) 10:58:44 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

浮世雲さん

くれぐれも飲み過ぎに注意しましょう! 当日チームラピュタの周りには誰も寄りつかないでしょう~親方が飲んでなんぼなので困ったものです(泣)
  1. 2012/12/12(水) 16:07:34 |
  2. URL |
  3. ブッチャーK #-
  4. [ 編集 ]

自然な流れ

ブログ見て 映画見て
その地を
我が足にて
走って見る

自然な 流れに
逆らわず
コメント欄には
チームラピュタで 走りますと
  1. 2012/12/12(水) 10:20:16 |
  2. URL |
  3. 浮世雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1092-0a67290e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: