コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

コルナゴ部長阿蘇天空に舞う 其の二

301012R0011981.jpg
受付の彼もヘリの免許は持っている。

しかし、大方パイロットを務めるのはこのクルージングの主催者である阿蘇ヘリコプタークラブ代表の堀田さんのようだ。また阿蘇スポーツ体験でおなじみの株式会社阿蘇ネイチャーランドも共催されており地元に根付いた体験プランと云えよう。料金には保険も含まれる。そんな不安材料をひとつづつ消してゆくと「乗ってみる」という自分の扉が開くことになる。特に自転車乗りにとってラピュタの上空からの景色は、ジロやツールのヘリからの映像と交錯するのではないだろうか。

私は実際そう感じた。
























301012R0012008.jpg
前も横も上も窓、風こそないがまさしく空を浮んでいる

機内は相当なエンジン音だがヘッドホンが見事に遮音し、

レシーバーを通じて3人の会話は成り立つ。























301012R0012010.jpg
「あれですね、壁面は風が読めないから揺れますよ」

堀田さんの囁くような声がヘッドホンから聞こえると、

飛行機で感じる気流の乱れ、あのフワッとした感じが・・・・

思わず 「オオッ!」
























301012R0012016.jpg
数分でラピュタに着く
 
斜め上空から見る外輪山は日々通る風景とは全く違う。

かぶと岩は見過ごした。

ラピュタだけは他の壁面の形状とは違い見分けることができた。
























301012R0012019.jpg
右に旋回する。ということは期待が斜めになるということ。

「オオッ!」























301012R0012022.jpg
ラピュタから阿蘇を見た位置を12時とするならば8時後方から進入























301012R0012024.jpg
7時後方
   
見えるだろうかミルクロードを走るバイクと草原のあか牛
























301012R0012026.jpg
6時、真後ろから
























301012R0012027.jpg
5時後方























301012R0012031.jpg
3時























301012R0012036.jpg
正面から見たラピュタ

























301012R0012037.jpg
さらに右に回りこむ





















301012R0012040.jpg
いつも突端に人がいる























302012R0012041.jpg
接近すると手を振る三人






















301012R0012044.jpg
ラピュタ頭上





















301012R0012074.jpg
高度下げる





















301012R0012075.jpg
ここまで降下






















301012R0012046.jpg
これで一周、

さらに降下しながら回る
























3010120012049.jpg
後ろを見ると押し黙るカルキさん
























301012R0012054.jpg
渦を巻くように降下しながらゆっくりと右に旋回し、






















301012R0012077.jpg
レシーバーのやり取りはまさしく映画のよう

このポイントは知らなかった堀田さん、























301012R0012061.jpg
ラピュタフライト終了























301012R0012063.jpg
旋回しながら























301012R0012065.jpg
180度

























301012R0012087.jpg
「湯浦から大観望へは上昇気流で何もしないで自然と浮き上がりますよ、ほらっ」と堀田さん

実は堀田さん高いところが嫌いだそうだ。

そんなこと聞くと安心する。


























3010129R0012101.jpg
大観望着

素晴しい体験だった。遊覧ヘリコプターは久住や阿蘇山にもあるが乗ろうと思ったことは一度もない。

高いところから見るだけで怖いだけじゃないか、値段も高いだろうしと終っていた。

でも、ここは違う。

自転車乗りにとって、ラピュタの上空からの舐めるような景色は一度目にした方が今後の貴方のためになる。

写真はあくまでも平面だ。乗らないとその迫力は見えてこない。

大観望までロードバイクで来たならそのままヘリに乗ることができる。

自分への投資のお値段は一人5000円から可能だ。2名3名が基本だが一人なら2名分の10000円で体験できる。

私の頭の中にはずっとワルキューレーが鳴り響いていた。ヘリに乗ることはそんなイメージしかなかった。

しかし、地上に降り言葉では言い尽くせない達成感に包まれた。

まるで上昇気流に乗り、体ひとつで浮遊していたかのように感じた。

明日この付近を走ってみようと思う。




※「コルナゴ部長阿蘇天空に舞う」及び「コルナゴ部長阿蘇天空に舞う其の二」における写真の著作権はカルキさんにあります。よって他への流用及び無断掲載はお断り致します。ただし私やカルキさんと一緒に走った方のみ自由にお使いください。








日々是好日
スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 16:57:58|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<私のルーティング | ホーム | コルナゴ部長阿蘇天空に舞う>>

コメント

山鹿サイクリングクラブtakaさん

takaさんのブログ見ましたよ、マゼノ方面に行かれたんですね。渓谷の写真とてもきれいで技ありの一枚ですね。
北山展望所からラピュタまで4.4キロだから往復10キロ弱の寄り道は次回是非、9時までだったらぎりぎり見れるんじゃないでしょうか。「だから頑張って上る」という意識も芽生えるのでは(笑)
同じギターの先生としてカルキさんとは同走のあと競演もよろしいのでは。聞く側としては実現して頂きたい!
  1. 2012/11/01(木) 11:16:52 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ek9rさん

お久し振りです。
山ゆえに海に憧れ、お住まい付近を走りたいと常々思っています。
ヘリからの写真はGRⅣ、よって望遠は一切無しで見たままの景色です。
阿蘇を走る目的に、このヘリクルージングはおすすめ、機会がありましたら是非跳んでくださいね。
  1. 2012/11/01(木) 11:04:42 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

カルキさん

そういえばカルキさんとラピュタに行ったのは7月の豪雨被害の調査が初めてで、今回の空からが2回目、まともに行ったことはないですね。勝ってながら波長が合う、同じ匂いがする人と認識していますので今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

阿蘇は12月中旬で凍結・積雪のためサイクリングシーズンは終わりますが、そこを走破すべき機材投入には頭が下がります。積雪の草千里で撃沈する姿を是非撮らせてください!

  1. 2012/11/01(木) 09:58:39 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

10分ちょっとのフライトでした。外輪山付近を飛んでる分には高さもなく何てことはないんですが、

そこから降り立った瞬間眼下に広がる景色に足がすくみましたね。

高いところは苦手というパイロットに救われましたが(笑)

これは是非試して見るべきですよ。
  1. 2012/11/01(木) 09:29:03 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

おお〜〜っ。

車はコルナゴ部長でしたか・・・ではないかな〜?とも思ったのですが、携帯がつながらなかったか・・残念。その日はやはりラピュタだったかな? 雲海みたかったな〜、また次の機会に期待します。
ラピュタの上空からの写真、迫力ありますね、写真でこれだから実際を想像すると絶叫しそうですね。
なんと素晴しい。
カルキさんとも、そのうちに同走したいです。
  1. 2012/10/31(水) 16:57:27 |
  2. URL |
  3. 山鹿サイクリングクラブ taka #3tICNbP6
  4. [ 編集 ]

NoTitle

カメラアングルも申し分ないですね。地球の鼓動を久々に感じました。
……GJ!!
  1. 2012/10/31(水) 15:55:22 |
  2. URL |
  3. ek9r #-
  4. [ 編集 ]

天空の黙示録

部長の写真からようやく実感が蘇った感じです。クルージングにラピュタコース是非作ってもらいましょう! それにしても部長とはまともにラピュタには行けませんね~あまりワグナーが鳴らないようにお誘いします(笑)
  1. 2012/10/31(水) 14:56:17 |
  2. URL |
  3. カルキ君 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

素晴らしい角度で絶景をみせていただきました。

とにかくアップされた写真の数々に絶句、、、です
  1. 2012/10/30(火) 21:53:27 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1073-1ee9e380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: