コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

五感に秋を満たす阿蘇ライド

108asoaoR0011379.jpg
久し振りに阿蘇を走ってきた。
いつでも走れると思うとなかなか気が乗らないもので贅沢な癖がついてしまった。
しかし、愉しく走れる季節も残すところ2ヶ月余りとなり、これから週に1度は阿蘇らしい景色を眺めたいものである。

そんな同じ想いのみなさん5名が菊池の自宅に集合し、想像を満たすだろう自慢のポイントを案内した。
























108asoaoR0011353.jpg
菊池からまともにミルクロードに出るのではなく、市ノ瀬地区の集落を通りまずは懐かしき「村の景色」を見ながら竜門ダムの7キロのサイクリングコースを走る。湖を走る爪楊枝のような細長いボート競技の練習を見るのも珍しい風景である。

ここから水の道で一旦国道に出て立門から菊池高原CC入口を通る205号でオートポリスを目指す。

























108asoaoR0011354.jpg
この道は車の通りも少ない渓谷沿いの広葉樹に覆われた道

新緑の季節や真夏も涼しく心地好いがベストは紅葉シーズン

色鮮やかな森の中を落ち葉の絨毯を踏み、渓流の流れを見ながらのサイクリングはそうどこにでもあるものではない。
























108asoaoR0011360.jpg
耳にも良い。

谷に響き渡る野鳥の声、清流の音、小滝の音、風揺らぐ木々の音

しかし、オートポリスが近くなると場違いなエンジンの爆音が聞こえ始め

樹木はなくなりアススァルトの広い道になる
























108aasoaoR0011361.jpg
オートポリスからミルクロードに出るには1キロほどの坂を上らなくてはならない。

それは徐々に勾配がきつくなり最大16%ほどもありひとつの魅力でもある。

ひろまみさん夫妻は前日佐伯にエントリーされ疲れが残り苦労されたようだ。

北山展望所で休憩しミルクロードを突っ走り212号で内牧の降りる。
























108asoaoR0011368.jpg
阿蘇山に向かって走る

向かい風にへボーネンさんが先頭引き、回復したひろまみさんが2番手に























108asoaoR0011373.jpg
遅れたメンバーを待つにもポイントがある

























108asoaoR0011378.jpg
昼食はカルキさんのバーで出前をとってもらう。

地元としての極上のもてなしには感謝の一言では済まされないが、

いつもながら甘えてしまう。



山中伸弥氏がノーベル賞を受賞され賑わっているが、2010年受賞された根岸英一氏には「幸福の四条件」という座右の銘があるそうだ。

それは、

1. 健康  高校と大学時代を通じ、体調を崩してしまえばどうしようないことを痛感した

2. 家庭  基軸は夫婦で子や孫を含めた家族が円満でなければならない

3. ホビー 趣味を持てば人生はより豊かになる

4. プロフェッション 好きになれる仕事をし、かつ給料を上回る大きな社会還元ができることが望ましい。
           一人ひとりがそれを実践できればすばらしい社会になるはずだ。


今日のことはカルキさんからの社会還元と考えよう。























108asoaoR0011380.jpg
カルキバーの居心地がいいものだからつい長居をしてしまう

みなさん福岡からお越しだから帰りの時間を考えて最短コースを選択

するとASO BOYと遭遇するチャンスに
























108asoaoR0011386.jpg
阿蘇平野を貫く二車線道路では追い風に乗りあっという間に二重の峠に

旭志経由で無事到着、高速は渋滞の様子

なので時間つぶしに我が家の温泉で茹で卵のようにピカピカになって本日の阿蘇ライド終了

























108asoaoR0011394.jpg
近くに宿をとられたへーボーネンさんと家内と三人で夜の部へ

場所は「夢路」

自慢は鮮魚と馬料理、それに高価な材料を使い

手間隙掛け、とことんこだわったダシ


























108asoaoR0011397.jpg
ここが菊池であるという固定観念は忘れなさい

無駄です

特別すぎる店なのです















1108asoaoR0011432.jpg
極められたダシ汁には感服

























asoaoR0011410.jpg
そしてメインの馬鍋

モツ鍋風だが馬の風味溢れるダシ汁はたまらない

最後の仕上げにはチャンポン麺を投入し、鍋底の最後の一滴まで味わった

ここに来たら必ず食すべし、当然事前の席の予約と馬鍋の予約は忘れないように

旨いものにはお膳立てが必要である

走ることも、そのあとの温泉も

























108asoaoR0011420.jpg
ダブルアントレの最後は40センチはあろうか旬のキンキ

あしらいには秋景色が散りばめられ、無論感動と口福の一言

五感に秋を満たし、阿蘇ライドが完結する

温泉で終った皆さんには次回は是非、完結篇までのエントリーをおすすめする。












日々是好日













スポンサーサイト
  1. 2012/10/09(火) 19:09:13|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<阿蘇物語 | ホーム | 海上自衛隊基地を走る第12回ツール・ド・おおすみの紹介>>

コメント

軽木君

阿蘇色に染まりつつありますので、

素晴しく豊かな迷惑に

もうしばらくお付き合いの程(笑)
  1. 2012/10/12(金) 15:32:36 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

被害者便り

OH! No!
  1. 2012/10/12(金) 12:22:41 |
  2. URL |
  3. 軽木君 #-
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

天気も良かったし、サイクリングも、カルキさんのランチも、そして夢路もたっぷり堪能した理想的な阿蘇サイクリングでしたね。ベストシーズンにあと数回、悔やまれぬ冬眠を迎えましょう。

「コルナゴ部長被害者の会」とは、私が阿蘇に来たことで眠っていたカルキさんの欲望に火を付け、想像以上に忙しく翻弄され、実は幸せを感じているという彼独特の表現です。(笑)
  1. 2012/10/12(金) 10:48:19 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

コルナゴ部長と数人の自転車好きのメンバーと、久しぶりの阿蘇を堪能させていただきました。前日からのハードなライドになった方もそうでない方も、とにかく事故や怪我もなく楽しいサイクリングが過ごせたようで何よりです。 また、機会があったらご一緒いたしましょう!

それに、軽木さん、カルキバーでの昼食・・・おもてなしには感動しました。今度はコルナゴ部長被害者の会の皆さんと、夜の部でゆっくりと楽しませていただければと思います。そん時はハヤをお土産におじゃまさせてください!

最後に、夢路での晩餐会は感動もんです。おいしいダシに、ついつい消費カロリー以上に飲み食いしたようで、体重は増える一方で困っています。 年内に、あと2、3回は行きたいなぁぁ・・・・


  1. 2012/10/11(木) 22:43:33 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

takubon さん

湯布院・九重方面にはロードでは行ったことないですね。
熊本方面からは阿蘇でさえ少ないのに、ましてやまなみ道路で牧戸峠超えは皆無に近いのではないでしょうか。天候の急変等の引き返す場合のリスクが大きいのでしょう。宿に来られる方などフェリー等で別府から阿蘇方面に来られる場合よく走られているように思います。まあチャレンジ精神旺盛な方々のルートのように感じますね。
山登りも人気ですね。以前凝って装備も一式揃えていましたが今は整理箱の中、趣味を二つ兼ねるには時間が足りませんし、とりあえずロードに集中です。それにしても牧戸付近の車の数は半端じゃないですね。それと昨今のランニング人口が凄い。
しかし、よく考えてみると、ロード、山登り、ラン、いずれも阿蘇はそれらの理想地に含まれるわけですから、今までの見方を変えれば人の集まる場所として類い稀な地域ではないかと感じています。
今度お越しになったら三つお試しください。(笑)
  1. 2012/10/10(水) 13:17:12 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

阿蘇の秋

10/7に湯布院まで友人とバス輪行して、湯布院ー水分峠ー朝日台ー長者原ー牧ノ戸ー阿蘇」「城山展望台」ー、ミルクロードから小国ー日田からバス輪行して福岡と走ってきました。へたれです!!
下って、コルナゴさんに会いたいなーとと思いましたが、帰りの登りを考えたらぞっとして、ミルクロードへとUーターンしました。「(笑)ロードバイクは4台すれ違いましたが、少なかった印象です。。
でも、バイクが多いですね。そして山ガールの多さにびっくりです。九州以外の車が多く、彼らは何処に宿泊するのだろう・・?そして ワゴンのリヤを倒して、お湯沸かして、 優雅にコーヒーをたててる若い女性達を見かけました。j皆の余暇に対する変化を、自転車に乗ってスローに風景を見ていると、色んな事に気付きますね。
 今、阿蘇は山ボーイ・山ガールが凄いです。。牧ノ戸を登ってる最中に 泊まる所や歩くコース等色々苦労するんですよー。と云う声を聞きました。
サイクリングの比ではないですね。。ブームが阿蘇に来てるのを再度実感しました。
ふと 思ったことか書いてみました。ごめん

今度 独りで旅館に伺いますね。
  1. 2012/10/10(水) 11:22:49 |
  2. URL |
  3. takubon #-
  4. [ 編集 ]

titan454 さん

阿蘇ライド、愉しんでもらえたようで嬉しいです。
以前はよくこんな感じのサイクリングをしてたんですが、久し振りに案内して愉しんでもらう楽しみを味合って、やはり性に合っているなと痛感しました。
次回はフルコースの完結篇までお試しください。
  1. 2012/10/10(水) 10:05:10 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

楽しかったです。

福岡県の古賀市からお邪魔したtitan454です。いい景色と厳選されたルートで阿蘇を満喫させていただきました。昼の赤牛丼も最高においしかったです。いろんな阿蘇や自転車にまつわるエピソードもまた勉強になりました。走行中は最後まで先頭を引いてもらっていいのかなと思いつつ・・・。ありがとうございました。ほんと楽しかったです。次回は完結編までエントリーしたいですねー(笑)。
  1. 2012/10/09(火) 22:31:17 |
  2. URL |
  3. titan454 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1061-ee4b3faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: