コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

秋の釜山2日目

930zepR0011157.jpg
釜山2日目の朝はドンゴレで朝食

ここの味噌チゲは抜群に美味しい、それで4000wと格安である。

一緒に出てくるキムチも旨くて1kg15000wで持ち帰り用もある。

重たいが旨さに惚れて4k購入。
























930zepR0011155.jpg
食後はすぐ近くの龍頭山公園まで散策に行く。
秋風が心地好く地元のお年寄りの方々の朝の散歩で賑わっていた。一角にはエアロバイクや丸い土台を回転して腰を捻るものなどジムにありそうなトレーニング器具があり大勢の方が利用されていた。屋外なので風雨に耐えられるようなものらしい。高齢者の割合が多い現状、日本でも子供対象の公園だけではなく、このような施設がある年配者も楽しめる公園という考え方も必要だろう。毎日坂を上って公園に行き、そこで運動することによって健康を維持し病院に行く回数も減り医療費の削減につながるのではないかと感じた。
























930zepR0011182.jpg
高さ120mの釜山タワーの展望台

当然ながら凄く眺めがよく入場料4000wはお得だろう。
























930zepR0011188.jpg
展望台から階段を降りるとスカイカフェがある。

入口が目立たないので人も少ない。

朝食後の散歩に訪れるには格好のスポットだ。

市内を一望できる絶景での珈琲は味は香りはさておき極上の一杯である。
























930zepR0011196.jpg
展望台を降りるといつの間にか中国人観光客が溢れていた。

上るときには数人の地元のお年寄りだけだったが大型バス20台を超えるツアーには驚いた。

ニコンやキャノンの最新式のコンパクトデジカメや一眼レフ姿で身なりもよく今の時代を象徴する。

韓国人もそうだが声が大きく行動が大胆に見える。

でもそんな習慣の違いや見かけなどで、人を、国を、判断すると、大きな誤解を生むような気がした。

ここまでバスで来て不思議なことに誰一人展望台に上らないのは何故だろうかと思った。

入場料4000w、280円である。
























930zepR0011160.jpg
地下鉄で釜田駅に行きムグファン号で機張にカニ食べに行く。

海を見ながらの1時間たらずの鉄道の旅もなかなかいいものだ。
























930zepR0011168.jpg
いつものカニ屋

タラバに似たアブラカニとズワイカニを選ぶ

価格は90000w

贅沢な大きさで安い。
























930zepR0011164.jpg
20分ほどで活きたカニが蒸され、おばちゃん達がこんな風に食べやすく「はいどうぞ」と出す。

カニで腹一杯になることができるのはここ機張だけ

北朝鮮やロシアからこの港に入荷するのが安さの理由らしい

足の身に飽きたら腹側の身をせっせと皿にため、茶碗いっぱいになったら一気に口にほおばる

活きカニ特有の甘みのあるカニ肉のジュースが口に充満する、贅沢の極地である

それは開高健さんのマネだが、そんな豪快な食べ方出来るところだ。

ちなみに開高さんは茶碗ではなく丼だったが、今となってはその幸せの一旦を知ることができる。

カニカニカニ、ざぶざぶビールに焼酎で白旗あげて

「モウタベレマセン」

お勘定は驚きの一人3815円。
























930zepR0011139.jpg
釜山でもスポーティな自転車が多くなった

クロスが多い

道が悪いからだろうかロードはめったに見なかった

これはロシア人観光客のレンタルバイク
























930zepR0011198.jpg
スポーツ用品店やブティク風の店の前には店員のものだろうかピストも
























930zepR0011177.jpg
夜は久し振りに釜山の中心の西面に行く

まだ初めて頃はロッテホテルをベースにしていたが

海の幸が好物の私達はチャガルチに近い南浦の釜山観光ホテルに定宿となった

6年振りの西面は見違えるように綺麗になっていた

ゴミも落ちてなく不潔感なんて全くない

6年間の韓国の勢いを感じた

夕食は当時通った海鮮鍋が美味しいこの店に行った
























930zepR0011174.jpg
味は昔のまま

ロッテに近いので日本人も多いが現地の人も通う店だ。
























930zepR0011178.jpg
ロッテの裏の屋台も昔のまま























930zepR0011179.jpg
若い人の賑わいも懐かしい

ただロッテデパートのショッピングバッグを手にする人の多さは豊かさの象徴のようにも思えた。

3日間で不快なことは何もなかった。ただ日本人観光客の少なさには驚いたが、中国人観光客の多さはそれ以上だった。西面を歩いていたら屋台のおばさんから中国語で声掛けられた。地下鉄に乗ると10人中4人がサムスンスマホをしている。そんな時代になったのだと新聞やテレビの報道を今更ながら現実を感じた今回の旅行だった。やはり現地に行かないとそのリアルさは薄い。

家内の勤続20周年記念旅行は実に愉しく美味しい体験の総集編だった。
そこで帰りのビートルで冬また行こうという話しになった。
そうなると私は今年4回目となる。いやはや旅は楽しいものである。












日々是好日





スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 19:11:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<私の十五夜 | ホーム | 秋の釜山1日目>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/10/01(月) 13:45:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1056-8f4b8c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: