コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

秋の釜山1日目

1126zanR0011133.jpg
釜山に行って来た。

最近の問題でちょっと心配はあったが特に何もなく普通通りだった。

ただひとつだけ驚いたことがある。
























1126zanR0011103.jpg
こんなガラガラのビートルは初めて

出発日によってツアー料金が変わるのだが、

この日は格安であったにも関らずホテルのロビーにも溢れる日本人の姿もなかった。

ただ翌日からこの街は中国人観光客で溢れた。旧盆の休暇でこの期間10万人が訪れるそうだ。

現在はパブリックスペースの案内看板や地下鉄のアナウンスは韓国語、続いて日本語、そして英語の順。

やがて中国も間違いなく加わるだろう。

そんな光景を見た。
























1126zanR0011130.jpg
港に着いたらタクシーでホテルへ直行する。料金は2400w(ちなみに今回のレート1万円が142000w)

12時前にチェックインし、すぐさまチャガルチ市場へ
























1126zanR0011207.jpg
ここがコムジャンオ(ヌタウナギ)専門店で2泊3日のうち2回訪れる。

同じ専門店が軒を連ねるが10年以上通う店だ。
























1126zanR0011126.jpg
市場の活気を見ながら、人の歓声を聞きながら、

ライブプサンが楽しめる。
























pp1126zanR0011121.jpg
一見グロテスクなヌタウナギだが
























1126zanR0011204.jpg
切り刻まれピンク色の肉片となってもピンピン撥ねる。

その生命力は「滋養強壮に」などもちろんそんな効能もあるだろうが、旨い。

とにかく美味しいのだ。

この旅行は家内が主役であり、食べに行くところも本人の希望

気色悪いのは苦手のはずだがこの美味しさにはまると

「嗚呼、コムジャンオー食べたい」と欲望がむき出しになる。

まずは炭火焼で2人前

























1126zanR0011110.jpg
歯応えよろしく独特の旨味が口に溢れ、まさしく感動の域。

これに比較できものはない。

魔味に取り付かれた若いカップルから年配者すべて層の面々が

朝から晩まで「コムジャンオー」と注文する。

























1126zanR0011114.jpg
炭火焼の次はヤンニョム2人前

辛いタレでコンジュジャンオと玉ねぎを炒めたもの

焼けたら葉っぱに包んで口に放り込む。

韓国焼酎がベスト

















1126zanR0011125.jpg
最後は旨味のタレを残してパフ(ご飯)を投入、

焼き飯風でコムジャンオのすべて食べ尽くす。

ここまで料理はおばちゃんが全部やってくれる。

栄養価が高くカロリーは低い、

春夏秋冬朝昼晩ライブは続く。
























1126zanR0011143.jpg
夜の部開始

またしてもチャガルチ市場が呼び寄せる
























1126zanR0011136.jpg
現地の人が通う人気の食堂は美味しく安い

手前がホヤの刺身で海の味、磯の味、深海の味

右がタコで舌や歯茎を吸盤で吸われながら笑顔で食べる

そして、ミミズみたいなのが現地語「ケブル」日本ではユムシと言って巨大なミミズみたいな海の生き物

見かけによらずコリコリと旨いのだ。
























1126zanR0011141.jpg
刺身屋のあとはほろ酔い気分で彷徨い
























1126zanR0011144.jpg
本屋へ
























1126zanR0011145.jpg
珍しい発見が愉しい。
























1126zanR0011151.jpg
疲れたら屋台であれやらこれやら買い込み、ホテルで今日3度目の乾杯

釜山の夜は暮れた。

秋風が気持ちよい一日だった。

勤続20年おめでとう!




スポンサーサイト
  1. 2012/09/29(土) 19:19:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<秋の釜山2日目 | ホーム | 特別休暇>>

コメント

ken さん

やっぱりお酒に合う食べ物というものがあり、それは現地の物が一番でしょう。そうなると韓国料理には韓国の焼酎になります。飲み方も冷えた小瓶の焼酎を、小さなグラスでグッとあおるのが美味しい飲み方です。
ホヤの刺身やキムチに漬け込んだものなんて韓国焼酎以外考えられませんね。

では、其の二を今から。
  1. 2012/09/30(日) 10:58:51 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

プサン

初秋の旅をお腹いっぱい楽しまれたようですね!部長はお酒もお好きなので他の方の3割増しで旅行を満喫れてますね。旅の続きが楽しみです~
  1. 2012/09/29(土) 20:56:29 |
  2. URL |
  3. ken #Szz/4ZYk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1055-dad52238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: