コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

ランナーを迎える歴史ある地盤

96sitaqR0010719.jpg
今朝のミルクロード、雲がいい感じだったので212号に降りらず1キロ先の大観峰へ。
























96sitaR0010689.jpg
「山の天気は変わりやすい」と言うように、着いたら雲が押し寄せて駄目だった。

しかし、駐車場からここまで緩やかな上り坂を走るといい運動になる。

いつもはバスとクルマとバイクで溢れているが、午前8時30分にはクルマ3台とバイク1台と静かなものだ。
























96sitaR0010700.jpg
朝露に濡れる山野草

この時間は大観峰には穏やかな心地好い風も吹いている。

出勤途中の愉しみがまた増えた。
























96sitaR0010684.jpg
デロリアンが江戸に!

























96sitaR0010685.jpg
実は島津製作所の新聞広告、そのビジネスモデルには、

『今ほど科学の真のチカラが問われている時はないかもしれません・・・・

人の幸せをもたらす「卓越した科学」を目指しつづけます』



とあるが、それをちょっと置き換えると、

「科学の真のチカラ」=「健康寿命」

「卓越した科学」=「健康王国阿蘇」



先日、その確証を見た。


























96sitaR0010717.jpg
最近、宿の近くにある実業団の5キロのコースを日が沈む頃自転車で走っている。

一昨日、走ろうと玄関を出たところ、勢いよく車が止まり、女子選手が膝にタオルを当て苦痛の表情で助手席から降りてきた。と同時に運転席から見知らぬ男性が降りてきた。すぐに「クルマにひかれた」と直感した。

男性が「蜂に刺されたようです、種類はわかりませんが、至急病院に運ばれたがいい。今なら〇〇病院がまだ開いています」と。

実は女子選手は走っている最中に蜂に刺され、近所の方が氷を当てタオルで巻き宿までクルマで運んでくれたのだ。内牧では年に2回3回も10チーム以上の実業団が来ているわけだから地元も恒例行事と化している。こういうハプニングも井戸端会議で知れ渡り、対応策も承知の上のことであろう。今日から合宿がスタートした宗監督率いる旭化成陸上競技部に至っては21年目となり、宗監督を選手時代から見守ってきたのも内牧の人々である。

ジロやツール、ブエルタのレースを見ると、住民が沿道を占め熱気ある応援をしている。上り坂では水を差し出し、峠の下りの始まりには腹部を冷やさぬよう新聞紙を渡したり、落車した選手には身内のように心配した表情で見守る。老若男女手がだ。100年にも及ぶ歴史あるスポーツイベント故のことであろう。

女子選手を送ってきた男性はそう言い残しすぐに去られた。
この出来事は、内牧温泉が今後一般のランナーを迎えるに当たり強固なものであると感じた。理解ある地元民の存在は大きい。地盤があるのだから、すでに生活の一部となっているのだから、知恵を出しそれを形にして行きたい。











日々是好日




スポンサーサイト
  1. 2012/09/06(木) 18:41:33|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ココロノツバサ | ホーム | これからの接待を教えてあげよう>>

コメント

また走りにいきたいな~

逆さ涅槃を映していた周回コースの田圃もあの大雨にもめげず実りの秋を迎えようとしている景色にホッとします。
地元の理解と認識、なにものにも代え難い財産ですね。そもそも交通量は殆ど皆無ではありますが、地元の軽トラもランナーが走っているかもしれない前提でいてくれますし、早朝集落の中を走っても不審がられず自然に挨拶してもらえる気持ちのいいコースだったことが思い出されます。
  1. 2012/09/07(金) 13:39:01 |
  2. URL |
  3. サルト #YCdeWPgQ
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

9日私は走れます。
が、8日の宿は旭化成さんの合宿等で満室です。
残念です!
満室だと飲んだら泊まる私の部屋も確保できません。

蘇山郷に泊まり、坊中の夜を過ごし、早朝湯浦のコースを走り、ひと風呂浴び朝食のあと、小嵐山を上りミルクロード走り、ラピュタを展望して「嗚呼」ということができないのです。

ハヤの甘露煮はいつ食べれるのか・・・・

  1. 2012/09/07(金) 09:28:35 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

ああ、阿蘇に行きたい、、、

現場の工程がズレズレでおしていますので、来週末がピンチかも、、、、、

9日は夕方に仕事ありますが、職人が出てくれれば、逆に8日と9日はチャンスです。

もし8日の夜、蘇山郷さんの部屋が都合つけば、ハヤの甘露煮を持参して坊中の夜を体験したいなあなんて、、、、翌日はスローな半日を阿蘇で過ごせれば言う事ないかな!
  1. 2012/09/06(木) 22:26:16 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1042-3733c93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: