コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

これからの接待を教えてあげよう

93karukiR0010665.jpg
翌朝、泊まりの方々は宿からすぐにある湯浦地区の実業団のトレーニングコースをランニング。
私は一人早朝サイクリング。
外輪山中腹には雲が降り、ややひんやりとした無風の静かな朝、
ランニングにサイクリングに、汗を流す一日の始まりには絶好の条件である。


平坦な実業団の湯浦のコースは右廻りの5キロ。各チームが道路に示した距離のマーキングを見ながら、トレーニング中の選手を時折追い越し3周した。他の宿にも多くの合宿中の選手がいて、合わせると100人近くじゃないだろうか。それも申し合わせたようにすべて女子選手。現在の内牧はまさに選手村であり、早朝の湯浦地区は運動公園である。阿蘇の景色として視点を変えればきっと興味を示す人は多いだろう。

以前エントリーしたブログに『阿蘇内牧温泉は、高校・大学・実業団のマラソン合宿のメッカである。理由は標高500mと涼しく、交通量が少ないフラットコース、日本一過酷なクロスカントリーコース、室内練習場やプールが近くにあり、上質な温泉で自然治癒することができるリーズナブルで経験豊富な3食付長期受け入れが可能な施設が多い、そんなことであろう。このような地域の優位性が生かせるものを観光として知恵を出して売ることが今後必要だろう。』

このことについて共感のメールも頂いた。形にすべく継続して見極めたい。
今週末から実業団合宿は男子チームが内牧入りする。宿でも女子と重なりながら、旭化成・佐川急便・トヨタなど男子に移行するようだ。私は30年近くもひと山越えた隣の温泉地で観光に携わってきたものの、この地が20年以上前から多くの実業団チームが合宿されることなど全く知らなかった。昨今のランニング人気もあり各都市で開催されるマラソン大会の影響もあるだろうが今後の観光への可能性は大である。「健康」と「シニア」への好奇心に答えるビジネスチャンスを活かさぬ手はない。



















93karukiR0010652.jpg
湯浦地区から一の宮方面に外輪山の麓を走る昔ながらの一級河川の黒川沿いの道を走る。所々には未だこのような水害の痕跡が残るが走行への影響はまったくない。阿蘇に想いのある方々から「心情的に走られるか」というお尋ねがあるが、坂梨地区以外は積極的に来てもらい、お金を落として被災者への気持ちとしてももらいたい、それが復興への一助であると考えるし間違いではあろうはずはない。善意の気持ちが再興には必要である。
























93karukiR0010661.jpg
ミルクロードはたぶん霧の中だろうから2時間ばかり平地を走った。何となく英彦山ヒルクライムレースも気になるし、アスリートが走ることにも影響してかサイクリングじゃなく自分なりに「練習モード」で走った。最初は苦痛だったが1時間もすると楽に走れるようになった。なるほどこれが「アップ」かと思った。

昨日から東京からお越しのサイクリストが宿に来られている。Twitterで知り合った熊本市内のショップチームがサポートされていた。今朝は教えてあげたコースを一人走られているはず、霧のミルクロードは大丈夫だろうかちょっと心配になった。

宿に戻るとロビー奥のお茶室からラウンジに替えた憩いの場は実業団女性でにぎやかになっていた。そこに風呂上りの本人がいて「ラピュタで雲海見ました!」と興奮して話された。どうやらかぶと岩方面のミルクロードは霧もなかったようである。スマホの写真も見せてくれた。貴重な体験をされたようで私も嬉しい。
























n93karukiR0010678.jpg
東京の小畑さん、
やまなみ道路で別府へ旅立たれた。
別府で1泊されたあとはしまなみ海道を走られるそうだ。
今回の遠征によって、物事の考え方や今後の生き方を確認するようなリフレッシュ休暇になったのでないだろうか。



自転車仲間と連れの方は接待でのお越しだった。
人にもよるが本来ならば熊本市内のホテルに1泊し、夜は歓楽街や料亭、翌日は観光やゴルフといったところが定番かも知れぬが、今後は健康志向を求める人が多く占める中、このような接待もあってもよかろう。
カロリー面から肉が苦手、駄目という人に「旨い」と箸をすすめさせるカルキさんの「食育」も愉快だった。
阿蘇にはまだまだ隠された人という魅力がある。ふらっと来られても自然体で迎えられるようになりたいものだ。








日々是好日












スポンサーサイト
  1. 2012/09/04(火) 11:48:40|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ランナーを迎える歴史ある地盤 | ホーム | 坊中の夜>>

コメント

綾祢さん

唯一知る単独ロングライド派女性サイクリストと勝手に紹介しています。

季節もよくなりました。人も少なくなり初秋を味わうにはもってこいです。
阿蘇ライド、ご予定が決まりましたらお知らせください。
9月は英彦山などあって10月がベストかなとも思っています。
  1. 2012/09/07(金) 14:05:58 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました。

小畑さんを暖かく迎えていただいてありがとうございました。
どうやら私の話が出たとか出てないとか…。(笑)

ブログはすべて拝見させていただいているのですが、
筆不精なもので、ついついコメントをしてませんでした。

私もまた阿蘇サイクリングを計画しようと思ってます。
その時はお宿で、そしてもしよければご案内を…☆
お願いしたいです。m(_ _)m
  1. 2012/09/07(金) 11:55:55 |
  2. URL |
  3. 綾祢 #uhTlRX4A
  4. [ 編集 ]

ターザン さん

そうでしたか、ちょっと残念でしたね。

こちらに住んでいる、もしくは滞在していると、日の出・日没付近の阿蘇を見ることが出来ます。感動的なシーンに出くわすこと多々、次回はランニングや自転車で最高の瞬間を見に来てください。
  1. 2012/09/05(水) 13:38:42 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

実は・・・

田んぼの中のトレーニングコースがわからず、温泉街を、ぐるぐる回ってました(笑

それでも、いたるところで、実業団選手とすれ違い、こちらも合宿してる気分になりました(笑

おかげさまで、ハイテンションで走れ、いい汗かけました。

仲間も、また泊まりたいそうなので、次回は、早朝ラン&サイクリングで、接待しますので、是非お付き合いください。

よろしくお願いいたします。
  1. 2012/09/04(火) 21:43:56 |
  2. URL |
  3. ターザン #8IykC4x2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1041-57b4e564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: