コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

次は親父と「九州自転車旅」

mrsakaiR0010310.jpg
2泊3日の阿蘇旅は、まずは大阪から12時間の船旅。

いろんな思いがあって、地図を眺めたり、スマホでブログの写真を見たり、

期待に胸ふくらみ、中々寝付かなかったとのことでした。

翌朝九州上陸。

別府からは寄り道しながら阿蘇内牧温泉へ夕方遅く到着。さすがの猛脚くんも疲れ果て、温泉と部屋食で生き返り、

その後は宿備えの自転車本、エンゾさんの「ジロ・ディ・箱根」を読みながらおやすみになったそうです。

翌朝9時に出発。

外輪山コースを一緒に走り内牧で昼食後阿蘇火口を目指す予定、

私の方はというと火口行く東登山道入口で見送るつもりです。

まずは宿から5キロの役犬原湧水群のポイントへ。

ここの水はキンキンに冷たくドリンクを作るには最適。2m近く勢いよく自噴する阿蘇の自然の力が最初の感動です。
























mrsakaiR0010312.jpg
7月12日の水害の傷跡が残る街並みから、5~6世紀にかけて築造された中通古墳群を抜け小嵐山へ。

痛ましい跡を見るも、訪れないとわからない歴史ある阿蘇も自転車旅ならでは。

本来の目標であるヒルクライムや勇壮な景色と合わせて見て欲しい。

ただ、例えば29歳の大阪から来た酒井君には右も左も判らず、

ラピュタを見るとか火口まで上るとかそれだけで、せっかく来てくれたのにもったいないと思います。

小嵐山峠付近からの眺めも、そんな多くの物語が見えてきます。

























mrsakaiR0010313.jpg
酒井君のバイク、お父さんから譲り受けた世界限定100台のビンテージ物。

遅い私が案内役なので前を行きますが、後ろから聞き慣れないギアシフトの音、歴史的というか妙でした。
























mrsakaiR0010317.jpg
重々しいリュックの中身は年代物のニコンの一眼レフ

一瞬のシャッターチャンスを奥深く印象的に描写する、それはコンデジにはないズシリとした手ごたえと引き換え、

酒井君の選択です。
























mrsakaiR0010318.jpg
小嵐山からミルクロードを走りスカイライン展望所、さすがに暑く、この先の北山展望所の気温計は26度。

かぶと岩展望所で水補給とトイレ休憩後、3キロ先のラピュタへ。
























mrsimanoR0010321.jpg
真夏のラピュタ

先客の横須賀ナンバーのバイクの人が、朝来たときは雲海が見られたと云われていました。

今朝通勤時、私も一の宮付近が雲に覆われているのを見ましたが、

本格的には10月から11月にかけて阿蘇谷全体の雲海を見ることができます。

寒暖の差がもたらす自然現象は偶然偶然であり早起きの恩恵です。

ここからミルクロードを下り、二重の峠から阿蘇谷横断です。

























mrsakaiR0010334.jpg
重いリュックに向かい風は苦しそうですが、

笑顔でした。
























mrsakaiR0010337.jpg
遠く外輪山の峠を走る豆粒のように動く車は

走ってきた軌跡を辿ることができる

それに崖崩れの跡も草木が生えぬうちは。
























mrsakaiR0010339.jpg
昼食の「いまきん食堂」は1時間以上の待ち

なので中華料理の「葵」へ

いつも注文するのは、タイピーエンやチャンポンで、その評価は「普通」でしたが、

中華丼は美味しい、どうもあんかけ料理が「葵」のおすすめのようです。
























mrsakaiR0010343.jpg
坊中のカルキさん宅へ


























masakai0010350.jpg
ビンテージ物の違いを確認、お互い褒めながら同じオーナーとしての悦びに浸るの図

今回酒井君の目的のひとつが到達されました。
























mrsakaiR0010357.jpg
カルキ宅の横から正巌殿寺へ続く仲小路通りで別れました。

酒井君はひとり阿蘇火口へ

こういうのもいいんじゃないでしょうか。

その後宿で落ち合い、達成感に満ちた素晴しい笑顔を見ることができました。
























mrsakaiR0010362.jpg
翌日、恐縮にも私の出勤時間に合わせて宿を発たれました。

これからやまなみ道路で別府へ、

19時のフェリーで翌朝大阪着、

船中2泊と宿2泊の4泊の九州旅、次は自転車乗りの親父を連れて来ようと満面の笑顔が忘れられませんでした。


この旅で得たもの、想像の通りのものだと思いますよ。













日々是好日













スポンサーサイト
  1. 2012/08/17(金) 18:42:16|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<タコの日 | ホーム | 剛脚くんの阿蘇旅。>>

コメント

剛脚くん

うらやましいなあ、私も29歳の頃そんな体験がしたかった・・・・
でも今回、元気貰いましたよ!

ブログでは次は親父さんといいましたが、大事な人とドライブ中心で早朝チラッとラピュタまでなんてどう?

そんなプロデュースもOKです!
  1. 2012/08/18(土) 13:51:44 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

浮世雲さま

迷ったら行動あるのみ。
そこに至るマイナス要因はさておき、自分のためになりそうだったら迷わず行くべしですね。

またいい人との出会いができました!
  1. 2012/08/18(土) 13:41:41 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

浮世雲さん

現在、阿蘇坊中ヨルクライムというのを企画中です。その時はぜひお二人の参加よろしくお願いします…グライダーでお越し下さい(笑)
  1. 2012/08/18(土) 12:47:20 |
  2. URL |
  3. ブッチャーK #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

コルナゴ部長 ブッチャーKさん 宿の皆様
無事に大阪の我が家へ到着致しました。
本当に生涯に残る旅が出来ました!!
必ずまた来ます。 
  1. 2012/08/18(土) 10:46:58 |
  2. URL |
  3. 剛脚 #j2KS4BfU
  4. [ 編集 ]

コルナゴ部長 ブッチャーKさん 宿の皆さん
ありがとうございました
1枚の 写真から この自転車に会いたい
酒井君のパワフルさには脱帽です
でも 羨ましくもあり 次は私だー
とも 思っております
  1. 2012/08/17(金) 19:16:32 |
  2. URL |
  3. 浮世雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1032-db99147d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: