コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

気持ちをひとつに阿蘇の峠を走る

aso777IMG_2418.jpg
阿蘇応援のプライベート・サイクリング『元気だけん阿蘇』は総勢10名で阿蘇の風景になりました。
(写真外に別途お一人方)

キャンバスに描かれたのは、福岡の「ちくし医師会自転車部」さんから2名様、pingさんとお友達、前日から災害ボランティアの自転車旦那さん、東京からサルトさん、それにシニア日本代表の福島雄二さんも鮮やかな風景になってくれました。
























aso777IMG_2412.jpg
自己紹介兼ねた挨拶の最中も多くの自転車乗りが地蔵峠・俵山を目指して走っていました。
























aso777IMG_2423.jpg
まずは福島さんを先頭に吉田線を目指してスタート、久木野周辺では普通と変わらず災害らしき痕跡は全く見当たりません。
























aso777IMG_2428.jpg
樹林帯を抜けると崖崩れの跡が至るところにあり、

火の山トンネルの入口では大規模な崖崩れの跡、

しかし、いずれも砂利や石は取り除かれ自転車で走るに問題はありません。























aso777IMG_2430.jpg
峠から見た火の山トンネル

その他にも大規模な土砂崩れに圧倒されながらそれぞれのペースで草千里へ






















aso777IMG_2449.jpg
今回一番ジャージが目立ったのは、熊本のみかん産地河内町からお越しの、文字通りみかん農家を営む中川さん、「中川英幸果実」のブランド農園のジャージはさすが。

ローカル色たっぷりのジャージにボーラにレコードのバランスには脱帽です。
























aso777IMG_2432.jpg
草千里に着いた中川さん

背中の大きく描かれたみかんになにやら付いている
























aso777MG_2431.jpg
ヒグラシ!

まさしく美味しさの証拠、

迷わず電話してヒグラシを夢中にさせるみかんを注文されては如何でしょう。
























aso777IMG_2433.jpg
草千里から坊中線を下り、湯の谷・赤水方面への三叉路を過ぎた当たりから崖崩れの跡の連続です。
























aso777IMG_2435.jpg
往生岳の山容が激変していました。

徐行して下り265号へ通じるいこいの村の手前には、道路を横断する4m程の乾燥した泥がありここは危険。

また、この当たりから見える高岳は、まるで爆撃にでもあったかのよう、

サルトさんはゴルフ場のバンカーにも見えると、大きな崖崩れにより異常な山容に変わっていました。

265号に近ずくと、坂梨地区の幾筋もの崖崩れが見え、甚大な被害の跡を物語ります。























aso777IMG_2439.jpg
箱石峠、白く垂れ下がっているのはガードレール

一部道路の隅にはパウダー状になった泥が危険です。

しかし、ズタズタに裂かれた道路を見事に車が通れるようにしてあります。























aso777IMG_2443.jpg
箱石峠から高森に下る大戸の口付近が凄かったです。

あの桜並木が完全に無くなっていました。

路面は根子岳の麓から落ちてきた岩であちこち陥没し、

景色を見渡していたこともあり、

危うくハンドルをとられそうにそうになりました。
























aso777IMG_2448.jpg
上色見の広域農道は通行止めだったので325号経由で久木野へ帰りました。
今回走ってみて被害の大きさ、その生活に与える影響はまさしく激甚災害であると思います。

また、熊本県サイクリング協会の出された阿蘇望中止の結論は、現時点においても正しい判断でした。
走って判ったことは、安全に走れるかというより、修復工事の妨げになるということです。今回程度の人数ならともかく、安全に走れる幅が狭くなった道路を、大人数で通過すると工事を一時中断しなくてはなりません。そのような全体像から考えて結論すべきことであると思いました。
























aso777IMG_2419.jpg
旧制学校の教えのポーズでかがむ今年90歳になる父に見送られたサイクリングはハーフで終えました。
これ以上の走行は熱中症など危険と判断しました。この日救急車を呼ぶなんてできません。



今回走って得る物は大きかったです。
父以上の歴史を持つジロやツールなど公道を走るサイクルスポーツは、地元と連携したものでなければなりません。まだまだその点について日本はお互いにおいて未熟ですが、まずは自転車乗りが襟を正してスポーツと認知してもらうしかありません。阿蘇を走る場合、対象は田舎の方ですから、「黒眼鏡の怪しい連中」と見間違われぬよう、すれ違う人には笑顔で声掛けて走ることが前提です。

それと、甚大な被害の阿蘇のみなさんに我々が応援できることは現地でお金を使うことです。

とりあえず、7.12以降それが阿蘇サイクリングの第一歩です。








日々是好日



スポンサーサイト
  1. 2012/07/30(月) 12:47:42|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<外輪山をTTバイクで駆ける | ホーム | 明日はプライベート・サイクリングの集い>>

コメント

ブッチャーKさん

災害の痕跡を見ながら、防犯ジャージのチネリ乗りが倒れていないか、一応くまなく注意をはらってはいました。
しかしながら、あの天気で4峠達成、おめでとうございます。
災害が与えた阿蘇の民への声を、発せさせずにはいられない気持ちは、きっとお亡くなりになった人たちへも届いたのではないでしょうか。

近い内に通夜酒、お付き合いさせていただきます。
  1. 2012/07/31(火) 18:02:06 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

yuujifukusimaさん

福島さん、参加ありがとうございました。

数々の戦歴は努力の賜物、「50代の眠れる獅子たちよ、努力せよ!」
ジャージの後ろにはそう書いてあったようでした。

高森の色見付近で福島さんを追い越して、
快感でした。
子供のような気持ちにしてくれる、そんな存在です。

今回の災害を機に新たな阿蘇サイクリングに取り組み何かしら発信したいと考えています。
  1. 2012/07/31(火) 17:44:52 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

サルトさん

まずは第一回の走行会が無事終了してホッとしたところです。
またサルトさんにはいろいろ教えてもらって、いい感じで『続く』の二文字で終ったように思います。
この日、傷だらけの阿蘇を見て、参加者のみなさんは胸打つものがあったように感じました。
では次に何をしたらよいか、それがこの日の10名から多くの人に広がってゆくものと思います。

本当に良かった。
土をさらけ出す無残な姿から、日に日に緑に覆われて、私たちの目に浮ぶ阿蘇の山々になって行くことでしょう。
その治り具合を時々観察お越しください。
阿蘇と外輪山と人と街を。
  1. 2012/07/31(火) 17:18:02 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

お互い、災害復旧に忙しい夏となりましたね。
スコップ握ったり、粘土のように固まった泥を取り除いたり、慣れないことをしているので朝起きると日頃使わない筋肉や腰が重くて辛いものです。

阿蘇ライド、へボーネンさんの準備が整ったらご一緒しますよ。
走ったあと何処で乾杯するか、それは悩みます・・・・
  1. 2012/07/31(火) 17:05:15 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

写ってない1人?

部長並びに参加された皆さんお疲れさまでした。阿蘇人のわがままでご一緒できませんでしたが、皆さんが走った少し前を「のーうっだすごつ暑してキツかばってん、災害なんかに負けらるっや!」と思って走りました。これから福興です!
  1. 2012/07/31(火) 10:43:58 |
  2. URL |
  3. ブッチャーK #hChi9nWY
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました

今回のプロジュースありがとうございます&お疲れ様でした。
天気が良すぎて暑かったけど、皆の気持ちが一つになっていいサイクリングでした、お陰様です。
熊本県民、いや日本の財産の阿蘇をこれからも盛り上げて行きましょう。
  1. 2012/07/31(火) 09:52:11 |
  2. URL |
  3. yuujifukusima #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

『元気だけん阿蘇』はつづく

『元気だけん阿蘇』発起人兼案内人、コルナゴ部長様ご苦労様でした&ありがとうございました。
記憶にある阿蘇の峠道と現実の光景との葛藤で汗に少し涙も混じる気配も感じられたものの、阿蘇とそこに集う人々の気持ちも共有できたかと嬉しく感じております。
あそ望の郷で食べたトマトとてもおいしかった!
展望所や売店で冷やしトマトが出されています。この季節阿蘇の自転車乗りの給水と脚攣り防止に冷やしトマトに塩を付けていただくのが吉かと思われます。
売店のおばちゃんにも工事の方にも感謝の気持ちを伝えつつ阿蘇が少しずつ元気を取り戻していくのを応援していきます。
第一歩を踏み出した『元気だけん阿蘇』止まらず焦らず一歩ずつ。
再走を楽しみにしております。
  1. 2012/07/31(火) 09:43:58 |
  2. URL |
  3. サルト #YCdeWPgQ
  4. [ 編集 ]

NoTitle

皆さんお元気そうで何よりです。 私も元気に仕事に追われています。

もともと阿蘇望の日だったので休むハズが、29日は急に仕事になってしまいました。仕事が一番とは思いつつも少し辛い日でした、暑さではなく、そこへ行きたくて仕方ありませんでしたので、、、、、、

仕事も連日の暑さで職人さんがバテたり、熱中症気味になったりしていく中、私は水分プラス、黒砂糖、塩、サプリを屈指して元気にやっています。これも自転車の恩恵ですかね?

自転車にも乗りたいけど、来週までくらいは、同僚や先輩の家で復旧のお手伝いにしばらくは頑張るつもりです。特にその付近は自転車のルートでもあったので、すべてが復旧してしまわないと、何だか走る気になれないような感じがします。

災害のキズ跡もまだまだ残っているようですが、阿蘇も早く元気を取り戻してほしいと思います。
  1. 2012/07/30(月) 23:24:28 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1021-bb04dee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: