FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

Trip Tips in ASO Big Sky

風のマジムを読んで泣いた。

2220191010lpkoIMG_2942.jpg
この本読んで泣いた。
9年前に出版された本だが、少し前に福岡の方から沖縄産のラム酒を頂き、これができるまでを題材にした小説があったような気がして、ネットで探してタイトルと作者は探していた。ラム酒はとっても美味しかったが、小説はどんなもんかと買わずいたところ、たまたま立ち寄ったブックオフで偶然にも発見し、昨日一気に読んでボロボロ泣いた。

南大東島のサトウキビを使って、島の中でアグリコール・ラムを造るという実話を基にしたサクセスストーリーで舞台は沖縄。先週、阿蘇であったZEKKIライドに沖縄の自転車仲間も参加し、前日はユンタクで盛り上がって、沖縄の言葉が耳に残り、会話に出てくる方言も新鮮だった。それに何と言っても来月は7回目の「ツール・ド・沖縄」という思いも本に寄り添っていたし、いいキャラ出してる主人公の伊波まじむの祖母「おばあ」が、ツールで毎年お世話になっている国頭村の民宿のおばさんのイメージと重なったこともハマった理由かも知れない。来月の民宿の部屋飲みは、沖縄・南大東島の風の酒「ラム酒コルコル」、それと一冊の本は原田マハさんにしよう。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/10/10(木) 18:06:12|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

八女伝統本玉露

20191008kiyano1.jpg
東日本大震災において甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い全国をリレーするサイクリストのプロジェクトに参加してきた。今回の区間は熊本駅から久留米駅までで、自走で熊本駅まで行き、帰りは調子が良ければ自走か、時間が押したらJRで輪行する予定と考えていた。
しかし、久留米で解散したのが15時過ぎで、前日のZEKKIライドの疲れもあるので自走はやめて輪行で帰ろうと思っていたら、Keiさんから以前訪ねた八女市星野村の木屋芳友園に行こうと誘われ玉露体験のあとそのまま車で自宅まで送ってもらった。




20191008llllpIMG_2930.jpg

星野のお茶体験は、2回目だったので身構えてはいなかったが、またもやお茶の極楽の世界に知ることになった。それは甘く濃厚な旨味に酔うことであり心をも洗われてお茶の真髄に寄り添うことだった。大袈裟ではない。濃縮された香りと味の圧倒的な存在感に、福島さん、カーボンさん、マリさんも絶句し、気品あふれる日本の味を還暦を過ぎて初めて知ることになった。




cccccIMG_1005.JPG
木屋芳友園さんのティステングルームに併設されたカフェのような茶房星水庵で、一晩冷やして抽出した木屋さんの玉露を、ペリエで割ったリーデルのシャンパングラスから始まり、奇跡のような玉露の一滴を肥前吉田焼の224の茶器で堪能し、最後に茶葉を糸島の塩で食すジョエル=ロブションが生前最後に認めた食材「八女伝統本玉露」の体験だった。

Keiさんが近いうちに星野村ライドを企画し、そこではこの玉露体験と、星野の新米のおにぎりが昼食という星野村を味わい尽くす至福のライドが開催される予定だ。サイクリングは「どこを走るか」ではなく、「どう走るか」で、これこそが「どう」なのである。




20191008kiya4568IMG_2921.jpg





201920192019kiyaIMG_2927.jpg





20191008kiya7510IMG_2929.jpg





20191008kiya001.jpg





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---










  1. 2019/10/08(火) 18:12:51|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ASO絶景満喫ライドにボランティアで参加

Ppopkoooon
ASO絶景満喫ライドにボランティアとして参加してきた。
沖縄の友人の森さんと、博多に単身赴任中の安田さんもエントリーされていたので、前日に坊中の井上君宅で合流し、軽木さんの馬刺しや、ミユキさん手作りのホルモン煮込みを食べて懐かしい再会だった。



Hhhgkjhb999
当日朝は城山展望所で気配を感じてたらやはり雲海に遭遇し、ASO絶景を参加者と運営側という違う視線で堪能してきた。瀬の本高原で沖縄は南城市のなんじぃジャージと那覇のキッズジャージが見れるなんて、実は雲海以上に感動したんだな。




057E728D-ABF7-49D0-80BA-9E33994CF086.jpeg
実務はボランティアとして崇城大学のサイクリング愛好会の学生を預かっていたので、多分おじさんに合わせてくれたであろうペースで100キロ走り抜いた。明日は久留米駅まで自走するお約束のイベントがあるんだけど・・・またもや5時起床で100キロか。




FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/10/05(土) 22:14:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早朝にミルクロードを駆け抜けたい人

20191003kokomicx10.jpg
道の駅阿蘇をベースに「阿蘇満喫モニターライド」というのを月に2回やっていますが、雲海シーズンになったことだし、10月13日(日)に早朝ライドをやろうと思ってます。見れるか、見れないかはさておき、早朝にミルクロードを駆け抜けるのは、阿蘇ライドの中でもスケールが違って、遭遇した感動を鼻水垂らしながら、堰を切ったように話す人を多く見てきたからね。

朝5時集合なので、寝不足で行くか、阿蘇駅近くのゲストハウスや車中泊公認の道の駅阿蘇に前泊するか、そのあたりを覚悟なり工夫すれば、「荘厳な夜明けの情景」なんてやつに立ち会って、まだ手垢のついていない道を走る贅沢な体験が出来るかもです。

自分がいつも考えてる阿蘇ライドは、「どこを走るか」じゃなくて、「どう走るか」なんだよね、場所によって緩急つけたり、「いつ」という季節や時間帯だったりで、同じペースで9時から17時までなんてのは性に合いません。5時から8時に、時にガッツリ走る早朝ミルクロードが理想です。

ということで、単に自分が走りたいだけのことなんですが、終わるのは昼ぐらいで、速攻で帰ってシェスタを貪るか、買い置きの本を読む、なんていうのも有効な休日な過ごし方ですよね。走行距離は70~100キロ、1500~1800くらいの上りを想定、途中離脱も考えてます。


申し込みは道の駅阿蘇のサイトから
https://www.aso-denku.jp/2019/10/%e7%ac%ac4%e5%bc%be-%e9%98%bf%e8%98%87%e6%ba%80%e5%96%ab%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89%e3%80%80%e3%81%af%e3%81%92%e3%81%ae%e6%b9%af%e7%b7%a8/

今は行けないけど、懐かしいラピュタで雲海体験のお話しです。
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/blog-entry-1521.html




FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2019/10/04(金) 14:35:14|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4弾 阿蘇満喫モニターライド はげの湯編

bg20190930 mride4 no1.jpg
4回目の阿蘇モニターライドを下城さんと井上君と私の3人で案内してきた。
前日から天気が思わしくなく、開催か中止か迷ったが、午前中雨なら中止、天気次第ではショートカットになるかもしれないと事前に連絡し開催した。そのため県外の方はキャンセルされ今回は県内の方4名の参加となった。人数には関係なくやっているので今後もひとりでも参加者があれば一緒に走ろうと思っている。阿蘇山へ行く坊中線・赤水線は降灰によってクルマが通ると火山灰が舞い上がり、風向きに関係なく自転車で行くにはおすすめできない。よって今のところコースから外して阿蘇山の近くからでは日ノ尾峠や箱石峠が定番となっている。

今回は阿蘇山から離れて阿蘇郡小国町のはげの湯へ行ってきた。
大分県九重町と小国町にまたがる小国富士とも呼ばれる涌蓋山の麓には、岳の湯・山川温泉・地獄温泉・麻生釣温泉・鈴々谷温泉、そしてはげの湯の6つの温泉地があり、それを総称してわいた温泉郷と呼ばれている。いずれもあまり観光地化されず、昔ながらの雰囲気が残る山あいの温泉エリアで周辺は道が細く、アップダウンの連続で、たどり着くまで不安になるほどのまさに秘湯だ。なかでも集落が湯煙に包まれるはげの湯に隣接した西里地区は風情があり旅館があるエリアよりも断然見所がある。
この日は午後から天気が怪しく雨が降り出しそうになったら黒川温泉や瀬の本方面をカットして引き返す旨ブリーフィングで説明してスタートした。






bg20190930mride4nono.jpg
噴煙を眺めながら小嵐山の道へ





bg20190930mride4no3.jpg
クルマが通らない農道のサイクリングが気持ちがいい
阿蘇では稲刈りの真っ最中





bg20190930mride2.jpg





bg20190930mride4syouran.jpg
小嵐山頂上、ここで汗が一気に出てスカッとするが気温17度で肌寒い。
Stravaに「小嵐山TT」があって、現在トップは前回参加された岩男さんの16分11秒





bg20190930mride4 bokuyaph.jpg
ここからミルクロードまでの草原(牧野)の道が心地いい。






bg20190930mride4 bokuya2ph.jpg






bg20190930mride4bokuya3.jpg
人が来ないため鳥獣が多く今日は雌キジが目の前を羽ばたいた。




bg20190930mride4hebiph.jpg
扇谷展望所跡
大観峰の麓にあるクネクネした蛇の道は現在通行禁止




bg20190930mride4phno1.jpg
阿蘇山を眺めるスポットの中でも個人的にはナンバーワン
大観峰より標高は低いが観光客のザワザワ感がなく自転車乗りはくつろげる。




bg20190930mride4bogoph.jpg
前回から始めた参加者のみなさんに協力してもらうゴミ収拾は大観峰に行ってすぐの砂利の展望所で行ったがタバコの吸殻が多かった。
ここからミルクロード、212号に出て、そば街道を下り、南小国のコンビニで休憩したあとは開店前の茶のこさんの横を通って442号へ。387号に出たら上り坂が続く。木魂館の前を通り、すぐ裏にある北里柴三郎記念館(生家)が見えないかと思いながら通過し、北里川を渡って国道のクルマが多い坂を上る。こんなところ走らせたくないが「湯けむりの集落」を見るためには我慢。





bg20190930mride4akiph.jpg
わいた温泉郷(はげの湯)の看板から右折するとまたもや上り坂が続く。岳の湯地獄谷温泉裕花の看板があるところ左に折れ下ったら右へ。田んぼのような道を上るとやっと湯けむりが見え、西里集落に到着。ここまでずっとキンモクセイの匂い包まれていたが、一気に硫黄臭が漂い風景の画面が変わる。





bg20190930mride4hg1.jpg





bg20190930mridehgph2.jpg
これを見せてやりたかった。
地下から蒸気が吹き出す音、熱さを感じるほど、湯けむりで見え隠れする集落、絶句する。この環境に人が住むことにも驚くが、当然ながらの温泉や暖房、蒸し調理もできるという利点と、蒸気による電化製品の腐食という代償は厳しいと聞く。その全部がこの集落の道を通ると一目瞭然だ。これから寒くなるほど湯けむりが多く見えてくる。

白地商店の前の自販機で休憩していたらポツポツと雨が落ちてきた。天気予報的中。黒川温泉の露天風呂巡り気分の温泉街の散策も、瀬の本のトリムカンパニー訪問も、草原の道のダウンヒルも、すべてカットして最短コースで帰ることにした。アップダウンのファームロードから南小国、そば街道は木々に囲まれているからあまり濡れなかったが、霧に包まれた212号のダウンヒルは寒かった。



20191003monita- 4ko.jpg
ミルクロードや阿蘇の峠道はスタートした道の駅阿蘇より3~4度は確実に気温が下がる。そして風があり、それで気温以上に寒くなる。汗をかいてのダウンヒルは予想以上に冷え、雨に濡れたとなると指が硬直し凍える。なのでこれから先はウィンドブレーカーや雨具は阿蘇ライドの必須アイテムとなる。










bg20190930mride4goph.jpg
ずぶ濡れでのゴールだったがみなさん満足されたよう、雨でも楽しい阿蘇ライド、10月も2回開催するので参加希望の方は是非。
Strava : 走行距離94.32km 獲得標高1927m





bg20190930mride4insph.jpg
今度はここから雲海を見ようかな






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2019/10/03(木) 16:15:36|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
菊池温泉と2012年から阿蘇内牧温泉で旅館業の傍ら、2007年からロードバイクとブログを同時に始めて多くの自転車乗りの方と接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツの魅力を発信しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: