FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

実体験♬ 劇場版弱虫ペダルライド

18103044926414_314565359356.jpg
10月28日、「実体験♬ 劇場版弱虫ペダルライド」、副タイトル「~コルナゴ部長と行く阿蘇天空ライド~」に参加してきた。
このライドの話があったのは、7月に茶のこさんゴールのサイクルイベントでお会いしたKeiさんとタカコさんから、熊本・福岡・山口の繋がりのあるロード乗りの弱虫ペダルファンを対象に、劇場版に登場するコースを走り、最後は映画のシーンと同じく蘇山郷の温泉体験をするというサイクルイベントの相談があった。この趣旨のなかには、各地で発生する自然災害において、自転車乗りが当地を走ることによって復興の一助になればというものでもあり、蘇山郷も熊本震災で3か月間の休業の後、多くの自転車乗りに訪ねてもらい今に至っていることから二つ返事で引き受けることにした。





18103044924174_255636015100.jpg
打ち合わせしていくと、自分の露出度においては、何とまあお恥ずかしい限りだが、コミック本の「弱虫ペダル」や、映画化された「劇場版弱虫ペダル」がサイクルスポーツの取り込めなかった新たな層を拡張したことや、劇場版において主人公チームの宿泊地となった蘇山郷に多くのファンの皆さんが訪ねられたり、しいては舞台となった熊本の観光にも大きな影響を及ぼしたことを考えると、ここは自分と別の人格になり、みなさんに御礼と感謝を込めてこの企画に参加させていただいた。

当日は遠路から来られるものの、蘇山郷の入浴時間が13時からであることと、当日は宿泊者が多いことから15時までとし、館内の滞在も大人数のため15時までさせていただいた。よって集合時間が7時30分と早くなりライド終了は13時、到着後昼食して蘇山郷に移動、OHPで映画化前の絵コンテやラピュタを走る動画を見たり、弱ペダ関連グッズ販売、その後入浴して15時解散という足早なスケジュールだったが、早く始めてサクッと早く終わるのも自転車乗りならではないかと思った。
ブリーフィングのあと駐車場及びスタート&ゴールとして使わせていただいた「はな阿蘇美」から映画と同じ212号を上った。





181030IMG_6118.jpg




18103044929867_174788824865.jpg
山口からお越しの方は一輪車。
フラットなところでの見世物的なものと思いきや、普通の道を100キロ走った経験もあるとかでびっくりだった。ギアはなく1体1、当然バランスの点から下りは苦手だが、212号の上りは問題なく、というかかなりの速さで上られていた。ブレーキはディスクでサドルの下にレバーがあった。






18103044972048_193343998226.jpg
212号からミルクロードに出て
やまなみハイウェイへ
車はある程度だが草原の景色を堪能することができる。




18103044898850_603378630076.jpg
やまなみハイウェイを左折し
エルパティ牧場の前を通って
57号までのミルクロードは車が少ない
当たりは波打つ野原のようで
まさに土地名の「波野」そのもの
草原のライドを愉しめる。





18103044964336_235221694815.jpg
根子岳が近くなったらミルクロードも終わり、国道57号に出てしばらく走って右折すると、いよいよ牧野道





18103044932285_216540483038.jpg
最初は杉林の上り





181030IMG_2354.jpg
やがて開けて広大な牧野が見えると
いきなりの牛止め
ここは降りて慎重に歩いて渡る
放牧地の入口であり
ここから先は
鉄製のロールで牛が行けないようにしてある
この先もう一ヶ所あるので要注意





18103044918351_220401873984.jpg
牧野道がはじめての方が多かったのか
感激のあまり甲高い感嘆の声がいつまでも聞こえていた





181030IMG_2372.jpg





181030IMG_6119.jpg
牧野内に立ち入れる仕組みを
道の駅阿蘇を運営するNPO法人ASO田園空間博物館が
牧野組合と交渉され
ガイドを要請し今年の冬から立ち入れる予定





181030MX-2630FN_20181030_11.jpg
環境省阿蘇自然環境事務所発行 「ASOいざ草原へ」より

このように草原は年々減少している
理由は3月に草原を焼き払う「野焼き」をする人が
高齢化や過疎化等で少なくなったことが大きいと聞く
現在ではボランティアによる野焼きが実施され
急下降は食い止めているものの
危機的状況は拭い去れないのではないだろうか
そのことに理解を示すためにも
草原を訪ね、ガイドの案内のもと
足を踏み入れたり、自転車で走ったりして
利用料金を払うことで
草原再生の一助になればというのが
NPO法人ASO田園空間博物館の取り組みだ






18103044894449_253936525304.jpg





18103044877121_185002655752.jpg





18103044972025_215385542153.jpg





18103044977600_320968771819.jpg
箱石峠の上のビューポイント到着
当初はここでランチの予定だったが
天気予報での気温の低下もあったが
先日開催された牧野ガイドの講習会で
牧野に落ちているラップ等を牛が食べ
それが原因で反芻することが出来ず
痩せ衰えていくことがあるそうだ
これは農家の方にとって極めて大きな損失である
牧野では風が強く弁当のラップが飛ばされ
それをキツネやタヌキなどが牧野の奥に持っていき
牛が牧草と一緒に食べるらしい
なのでここでは食事せず
また補給食の袋も必ず持ち帰ることが大切である





18103044948660_338369133383.jpg
箱石峠と名前の通り、この突端の上に
四角い硯のような小さな石がある




181030IMG_6127.jpg
楽しんでもらえたようだ
ここから265号のダウンヒルは快感
宮地から阿蘇神社に立ち寄る予定だったが
時間が押したのでそのままゴールのはな阿蘇美を目指した






18103043766979_254452135419.jpg
13時過ぎゴール






18103044934548_220125759008.jpg
ランチははな阿蘇美の芝生





181030p1935702324361_e49b59.jpg
わたしのおすすめは二種類のあか牛丼
普通の弁当からすると高いが
今となっては高価なあか牛の肉がたっぷり
好みの量のタレを肉にかけ
温玉を割って食べる
ご飯の奥には茄子や野菜を混ぜられて
バランスの良い自転車乗りには絶好の弁当となる
この日は販売している道の駅阿蘇より
特別にデリバリーしてもらった





ppp44934569_458574374550034.jpg
自転車乗りの理想的ランチだった





181030IMG_6148.jpg
場所を提供してもらったはな阿蘇美さんに感謝







18103044948693_543457312781.jpg
蘇山郷へ





18103044959257_278815786105.jpg
弱虫ペダル映画化の経緯や、テレビ用に撮影されたわたしとカルキさんで上るラピュタの動画、それに映画化前の絵コンテ、この日Msayaさん撮影のドローンの映像や、山口からお越しの水口さんより弱虫ペダルチームのPR用DVDなど貴重なものを鑑賞した。





181030MG_6139.jpg
水口さん所有の弱虫ペダルチームのシクロ用スーツも試着





18103044874552_195405625823.jpg
今回の企画されたKeiさんと
HSRのレースから駆けつけていただいた福島さん
ロンドンオリンピックのマスターズ経験の
ご存知熊本のレジェンド
プライベートのサイクルイベントには
弱虫ペダル主人公チームのジャージを着られる
理由は自転車乗りのファンを増やすことに
繋がればということと
子供さんや女性の方にとっても
身近なスポーツであることを
福島さんなりに訴えておられるのだろうと思う
堂々のレジェンドである




181030IMG_6142.jpg
素晴らしいサイクルイベントだった
参加者全員、家に着くまで
事故なく、怪我無く、完結した

企画された久木原さん、浅木さん、サポートカーや貴重なグッズ、それに弱虫ペダルチームと縁を取り持っていただいた水口さん、記念品や煌びやかな印刷物の演出をされた山口の忍さん、女性代表で企画されたタカコさん、地元として受け入れ及びガイドの下城さん、井上夫妻に感謝申し上げます。最後に参加されたみなさんには心より御礼申し上げます。
(ここで使用した写真の多くは参加者からのものです)





18103044887184_203859805954.jpg
最後はドローン撮影を兼ねて参加のMasayaさん
素晴らしい動画ありがとうございます。
娘の結婚式の写真を撮って頂き生涯の記念となりました。
来春の息子の結婚式でもたいへんお世話になります。
個人的には結婚式の写真は、二人の前撮りの写真より
撮影条件の悪い会場での
機材と技を要する瞬撮スナップが宝石となります。






Masaya Furukawaさん撮影

実体験♪劇場版弱虫ペダル~コルナゴ部長と行く~阿蘇天空ライド







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/10/31(水) 15:16:02|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧野ガイド養成講座

20181024lpDSC_3110.jpg
キノフットの木下君の紹介で日本初上陸の英国ブランド「Velobici」を昨年春から取扱いされたフォーチュンの横山さんがお越しになった。上質な生地と細やかな作り、それに落ち着いたデザインは想像以上で、試着すると身体が適度に包まれた感じは初体験、エッジの立ったMade in Englandのハイブランドだった。晩秋から晩春まで、ウォーマーとウィンドを兼用しながら、これ一着で通したいと冷静に思った。





20181024koIMG_6114.jpg
阿蘇の草原を有効活用することを目的として、普段立ち入る事ができない牧野をガイドする「牧野ガイド事業」を、ASO田園空間博物館が立ち上げ、その第一回目の養成講座に参加してきた。
参加者にはすでにトレッキングや山登りのガイドをされている方と、自転車関連では、地元阿蘇の阿蘇ネイチャーランドさん、南小国のトリムカンパニーさん、山鹿の大藪サイクルさん、福岡の正屋さん、大分のオールウェイズバイシクルさんなど参加されていた。座学の講師には、環境省、グリーンストック、牧野組合、県警山岳救助協力員さんにより貴重な講話をお聞きすることができた。





20181024IMG_0928.jpg
昨年の視察に行った町古閑牧野
現在のところ、この牧野組合さんが同意を得ており、場所は根子岳の麓、箱石峠の北東から阿蘇北外輪山の東部滝室坂の間に位置する標高600~900m、総面積447haのフィールドになる。





20181024koIMG_0955.jpg
もしかしたら






220181024llpWP_20180213_14_.jpg
こんなところを






2220181024WP_20180213_14_34.jpg
走れるようになるかも知れない。

ただし、牧野ガイド付きが必須で当然有料、牧野の使用料はガイドを通して組合に払い減少する草原再生費用の一部となる。マウンテンバイクは阿蘇ネイチャーランドや、トリムカンパニーでレンタルできるので手ぶらでもエントリーは可能かも。また、オフロードはスピードは出ないので真冬のロードバイクのように寒くはない。雪山を走るなんて滅多に出来るもんじゃない。昨年、2回走ったけど極めて濃厚な体験だった。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/10/24(水) 16:59:20|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深まる秋を感じる枯れ尾花の名所

20181015koIMG_2302.jpg
年間目標にしているツール・ド・沖縄まで1ヶ月を切った。
毎年懲りずにエントリーするカテゴリーは市民レース100キロ(OV40)で、沖縄最北部のヤンバルクイナの生息地のジャングルをスタートし、5箇所の関門を制限時間内に通過し名護へゴールするというもの。完走するための準備は、雨や強風以外が対象となる朝練と、週一回の4時間走を3月くらいから大会直前までを目標にしている。だが、なかなか出来なくて、今年も完走は紙一重の可能性かと思っている。

最近の朝は冷え込んで、6度とかなるので起きるときに脳の制御が働く。「微熱っぽいのは風邪の予兆かも」とか、「疲労が残っているから止めたが無難」とか、マイナス思考の誘惑を発散させてやる気を失わさせるので苦労する。誘惑を振り切ったときは、5時前の真っ暗な中起きて、顔も洗わず歯も磨かず、速攻で家を出ることにしている。

走り終わった後に快感に浸れるのは、風呂に入って温まり、部屋で一息ついていると空が明るくなるときだ。皆が寝静まっている時に、夜道を1時間徘徊したことに得した気分になるという今度は卑しい満足感を脳が与えてくれる。「徘徊」と言っても練習だから、顔歪め、自分なりに、もがくわけだが、それを朝陽が照らす清々しい一日の始まりには出来ないし、暗闇こそ鬼の形相で走るチャンスでもある。

休みの日が週一4時間走の日だ。朝5時には家を出てそのまま4時間休まず走ることにしている。定番のコースは国産ワインで最高賞を受賞した菊鹿シャルドネのワイン畑を抜けて、古い家並みや石垣が残る全国棚田百選の番所に来ると明るくなって、昭和の懐かしい田舎の景色にいよいよ気分も良くなってくる。そこから竜門ダムを経由して鞍岳の麓当たりを走って10時くらいには自宅へ到着するようにしている。それからが休日だが、すでに身も心も空っぽの状態なので、だいたい家でダラダラと過ごして、それは宿で合宿する陸上の実業団の方と同じで選手の気持ちがよく解るようになった。





20181015lpIMG_6094.jpg
沖縄が終わったら3月までオフシーズンなので、厳冬期の阿蘇も魅力はあるが、ひと山越えて40キロ自走の阿蘇は帰りが辛いので、道の駅阿蘇まで車で行って(車載専用駐車場)そこから山を上ることが多くなる。また、寒い日には菊池川沿いの河川敷から釣り人を眺めながら自転車専用道で山鹿方面を走るサイクリングも日陰がなくてポカポカと気持ちがいい。山鹿市内では豊前街道や八千代座もホッとするし、そこから折り返して菊鹿方面はどこに行っても車が少なくて冬場にはおすすめのエリアだ。





20181015lpIMG_2315.jpg
NIKKEI プラス1の何でもランキング 「ススキの名所編」

日本一のススキは11月上旬まで

深まる秋を感じる枯れ尾花の名所へどうぞ。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/10/17(水) 17:42:48|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車旅フォトライター

20181004poiDSC_3099.jpg
宿で使っている味噌と醤油類は来年創業100周年を迎える熊本市にある橋本醤油さんの商品で料理に欠かせない調味料である。
橋本さんは味噌醤油の他に70年前から商品化されているのが甘酒で抹茶味は特に人気商品とお聞きした。元祖卵かけご飯専用醤油の元祖でもあり日本の伝統食文化を追求する老舗店である。

そして、今年9月にはイタリアで醤油の販売を開始されたというからびっくりだ。一般的な醤油は大手が販売しているので、イタリアに送り出したのはグルテンフリーの醤油(醤油風調味料)。グルテンフリーとは、グルテン(小麦タンパク)を摂取しないことで、体調不良に悩んでいたテニスのジョコビッチ選手のグルテンフリーダイエット(英語のdietとは食事法の意)により復調し欧米に知れ渡った食事法である。そこで橋本醤油さんが欧州に打って出たのはここに狙いを定め商品を開発されたという。

今でもよく通う熊本市の元紀伊國屋書店入口にある「紅茶専門店コッツウォルズティールーム」では、橋本醤油さんの甘酒を使ったビーガンベリーパフェがメニュに加えられたそうだ。甘酒は飲む点滴といわれるように健康や美容に良く、特に乳製品の相性も良いことからプロテインと一緒に摂取するのもありかと思う。






20181004poiDSC_3090.jpg
今月の入荷本は「ラウンジバー灯火」に





20181004poiDSC_3081.jpg
東京からお越しののテツオさん
本業は東証一部上場企業の人事部に勤務し
そのかたわら自転車旅の楽しさを
世界中に発信する自転車旅フォトライターだ

大きなトピークのシートバッグには
SONYの一眼と替えレンズのみ
自転車旅の経験を活かして必要最低限の着替えは
フロントとフレームのオルトリーブバッグに収納





ppp20181004_122700.jpg
必要最低限の荷物には
自身の活動を紹介するセルフマガジンも





2ppp20181004_122824.jpg
一見、若者へのメッセージのようだが
旅のスタイルを変えればすべての年代への提言

「徒歩やクルマの旅では味わえなかった
自転車旅だからこその風景
人との出会いがあなたを待っている」






2018105MX-2630FN_20181005_1.jpg
阿蘇サイクルツーリズムで講演聴きたいな
自転車旅もだが
普通のひとり旅にも行きたくなりそうな
下記リンクからどうぞ

自転車旅フォトライターテツオのチャリバカ日記!
特にバイクパッキング大公開のエントリーは必見です。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/10/05(金) 12:09:23|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハムスタースピン in 阿蘇

hm2018IMG_2298.jpg
福田昌弘 著 「ロードバイクスキルアップトレーニング」、本のあとがきにはこう書かれている。

「本書には、自転車に乗って行うドリルはほとんど出てきません。この点にご不満をお持ちになった方もいるかと思います。自転車のエンジンは人間の体です。速くなるためにはエンジンをアップデートしなくてはいけません。そして、私の考えでは、エンジンをアップデートするためには、エンジンを自転車から下ろし、単体で鍛えたほうが効率的なのです。もちろん、自転車に乗ったままバージョンアップすることも可能です。しかし、エンジンだけをトレーニングするほうが、手軽で、近道なのではないでしょうか。そう思い、本書を書きました。」






hm2018IMG_2294.jpg
福田さんによる効率的な筋肉の使い方(早くなるためのエンジンのアップデート)を学ぶ合宿が阿蘇で開催され参加してきた。当日は台風上陸の予報もあってキャンセルが出たこともあり、超人気コーチが説くセミナーを少ない人数で贅沢かつ濃厚に学び、そして迷いを解消すべく日常で出来るエンジンのアップデートを身に付けることが出来た。

今回の事業も阿蘇サイクルツーリズムの一環であり主催を阿蘇の道駅、協賛をコギダス協議会にて開催していただいた。旅館に泊まって草原の野焼きの後を走ったり、キャンプ場に泊まり普段立ち入れない牧野道(最も阿蘇らしいサイクリングコース)を走ったり、そして今回は公民館を会場に効率良く走るセミナーなど、いろんなカタチで阿蘇に滞在して自転車で愉しむ企画に挑戦された。受け入れとしては、このようなイベントをやるには素人の地元の自転車乗りや、阿蘇が好きな方が手弁当で集まっての実施だったが、数はともかく内容において多少なりとも今後の阿蘇サイクルツーリズムの糧になるのではないかと一緒に参加して感じた。





hm2018IMG_2292.jpg
両日とも雨天で風も出ていたので自走はなくセミナーはすべて公民館内。最初のトレーニングは呼吸方法や筋肉関節の使い方、体を一直線にして保つ腹筋の体幹トレーニングであるプランクや、スクワットの正しいやり方を延々繰り返し学んだ。






2hm2018xlarge.jpg
プランクが苦手にて腹筋の弱さを痛感、これでは安定したポジションを維持出来ず、無駄な動きで消耗してしまうし、足攣りの根本的な原因も他の参加者に付いていけない体幹の弱さを露呈、対策はブランクとスクワットである。






3hm2018xlarge.jpg
エンジンをアップデートするためエンジンを自転車から下ろし単体で鍛えるドリル。
骨盤を上げ息を吐きながら胸の筋肉で腕を垂直に上げ、肩を畳から離すと首もそれにつられて上がると、自転車のフォームを逆さにした姿勢になり、腹筋と胸の筋肉が強く意識される。背骨を安定させ胸の力で腕を支える感覚を把握する練習。






4hm2018xlarge.jpg
ローラー練では足でチェーンを引っ掛けるようイメージでペダリング
体幹を板状(プランク)に保つ練習として、片手を片方の脇の上に付けてペダリング・・・などなど大汗かいて初日終了。





hm2018IMG_2267.jpg
「魂心BBQ」は地元で肉屋営むカルキさんのプライベートバーが会場で、外で食べ頃に焼いた肉を運んでもらう。肉や野菜は串に刺して全員に配られるので食べ損ないがない。今回のエントリーフィは2日間のセミナーとBBQと2日目の軽食まで含まれるが、宿泊とBBQ時の飲み物は個人手配となっている。泊まりは近くにあるゲストハウス(個室もありおすすめ)、もしくは会場の公民館(布団がないので寝袋だが格安、実は自転車合宿の地域に根ざす宿泊施設としての検証を視野にしてみた)。






hm2018IMG_2269.jpg
余興もドリル





2018hmIMG_2271.jpg
カルキさんのギター演奏を介したドリルは、

① ギターを弾くのではなく曲を聞かせる
※ ペダルを踏むのではなくチェーンを引っ掛ける

② 観客の顔を見ながら弾く
※ その日の環境や体調を見ながら走る

③ リズムをとるのはつま先ではなく踵で
※ 股関節の動きが大事

このあとはブルースの演奏で酔いしれた。  





1hm2018_xlarge.jpg
2日目のセミナーも濃厚
終わったあと特に疲労はなかったが、家に着いたら身体の芯がフラフラするような感じで疲労困憊。持病の首の痛みは、腹筋と胸骨の下にある筋肉を鍛えるようにと福田さんから教えていただいた。





hm2018IMG_6071.jpg
翌朝は井上夫妻の案内で福田さんとサルトさんは大観峰で日の出を鑑賞。
二人とも東京から自転車を持ってこられたものの雨で乗ることはなかったが、最終日に感動的な光景も目の当たりにされたようだった。







hm2018DSC_3086.jpg
福田さんとサルトさんはフライトが夕方だったので、山下君の店で土橋さんたちと会われ、その後浮島神社でお守りを授かり熊本を経たれた。阿蘇サイクルツーリズムの一環として行われた今回の企画は、天気には恵まれなかったものの少ない人数ゆえ参加者の学びも多かったのではないかと思っている。サイクルスポーツはやはり誰しも速く長く走るようになりたいもの、そのために自転車に乗ることなく自宅で出来るトレーニングは貴重な経験だった。より自転車に乗れるようになると、行けなかった峠や限られた時間内で長く景観を愉しむことも出来る。そのようなことから福田さんのドリルは、レース志向から初心者までスキルアップできるトレーニングなので是非著書をご覧になったらいかがだろうか。

個人的な感想として福田さんのスキルアップの目標は、風の抵抗を少なくするポジションとその維持にあり、そのために日常的に出来る簡単なトレーニングを継続することであると思った。体幹のしっかりしたぶれない姿勢を保つことによりペダリングも安定しエネルギーのロスが少なくなる。ローラや自走のトレーニングは少ないがキモはいくつかあって、そのうちのひとつを今朝、朝練で試してみた。チェーンを足先に引っ掛けるイメージでペダルを回すことだが、今は真下に向かっておそらく3時くらいから踏み込んでいるようでいかに効率の悪いものかと判った。チェーンを足先で引っ掛けて回すと12時くらいから始まり、3時・4時に踏むのではなく回すのが終了するので省エネで効率も抜群にいいことが判り、遅咲きだが未来は明るく、沖縄のゴールが少し見えてきた。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/10/02(火) 16:42:17|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: