コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

阿蘇ジオ・ライドの象徴、中岳の火口見学は3月上旬

2018222koIMG_6012.jpg
今年のミルクロード一帯の野焼きは3月4日(日曜)の予定、雨天の場合(当日晴れていても以前に降った雨で草が乾いていない場合も)は、3月11日(日曜)、18日(日曜)、21日(水曜・祝日)25日(日曜)に順次延期される。例年、3月中旬もしくは下旬に実施される場合が多いようだ。野焼きが始まると燃えた煤が雨のように降って、洗濯物はおろか家中の窓を閉めていないととんでもないことになる。直線距離で15kmから20km離れている菊池の我が家にも、風向き次第では舞い降りてくるから洗濯物は要注意だ。

阿蘇の野焼きは、草原を焼くことによってダニなど人畜に有害な虫を駆除し、牛馬の飼料となる新しい草を育てるためである。独特な草原の美しさも地域住民が危険をともないながら千年の歴史ある野焼きによって保たれている。このように阿蘇に住む人々にとって野焼きは春を告げる風物詩でもあり、宿の活花にもこの時期には「野焼き」が凝縮されている。







22akiasoIMG_4115[1].jpg
同じ3月に嬉しいニュースがある。阿蘇中岳の火口見学が3月上旬に再開される予定だ。火口見学は中岳の火山活動が活発になった2014年8月30日から中止されており再開されると約3年半ぶりとなる。遊歩道の一部は復旧が遅れるらしいが規制前と同様に火口広場や展望所などは利用できるという。 阿蘇ロープウェーは、再開のめどが立っておらず、代行バス(阿蘇山西駅 ⇔ 火口西駅)の運行が予定されている。

写真(以下の写真も)は2012年撮影、この道は阿蘇山西駅(阿蘇ロープウェイ乗り場)から1.3kmの山頂を結ぶ阿蘇山公園道路で車は有料だが自転車は無料だった。道が見えなくなっている当たりから勾配がキツくなり、昔のことなので曖昧だが確か16%、18%はあったと記憶する。






22las10IMG_0012[1].jpg
中岳の噴火警戒レベルは昨年2月に1(平常)に引き下げられ、火口 1 km 圏規制は解除されるはずだったが、この火山ガス警報機システムの故障(光ケーブルの断線と聞いていた)や、噴火の際の避難壕などが被災しているため半径1キロ以内の入山規制のままだった。






22las10IMG_0014[1].jpg
自転車はロープウェイの火口西駅の横に置くように指示され目の前にこの看板があった。
この「火の国橋」は大きく壊れており、すぐには復旧が難しいため仮橋で対応されるという。








2018222koIMG_3142.jpg
この景色が噴火によりどのようになっているのか自転車で上って確かめたい。







2018222koIMG_3143.jpg
爆発による飛翔物から観光客を保護する退避壕も修復されこのようになっているのか。






22aso333IMG_3156[1].jpg
柵の真下が中岳火口






2018222koIMG_3147.jpg
『砂千里ヶ浜』の散策ができるようになり、砂千里ヶ浜を経由する登山道も立入り可能になるため、阿蘇高岳・中岳の登山が3年半ぶりに実現することになる。このルートを歩くのが欧州の観光客の目玉、世界中でこんなに簡単に火口直前まで立ち入れて、異星のような岩や砂の荒涼とした中を歩き回れるところはないと、宿を訪れるとすぐにコンパクトなリュックを背負い、トレッキングシューズに履き替え、さっそうと行くスイスやフランスの方の後ろ姿が懐かしい。







221025kakouIMG_4345[1].jpg
2012年だったか、沖縄の安田さんと沖縄から福岡に転勤したばかりのカメちゃん、山頂の寒さを知らずに半袖だったのでウィンドブレーカーを貸してあげた。





2018222koIMG_0196.jpg
2010年、鹿児島の和田さん
菊池が職場だった最後の月にサルトさんと三人で上った





2018222koIMG_0197.jpg
和田さんが撮っているのはこんな風景
白い蒸気や色の付いた火山ガスが風でなびくと、沸々と煮えたぎる火口の中も見ることができた。
3年半振りとなる阿蘇火口ライドは、ラピュタが絶望的になった今、「阿蘇ジオ・ライド」の象徴のように映る。何万年という時間軸の火山活動による1000m規模の地殻のギャップにより形作られたカルデラ大地。その上に1000年に渡る人の営みが合わさって出来上がった阿蘇平野。地球からすれば、ほんの小さな手のひら上の皺のような僅か数メートルの断層に驚かされる人間。点を線に、更に面に、そして視線とズームを変えると、全く違った景色とパラダイムを見ることが出来る「阿蘇ジオ・ライド」。熊本震災後2年近くなり、風化した震災の跡と、蘇った阿蘇山、それに千年の歴史をもつ野焼きの跡を3月に目にするチャンスがある。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---<



スポンサーサイト
  1. 2018/02/22(木) 18:21:11|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の牧野を走る

2018215swIMG_0965.jpg
MTBコースの調査に誘ってもらい、道の駅阿蘇の下城さんと阿蘇市観光課の後藤君の三人で箱石峠付近の牧野を走って来た。
アスファルトやセメントの「牧野道」ではなく、普段は牛が放牧されている立入禁止の牧野の中の放牧採草地や、3月に予定されている野焼きの延焼を止めるため、草を刈って輪地切りされたところを下城さんが交渉の上何とか立入許可を得て積雪のなか3時間走ることができた。この調査は放牧期間外の冬季のみ牧野組合から借り受け、ガイド付きで広大な牧野の中をMTBで走れるようにするもので、冬期がオフシーズンとなる阿蘇観光のひとつになれば期待する。阿蘇駅や内牧温泉にほど近い雪が積もった広大な牧野をMTBで駆け回る楽しさを多くのみなさんに体験してもらいたいものである。






20551WP_20180213_13_31_24_P.jpg
牧野だけに多少の上りもあるが雄大な景色に圧倒されてしまう
石のようなものは凍った牛の糞





2018215swIMG_0930.jpg
この日は押入れから探し出した登山用のジャケットを着た
15年前のモンベルのストームクルーザーで
当時より8キロ痩せたのでワンサイズ大きい







2088WP_20180213_14_35_02_Pr.jpg
後藤くんはMTBに慣れてはいないようだが
雪の牧野を存分に楽しまれたようだ
牛を放牧するためだろうか岩や石は見かけない
放牧地は草原なので地面はフワフワしている
なので落車しても怪我をすることは少ないようだ






2018215swIMG_0939.jpg
ところによっては30センチくらいの積雪があった
こうなると平地はMTBでも走れない





2077WP_20180213_14_18_34_Pr.jpg
キツいけど笑顔
上級者だったらダウンヒルも楽しめそう






2018215swIMG_0969.jpg
ワイワイ言いながら楽しめる






2018215swIMG_0951.jpg
走るとバリバリと音がして
吹きっさらしの牧野の薄い雪の下は凍りついている
まるで雪が積もった湖の上を走っているかのよう





2066WP_20180213_14_14_56_Pr.jpg
この楽しさを





20661WP_20180213_14_14_59_P.jpg
みなさんに





20662WP_20180213_14_15_01_P.jpg
伝えたい





2018215swIMG_0985.jpg
ほとんどスキー場のようなところもあり
前輪にソリを付ければ行けそうな感じ







20055WP_20180213_14_26_19_P.jpg
次のウィンターシーズンには開催できればと思う
内牧温泉の中にマウンテンパークが今月中に完成する
ここでMTBの練習走行をして本番に挑んでもらうことも出来る
牧野は一般に開放されているわけではなく
MTBツアーを主催するところが借り受けて運用することになる
なので許可を得たガイド付きになる予定だ
MTBやヘルメット等もレンタルが出来るし
もちろん自分のバイクを持ち込んで走れる
こんな素晴らしいところを思う存分走ることが出来るなんて
まさに夢のよう
阿蘇にとって降雪は負だがそれを活かさない手はない
仮に雪がなくても広々した草原を駆ける非日常的な体験は魅力だ
牧野の環境を損なうこと無く
ひいては草原再生の一助になる可能性すらあるかも知れない






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---<




  1. 2018/02/15(木) 18:14:53|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本輪事国会

2018214kuIMG_0904.jpg
土橋塾塾長土橋陽一さんの呼びかけにより「熊本輪事国会」というロードバイク乗りの招待制の交流会が開催された。
熊本震災において多くの自転車仲間から貴重な支援が土橋さんに届いた。その御礼を込め、土橋塾創立10周年の機会に合わせて震災の象徴的な存在の熊本城隣のKKRホテル熊本に140名が集まった。

多様な人脈を持つ土橋さんが開催するパーティーを、私を含め無防備で参加した面々は、開会から閉会まで常識や固定観念を越えた独創的で、かつ緻密に構成された内容に圧倒され、笑い転げ、九州で初となるロードバイクの交流会に対する土橋さんの執着ぶりが伺えた。






2018214kuIMG_0908.jpg





2018214kuIMG_0909.jpg





2018214kuIMG_0915.jpg
どのチームにも属さず、単独でサイクルスポーツに取り組んでいることに、土橋さんから指名を受け、最後のワンスモア乾杯を仰せつかった。濃霧の中の囁きのような不甲斐ない締めではあったが、熊本輪事国会は盛会に終わった。







2018214kuIMG_5018.jpg
大役をこなした土橋さんは
今月21日からロンドン、ミラノ、フィレンツェへ
理容の修行に行かれる
わたしの、隠された、数少な希少な男前度や
みなさんの魅了をより引き出す技術を習得して
悠々帰国されるのだろう

交流会では普段なかなかお会い出来ない方々と
同じ時を過ごして有意義なひとときだった
みなさんとは是非再会したいもの
またいつかどこかで

チャオー!






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---<



  1. 2018/02/14(水) 16:51:22|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本の新町、船場橋界隈を訪ねる

2018210seIMG_0896.jpg
熊本城復興城主の感謝状贈呈式に来られた東京のサルトさん夫妻と新町の松葉に行ってきた。
阿蘇に仕事を移して6年、娘の結婚式以外一度も足を運んだことがない夜の熊本市内、さて何処で食事をするものやらと誘われて今日までずいぶん悩んだが、築150年の歴史ある元旅館であり、料亭としては手軽に楽しめる松葉を選んだ。それと、ここ新町や船場町は、家と家の狭い路地のようなところを市電が通り、繁華街から道一本離れただけで懐かしい昔ながらの風景が楽しめるのも同年代には喜んでももらえそうだと思った。

二人とは上通で待ち合わせ、下通りから新市街を散策し、楽しみにしていた池澤夏樹さんや村上春樹さんも訪ねる橙書店は残念ながら定休日だったが、創業明治7年の長崎次郎書店のセレクトされた上質な書籍には感心されていた。船場橋隣のサイクルショップWBLの山下君に会い、土橋塾塾長のヘヤーサロンや、ブルゴーニュへワイン蔵の訪ね歩きをして前日帰ったばかりの木村屋酒店も訪ねることができた。






2018210seIMG_0895.jpg
案内された松葉の個室は、どっしり腰を据え、食事と会話が楽しめそうな大正ロマン溢れる空間だった。職人の遊び心溢れる窓の格子の先には、チンチン電車が通り、掘り炬燵の横の火鉢は150年燻された跡が艶々と輝いていた。上を見上げると、黒光りする大きな梁が幾重にも組まれ、「二度の地震に耐えたのは俺だよ」と言っていくかのように逞しかった。この辺りは熊本震災の被害が多かったところで、古い家屋が多いため鰻の寝床のような細長い更地が土を露わにしていた。






2018210seIMG_0885.jpg
白い大正ロマン溢れる清潔な出で立ちのお嬢さんが担当され
「ご予約をお受けしたのはわたしです」と言われて何となく恐縮した
料理の説明では、「天草の・・・八代の・・」と熊本の産地名は出てきたが
菊池と阿蘇が出なかった






2018210seMG_0888.jpg
美しく盛られた料理もだが、器の鑑賞も楽しみ






2018210seIMG_0891.jpg
車海老とウニの茶碗蒸しは絶品だった






2018210seIMG_0890.jpg
撮った写真はたったこれだけだが
記憶はまだ鮮明に残っている
女将さんがご挨拶に来られ
熊本震災の深いお話を明るく話されて
語り部のようでもあった






2018210seIMG_0898.jpg
7年振りの料亭松葉
期待以上で想像以上だった
歴史ある空間と、洗練された料理
それに心温まる接客が素晴らしかった

帰りは歩いてすぐの新町駅から市電に乗った
最後に乗ったのが予備校の時だから実に40年振りだった
車内は昭和30年、40年の頃へタイムスリップしたかのようで
レトロ感に溢れていたがSuicaで乗ることができた
チンチン電車は熊本市内をゆっくりと進み
車窓から見る城下町の夜景を観光気分で楽しめた
賑やかな通町でわたしは降り二人と別れた
これで熊本城復興城主の案内がつつがなく終わった







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/02/12(月) 07:30:08|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スノーライド 内牧編

2018208swIMG_0843.jpg
遅ればせながら、わたしのマウンテンデビューを祝って、トリムカンパニーの橋本君がスノーライドに招待してくれた。他の方にも声を掛けられたそうだが、この日はみなさんの都合が付かずトウマ君と3名だった。多分、前日が鉛のような雲空に、最高気温がマイナス2度という極寒だっただけに辞退されたのだろうと推察。ところが当日は打って変わって晴天無風の絶好の雪山遊びとなって大いにスノーライドを満喫することが出来た。それも内牧温泉からすぐ近くのコースなので移動時間もなく、ゴールしたらランチや温泉も楽しめる手軽なMTBツアーの可能性を感じた。







2018208swIMG_0847.jpg
今日は二つのコースがあるそうで、まずはウォーミングアップがてら宿から自走で10分ほど走り、山の中に入ると雪景色となるフラットな初心者コースから始まる。







2018208swIMG_0850.jpg
すぐに雪が深くなりスノーライドらしくなってきた。






2018208swIMG_0857.jpg
橋本君は新たにトリムカンパニーに導入したバイクの試走を兼ねて走られた。






23018208swIMG_0862.jpg
トウマ君はクランプ店長のフルサスを借用






2018208swIMG_0864.jpg
階段の下りではその本領発揮






2018208swIMG_0866.jpg
これもマウンテンの醍醐味・・・だそうだ。






2018208swIMG_0871.jpg
二つ目のコースは車載して雪山のダウンヒル







2018208swIMG_0878.jpg
30センチはありそうな積雪についに心躍るようになってしまった。







22018208swIMG_4995.jpg
これが走るというか、転げ降りる急斜面があったりする山道
「道」と言っても歩いて登り降りするだけの道で
今は使われていないように荒れている






2018208swIMG_0872.jpg
フラットなところで談笑
橋本さん曰く







2018208swIMG_0875.jpg
「やはりセミファットのタイヤは
雪に沈まず
林間の深い霜柱もスムーズに走れて
平坦になると
その走破力が発揮される」

このような走りを楽しむにはセミファットバイクがおすすめと
ナオ君と同じ結論になった






2018208seIMG_3588.jpg






2018208swIMG_4993.jpg






2018208swIMG_4996.jpg
この日走った内牧温泉から程近いところで楽しめる二つのルートは、トリムカンパニーの半日コースにもなっている。宿に泊まって、宿の中で受付を済まし、レンタルのMTB、もしくは自分のバイクでスタートすることも出来るそうなので、雪が残っている間は同じような体験ができるのではないかと思う。最近、熱中しているこの遊びだが本当に楽しくて仕方ないのは嘘ではない。(浮かれた初心者より)







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---





  1. 2018/02/08(木) 17:33:16|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクル安全講習会

2018204lpIMG_4972.jpg
セレクション南九州さん主催による安藤隼人さんのスマートコーチングを受けてきた。
安藤さんはプロロード選手や競輪選手などトップサイクリスト以外にも様々なアスリートのコーチングをされている。また、落車や交通事故などアクシデントが発生してしまった場合のファーストエイド実習もされており、今回はサイクル安全講習会として玉名市総合体育館で座学と実習を学んできた。

落車リスクを減らすためのバランスの良い乗り方や、落車してしまう時にとっさにとるべき姿勢など、レースによる事故の動画を見ながらより怪我のリスク減らすための気付きも多かった。目からうろこだったのはヘルメットの正しい被り方だった。参加者のほとんどが耳のところの紐が緩くてお辞儀をするとヘルメットがずれてしまい、動画の落車シーンを見ると、せっかく高価なヘルメットをしていても、これでは頭部を守ることができないと一目瞭然だった。






2018204lpMG_4977.jpg
ファーストエイド実習では怪我人の全身の詳細な観察の仕方や、山中など場所が特定出来ない場合は、スマホのコンパスで緯度経度で場所を知らせることなど、いざという時に役立つ救急通報マニュアル講習は貴重なものだった。
また、事故が起こった際に二次災害を防ぐため、後続の自転車や車への注意喚起の仕方も今後の緊急時遭遇に役に立つことだった。





2018204lpIMG_4984.jpg
午後からは実走体験となり、ペダルと並行な姿勢で、かつ左右同じバランスで立つニュートラルのポジションの大切さを学んだ。走行中に起こる落車リスクの軽減や、効率のいいペダリングも、ニュートラルな姿勢が基本であることを身をもって知った。河川敷に移動し極寒の中、風向きに対応する3名での左右回りのローテーションは初めての体験だった。ただ、練習中のあまりの寒さに安藤さんから「みなさん低体温症の一歩手前ですから、しっかりと炭水化物を摂ってください」と半分冗談かのように言われた。なので帰ったら、たまたま娘が作ってくれた恵方巻きがあって、丸々1本、躊躇も、後悔もなく食べるという美味しい体験も出来た。寒い中走ると炭水化物を多く摂取しなくてはならないとはいい知識だった。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/02/04(日) 16:26:19|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: