コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

線で繋いで臨機応変

2047り416loa_01.jpg
NHKラジオの収録は大観峰よりスタートした。早朝に北朝鮮のミサイル発射があり、場合によっては放送キャンセルの空気も漂ったがその後異変は起こらず無事番組を終えた。最後のあし湯での放送では、直前に電波トラブルが発生し放送開始しても音声が届かず、緊迫した数秒間もあったが予備機に切り替え放送時間をその場で短縮して対応することになった。放送を聞いていた友子さんからのLINEには、高柳アナウンサーは良かったが、あなたのは雑なじゃべりだったと指摘された。そんなトラブルでもスタジオのコロッケさんの取り繕い・カバーは当然プロなんだけれども上手だったと。そこなんだな、何事も臨機応変に対応できるかが大事。








20147416lpFullSizeRender.jpg
収録の後は、宿で合宿中のSGホールディングス陸上部の山本亮選手と阿蘇マルシェでランチを楽しんだ。ロンドンオリンピック男子マラソン代表選手の好物は、まさかの唐揚げ(プロフィールにも書かれている)で、けっこうな量を食べられるので徹底的に絞り上げたアスリートのイメージとは異なりちょっと驚いた。

しかし、お話をを聞いているうちに、人それぞれ異なる体質のことや、消費したエネルギーを補うのが食事であり、そのバランスが崩れると100%のパワーが出せないという考え方や、長距離走るための筋肉以外は「重り」でしかないなど、わたしが知る運動と食事のことは散りばめられた点であり、それを線で繋いでいくと、なるほどそうかと貴重なお話をお聞きすることができた。

それと山本選手はサイクルロードレースを見るのが好きだそうで、好きな選手はクネゴでバイクはウィリエール、応援しているチームはニッポ・ヴィーニファンティーニだそうだ。山本選手のお父さんの影響でツールやジロは昔から見ているとのこと。最も記憶に残っているのレースは、チームエースのシモ―二のアシストをしてきたクネゴが優勝したレースだったと陸上選手から聞けそうにない濃いお話と、サヴォルデッリやディルーカ,、バッソなど当時の選手名が次々出てくるので山本選手の記憶力にも驚いた。

さて、コロッケさんから「中尾さんのジャージは派手ですね!」と言われた土橋塾厳冬期と冬季ジャージは今日でシーズン終了。明日から春夏用に切り替える。この日も迷ったが大観峰や国造神社での待機を考えて冬季ジャージで行った。しかし、唐揚げ消費のために大観峰まで上るとさすがに暑すぎてこの日は終了。夜は菊乃家へ行ってまた美味しいもの食べたものだから消費に伴わない一日となった。

落車の怪我も治り、週末は石畳の農道パヴェを繋ぐパリ・ルーベのように、グラベルや林道を繋ぐ超ハードな大会「Rapha Prestige Kuju 」 距離136.4 km  獲得標高3372mを迎える。5名のメンバーで体力・知力・気力を合わせ難コースを制限時間内で完走を目指す。ここでも体力の消耗や、自転車のトラブルも想定されるが、臨機応変に線に繋いで対応し大会後の至福の温泉とアフターパーティを愉しみたいものだ。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---







スポンサーサイト
  1. 2017/04/17(月) 12:29:44|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: