コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2017年01月 ] 記事一覧

阿蘇サイクルツーリズムに向かって

昨年より阿蘇市はサイクルツーリズムを推進しており、その事例視察として滋賀県のびわ湖一周サイクリング、通称「ビワイチ」の取り組みにを学びに、阿蘇市観光課・阿蘇市商工会青年部・道の駅阿蘇・阿蘇ネイチャーランド・以上のみなさんと、今回の視察をコーディネイトとされ現地で合流されたトレイルバックスの仲間さん・エスティ環境設計研究所の赤星さんの案内で参加してきた。目的としては県の支援体制(滋賀県庁)、県内自治...

阿蘇リバイバルのために

寒い日が続くが放牧のあか牛は終日この寒空で過ごすマイナス10度までは大丈夫と聞いたことがある寒さより暑さのほうが苦手らしいが明日の阿蘇地方の最低気温はマイナス7度・・・ここは菊池渓谷経由で上ってミルクロードに合流する北山展望所交差点行きの上りはこのくらいの積雪でも大丈夫だが帰りの急な下りの連続が怖いので13日以降は大津から二重の峠経由の国道57号線の迂回路で通勤している熊本震災前の冬の二重の峠(県道菊池...

南阿蘇を走る

南阿蘇を走ってきた。久し振りだと思ってブログを振り返ると昨年2月にCYCLE SPORTS さんの取材以来の11ヶ月振りだった。コースは大津から県道28号に出て、阿蘇望のコースと同じ萌の里の前を通り俵山を上って久木野村に入ろうと思ったが、途中の迂回路に問題ありと聞いていたいので自走をやめ、車載して久木野村の「あそ望の郷」からスタートすることにした。28号の交差点に出たら俵山方面は通行止め、迂回路はそのまま真っ直ぐとあ...

菊池で食すあか牛のTボーンステーキ

菊池農場のあか牛のTボーンステーキをコントルノ食堂で食べてきた。4人分としても1.2キロ、厚さはなんと4cmのボリューム牛が本来食べる牧草や稲わらを食べて育ったあか牛はサシの少ない赤身の美味しさが特徴で口に入れたらとろけるよう食感とは真逆で噛めば噛むほど旨味が迸る肉本来の味を楽しむことができるコントルノ食堂は、菊池温泉街にある昭和レトロな六軒街の中にある店だこのスナック跡を改装した異色のイタリア料理専門...

道具は、謙虚に、強靭に

菊池渓谷付近の片側通行箇所菊池から菊池渓谷経由でミルクロードに繋がる道は7時から19時まで通行できるが、菊池側は渓谷麓の念仏橋、阿蘇側は深葉集落にそれぞれゲートがあり、時間外は閉まってしまい通行することはできない。昨年末、この道が開通してからは毎日車通勤で通っているが、帰りのゲートが閉まる19時に間に合うためには18時30分には内牧を出なくてはならず旅館という客商売ゆえ大変である。昨日は夕方から雪が降り212...

神様のご褒美

2013年12月9日 脳外科医さん撮影今日は脳外科医さんの命日、早いもので3年となった。病名と余命宣告を受ける前の脳外科医さんとは一緒にサイクリングしたことも食事をしたことも電話で話したこともない。ただ「脳外科医の秘かな愉しみ」というブログをされていたのでわたしはその熱烈なゆるがない読者だと自分で思っていた。その繋がりがあって、自転車でどこを走るか、じゃなくて、どう走るかを追求しそのことにお互い共感...

ほとんど奇跡のこと二つ

2007年12月、このブログは菊池の旅館時代に趣味的な仕事の延長線として始めた。そして昨日の1月5日、ついに100万アクセスに到達した。期間にして9年、最初の頃のアクセス数は50以下の2桁だったが、最近では500超えもあったりして、見ていただいて方には、意味不明の内容にお付き合いいただいて本当に感謝している。始めたきっかけはロードバイクに乗り出したこと。当時は菊池・阿蘇のサイクリング情報が少なかった、というより...

5日からはオフシーズン

正面から見ると普通の昔ながらの旅館だがちょっと視線を変えると「自転車乗りの宿」という流れも自然に板についてきたようなサイクリストに特化したサービスや設備を備えていないものの初めての方でも思いを共有しハグして受け入れるお友達の宿とお考えの程ただし、不意打ちはご遠慮、不在はご勘弁元旦に暖簾をくぐったのは地元代表カルキさん翌日が土橋塾塾長御一行1月5日からはオフシーズンとなるので新しい価値の提供を目指し...

2017年 元旦

恭賀新年 仕事は元旦より始動しています今年もよろしくお願いします2017年 元旦今朝は雲海が出ておりスカイライン展望所は多くの方で賑わっており、晴天だったので雲海から差す日の出はさぞや感動的だったのではないだろうか。ミルクロードには県外ナンバーのクルマが多くバイクも数台見かけ、2017年の始まりを阿蘇に選ばれた方は良きスタートとなったことだろう。さて、内牧温泉 蘇山郷のこと熊本震災で温泉を失うも、...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム