コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2016年09月 ] 記事一覧

身体と心のリカバリーサイクリング

英彦山レースの翌日、Dクラス5位入賞の上原さんのお誘いでリカバリーサイクリングに行ってきた。朝6時、我が家集合。行き先は菊鹿町番所。目的は見頃も終りに近づいた彼岸花。死闘のヒルクライムレースの翌日に男二人で花見。台湾は太魯閣で海抜ゼロから88.83km走り、3275m上った友情は初秋の里山でも常にスキルをアップデート。棚田の黄金色の稲穂と、畦に咲く鮮やかな彼岸花を眺めながら、来年の太魯閣も峻険な難峠の頂上制覇...

第26回英彦山サイクルタイムトライアル

町興し事業として添田町のみなさんで運営する大会が今年で26回目となる「英彦山サイクルタイムトライアル」、小さな町で町民が団結して取り組む姿はまさに町興しである。公道を封鎖し白バイが先導する貴重な大会は、年々人気の大会となり申し込みも早々に定員になっているが、添田町のみなさんのあたたかいもてなしと笑いが絶えない表彰式も人気のひとつではないかと思う。50歳代のDクラスでエントリーし今年で6回目となり過去の成...

熊本ワイン「ナイアガラ」の甘口

東京から輪行でお越しになった弱虫ペダルファンのKさんのFBから引用「火曜日出社したら顔色良くなったっていってもらえたので、やっぱり自然や温泉は1番の薬です!」熊本空港から自走で来られたKさんの阿蘇自転車旅は春に続いて2回目。翌日は生憎の雨となったが、「仕方ない」では帰せないのが宿の宿命、なので旅のお手伝いをちょっとだけ宿のスタッフがしてあげた。その甲斐あって元気になってもらえたことは実に嬉しい。こちらも...

MOZU ride 2016 Vol.3 in Usuki

MOZU ride で初めて訪れる大分県臼杵を拠点に九州東端の海山を走ってきた。今回 は大分市在住の和間さんと永井さんが作られたルートで、豊後水道を見渡せる海岸線や津久見、佐伯の林道など、青と緑が交互に展開する魅了たっぷりの今年走ったなかでもナンバーワンのコースだった。参加メンバーのほとんどが何度も走ったことがある方で気さくに話しながら愉しむことが出来たし、雨予報も大きく崩れることもなく逆に暑さをしのげて快...

阿蘇東登山道(坊中線)開通

9月16日、阿蘇駅前から阿蘇山に上る阿蘇東登山道の坊中線が阿蘇山上広場(阿蘇山西駅)まで開通した。そこで宿スタッフの丸山君が開通式の2時間後に試走してきたのでそのレポートを紹介する。起点となる阿蘇駅前の信号機から4.3キロ地点に信号機による150mの片側通行区間がある。北登山道の赤水線が合流する手前に大きな崩落があり地震の大きさを物語っていたという。頂上になる草千里展望所手前からの片側通行箇所展望所一帯の道...

60年走り続ける81歳の現役サイクリスト

先日沖縄のメンバーとご一緒させていただいた「なるしまフレンド」会長の鳴嶋英雄さんは御年81歳の現役のサイクリストで年間150泊の自転車旅をされている。走るときは常にボトルゲージに輪行袋がありいつでも万全の輪行体制。初めてご一緒したジオ・ライドでも悠々と走りながらもまったく遅れることなく30歳は若く見えた。快適に走るための7桁のGOKISOなど最新のこだわり装備で武装されているが鳴嶋さんのブログを見て今回...

チームキッズ阿蘇を走る

沖縄のチームキッズが2泊3日の阿蘇遠征に来られた。メンバーは変わるもののチームとしての阿蘇合宿は今回で2度目になる。4年前の合宿で店長と一緒に走った際に「ツール・ド・おきなわ」のお誘いを受け、以後完璧なサポートをしていただき3回エントリーし11月の大会も行くことにしている。今やこの大会が年間目標となり自信の生き方も大きく変えた「わたしの甲子園」でもある。左上がバイシクルキッズ店長の大城さん。中央下のジェ...

弱虫ペダル火の国編、早朝ミルクロードを走る。

ロードバイクを宅配便で送られた女性4名の宿泊予約部屋が「蘇峰」とくれば100%弱虫ペダルファンの方ではお着きになると神奈川からお越しのMさんとお友達は予想通り「走る」ペダルファンだったお聞きすればビギナーなものの走る気満々ルートを説明し早朝走るためのコツを教えてあげ走れる状態で玄関前に朝5時集合一緒に走ってサポートするのはスタッフの丸山くんわたしは沖縄のチームキッズさんと走るので記念撮影のみ記録を残す写...

アスリートが帰ってきた

Rio2016日本代表選手団専用スペシャルサプリメント非売品リオ代表2名を含む旭化成陸上競技部さんが合宿中、今回は地震の影響でアピカのトラックが走れないことから、メンバーは従来の半分の20数名だが、湯浦を、アピカを、日本一番過酷なクロスカントリーコースを走るいつもの景色がやっと内牧に戻ってきた。大阪からお越しのTさんは、阿蘇谷・南阿蘇・外輪山・南小国など走れるところはくまなく走破されたようだ。あとは現在通行...

2016年夏の思い出

8月の盆過ぎに父の94歳のお祝いと我が家を卒業する娘の祝いを兼ねて家族旅行に行ってきた場所は毎年訪れる伊万里湾に浮かぶ小さな島青島宿は島に一軒だけの食堂を兼ねる「民宿川上」すでに13年も毎年欠かさず通い自分でさえ驚く理由は女将さんたちとは親戚のようなお付き合いとなって島の人達も昔からの友人のように迎えてくれることそれと食べ物ほとんどの食材が島で捕れた魚介類や海藻とその加工品や島で僅かながら収穫された農...

大人の九州自転車旅

人参ぶら下げて走らせる馬のように休日に走った日の夜は80%居酒屋系の外食休みは日曜が多いので店休日と重なる自遊亭は足が遠のく。昨日は久し振りに平日に休みを取ったので「居酒屋自遊亭」の暖簾をくぐった。いつもの席に案内してもらい手書きのメニュに目を通すと新たな品が目に付きいくつか注文これは馬肉の土手焼き、走った後にはちょうどいい逸品だった。酒は竹鶴ぬる燗が美味しかった。ワインに辿り着くとこんなのもあって...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム