コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2015年06月 ] 記事一覧

サクサク走れるようになるのは遠い

27日振りのサイクリングは番所から八方ヶ岳林道を走ろうと思っていた。だから気温が上がりそうだったが厚手の半袖ジャージにした。あんずの丘まではけっこう走れた。体重は増えていないからそうなのかとちょっと自信が湧いてきた。しかし、全国高校選抜大会のコースの上りを全力でいったらクラクラしてきて目の前が暗くなった。やはり体がついてこない、生あくびさえ出る、27日間全く運動をしていないことを思い知らされ林道を諦め...

クロスロード

マーセル・セロー著 村上春樹訳の「FAR NORTH」【極北】本の表紙の上部には山が描かれその下にひとつの小さな黒い点があるが、それは人。実にタイトルにふさわしく一気読みの近未来長編小説だ。著者がチェルノブイリ近郊の居住禁止区域で一人暮らす女性を取材したのをきっかけでこの本が書かれた。その女性は放射能に汚染された土地で家畜を飼い農作物を育て生活していた。今日の新聞に中国のノーベル賞作家 莫言氏への...

自身へのメッセージ

出汁が美味しく、素材を徹底的に厳選する菊池の居酒屋 夢路へ行ってきた。人数分違うものが出てくるのがこの店の付き出し見かけはごく普通だが、一口つまむと「おやっ」と、顔を見合わせ「旨いね~」と笑顔になる。予約の際に注文していた刺身が長い板に盛られて登場その長さ70センチのご主人の自作「いつもながら見せるね」と、思わず感嘆の溜め息この遊び心というか、こだわりにはいつもながら頭が下がるが、それは客の目線を意...

サイスポ8月号は付録がいい

禁酒を解禁した。期間は17日間、運動もしないので太るのを覚悟していたら3キロ痩せた。解禁の一杯目は缶ビールのプレミアムモルツさぞや旨かろうと思っていたが苦くてまったく美味しくない。エビスに代えても冷たさと苦さが素通りするだけ。子供の頃、父の生ぬるいビールを飲んで苦かった想い出そのままという感じ。ワインも期待以下だし、焼酎も消毒液のよう。ところが日本酒は枯れた五臓に沁みわたり、太田和彦さんの「いい酒だ...

小さな敵を欺く知恵

湯浦から大観峰方面を見上げると中腹を横断する212号線がよく見える。田んぼに山が写るのは田植えしたばかりの時だけで稲が生長するとその鏡はなくなる。田植えをわざと遅らす農家さんがいる。忙しいとか都合によりではなく、付近の方が終わるのを待ってそれから田植えをされる。理由は大陸から飛来する稲の病害虫のウンカ対策だ。ウンカは気流に乗って毎年飛来する。江戸時代に起きた享保の大飢饉や天保の大飢饉もウンカが原因だ...

雨の日にすること

2週間の合宿でお越しになっているのはJR東日本陸上競技部さん一行18名今日は折り返しの7日目で、昼食は選手のみなさんの強いリクエストに応えて、いまきん食堂のあか牛丼を紹介してあげた。そうはいっても梅雨のこの時期でさえ行列ができる人気店だが大人数で何時間も並ばさせるわけにはいかない。そこで師弟関係のような両経営者は静かに語ることで伝わる深い絆によって遠来からのアスリートはまた集中力をあげられたかも知れな...

梅雨が明けたらGIRO WD

白内障の手術前日の夕景、56年間酷使した右目水晶体最後の褒美今日で術後3日目となり不快だったコロコロとする縫合糸の抜糸も終わり普通の視界となった。以前の視力は裸眼で0.4くらいだったのが人工水晶体を両眼に入れまだ安定はしていないが左1.2、右1.5くらいにはなったようだ。白内障は、もともと透明であったカメラに喩えるとレンズの役割をする水晶体に濁りが生じて視力低下を起こすもので70歳以上には9割認められ、原因の大...

曇りのない世界

初めて目にする「乗らず、飲まず」の牙を抜かれた戌年の男を、チラチラと優しく上目遣いで観察する家族「大丈夫かしら?」と、言わんばかりのメッセージは、左目眼内レンズの人工水晶体を通して伝わってくる。「落ち込んでもおらず元気だよ」販売される前のC60をモニターとして1ヶ月間乗ったのがちょうど1年前細かなことは判らないが、とにかく上りやすさが印象的だった。ペダルひと踏みが軽くて、楽にスーッと、追い風のよう...

禁断生活を謳歌

白内障の手術で2週に渡って6日間休むため、その間に読む本をと買い揃えていたが相手が目なのでそんな気にもなれず、読みは外れた。禁酒は6/24まで、自転車は7/10までと、この機会がなければ味わえない禁断生活を謳歌できる貴重な体験でもある。まあ、どたばたせず、解禁後の無垢にリセットされたこれまでの延長線上にはない愉しみをと、秘かに考えている。飲めない時に選んだのがこの本スコットランドとアイルランドというウ...

梅雨の愉しみ

ターザンさん一行がお越しになった。日頃は忙しいみなさんだが終始笑顔でサイクリングを愉しまれたようだった。久し振りにお会いしたターザンさんが、「体しぼれてますね」、なんて言われたんだが確かに5月は早朝よく走った。というのも、白内障の手術を明日6/3に左目をやって、6/10に右目をやる。それで術後は2週間禁酒と、1ヶ月間は激しい運動は慎むように言われた。だからしばらくは1センチも走らない。圏外の7月の阿蘇望...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム