コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

サクサク走れるようになるのは遠い

201562927runDSC03267.jpg
27日振りのサイクリングは番所から八方ヶ岳林道を走ろうと思っていた。

だから気温が上がりそうだったが厚手の半袖ジャージにした。

あんずの丘まではけっこう走れた。

体重は増えていないからそうなのかとちょっと自信が湧いてきた。

しかし、全国高校選抜大会のコースの上りを全力でいったらクラクラしてきて目の前が暗くなった。

やはり体がついてこない、生あくびさえ出る、27日間全く運動をしていないことを思い知らされ

林道を諦め、番所まで行ったら引き返し、山鹿市内を経由して菊池川沿いのサイクリングコースを走ることにした。

悔しいが今日は無理をするまい、でも、もうひとつの課題は捨てたくなく、100キロを4時間で走ることを目標にした。






201562927runDSC03271.jpg
イワイの小井出君に選んでもらったバーテープは目にも鮮やかで気分も良く手にも馴染んだ。

よく晴れた風景はも心地よかった。

それは度付きレンズでない普通のサングラスから見える30年振りの裸眼の眺めだった。





201562927runDSC03272.jpg
分田橋から菊池川沿いの緩やかな、ごくごく緩やかな上りが10キロ以上続いて旭志まで来ると

少し緩やかな、一直線の上りがまた10キロ続く。

旭志から向かい風となり、それに暑い。

70キロ地点の真木の集落まで来ると50キロ過ぎて違和感のあった足が我慢できないほど痛くなる。

新しいシューズの紐がきついのか、クリートの位置が合わないのか、あと30キロを残し引き返そうかと思ったがそのまま進む。

県道23号から上りがきつくなると今度は膝が痛くなり、菊池人吉林道に入るとついにヨロヨロとした迷走になる。

いつも静かな林道がやけに煩いと思ったら、山を切り開き大規模なソーラー発電の工事となっていた。

冗談だろというくらい激しい広大な工事だった。

それと同じくらいの激痛を我慢し四季の里の入口にやっと着き、それからは下りで何とか家まで辿り着いた。

階段を這うように上がり、しばらくは倒れたように横になったままだった。

やや気力が出てシャワーを浴びたが脱力感が消えずまた横になった。

3時間ほど経ってやっと本が開けるようになった。

北方謙三の「十字路が見える」を読んだ。

以下抜粋

『・・・深夜、私は原稿用紙にむかっていた。自宅の書斎である。十数枚書いた時、ぴたりと筆が止まった。この言葉と思えるものがどうしても出てこない。別の言葉でも意味は通じるが、感覚的なものがどこか違うと思ってしまう。そういう時の私は、じっと白い原稿用紙にむかっている。身動きさえしていないだろう。それが、二時間も三時間も続くことがある。一度寝てしまおうなどと普段は考えるが、その時は違った。言葉に行き着けない自分が、許せないような気分になった。そんな自分は斬ってしまおう、と思った。斬り捨てて、違う自分になろう。それで違う自分になれるなら苦労はないが、その時は、もう斬るしかないと思った。

立ちあがった。壁の刀架の刀に手をのばし、鯉口を切った。自分が見えるまで、待つ必要はなかった。言葉を出せない。書けない自分がそこにいるのだ。鞘を払い、びゅっ、びゅっと振った、樋のある刀なので、いい音がする、などと考える暇はなかった。肩のあたりで、びしりと、刀ではない音が聞こえたのである。肉体になにか異変が起きたのだとは、すぐにわかった。同時に強い痛みが左肩に発生した。

・・・中略・・・

それから、肩を点検する。腫れはないという気がした。ただ、上腕二頭筋が、つまり力瘤の出るところだが、そこが異常に腫れあがっていた。俺の力瘤はこんなだっただろうかと思うほど、野球のボールでも入っているような腫れあがり方であった。

・・・中略・・・

中学、高校時代の同級生がいる病院に駆け込み、上腕二頭筋、腱断裂と診断された。膨らみは、腱が切れて筋肉が落ちてきていたのだ。治せない、と言う。切れた腱が、箒のようになって、縫えないらしいのだ。かたちを整える手術はできるが、筋力が戻ることはない。このまま保たせろ。友人は言った。二つある腱の一本が切れたので、残ったもので六十から七十パーセントの筋力を保持せよ。中学のころから馬鹿だと思っていたが、やっぱり死ななきゃ治らないのだ、と友人は呆れ顔だった。

腫れが消えることもない。腕の瘤は、銀座のクラブ活動のいい材料になっている。君にも、触らせてやろうか。それにしても、こういう怪我は、勲章と呼ぶしかない、と嘯く私がまだいた。君よ、いきなり激しい運動はするな。必ず、ストレッチからはじめるのだぞ。』

足の腱が切れなくてよかった、しかと教訓を胸に刻み、本を閉じた。






201562927runDSC03276.jpg
痛んだ足の腱は菊乃家の馬刺しでケア。

お陰で翌日の今日は明日から朝連と思っている。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 16:11:35|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クロスロード

2015627zp_DSC1037.jpg
マーセル・セロー著 村上春樹訳の「FAR NORTH」【極北】

本の表紙の上部には山が描かれその下にひとつの小さな黒い点があるが、それは人。

実にタイトルにふさわしく一気読みの近未来長編小説だ。

著者がチェルノブイリ近郊の居住禁止区域で一人暮らす女性を取材したのをきっかけでこの本が書かれた。

その女性は放射能に汚染された土地で家畜を飼い農作物を育て生活していた。

今日の新聞に中国のノーベル賞作家 莫言氏へのインタビュー記事が掲載されていた。

「小説の執筆で最も大切にしていることは」という質問に、

『小説の最も重要な役割は典型的な人物像を創り上げること。

古典や名作の多くが読まれ続けるのは印象深い独特の性格を持つ人物を創り上げたからだと思う。』

「作家の役割とは」という質問には、

『文学の働きには確かに限界がある。戦争を止められないし、飢餓や貧乏を地球から消せない。

しかし、我々は文学によって人々に基本的な道理を伝えるべきだと思う。

例えば、人間の欲望には底がない。

その貪欲さが地球の負荷を超えると大変な事態に陥る。

文学がその貪欲さを抑えられるかといえば悲観的だが、努力を諦めてはいけない。』

まさに主人公のメイクピースは印象深い独特の性格である。

小説の舞台は極北だが、我々には現実の舞台となる福島を常に想い起せと示唆する作家の役割が伝わってきた。







22015627zp_DSC1048.jpg
自転車仲間にメールしたら用件のあとに会社を辞めて自営すると書かれていた。

ちょっと前にも自営の道を模索している仲間がいた。

いずれもまだ30歳過ぎの小さな子どもがいる一部上場企業に身を置く仲間だが

人生の十字路に差し掛かり自分で選んだ道を歩んでいる。

ちりきんさんの言葉を借りると

『「働き方を変えるなんて不可能」と思っている人にとっては、確かに不可能なんだよね。

でも「できるかも」と思う人には

可能かもしれない。

さらに

「きっと変えられる!」と本気で思う人の多くが未来の働き方を手に入れられる。』






2015627zoiph.jpg
明日は晴れそうなので自転車に乗ろう。

いや、雨具を揃えたので雨が降っても愉しもう。

理想は最初に雨が降り、あとで晴れるというのがいい。

乗るのは実に4週間振り、4時間どのくらい全力で走れるだろうか。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/06/27(土) 17:27:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自身へのメッセージ

2015622alDSC03252.jpg
出汁が美味しく、素材を徹底的に厳選する菊池の居酒屋 夢路へ行ってきた。

人数分違うものが出てくるのがこの店の付き出し

見かけはごく普通だが、一口つまむと「おやっ」と、顔を見合わせ

「旨いね~」と笑顔になる。







22015622alDSC03254.jpg
予約の際に注文していた刺身が長い板に盛られて登場

その長さ70センチのご主人の自作

「いつもながら見せるね」と、思わず感嘆の溜め息

この遊び心というか、こだわりにはいつもながら頭が下がるが、それは客の目線を意識するのではなく

意識するのは無垢の自身のメッセージであり、それに共感して思わず振り向いてしまう。

奇をてらうのではなく、品格とのバランスをとる努力が伝わってくる。

そんな居酒屋。






2015622alDSC03256.jpg
「夢路の揚げ出し豆腐」

という名の一品だが、主役の豆腐はどこえやら

あしらいのはずの野菜や海老や魚の天ぷらがわんさかと極上のおつゆに浸っている。

レンゲですくうおつゆがたまらない。






2015622alDSC03258.jpg
立派なタジン鍋で運ばれてきたのは、「黒毛和牛のホルモン焼き」

極旨のマルチョウだ。

美味しいタレにからまり、プチンとはじけてジュースたっぷり

たそがれの逸品、コップ酒一杯。






2015623tnDSC03264.jpg
暁を迎えて目の保養に一巻き

自身へのメッセージ。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/06/24(水) 14:01:53|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイスポ8月号は付録がいい

2015619touIMG_2998.jpg
禁酒を解禁した。

期間は17日間、運動もしないので太るのを覚悟していたら3キロ痩せた。

解禁の一杯目は缶ビールのプレミアムモルツ

さぞや旨かろうと思っていたが苦くてまったく美味しくない。エビスに代えても冷たさと苦さが素通りするだけ。

子供の頃、父の生ぬるいビールを飲んで苦かった想い出そのままという感じ。

ワインも期待以下だし、焼酎も消毒液のよう。

ところが日本酒は枯れた五臓に沁みわたり、太田和彦さんの「いい酒だね」の台詞そのもので閉じていた五感が目覚めたよう。

そんな解禁の感想、アルコール抜くのは時々はいいかもしれない。

なんせ家計が助かる。








2015619tou_DSC1018.jpg
外国人用に洋書を揃え始めた。

欧州の方はスケジュールいっぱいの観光地巡りというより部屋やロビーでくつろぐ方が多い。

外出しても早めに帰って来られ天気がいいのにもったいないと思うくらい「何もしない贅沢さ」を満喫されているように感じる。

そんな時はノートPCやタブレットをさわったり持ち込んだペーパーバックを読まれているのをよく目にする。

そこで日本の小説家の翻訳本で、ノーベル文学賞に近いともされる村上春樹さんやカズオ・イシグロさんの本を揃えた。







2015620tcv_DSC1025.jpg
ジョギングコースやサイクリングコースの紹介も外国人用にしたいものだ。

走りながら日本的な風景を見ることができて実業団のトレーニングコースでもある湯浦の5キロの周回コースがいい。






2015622al_DSC1036.jpg
NIPPON夏ライドに紹介したお礼に宿にサイクルスポーツ8月号が届いていた。

付録の防水クラッチバッグは、ツール・ド・沖縄での名護~国頭村間自走の際にリュックの中の濡らしたくない貴重品入れに最適。

本の中身はというと久し振りに見たのでとても新鮮で季節柄か輪行旅に関する情報が印象的だった。

あとは愛媛県の10000円分を5000円で購入できるプレミアム旅行券の小さな記事があり

レンタサイクルやサイクルトレインの切符もあったりと今年の夏の旅行にでもと目にチラついた。

久留米のイワイさんの広告には、久留米市が発行する12000円の商品券が10000円で購入できるプレミアム商品券の紹介があり

「50万円の予算で60万円の商品券を買えば20%オフ」

と、ただの地方の買い物なら見向きもしないが、ワンランク上の機材が購入できるとなるとちょっと考えさせられる。

あとはレボーグの広告記事だが、前輪外しても立てたまま積めないから「輪行袋で車載」と意表をつく紹介

4AWだから仕方ないが笑顔のモデルさんにはなぜスバルのジャージを着せないんだろうとちょっと疑問。

「僕の細道」はいつの間にか石田ゆうすけさんになっていたりと全体的に面白い8月号だった。

もう一度言うが、付録の防水クラッチバッグはチャックも防水仕様で優秀そう

買えば300円くらいの価値はありそうなのでこの本890円購入はお得かもしれない。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---




  1. 2015/06/22(月) 16:39:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな敵を欺く知恵

2015619tou_DSC1011.jpg
湯浦から大観峰方面を見上げると中腹を横断する212号線がよく見える。

田んぼに山が写るのは田植えしたばかりの時だけで稲が生長するとその鏡はなくなる。

田植えをわざと遅らす農家さんがいる。

忙しいとか都合によりではなく、付近の方が終わるのを待ってそれから田植えをされる。

理由は大陸から飛来する稲の病害虫のウンカ対策だ。

ウンカは気流に乗って毎年飛来する。

江戸時代に起きた享保の大飢饉や天保の大飢饉もウンカが原因だったというからその歴史も古い。

ではなぜ田植えを遅らすことがウンカ対策なのか、

ウンカは上空より稲穂の実りを色で見分けて舞い降りてくると言う。

だからあえて他の田んぼより実りを遅らせ、飛来を避けていると以前聞いたことがある。

あの小さな昆虫が、これまた小さな小さな複眼をこらし、ここぞと黄金色の田を見つけたら真っ逆さまに舞い降りるのだ。

我がエル・ドラードを目指して。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/06/19(金) 18:33:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日にすること

2015616jr_DSC1006.jpg
2週間の合宿でお越しになっているのはJR東日本陸上競技部さん一行18名

今日は折り返しの7日目で、昼食は選手のみなさんの強いリクエストに応えて、いまきん食堂のあか牛丼を紹介してあげた。

そうはいっても梅雨のこの時期でさえ行列ができる人気店だが大人数で何時間も並ばさせるわけにはいかない。

そこで師弟関係のような両経営者は静かに語ることで伝わる深い絆によって

遠来からのアスリートはまた集中力をあげられたかも知れない。







2015616jr_DSC1002.jpg
実業団のみなさんは猛暑だけは圏外だが雨は関係ない。

玄関で十分なストレッチをおこない、大粒の雨のフィールドへ淡々と向かわれる。

それはランナーのスタンダードであり、雨の本番に備えての貴重なタスクでもある。

選手は雨の日ほど視線は遠くを見られているような気さえする。






2015616jrop.jpg
禁断生活も2週間になった。

秘かな愉しみとして手に入れたものは、

朝連用に反射ストライプ付きのベストが欲しかったのでラファのジレ(セットが安かったのでジャージ付き)

ボトルゲージがくたびれてきたのでチネリを新調

シューズは以前紹介した軽量な紐式のジロ

阿蘇に置いているCLXの交換用のタイヤと年内分のジェルや補給食

シンガポールのメンバーと雨の外輪山を走ったとき雨天走行の備えに後悔したので

バタつかないレインウェアーとシューズカバー

あとはヘルメットを新調して夏用のビブパンツはアソスにしようかと思っている。

視力が出たので度付きサングラスのレンズも普通レンズに入れ替えなくてはならない。

まだ療養のために自転車に乗れない日は続くがふと見逃すような発見も今だからこそ

雨天も結構。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---

  1. 2015/06/16(火) 18:45:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨が明けたらGIRO WD

2015612okDSC03232.jpg
白内障の手術前日の夕景、56年間酷使した右目水晶体最後の褒美



今日で術後3日目となり不快だったコロコロとする縫合糸の抜糸も終わり普通の視界となった。

以前の視力は裸眼で0.4くらいだったのが人工水晶体を両眼に入れまだ安定はしていないが

左1.2、右1.5くらいにはなったようだ。

白内障は、もともと透明であったカメラに喩えるとレンズの役割をする水晶体に濁りが生じて視力低下を起こすもので

70歳以上には9割認められ、原因の大半は白髪と同様に老化とされている。




雨の日の夜、車の運転していると対向車のライトがギラギラして暗いところが見難くなってきたのが気になってきた。

それもひとつの理由として今年の2月、ヘッドライトが異常に暗かったアルファロメオ145から新しい車に買い替えたが

雨の夜はどうしても見づらかった。

それで眼鏡を新調しにいったら度を強くしても視力が出ないことが判って今回の手術に踏み切った。

わたしの白内障の原因は、通勤で朝夕毎日外輪山を通り、休日は標高ある山々にいたので紫外線かと思っていたが

それなら漁師の人はどうなのかと言われるとそれだけではない。

となると10年近く見続けている長時間のパソコンか・・・

だとしたら症状が出る平均年齢としては若い理由として考えられるのかもしれない。







2015612okDSC02522.jpg
レヴォーグにした理由はアイサイト。

スバルによって作られた「クルマの目」は年齢的に劣ってきた「勘」をカバーするものであり

突然遭遇するかも知れない障害物を回避してくれるいわばロボットのようなものでもある。

クルマを選ぶ選択肢として、馬力や燃費ではないあたらしい価値である。





2015612okDSC02520.jpg
納車時は冬季だっため17インチのホイルにスタッドレスタイヤで2000kmほど緩やかに走って

燃費はリッター20km近くいっていた。

もちろん、信号が少ない往復80キロ強の燃費である。

その後、225/45R18 に交換し、7000キロ走ってリッター14.8kmになり

現在は病院通いや家内の街乗りもあって14.6キロとなっている。

大き目のボディに走り応えのある1600ターボのAWDだったら納得の燃費である。

マイナスはゴトゴトとした足回りで今回病院への送迎で助手席に座ったが運転席以上にチープに感じた。

また、ロードバイクは前輪外しても立てたまま乗せることができないことにはがっかり

しかし、いつも1台しか乗せないし

AWDなのでどうしてもフロアが高くなり、走りやコーナーリングを優先するから仕方ないと思っている。






2015612okDSC03241.jpg
乗れない今、悶々と殻の中に身を横たえ、楽しいライドと力強い走りのために空想を展開中。

まあ、これもめったいにない機会だから愉しんでいる。

幸い梅雨とあって文句のつけようのない見事な天気が訪れないのが何よりの救いでもある。

というよりこの季節しかないと選んだのが事実。

このシューズの選択はデザイン重視ではなく、ジロやツールでも使われていることから足回りの向上を目指した。

タイヤはパンクリスクというよりも転がり抵抗が小さい25Cに履き替える予定。

すべてはオキナワへ飛んでいる。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/06/12(金) 15:43:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

曇りのない世界

2015608c60_DSC0574.jpg
初めて目にする「乗らず、飲まず」の牙を抜かれた戌年の男を、チラチラと優しく上目遣いで観察する家族

「大丈夫かしら?」と、言わんばかりのメッセージは、左目眼内レンズの人工水晶体を通して伝わってくる。

「落ち込んでもおらず元気だよ」








2015608c60g_DSC0580.jpg
販売される前のC60をモニターとして1ヶ月間乗ったのがちょうど1年前

細かなことは判らないが、とにかく上りやすさが印象的だった。

ペダルひと踏みが軽くて、楽にスーッと、追い風のようにスーッと、背中を押されるように進んだ。

当時はそれで終わったが、乗れない今は我が手中にすることが曇りのない目標となっている。







2015608c60gg_DSC0907.jpg
宮本輝さんの短編「吹雪」が好きで何度も読んでいる。

富山に向かう汽車の中の物語で、車中で飲むウイスキーが実にねっとりと想像を深める演出となっている。

この本の舞台も富山、上下巻の長編だが時間がある今はこんな本を読みたくなった。

というより、生活のリズムが変わると、読みたい本の分野まで変わってくるから不思議

好みも欲望もシャープに、お変わりありまくりだ。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/06/08(月) 16:27:32|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

禁断生活を謳歌

2015606_DSC0995.jpg
白内障の手術で2週に渡って6日間休むため、その間に読む本をと買い揃えていたが

相手が目なのでそんな気にもなれず、読みは外れた。

禁酒は6/24まで、自転車は7/10までと、この機会がなければ味わえない禁断生活を謳歌できる貴重な体験でもある。

まあ、どたばたせず、解禁後の無垢にリセットされたこれまでの延長線上にはない愉しみをと、秘かに考えている。



飲めない時に選んだのがこの本

スコットランドとアイルランドというウィスキーの二大聖地を旅したエッセイだが

酒が飲めない人でもウイスキーの匂いがしてきて、ページをめくるたびに、その気になって空酔いできる本。

わたしはアイラ島の生牡蠣の食べ方に惹かれた。

殻の中にアートベックか、ラフロイグか、ボウモアか、ブナハーブンもよかろう

とにかく、アイラ・ウイスキーをとくとく垂らして、そのまま口に運ぶというもの

解禁日の儀式には、夏が旬の岩牡蠣6個を一気に食して、無垢なる感想を述べよう。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---
 

  1. 2015/06/06(土) 14:28:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の愉しみ

201601as_DSC0984.jpg
ターザンさん一行がお越しになった。

日頃は忙しいみなさんだが終始笑顔でサイクリングを愉しまれたようだった。






2015601asIMG_2082.jpg
久し振りにお会いしたターザンさんが、「体しぼれてますね」、なんて言われたんだが

確かに5月は早朝よく走った。

というのも、白内障の手術を明日6/3に左目をやって、6/10に右目をやる。

それで術後は2週間禁酒と、1ヶ月間は激しい運動は慎むように言われた。

だからしばらくは1センチも走らない。

圏外の7月の阿蘇望もオートポリス第2戦も、「大事をとって今年はやめなさい」と、家内から言われて

「はい」と、素直に聞き入れた。

だから5月はよく走った。







2nakaoDSC03230.jpg
明日は午後からだから、走ることは可能

でも雨の予報なのでたぶん走らないだろう。

写真は今朝撮ったもの

サイクルスポーツさんから「ニッポンの夏を走ろう」という企画のなかで阿蘇を紹介されるとか

日程の関係でこちらに来てからの取材ができなかったため写真と文章を送った。

その紹介者の写真としてこんな感じのが必要とサンプルを見せてもらい、無かったので朝連の際にタイマー撮影した。

小さな記事かも知れないが、発売は6月20日、ちょっとした愉しみでもある。

愉しみと言えば手術するので保険金が出るらしくて

それでシューズやヘルメットなど新調しようと思っている。

秘かな愉しみである。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/06/02(火) 17:54:32|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: