コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2015年01月 ] 記事一覧

色の無い寒い季節にはこの2曲を

レコードが磨り減ってしまったほど聴いていた吉田拓郎の最強かつ傑作名盤「LIVE’73」。知る人ぞ知る、いや、42年前だからすでに知らない人が多いであろう1973年中野サンプラザで収録されたもの。ビブラート無しのシャウトした絶叫の吉田拓郎のボーカルは、以後続々と出現する何を言っているか発音不明な哀れな日本語を操る悲しい歌い手と違い威風堂々と聴きやすくロック魂に満ち溢れている。ボーカルに負けじとグルーヴする豪...

走馬看花

めったにない秋晴れのような陽気だった。ならばめんどくさい所用は後回しするしかない。山で苦しむのはやめ菊池川沿いのほとんど車の通らない河川敷を下って山鹿までがこの日のコースと点が線になった。ぼんやりのんびり風に吹かれ、枯れ草と釣り人とキラキラ輝く川面の景色を見ながらカルキさんと縦じゃなく横に並んで話しながらのサイクリングを愉しんだ。昨年から「走る」というと「練習」という年甲斐も無くおおらかさに欠ける...

酒肴を選ぶなら

太田和彦さん著 「居酒屋を極める」より抜粋『まずは居酒屋選びから-----。日本中どこの町にも居酒屋はある。繁華街には軒並みだ。夜の一杯を楽しみに、いざ繰り出したもののあまりの多さに圧倒され、さてどこに入ったらいいんだろうとなるのが、誰にとっても最初の関門だ。チェーン店は安心だが、いい大人が入るところではない。呼び込みの兄さんに声をかけられてもちょっと。白暖簾一枚だけの上品な店はよさそうだが値段も気に...

南阿蘇はロードで走れるか

昨日は南阿蘇方面の阿蘇山の降灰による影響をこの目で見てやろうとジャージのポケットにマスクをしのばせ久木野の「あそ望の郷くぎの」 をスタートゴールとする阿蘇望の前半2峠超えを計画した。しかし、久木野の行き付けのパン屋グランツムートさんで降灰のことを聞くと途中の高森市内がひどくて自転車ではどうも無理のようならばと265号に近い高森の月廻り温泉まで車で行ってそこで判断しようと行ってみる。途中、高森市内は車が...

負けない一手

昨年九月の御嶽山の噴火、十一月には長野県のフォッサ・マグナ地帯(白馬村など糸魚川-静岡構造線)の地震、火山活動が高まった状態で推移する十勝岳(北海道)と吾妻山(山形 福島県)、噴火活動が活発化した阿蘇山、それに爆発的噴火の桜島。これらの一連のおおきな地殻変動的現象をまとめて、日本は東日本大震災以来、確かな地震活動期に入ったとする学者もあらわれている。火山活動の兆候が見られる地域ではイベントの中止が...

峠道は自足と空から

珍しくラピュタ付近に熱気球が飛んでいた。フワフワと浮かんでラピュタの景色を愉しんでいるように見えたが、気球は風まかせだからどうだったんだろう。しばらくしたらどこかに飛んでいったが実に気持ち良さそうだったな・・・北風だったので南小国あたりから飛んで外輪山を眺めて赤水付近に降りたのかも知れない。熱気球には一度乗ったことがある。運動公園アピカでネイチャーランドが飛ばせているものでロープで固定され40mくら...

懐かしい友

1月10日は昨年亡くなった自転車仲間の脳外科医さんの命日だった。友人と言えども1年経つと記憶もおぼろに、感情も乾いたようになるが、その時に書いたブログを読み返すと水を打ったように鮮明に蘇ってくる。一昨年の三月に義理の父を失った時もそうだったが、ブログやってて本当に良かったと思うのはこんな時だ。これは脳外科医さんからいただいた手紙だ。内容は一時退院をされた際に祝いをしようと自転車仲間からお誘いを受け出...

二百十一日の阿蘇

今朝、国道57号で通勤していると大津を過ぎた当たりから猛烈な噴煙が視野に入った。いつもは北側に位置する内牧から、北風に流れる噴煙を見るため、その太さ・幅だけしか判らないが大津からだと噴煙の流れる全体像が見えて、爆発したんじゃないかとさえ思ってすぐさまFMに聴き入った。宿に着いてその話をすると館主のお父さん(会長さん)が早速見に行かれてこの写真を撮って来られた。会長さんの口癖は、「ヨナ(降灰)が降ると雨...

三十七景

今朝の二重の峠から見た阿蘇波打つ雲海とは対照的に、霧の湖のような雲海に阿蘇五岳が浮かんでいた。この下に人の暮らしがあるとは到底思えない景色だった。葛飾北斎「冨獄三十六景 凱風快晴」今朝の日経新聞掲載 映画監督 篠田正浩氏のコラムより抜粋「中略・・・富士山は世界遺産である。しかし自然遺産ではなく、文化遺産として登録された。人間が余りにも多く足を踏み入れ、山中は荒れ放題だからである。それでも世界遺産に...

恭賀新年

新年あけましておめでとうございます。昨年は多くのみなさまに蘇山郷にお越しいただき感謝申し上げます。内牧温泉は年末から冬の阿蘇らしい雪景色となっています。今朝はマイナス10度と記録的な寒さとなりました。国道57号から国道212号は凍結防止剤を撒いてありますので普通タイヤで通ることができます。脇道に入ると午前中までこのような状態ですからくれぐれもご注意ください。また、阿蘇山や大観峰へ行こうと思ったら普...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム