コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2014年11月 ] 記事一覧

明日の先を読む答えは

阿蘇の小規模ながらの噴火と猛烈な噴煙をよそに菊鹿町の番所では雲ひとつ無い好天と朝の引き締まった空気に久し振りにサイクリングの楽しさが湧いてきた。この時期になると晴天はポカポカしてありがたい、あまりの天気の良さに土橋さんの予約の時間を完全に忘れてしまい時間を延ばしてもらった。1時間遅れで到着沖縄100kのスタートに並んだとき土橋塾のジャージを見つけたので声を掛けたところ現在千葉にお住まいの方でこのジャー...

阿蘇山噴火情報とその見方

内牧温泉より撮影 11月26日午後4時50分の阿蘇阿蘇をよく知る人はこの噴煙を見て驚くだろう。わたしも内牧からでも見えるモクモクと立ち上る噴煙の色とその規模を見て火山活動の活発さを否が応でも知らさせた。今朝、通勤で外輪山のミルクロードから見た阿蘇は雲に包まれていた。ただ上空の雲の切れ間から見える高く黒ずんだ太い噴煙には目を疑ったほど、内牧に来て3年になるが初めての阿蘇だった。FMのニュースでは火山活動が活発...

休息のうちに雲海シーズン、祝勝会が終わりそう

フランスからのシニアグループのみなさん、味のある年のとり方はどこかで見た芸術家に見えてしまう。まずは抹茶の飲み方を通訳の方を通して説明「お饅頭をいただいてください」「器を取って、飲み口は12時の方向になります」「右手で3時の方向に回します、次に6時の方向に回します」「両手で持って3口半でお茶をいただいてください、最後は「シュッ」と音を立てて飲まれて結構です」「飲み終わったら器の底や柄を見ましょう」「最...

好き日

今朝も雲海が出た。このところ連日の出現で、こうなると見る目も肥えてくるものだが今朝のは雲が分厚く、9時半過ぎても消えなかった陽が昇っても雲が時々さえぎり、それが明暗を繰り返すことになってたいへん見応えがあるものだった。湯浦も内牧も雲の中・・・・陽が高くなるにつれ引潮のように雲が後退してきたがまだまだ阿蘇平野はすっぽりと雲に覆われていた。消える間際だがこれが雲海の断層、一面霧に包まれた街にやっと青空...

永遠のピンクフロイド

ボジョレーヌーボー解禁の夜、ちょうど予約していたピンクフロイドの20年ぶりの新作「永遠(TOWA)」のCDが届いた。いつもは値段が安い輸入盤だが、今回ばかりはレコーディングのエピソードが知りたくて多くの音楽関係者が書いているライナーノート付きの日本版にした。ただ、先入観無しに聴きたいから全曲数回聴いたあとに読もうと思っている。10代後半から今でも時々23分30秒のエコーズをヘッドホンで聴きながら寝ている身からす...

女性の時代

嘉手納基地サイクリングでご一緒したキッズジャージのmee-chi さんより写真借用これは「ツール・ド・おきなわ」市民レディース50kmのスタート風景全国から150名枠を競い早いもの順でエントリーできるほかに女子国際ロードレース100kmもあるがアマチュアが参加できるのは唯一このレースだけだmee-chi さんの右奥はマユさん、レースでは落車により全力が発揮できなかったよう嘉手納サイクリングで案内してもらったMさんも...

沖縄の感動、まだまだ冷めやらぬ・・・・

出そうで出ない雲海、こんなモドキは毎朝だが、阿蘇平野が一面雲に覆われる本物の雲海はこの3週間現れていない。毎朝8時30分、北山展望所の信号を過ぎ阿蘇平野が見える瞬間、ほかの事を考えていてもいつもワクワクと期待するが、今日も駄目、ぼんやりした薄霧・・・この時間、昨日はミルクロードで、今朝は深葉の集落の手前で一人ロードバイクで走っている人を見かけた。「誰・・・知り合いか・・・?」と、ハザードつけ車のスピー...

2014ツール・ド・おきなわ最終編

最終日はチームキッズ迎い酒サイクリング、しかし、二日酔いと疲労のブルーマンデーにて中止となり、安田さんとキッズ女史2名によるサイクリングとなった。安田さんはレース直前の練習で落車し手首を傷めてレースは無念のキャンセル、この日も痛みがとれずサポートカーにて案内していただいた。昨年、女子国際エントリーのルック乗りのMさんは市民レディース50kで落車し足には痛々しい傷わたしも右膝痛にて軽めのサイクリングと...

2014 ツール・ド・おきなわ 其の三

レース当日、4時30分起床5時朝食。またもや山盛りのご飯、昨夜と合わせると普段食べるご飯の12食分を食べたことになる。キッズメンバーはスタート前の補給食としてこれ以外にラップに包んだ塩おにぎりを頼んでいた。わたしはバナナのみアタックバッグに忍ばせ6時にメンバーと宿を後にした。自走で10分で国頭村のシャトル発着所のリゾートオクマに着きバイクとリュックを預ける。まだ真っ暗な中、続々とレンタカーや自走組...

2014 ツール・ド・おきなわ 其の二

今年もバイクはイワイさんに整備を兼ねて預け、そのまま那覇のバイシクルキッズさんに送ってもらった。帰りもフライトのぎりぎりまでサイクリングしたあとはそのままキッズさんから自宅へ送ってもらう。多少お金は掛かるが滞在中、時間を無駄なしないでたっぷりと愉しみたいがゆえの方法である。定刻を少し遅れて那覇空港着。1階の到着ロビーは混雑して車を付けにくいので2階の出発ロビーで今回も行動を共にする前日入りのサルト...

2014ツール・ドおきなわ 其の一

2014ツール・ド・おきなわ市民レース100km オーバー40のスタート2分前雨模様のこのレースに、携帯を持って行くなんて、随分と悩んだ。なので貴重な一枚。そして、この場に立てただけでも感動の瞬間でもあった。直前になってなぜかアンダー39とスタートの順番が逆になった。5箇所の関門の時間は決まっているからますます不利・・・・そう思いながら恨めしく302名のアンダー39が9時51分にスタート続いて301名のオーバー40が...

頑張るということ

道の駅阿蘇に行ったらこんなのがあった。具材は馬肉のしぐれ煮で味はなかなか。それにプライベートブランド商品を考えたことも立派。頑張っているね。あか牛カレーまん、こちらもPB商品。食べてないけど峠を上る前にはどうだろう?宿に合宿する陸上の実業団は昼食にカレーは食べない。理由は午後からの目いっぱいの練習の際、カレーの匂いはいつまでも残り気持ち悪くなるからと聞いた。普段はそこまで走ることはないが、明後日は死...

期待胸膨らむ・・・

一日置きだが、朝1時間走るのも、いよいよ明日と沖縄へ行く明後日までとなった。山から帰って風呂に入り、部屋で一息いれながら窓を見ると、今の季節はまだ日の出前、真っ暗から明るくなり始める頃、雲は不気味な鉛色で、さも雨が降りそうな気配を見せる。「変な天気だな、今日は雨か・・・走って良かった」・・・と思いきやだんだんと明るくなるにつれ、薄暗い雲の背景が青空になり、いつもと変わらない秋晴れとなる。そんな寝て...

天草エアライン

ボンバルディア社製の39人乗りプロペラ機、わずか1機で頑張っている地域航空会社が天草空港を拠点に運航する天草エアラインだ。テレビではそのユニークな経営方針が放送されており、先日、天草へ行ったついでに寄ってみた。以下「東洋経済オンライン」より引用「社員56名(うちパイロット8名、客室乗務員5名)は、さまざまな業務を兼務する。たとえば、空港のグランドスタッフは自社便が出発する時間帯にはカウンター業務、到着時...

来るなよヌーリ

今朝の通勤は天気が良くなかったのでいつもの菊池渓谷経由のミルクロードはやめ、HSR九州の前を通って工業団地を抜け、森の教会を過ぎ二重の峠を下って外輪山麓の村中を抜けるコースにした。ラピュタの上り口を通っていると1台のロードレーサ-がさっそうと上っていった。日曜朝の8時40分、いい景色だった。10月25日に出現した今年一番規模の大きかった雲海ミルクロードと212号が立体交差する橋の上から見たものでよく晴れた心地よ...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム