コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2013年09月 ] 記事一覧

アラビアの本

久し振りのどんよりとした曇りの休日、このところ真っ青の好天の日が続いていたので懐かしくさえ感じる朝だった。昨晩、寝がけに開いた「アラビアの夜の種族」という2段組で700ページを超える長編小説が、冒頭からただものではないグイグイ引き込まれる気配だった。徹夜でもしようかと思ったが、走ったあとにでもと我慢してその夜は本を閉じた。8時、軽く朝食を済まして出発する。行き先は決めていなかったが何となく菊鹿町の...

明日は阿蘇を走る。

南阿蘇方面からの阿蘇全景27万年前と9万年前の大噴火によりカルデラが形成され、雨水が溜まり湖が形成、その後、立野火口瀬により湖の消失等を繰り返し数千年前にほぼ現在の姿となった。逆方向の外輪山からの景色右側が内牧温泉手前の半円のふくらんだ田園地帯が湯浦地区で実業団のトレーニングコースとなる。外輪山の麓を半円状に周回する5キロコースは20年以上の歴史がある。湯浦から外輪山を見上げる。農道の真上がかぶと...

阿蘇エバンジェリスト

今朝の大観峰8時過ぎだと観光客もまばらで清々しい。ならばと駐車場に車を置き展望所までのアスファルト道路の左にある遊歩道を登った。仕事前のちょっとしたトレッキング気分は実に爽快。狩尾峠や小嵐山でマラソンとは違う格好で走る人を見かけることがあるがトレイルランの人たちだろうか山野を走るトレインランニングの第一人者、44歳の鏑木さんはいまでも世界の第一線で活躍している。「主戦場を100マイルなど長い距離の...

2013年 英彦山サイクルタイムトライアル

3回目の挑戦となる第23回 英彦山サイクルタイムトライアルに行ってきた。今年こそは! の50分切りだったが、コルナゴ部長2.0に生まれ変わることはできなかった。最後の1キロの上りだった。それまで順調に上ってきたつもりだったが・・・ゴールまでの2キロのペイントを1キロとかん違いしてあの角を曲がったくらいがゴールとガンガン行くともうあと1キロのペイント・・・そりゃーないだろう!サイコンのタイムもすでに目標...

朝練の結果は

昨日、阿蘇発たれた埼玉のTさんからメールが届いた。阿蘇から大分入りすると聞いたので、ならば自転車仲間の大分市府内町の居酒屋「台所ばらもん」を尋ねてと紹介した。『おはよう御座います。昨日、バラモンさんに御連絡していただきまして、有り難う御座いました。マスターご夫婦と話が盛り上がり、3時間近く話し込んでしまいました。おかげさまで、楽しい夜を過ごす事が出来ました。旅もいよいよ後半、中尾さんには本当にいろ...

守ってあげたい。

クルマや歩行者との事故を回避・軽減するヒューマン・セーフティに、新安全技術「サイクリスト検知機能」を採用。先行する自転車が突然クルマの前に飛びだし、衝突が避けられない時、フルオートブレーキを作動させるという。サイクリストを守る。自転車旅の人の宿に泊まった感想を聞くと、「スタッフの人にとても優しくしてもらった」と皆さん口を揃えて言われる。いつも私がロードバイクの格好でウロウロしてるから見慣れているこ...

黄金色の誘惑

「登山は、非日常の世界とプレイグランドにした遊びで、言うまでもなく危険を孕んでいる。天候の急変・悪化は ”想定外の出来事” ではなく、当然起りうることとして常に心構えが必要だ。」(登山家 岩崎元郎)阿蘇をロードバイクで走る場合、7年走ってきたがけっして大げさではなく、このような心構えが必要だ。今朝8時30分の狩尾峠の環境指数は7気温14度宿で聞いたが内牧温泉の早朝は10度だったらしい。ということは、外...

走るために選ばれる価値

旭化成陸上競技部さんと九電工陸上競技部さんの合宿が終わり今朝一日遅い九電工さんが発たれた。写真は合宿期間中に焼肉で両チーム慰労会を愉しんでもらったもの。なかでも8月モスクワで開催された世界陸上の日本代表として走られた旭化成の堀端宏行選手、九電工の前田和浩の両選手を慰労するもので、この二人の選手が同じ宿に揃うというのも中々珍しいものだ。他にも5位入賞の中村健太郎選手もミルクロードのクロスカントリーコー...

キンモクセイが薫ったら美女が舞い降りる

宿の玄関のキンモクセイ古希の2代目が小さな頃、65年くらい前であろうかその頃も同じ大きさで丸刈りにしてありこの木に登って遊んでいたという。ということは樹齢130年のキンモクセイと云ってもおかしくない。そんな老木なのに毎年9月の第2週に寸分の狂いもなく芳香を放つ。こちらへ来られる方がいらっしゃったら是非その芳香を愉しまれたらどうだろう。木の近く、3m範囲に香りのバリアができている。風はいつも外輪山から吹き下...

初秋の島旅 2日目

2日目は見事に晴れた。島に来て雨ならやることが限られるが、晴れたら散策するだけでも愉しい。「オヤッ」と思う風景が10mごとにあるから。それに真夏と違い、終日涼しいのも秋の島旅の魅力だろう。日曜の港は静かだ。市場が休みなので漁師は出漁しない。船が出ても御厨港までの足代わりで、そこに停めてある車に乗り換えて出かける。島での運搬は軽トラックかテーラー、移動は自転車かバイク、乗用車は必要ないから島民は御厨港...

初秋の島旅

あいにくの小雨の島旅となった。御厨港からフェリーに乗る前に、民宿の女将さんの弟さんがやっている「むらべストアー」で缶ビールや島で製造の蒲鉾などガサガサと買い込み、船が動き出し乾杯するのがこの島旅の始まり。今回も冷えたビールをと思ったが、あまりに涼しくて父と日本酒を買い祝杯を上げた。島に着くと女将さんと長女のちあきさんが迎えに来てくれていた。荷物を積み込み両親は車に乗せてもらい、私と家内は民宿まで1...

成長の好機、阿蘇に旬来る。

朝、宿に着いたら30前に「のこのこ Racing Team」さんはチェックアウトされており残念ながらお話は聞けず見送りもできなかった。まだ埼玉までサポートカーで帰えられている途中なので感想はまた後日紹介しよう。明日から伊万里湾の湾口部に浮かぶ小さな島に一泊旅行に行ってくる。海もそうだが阿蘇も今の時期が人も少なく何より涼しくて過ごしやすい。通勤で通うミルクロードは朝夕気温18度前後、実に気持ち良くからっ...

埼玉よりシニアチームの自転車旅

埼玉から6名の自転車乗りの方々がお越しになっている。ピザ屋さんとその常連さんのチーム 「のこのこRacing Team」 全国を自走するチームカーで来られた。遠方より阿蘇を走りたいというそのメンバーは元気なオールシニアの皆さんかなり前からコースマップを送ったりして詳細なサイクリングの計画をされたものの台風の影響で昨日はいまきん食堂のあか牛丼とカルキフーズで馬刺しの宅配便の買い物夕方前に雨が止んだ隙...

プチ冒険の朝

突風吹き荒れ鉛色の雲と下界から湧き上がる霧に覆われた狩尾峠に行ってみようと今朝寄り道してきた。阿蘇のベストロケーションは、からりと晴れた青空に阿蘇五岳という景色が思い浮かぶかも知れないが、やや通うと天地創造のような荒々しい大自然の景色が実に阿蘇らしいと感じるときもある。北外輪山は年間通してこんな天気が多い。今朝は車から降り横殴りの雨ゆえカメラはないが用意してきたカッパ着て俳諧してきた。板子一枚下は...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム