コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2013年04月 ] 記事一覧

2013年オール九州3時間耐久ロードレース 第1戦

2年振りにオートポリス開催の3時間耐久ロードレースに行ってきた。この大会はご存知の方も多いかと思うがあえて知らない方に紹介したい。というのは、自転車を趣味とする上でサーキットという上質の舗装路を、思いっきり体力のある限り走ることができる非日常的体験ができる大会であり、子供からレース志向の選手まで広いコースを安全に自身の強さを他の選手と比較することができるのだ。また、解釈を変えれば40歳を過ぎ右肩下...

時間を愉しむ

今朝通勤中に阿蘇へ向かう多くの自転車乗りを見かけた。想像するに遅くとも朝7時くらいには出発されたのだろうか、いずれもひとり、坂を上っている後姿が語っているのは「今日を愉しむ」思惑が交錯かいずれにしても万人に平等の「時間」を満喫されているような背中に見える。連休中の15時以降の立ち寄り湯は断りする場合もあるかも知れない。浴場の収容等小さな宿ゆえご理解の程。明日以外は朝から夕方まで宿にいるので地図等希...

「阿蘇サイクルステーション&クライミングジムCLAMP‐クランプ‐」

平日でもお客さんが絶えない阿蘇ネイチャーランドの姉妹店「阿蘇サイクルステーション&クライミングジムCLAMP‐クランプ‐」このショップは三つの顔を持つ。それはボルダリングとレンタサイクルとサイクルステーションだ。ボルダリングは初心者の体験もできるし会員登録しジムとして通うこともできる。レンタサイクルはバイクの半日や終日の貸し出し、及びマウンテンバイクスクールやガイド付きツアーもある。サイクルステーション...

有明海の賜物

「ハツモンがはいったよ!」に誘われて自遊亭に行ってきた。 初物を食べると七十五日長生きすると言われるが、旬の食材には生気がみなぎっているという意でありそれを食すると新たな生命力を得られるということだろう。七十五日はたんに語呂合わせと聞く。私の場合一年ぶりに味合う「初物」は今年に入って、タケノコ・山椒・タラの芽・ワラビ・フキに高菜に新酒菊池川といったところだが、菊池と阿蘇が移住区なので当然ながら山の...

源流をたどる

阿蘇ネイチャーランドの2号店「クランプ」がオープンした。近いうち、自転車については家庭訪問、壁登りは師匠に習ってみようか。『ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt, 1910年1月23日 - 1953年5月16日)は、ベルギー生まれのジャズ・ミュージシャン、ギタリスト。ロマ音楽とスウィング・ジャズを融合させたジプシー・スウィング(マヌーシュ・スウィング)の創始者として知られる。また、しばしば「ヨーロッパ初の偉大なジャ...

やってみなはれ!

風は強かったが好天の日曜はラピュタを訪ねて数組宿にお越しになった。季節柄最も穏やかな自転車日和である。そこでみなさんに紹介するのは内牧温泉をベースにラピュタ~ミルクロード~212号で帰ってくる27キロコース、もしくはも少し走りたい人には小嵐山まで足の延ばす60キロコースがある。そしてガッツリ走りたい人には箱石峠で阿蘇山を超えて吉田線~坊中線で帰ってくる75キロを追加する組み合わせだ。いずれも走って...

海を渡る話

合宿で来られていた佐川急便陸上競技部、商号変更のため「SGホールディングス陸上競技部」と新しいチーム名になったみなさんが、8泊のトレーニングを終え空港までお送りした。同じ車には北海道から阿蘇ひとり旅でホームステイしていた友人の子供さんのN子ちゃんも便乗し実家の東京へと帰った。車中ではチーム主将でありロンドンオリンピック男子マラソン日本代表の山本亮選手の気さくな会話のなかにも世界を目指す強い意気込みは...

二人の少年は引きかえらない

久しぶりに菊池発のカルデラ一周に行こうとへボーネンさんと二人で菊池渓谷経由ミルクロードへ向かった。出るときはポカポカ陽気だったので、レーパンにレッグウォーマー、上は長袖のインナーに半袖ジャージで出発、しかし外輪山に近づき日が陰ると薄寒くなったり、晴れるとまた程よくなったりと妙な天気で、北山展望所では気温は12度と暖かいのだが強烈な風が吹いていた。吹きさらしのミルクロードを走ると、バイクはヨットの帆の...

品格を考える

宿の紹介を少しばかり。「蘇山郷」は純和風旅館ということが理由なのか毎日外国人の方が訪れる。特にヨーロッパからの旅行者が多く、定期バスやレンタカー、タクシーなど自力でお越しになる。そのほとんどが家族旅行、たまに10名程度のグループがある程度で団体はない。選ばれる理由としてまずは「世界の観光地である阿蘇」という場所柄だろう。阿蘇駅周辺はいつもリュックを背負ったバックパッカーが多く見られる。その先の黄金...

阿蘇サイクルステーション&ボルタリングジム

阿蘇ネイチャーランドの坂田君の2号店が4月15日オープンする。「CLAMP」クランプのいう名のショップは阿蘇サイクルステーションとボルタリングジムの二つの基地という構想ショップは内牧温泉の神乃杉大津酒造跡隣には町湯の「新穂湯」と「薬師温泉」前には「渡辺饅頭」ちょっと先に「森本からあげ」という環境場所はミルクロード方面から212号を下り、ばら園の「はな阿蘇美」の信号を右折して約300mマウンテンのインスト...

ラピュタに春キタル。

今朝のミルクロード気温は1度道路脇には雪がちらほら、朝陽を浴びた霜柱が日陰で輝く桜が散ったのに阿蘇は雪化粧していた。ロケーションに期待がありそうなときは狩尾峠に行きたい最近の習慣車を止めたらダッシュで降りる小僧に変身阿蘇・くじゅう国立公園のなかでも個人的には番付一位の景観だ全力疾走で降りたら「ゼエゼエ、ハアハア」「また来たの?」と言うかのように、今日も聞こえた「ピーヒョロロロー」感動も間もなく来た...

田舎遊学の教え

父の山に山椒採りに行ってきた。菊池の年配の人は山椒の若葉を摘んで醤油で炊く保存食が欠かせない。この時期に自ら1年分を採り、自分で料理し、自分で食べ、自分の大事な人にお裾分けする。我が家でも両親の年中行事のひとつで何が起ころうと収穫に一日、摘んだ若葉を家に持ち帰りきれいに掃除するのに三日、料理するのにまた一日を費やし小分けし冷凍する。その後は趣味と実益を兼ねた五日間の疲労によりしばらく静養となる。山...

罠があることを忘れずに

季節柄、最近電話やメールで「ラピュタは『問題なく』通れますか?」と問い合わせがよくあるので個人の経験により説明したい。昨年の水害による狩尾峠(通称ラピュタ)の道路復旧工事は、見る限り終わったようだがミルクロード側の降り口には依然としてこのような通行止の看板で封鎖されている。しかし、自転車では「問題なく」通れる。ただ自転車も車両ゆえ指示に従うべきであろう。断っておくが「問題なく」とは自転車で走るにあ...

トンビのラピュタ

今朝も寄り道のかぶと岩展望所爽やか過ぎる春の朝ミルクロードをロードバイクで駆ける青年がいた聞けば京都から来たという清潔そうなサイクルウェアにリアの白っぽいバッグがふたつ日本一周自転車旅とか、無精ひげにヨレヨレのライダーとは無縁のサイクリストダイナミックな景色に感動し今から阿蘇山へ行くと朝陽を浴びた笑顔がカッコよかった「山を降りたら風呂でも来いよ」と別れた景色に溶け込んだ青年がバックミラー越しにまだ...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム