コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2012年03月 ] 記事一覧

山野草は見せるのか、食べるか

今朝の通勤、本田技研の1.5kmの桜並木は明日が見頃、たぶん花見のために車は通行止めになると思います。ロードバイクでここを楽しむには桜吹雪の中を走るのが一番、となると来週いっぱいいけるんじゃないでしょうか。8日はへボーネンさんと阿蘇を走る予定、花が残っていれば帰りはこのコースです。ここも通勤の景色、国道57号沿いの販売所には今が旬の高菜がうず高く積まれています。宿のパートおばちゃんたちは、高菜を漬け...

今日から阿蘇人

昨晩は阿蘇に仕事を移した歓迎会を阿蘇へ移住したみなさん方にして頂きました。メンバーは、阿蘇ネイチャーランドの坂田君、世界から旅人を迎える国際宿ゲストハウス"阿蘇び心の吉澤さん、国際旅人宿 ASO BASE BACKPACKERSのYOSHIさん、阿蘇坊窯の山下さん、山下さんの弟でクラフトアーティストの山下貴嗣さん、それに場所提供して頂いた地元阿蘇坊中の創業70年の老舗お肉屋さんの軽木さんです。飲み会の場は、軽木さんの店舗兼自...

列車のひとり旅、輪行編

通勤で赤水付近で見かける豊肥本線の列車、左に阿蘇北外輪山、右には阿蘇五岳を見ながらのどかに阿蘇を目指します。明治32年(1912年)夏目漱石は、熊本市内から馬車に揺られ同僚と内牧温泉に5日滞在されました。そして、阿蘇内牧を舞台に「二百十日」を執筆、全編がほとんど「圭さん」と「碌さん」という漱石たちの体験を彷彿させる会話で成り立ち、一見のんきなようですが社会風刺を混じえた小説です。こちらにお越しの際...

阿蘇北外輪山、お鉢巡りは寒かった!

九州地区では唯一の国際自転車競技連合(UCI)公認コースである山鹿市菊鹿町のあんずの丘公園で開催された「全国高等学校選抜自転車競技大会」を見に行ってきました。高校生の大会ですがマビックやシマノもサポート阿蘇で合宿中のシマノレーシングチームも来られて、選手たちはレース終了まで練習にお出かけ野寺監督はレース観戦というより有力選手の発掘でしょうか、鹿屋体育大学の黒川監督も来られ同じような目的のようでした。...

常識という「壁」

見事な庭をさわらせてもらっています。蘇山郷の杉の間と日本庭園はいつも見てるのにため息がでるほど素晴しいです。90年前、内牧城にあった大杉一本で造られた杉の間のことを女将さんから聞きしました。以前、東京の大手企業の方が、自社のパンフレット用に杉の間を撮影させて欲しいと連絡があり3名お見えになったそうです。2泊され撮影が終わり、お礼として撮影料を払いたいと云われましたがご利用頂いた上にそのようなものは...

野焼きのラピュタは25日開通

3月20日、阿蘇は一斉に野焼きがあり、その日の夕方まだ焦げ臭い真っ黒の天空の峠ラピュタです。しばらくしたら右の写真のようになりますが、山肌があらわになった外輪山や阿蘇登山道も今の時期しか見れない景色です。麓の方で行われていた道路工事は24日で終わり、今度の日曜からいよいよ阿蘇平野(149号)~ミルクロード(339号)が開通します。ツールやジロのようなこのコースを、みなさんもロードバイクで是非走ってみては!た...

阿蘇にも春の訪れ、野焼きは明日決行

NAPITA、Pandaniのサイクルアパレルのカタログの創刊号が届きました。阿部さんらしく徹底的にこだわったすごくお洒落な本になっています。サクソバンクの宮澤崇史選手、アスタナの専属のマッサー中野嘉文氏、自転車ライターの山本健一氏、フォトグラファーの和田やずかさんの記事や、自転車ライターの菊地武洋氏と阿部さんのGOKISO取材と千葉洋三さんのアマンダ取材など内容も充実しています。さっそくポチッと...

お母さんの恵み

笑顔のおばちゃんは菊池の渡辺商店のお母さんです。この家はお母さんのお爺ちゃんの家で、子供の頃よく遊びに来ていたと話してくれました。空き家になっていたこの家を息子の渡辺君が再建し食事処にしました。その名もお爺ちゃんの名前をもらって「郷乃恵」(ごうのめぐみ)と云います。古い農家をそのまま再現、ここで鍋でも囲み一杯やるならと思います。たいへん懐かしい味で美味しく頂きました。「郷の恵み」、おすすめです。蘇...

想像をちょっと超える約束 其の三

新聞広告「想像を超えたULtrabook、ついに登場」・・・・というのはいいが、右隅に何やら?凄いな! DELL!COLNAGO for FERRARI が当たるとは!!大正浪漫的昭和レトロのタイル張りの浴場。丸いタイルは、すでに何処にも売っていない貴重品、剥げたら大事に保管し後の修理に女性の狭い方の浴槽には、これもすでに何処にも売っていない水道の蛇口から、栓を抜いたように温泉がほとばしる・・・・温泉アイテムも前職と同じ「質と量...

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花

阿蘇の玄関口、JR阿蘇駅。旧駅名は坊中駅1918年(大正7年)竣工、1961年阿蘇駅へ名称変更し1988年改装されたものです。阿蘇という田舎にも関わらず、ひとり旅やバックパッカーグループ・家族連れの外国人が多く、たいへん国際色豊かな駅です。駅内には食堂、売店、コインロッカーがあります。併設したバス乗り場は、阿蘇登山バス・定期観光バス・一般路線バス・特急バス・大観望ライナーの始発駅であり、公共の交通機関でお越しの...

誰か任せでは危ない

「今は予測が極めて難しい時代。将棋でいえば、5手、10手先を考えても仕方のない局面。とりあえず次の一手を考えて指して、相手の手を見てまた考えるしかない。将棋の場合、わけのわからない局面ではとんでもなく悪い手を指す可能性が高い。だから、いい手を指すより、悪い手を指さないことが重要だ」「また、先が見えない場合では将来にできるだけ多くの選択肢を残すことが大事・・・・・」昨日はこんな記事を読み、行き先を決...

第二作、お手伝いモトム。

今夜は阿蘇の大火文字焼きが往生岳とにべ塚であります。先日、霧と強風と大寒波の中、阿蘇市の各団体が集まり旅館組合としてその準備行きました。事前情報は「寒い」と、にべ塚は野焼きのあとなので「灰で汚れる」というもの。まずは、北登山道パノラマラインから農道を旅館組合のマイクロバスで往生岳の中腹まで行き、そこから急斜面をひたすら登ります。ほとんど往生岳の麓まで登ると、3分の1ほど燃料が入った一斗缶をバケツリ...

博多よりロードバイクでひとり旅

福岡市の中心部から女性のひとり旅のお客さんがロードバイクでお越しになりました。日田・杖立経由で南小国に入り、茶のこさんで休憩のあと内牧温泉に到着、走距離133km実走6時間の単独行にはびっくりでした。荷物はジャージのポケットとサドルバックのみ、朝食付きのプランをご利用で夕食はすぐ近くのマーケットで馬刺や阿蘇の美味しい食材を調達、ゆっくり温泉にまどろんだあとは焼酎バーで寛ぐ充実の自転車ひとり旅のようでし...

2012年天草下島一周サイクルマラソン 其の二

前日はあんなに天気が良かったのに小雨、スタート前にはいったん止んだものの午後から雨は確実。レインウェアーにシューズカバー、サドル下に水はね防止のビーバーテールをつけてスタートに並ぶ。回りを見渡すと久し振りに再会する自転車仲間や、ブログにコメントを頂く方、それに知らない方から「ブログ見てますよ」なんてとても嬉しくなるもの、やはりそんな機会を与えてくれるサイクルイベントははいいものです。Aコース135km...

2012年天草下島一周サイクルマラソン 其の一

天草東海岸、サンセットラインをクルーズするコルナゴ部長・・・・・なんてことない!100キロ走って、雨も降り出し、アゲインストの風で進まず、寒くて鼻は垂れ、紺碧の海のはずが鉛色・・・・そういう状況を家内がそっと車で忍び寄り撮った「哀れなコルナゴ部長」です。3年連続、天草サイクルマラソンは雨でした・・・・とりあえず今日は阿蘇の火祭りの準備に往生岳の麓まで登り、霧と雨と強風の極寒の地にいましたので、これまで...

天草サイクルマラソン前夜祭、感動の「奴寿司」編

2012年天草サイクルマラソンの天気は曇り、そして午後から小雨の予報、紺碧の海は望めそうにありません。前日午後より雨対策の後輪水撥ね防止のビーバーテール持参し家内と天草入りしました。本渡市内のビジネスホテルでへボーネンさんと落ち合い新和町体育まで自走し受け付け完了。この区間はコース最後の15キロとなりいつも自分自身との勝負の区間として懸命にもがきゴールしています。さて、三人の前夜祭は地元の友人を介...

与謝野夫妻の歌碑ができた時代

昭和7年8月11日、与謝野寛 晶子夫妻が阿蘇に立ち寄り蘇山郷(当時は初代自宅)に宿泊されました。その折り、宿から眺めた阿蘇山や大観峰の景観に感動して歌をつくり、たんざくと色紙に書いて同宅に残され、その後30年を記念して庭に歌碑が建立されました。歌碑は阿蘇の自然石ふたつで、大きい方に与謝野寛氏の、「霧の色ひときは黒しかの空に ありて煙るか阿蘇の頂」小さい方に晶子さんの、「うす霧や大観峰によりそひて ...

今日で20日目

蘇山郷は私の大好きなものが溢れています。今日で20日目、スタッフ全員が揃うミーティングに参加し意見を求められました。数十年続く蘇山郷の常識を変えることを言いました。ためらいもありますが外の世界に通用しないことは今やるしかありません。輝くをなくしたすばらしいものを生き返らせるのが私の仕事です。お客さんとのギャップを解消し、蘇山郷はあらたな第一歩を踏み出します。社長はそう宣言しました。「水」のことはこ...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム