コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2011年12月 ] 記事一覧

道しるべに感謝します。

昨晩は懐かしい友達と乾杯のあと9時間、飲み、食べ、笑い、語り、記憶を辿りました。卒業後別れて30年、見かけは経年劣化で致し方ありませんが、趣味や考え方はあの頃と変わりなく、まるで昔のアパートの一室の風景でした。今朝、みんなを見送ったあと入れ替わりで、自遊亭のご主人と息子のコウヘイが竜門ダムサイクリングの帰りに立ち寄ってくれました。コウヘイは中学1年生で水泳部、すっかり大きくなり、すでにお父さんより...

Nakao House

今夜は学生のときの仲間と1年振りに再会する。自転車をするきっかけとなった福岡在住の友人が早めに来たのでサイクリングに竜門ダムに行った。彼とは小学校からの付き合い、4年前彼のキャノンデールに乗ってロードバイクに目覚め今のコルナゴを買った。彼も2台目をちょうど同じ時期に買い、二人でオートポリスの3時間耐久レースで会ってびっくり、何の申し合わせもしないのに、たまたま同じ07年式コルナゴCLX,それも赤黒...

こうでなければ、という定義はない

東京の荒木町にある「VOWZバー」、坊さんがやっているのでボウズバー。浄土真宗の元僧侶、藤岡善信さんの経営で曹洞宗など様々な宗派の僧侶がカウンターに立ち、シェイカーを振っている。(日経新聞より)人々が信仰に興味を持たず、寺に人が来ないことを嘆いた僧侶が、酒場で法話をやったら面白いと考え、閉店したスナックで店を開けたが半年で経営に行き詰まり、築地本願寺で修行した藤岡さんが現在経営し賑わってている。開...

下山の思想、雪山サイクリング

今年最後のサイクリングの予定をブログエントリーしたところ、総勢11名のサイクリングとなった。集まったメンバーはタフな面々が勢ぞろい、初対面の方もいらして、なんとか冬の阿蘇も満喫してもらいたいとコース選択が悩みの種。その上、コルナゴ部長プロデュースなどと期待をもたれると誰しも悩むもの。考えた挙句、この時期の阿蘇の気象条件をふまえ、竜門ダムサイクリングコースから南小国の「茶のこ」さんへの往復で計画した...

今日の佳き日

奥様のクリスマスプレゼントに!FIAT500 by Gucci外も内も見事にグッチです。昨晩は前職のみんなと忘年会で大賑わいでした。菊池温泉1名、山鹿温泉3名、平山温泉1名、菊池で事務職1名、保険外交員1名、植木の看護施設1名、主婦に1名、パチプロ1名、同業種、異業種、リタイヤとそれぞれの立場で頑張っていました。やや飲み過ぎたときには、第一空港線にある中華料理の「金絲猴」(きんしこう)が定番、坦々麺...

走り納め ・ 「ツール・ド・阿蘇」其のニ

俵山の麓、ちょっと上りの道端で見つけた季節の風物詩。26日から先は何になるか期待大だな。25日の走り納めにエントリーがありました。hori君に、pingさんに、えちゅこさん、それからご一緒初めてのヒデさんに、ZENさんです。ZENさんの熊本弁語りのブログは家内のお気に入り、私もプラモデルが好きでその緻密さは驚くばかりです。こちらをどうぞ。◇ タイガーⅠ戦車とヘスラー大佐◇ イギリスの戦車チーフテンたい!さて、...

あれから1年、今年の走り納め

走り納めを12月25日(日)にします。菊池出発の阿蘇の予定です。(現在エントリーはへボーネンさんと阿蘇でお初のシクロバイクで駆けるターザンさん)走ったあとは阿蘇の神々に感謝すべく今年最後の乾杯をします。こちらは今のところへボーネンさんと家内の三人、へボーネンさんのお泊りは、前職のメンバーで再就職した望月旅館です。(朝食付き5000円込)コースは未定ですが当日の予報は曇り&雪と厳しい状況、しかし南小...

ASOシルクロードギャラリー

俵山の麓、阿蘇山を一望できる南阿蘇の高台にある「ASOシルクロードギャラリー」にお邪魔した。ここは以前2回エントリーしているので詳細はこちらで、2010.6/14 遊牧民の絨毯 イタリア料理 サイクリング2010.12/11 カシュガイ族の絨毯、GABBEH3年前こちらで出会ったギャッペ(GABBEH)は、我が家に居心地のいい空間を作ってくれた。自転車一台分ほどの身分不相応なお値段だが、物としての価値と私たち夫婦の精神的な価...

あか牛とシクロクロス、いずれも常識を変えていく日は近い

新聞を開くと、片面全体に、DOMPERIGNON!そんな季節です。広告料が気になって、各新聞社HPで調べると (いずれも全国版の朝刊で片面15段)Y新聞   ・・・  92,910,000円A新聞   ・・・  88,920,000円M新聞   ・・・  61,560,000円N経済新聞 ・・・ 20,400,000円DOMPERI掲載はN経済新聞で、一番お安く2千万!2千万円!地元紙ではあか牛がにぎやかで、県、経済界あ...

志向性の違う2台で遊びと危険の自転車ライフ

これは今年の1月6日県道23号熊本赤水線、菊池から阿蘇への道、二重の峠が先にある。やがて阿蘇への道は国道57号以外は凍結してロードバイクでの走行は閉ざされてしまう。しかし、57号は交通量が多くて、排気ガスを吸いに行くようなものなので上りに行くことはない。そうなると、菊池川河川敷とかなるが、すぐに飽きてしまうので天草遠征なんていいかも知れない。本場ヨーロッパじゃこんなとき、シクロクロスバイクに乗ると...

烏帽子岳は雪化粧し草千里は凍っていた。

阿蘇はすでに氷の世界だった。寒さを求めて行った訳ではないが寒さの風景は見たかった。雪化粧した阿蘇山なんて想像しただけで胸が高鳴るが、本格的な冬の到来をむかえる阿蘇の人々の生活風景を目に納めたかった。しかし、装備不足でとんでもなく寒く、死ぬかと思うほど寒く、木っ端微塵に、あえなく阿蘇に跳ね返されてしまった。へボーネンさんとオチマサさんと三人でいつもと逆廻りで、大津から俵山、阿蘇を越えて一の宮、ラピュ...

「第1回 ツール・ド・阿蘇」素案

鞠智(きくち)城公園山鹿市と菊池市の間にある鞠智城は、東アジア情勢が緊迫した7世紀後半(約1300年前)に、大和朝廷が築いた山城である。663年の「白村江の戦い」で唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷が日本列島への侵攻に備え西日本各地に築いた城の一つで、九州を統治していた大宰府やそれを守るための大野城・基肄城に武器・食糧を補給する支援基地だった。ここは韓国と日本の友好のシンボルとして、2009年サイ...

酌を交わし、阿蘇を語る

昨晩は山鹿サイクリングクラブのタカさんと「ツール・ド・阿蘇」の話をした。といっても数人で行う「ごっこ」だが、まずは一段づつ、一歩づつ始めるという確認だ。できたら一杯やりながらとのお誘いに自遊亭を場に話がはずみ、一方的にしゃべくりまくったあげく、店の主も同席してもらい遅くまで付き合ったもらった。結論は、タカさんは自転車の大会を興すことにアツい人だ。そして地元に愛着を人一倍持っている京都生まれの熊本人...

雪景色の阿蘇に行くには

チューブラタイヤとはどんなものか、試しに晴天の阿蘇へ行く。今まで、菊ちゃんから譲ってもらったフルクラムで近くを走った程度だったが、ちょっと本格的に峠で乗ってみようと思った。予備のタイヤ、パンク修理キットはまだ持っておらず、不安だがその良さが判れば揃えようかとまずは二重の峠へ。一の宮から見た北外輪山、左端が二重の峠で、「今、あそこから来たんだ」と阿蘇は解りやすい。二つ目は箱石峠、イタリアやフランスを...

求められる日本の技

竜門ダムサイクリング専用道、「サクサク」と落ち葉を踏みしめ走るもこの時期の楽しみ。静まりかえった湖岸沿いは、渡り鳥だろうか見かけぬ模様の鳥の集団、珍しく雄キジも慌てて藪から飛び立つ。木や草の葉が落ち、見晴らしがよくなった雑木林では、生き物と遭遇しやすい。ちょっと朝早ければ、キツネやタヌキ、テンやイタチも見ることができる。走るタイヤの脇には、テリトリーの誇示だろうか、今しがた排泄されたばかりの艶びか...

12月の通過儀礼

来週の今日、12月9日は開高健さんの22回目の祥月命日である。毎年、開高さんが好まれた物をお供えして冥福を祈ることが私の通過儀礼だ。「好まれた物」とは、アン肝とトンブリとウィスキーだと思っている。「お供えして」というのは、開高さんの映像や本を見ることであり、「冥福を祈る」とは、それらを見ながら食べ、飲むことである。開高さんは、新聞・雑誌の取材なので珍味を口にすることが多かったが、世界の三大珍味も開...

おおすみの余韻

「ツール・ド・おおすみ」の帰りに買った土産が、何とも切ない。これは鶏を昆布で巻き炙ったもの、抜群に旨い。鯛にもするが、昆布の妙味である。・・・・・!大隅半島は実に美味しい。芋焼酎も旨いのがある。景色もよく、人も優しい。しかし、それが伝わらない。「遠い、遠すぎる、見るものが無く不便である」が先行してしまう、宣伝がヘタである。例えば、全国制覇の白波の広告『あなたのお湯割りは、アツすぎるかもしれません。...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム