コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2011年09月 ] 記事一覧

これで助かった

昨日のパンク、砕石の傷がこれ、同じところ通って7回目、日ノ尾峠の下りの側溝の継ぎ目は3回目でパンクした。やはり事故しやすいとこは、降りるなりして避けないといけないということである。タイヤの傷は2cmに及び、裂けたところは5ミリ、白く見えているのがタイヤブートで、これがなかったら走ることはできなかった。名刺ほどの大きさのタイヤブートをタイヤの内側からそのまま張るだけ、あとで調べたら、タイヤブートを貼っ...

キンモクセイ薫るサイクリング

英彦山で盛り上がった阿蘇行、今日、平日、自転車となれば眼光鋭くなる働き盛り5人が集まり、初めて出会う見事なチームワークで戦闘機のように阿蘇平野を滑空し、険しい山をグイグイと、それこそ山が磨り減るように上り、笑顔の阿蘇サイクリング行となった。いつものことですがコースは一任され、今日のメンバーに相応しいコースを選択、それは、菊池の我が家に9時集合のスタートゴール120キロ、四季の里旭志~鞍岳~ミルクロード...

第21回英彦山サイクルタイムトライアル大会

英彦山、それは15.1km、たった60分に満たない凝縮されたドラマだった。小さな町なのに、20回も主催しただけに完璧な運営だった。9時40分定刻通り号砲とともにAクラススタート、以後5分おきに年齢別カテゴリーで出走する。各クラスごとに公道を封鎖したスタートライン並ぶ。順番が来るまで係員の持つプラカードを先頭に小学校の運動場で5人づつ並んで待つ。それはまるで小学校の時の運動会のようでもある、が、回りの見渡すと年...

不肖・コルナゴ部長、英彦山で撃沈ス

英彦山サイクルタイムトライアル大会、とんでもなくキツかった、試走した道は違っていた、以前、標識に従って私が走ったのは観光登山道路だったようだ、傾斜は想像以上だった、撃沈した、詳しくは明日、...

再会の夜はカメラ談義

昨年9月一緒に阿蘇を走ったカルマ夫妻と自遊亭で再会しました。今回は奥さんのお目出度でサイクリングはなし、今夜は前職支配人の菊池のホテル、明日は前職営業ウーマンの山鹿のホテルに宿泊です。1年ぶりの再会でしたが、早々にご主人のリコーのGRⅢをいじくりまわし、手にしっとり馴染む形状とシャープな画質にうっとり・・・・・聞けばご主人は大学時代写真部、私は高校の写真部、何となく同じ臭いがしてたら案の定でした。生ビ...

親父もそれぞれ、焼き鳥&居酒屋三連勝

ここは江津湖、澄み渡る青空のなかサイクリングじゃなく、その先見える病院に親戚のお見舞いでした。今日はぜんぜん頑張っていないのに、夜は三連勝!生ビールには小鯛の南蛮漬け、骨も頭も残しようがない、親父さんの焼きものは、もろみポークの中に火傷に注意のプチトマト、地元対決は足したら三、いや五に成る新物ぎんなん、香りが立ち、まったりとした焼き加減、これぞ初秋の味覚と太鼓判の一品親父さん自慢のつくね、軟骨の加...

日本の棚田百選に新たな風景

農林水産省「日本棚田百選」認定の山鹿市菊鹿町の「番所の棚田」、あぜ道のヒガンバナが満開となり一番の見頃となりました。棚田の黄金色の稲穂と、ヒガンバナの深紅のコントランスは目の覚めるような鮮やかさです。見かけるほとんどがシニアのみなさん、のんびり見物するわけでもなく、三脚立てて一眼レフカメラでの写真撮影はとてもアマチュアとは思えない、稲穂とヒガンバナに次ぐ三つ目の風景でそれはそれでなかなか、この時期...

釣って、食べて、生きた!作家 開高健の世界

作家開高健さんの番組が二夜連続でNHK BSプレミアムで放映されます。9月22日(木)午後7:30~8:59 「第1夜 巨大オヒョウを食らう~アラスカ ベーリング海~」1982年、荒れるベーリング海の孤島、アラスカ・セントジョージ島での巨大オヒョウ釣りと、当時29歳の若き料理人だった谷口博之さん(現・辻調理師専門学校教授)が大量の調理器具と調味料を持ち込み、オヒョウをはじめとした島の海産物との格闘。30年近くの歳...

第11回 ツール・ド・おおすみサイクリング大会

今日からエントリー開始!サイクルイベントのなかで一番好きな大会で、最も価値のあるものだと考えます。その理由は、2008年2009年2010年過去3回エントリーしましたが鹿屋体育大学自転車競技部がサポートしてくれることと、卒業されたプロ選手やその友達の選手と気さくに走れることですね。それに自然に恵まれた最南端のこの地は、言葉を変えると僻地であるがゆえ、大らかで人情味溢れる所、極端に車が少なく、空気も良い、食べ物...

菊水丸太村へ

菊鹿町の番所の棚田と彼岸花でも見ようかと出かけたら、鹿北方面には行ったことがないので途中から予定変更し県道9号から18号に右折し荒平峠へ。けっこうな坂を上ったら晴れなのにポツポツと雨が降り、見あげると頭上の一部分だけ雨雲、進む方向と速さが一緒なのかそれから5キロはずっと天気雨の不思議な体験でした。3号線を走っていたら今日は最後の52歳の日であることを思い出し、またひとつ年を重ねる前に見ておきたいところ...

砂田さんも欲しがるカメラ

「菊ちゃーん、香露頂戴!」「ゴメン! 冷やすの忘れとったあ、これ飲んでぇ」という訳で今日の菊乃家は久保田、この店はもともと寿司屋だったので最後の締めは巻き、握り、バッテラで仕上げることができます。馬刺しの握りは県外の方におすすめ、地元はおまかせもので、今日のおすすめは〆た秋刀魚のバッテラ、ひと口食べるごとに久保田でグビッとやりながら、拝みたくなるほど美味しい、誘惑の一品。拝みたいと云えば、カウンタ...

鞍岳越えてミルクロードへ

僕の故郷は九州、九州の一寸眞中で、海遠い地方。幅一里、長さ三里と云う「もっそう」の底見たような谷の揺籠です。どっちを向いても雑木林がぐるりと屏風を立て廻し、その上から春は碧くなり冬は白くなる遠山がちょいちょい顔を出して居る。もっとも高いのは、東に一峰孤立した高鞍山で、誰が天辺に乗捨てたのか、さながら鞍を置いた様、雨が降る前には必ずこの岳に雲がかかり、この岳が見え出すとどんなに降って居てもやがて晴れ...

ビーバーテイル

木を切り倒してダムを作ることで有名なビーバー、平たく大きな尾はオールのような形をしているのが特徴、BEAVER TAIL、ビーバー テイルこれは何かと言うと、自転車のサドルの下に装着する泥除け、こんな風に付ける、雨の日は後輪が撥ねる水しぶきでお尻や背中が濡れてしまいますが、いとも簡単に回避できるというもの、教えてくれたサルトさん、ありがとう、お値段は税込み630円!これから、遠征の時にはリュックにし...

HSR九州サイクルロードレース

HSR九州(Honda Safety & Riding plaza KYUSYU)は、熊本県菊池郡大津町にある本田技研熊本の敷地内に作られたミニサーキットです。コース全長2350mとミニサーキット中では比較的大きな規模を持ち、2009年現在、日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)の公認サーキットになっています。平日はホンダのテストコースとして、土日祝祭日は一般向けに開放し、2輪・4輪走行会を行っています。9月11日はこちらでママチャリやカテゴ...

初秋の阿蘇三峠越え

昨年『funride』9月号の記事で知り合った北九州のミヤケ君から阿蘇を走りたいと早朝よりメール、「朝起きたらあまりの天気の良さに居ても立っても居られなくてすでに出発しました・・・・・」近頃の朝はすがすがしいから、澄み渡る青空のなか阿蘇を走った人の気持ちはよくわかる、ならば急きょ予定を変更してお付き合いしようか、ちょうど1年前、初めて阿蘇を走って自分の体力のなさを痛感したミヤケ君は、早朝の走りこみと三本...

フランス料理のレストランと惣菜店

熊本市内の繁華街にある、安くて気軽にフランス郷土料理を楽しめるBistro ChezKen(ビストロ・シェケン)の姉妹店、フランス家庭料理の惣菜店CANTINE(カンティーヌ)に行ってきました。価格設定は居酒屋程度、レベルの高い本格的な惣菜が揃います。プラケースでの持ち帰り、量に対する価格も丁寧に表示してあります。店内では料理を作るいい匂いがたちこめていました。ちなみにその匂いとは当然、弁当屋とは...

雲高く、風薫る秋

春秋より「9月に鳴くセミは物悲しい。もう秋の訪れが近いのに、仲間に遅れて生まれてしまった。雲は高くなり、風の香りも変わる。時を惜しんでいるのか、それとも終わりを急いでいるのか。まばらなセミの声が、あたりの風景に似合わない。」久し振りに訪れた江津湖に同じ光景がありました。江津湖(えづこ)は、熊本市内にある、長さ2.5km、周囲6km、湖水面の面積約50ヘクタール、熊本市の水道水の4分の1を供給する湖で...

それにつけても天草よ

天草、懐かしい昭和30年、40年代の残る下島、自転車で走るにはちょうどよい距離と環境の整った島です。※ 環境=車が少ない・信号が少ない・適度にエイドポイント・トイレがある・温泉がある・旨いものがある同じ町並みばかりの、どこに行っても金太郎飴みたいなところばかり、多少コンクリート工事に侵されつつありますが、まだまだ貴重な風景が残っています。天草下島では、過去に本渡市内のビジネスホテル、新和町の民宿、牛深の...

天草下島一周ライド (後編)

4日、下田温泉の朝、天候曇り、微風、宿に車を置かせてもらうので余計な荷物もなくいつものスタイルで出発だ、ここでひとつ失敗、ボトルを三角に置いた自分の車に忘れてしまった、今日はボトルゲージにはペットボトル、本渡市内のサイクルショップに見つけられたらいいが、8時17分出発する。海を見ながら走るのは何とも心地よい、それも天草下島だから交通量も極めて少なく、海は驚くほど綺麗でゴミもない、空気は澄み渡り全身に力...

天草下島一周ライド (前編)

こんな天候になるとは思っていなかった、心配するのは雨対策のみ・・・・・3日の午前中は風がやや強いかも知れない、でも我々は有明海を渡って島原だから台風の影響は薄いはず、多比良港から海沿いを南下し、天草下島へフェリー渡る口之津港に着く頃には絶好のサイクルング日和であろう、そんな胸算用で午前5時10分車で自宅を出発、6時過ぎに長洲港に到着するとこれだ、なんと想像だにしないフェリー欠航、第一便は強風のため出て...

新たな船出

驚いた!産経・日経・朝日・毎日・読売・日刊ゲンダイ、いずれも六誌見開き全面掲載、「いい国つくろう、何度でも。」広告主は宝島社、今日、新しい内閣が発足した連合軍の占領下となり、新しい国にするための象徴を連合国軍最高司令官マッカーサーに喩えたのか、ルーズベルトじゃなく、連合軍のトップだから昨年の同じような趣旨の広告、こちらも新しい内閣が発足したときに合わせたのだろうか、2010 朝日広告賞(準朝日広告賞)2...

台風が悩ましい

先週行けなかった天草へ3日から行く予定ですが台風が気になる状況、できれば青い海を見ながら走りたいのですがどうだろう。予定は、車を長洲港に置き、6:55発フェリーで多比良港へ、(40分)多比良港から口之津港へ海岸線走り、(45km)フェリーで口之津港から鬼池港へ、(30分)鬼池港からサイクルマラソンのコース(牛深は山岳ではなく海沿いの道)で下田温泉へ(110km)宿は誰かの紹介とかじゃなく何となく決めた「湯の華」...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム