コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2011年07月 ] 記事一覧

神の島、心の島、僕の青島

最初に行ったのが8年前、今回で16回目の伊万里湾に浮ぶ小さな島、青島に行って来ました。長崎道の武雄北方ICから1時間ちょっとで御厨港へ、そこに車を停め、フェリーで20分で青島です。港の近くの「むらべストアー」で、地元産無印のエソの竹輪(☆5高品質)と缶ビールを買い、フェリーで乾杯、青い海を眺め、汽笛が鳴るとワクワク気分が上昇し旅心が島モードに充填、島の間を抜けて行くと心を動かす青島に着きます。あっけ...

明日から家族旅行

自遊亭のご主人からイノシシのヒレ肉を頂きました。脂身の部位だったら鍋が一番ですが、ヒレ肉ですからねえ、塩こしょうだけで頂きましょう、コクや風味を失わず、猪肉本来の旨味が堪能できました、ほど良い食感と、脂肪分が少ない部位はシンプルが一番、ジビエはちゃんと下処理さえすればこんなに美味しいものはありません。相性は、いろいろ試して、赤ワインはたいへんよございました~(謝)さて、明日から夏の家族旅行に8年前...

クールダウン ジビエ料理

阿蘇望も終ったし、来月は自転車のイベントはなし、阿蘇を走りたい方はご案内しますよ。ということで頭のクールダウンとして絵本の紹介です。椎名誠さんのイラストなど書かれている沢野ひとしさんの本、「やまの劇場」水彩画を見ながら、想い出の山登りの話、『人、それぞれたくさんの思いを背負いながら山に登ってくる。澄みわたって抜けるような青空の下、雨まじりの強風の日と山は刻々と変化するが、長い人生もそれに似ていない...

サイクルマラソン阿蘇望 その2

吉田線を登る振り返ると南阿蘇が眼下に広がるいつもの景色、走っているグループはいいペースなのでチラ見程度、中腹付近ではツール・ド・フランスでお馴染みの悪魔おじさんが登場、草千里を過ぎ、阿蘇谷の豪快な景色が飛び込んで来ると感嘆の声が聞こえてくる、この日、多くの人を魅了したに違いない一気に下り265号から箱石峠へここからがキツイ、木陰がない登りが始まる、下を向くと濡れたタオルを絞るように汗が顔中から落ち...

サイクルマラソン阿蘇望 その1

朝か、爽やかな目覚め、深い眠りだった、腹回りが何ともすっきりしている、体が軽いな、いささか疲労は残っているようだが、それ以上に頭はリセットされ、すっきり、さっぱりしている、ベッドでそんな朝を楽しんでいると、久木野の道の駅で買ったフルーツトマトが冷蔵庫に冷えているのを思い出した、飛び起きて台所へ行く、よく冷えている、軽く水で洗ってかじりつく、汁がほとばしり、やや甘いトマトが口の中に溢れる、旨いを越え...

茶のこさんへお邪魔しました。

東京の友人と南小国の茶のこさんまで走ってきました。ここは、上質なお茶が楽しめる専門店です。今の時期は冷たい玉露かな、それにデザートが充実していて、甘いのが苦手の私でもここの杏仁豆腐は大好きです。明日は阿蘇望なのでグリコーゲンを補給するためにもごはん、なのでハヤシライスセットにしました。これにはフルサイズじゃないですがデザートに杏仁豆腐がついています。とてもお洒落な店でご主人もサイクリスト、もちろん...

失速回避のためには、

二重の峠を登って内牧や一の宮をうろついたあと、自分的にはガリビエ峠やゾンコランなんですが、そこで失速しました。そんなつもりはなかったので、ほとんど補給食なしだったのが原因だと思います。最初、調子良かったので二重の峠、せかせか行った。走っている途中、脳をだますため、いろいろ考えるのはいいことなんだな、筋肉を動かすエネルギーを生み出すのは。体の中にある糖(グリコーゲン)と脂肪。グリコーゲンが1g燃える...

阿蘇望での注意、火の山トンネル

「レース用自転車取扱注意!」阿蘇望にエントリーの東京の友人の自転車が届きました。いよいよです。さて、阿蘇望の大会で危ないと思っていた箇所の「火の山トンネル」について、東京の友人からも質問がありましたのでシツコイようですがもう一度喚起したいと思います。このトンネルはスタートして最初の峠の中腹を越えたところにあり、長さは約800m、照明が少なて暗く向かい風が吹いています。下りの時はさほど暗さは感じません...

菊ちゃん写真展、阿蘇望コース注意点

迫力の写真は菊ちゃんの作品万田鉱の炭鉱夫、菊乃家の菊ちゃん(廣田喜久男)の写真展が今日から31日まで菊池一番館(菊池高校隣)で開催されます。自転車から写真へ趣味を替え、今のところは自然をテーマにするものが多いのですが、ゆくゆくは自転車の大会なども被写体にと、密かに期待しています。人物も上手なので24日の阿蘇望に是非来て欲しいと思います。本人は何度もエントリーしていますので選手の気持ちや撮影ポイント...

灼熱の阿蘇望対策

自転車も5年目を迎えると、サイクルマラソンや走行会など参加する際にジタバタすることはなくなりましたが、最初の頃は緊張しっぱなしで、みんな早そうに見えてどうなるものやら不安でいっぱい、それに身に着けるものや身のこなしなどカッコ良く自分はなんか場違いな感じがしたものでした。困った方、不安な方、その気持ち分かりますのでどこかで見かけたら気軽にお声掛けくださいね。☆☆☆   ☆☆☆    ☆☆☆   ☆☆☆    ☆☆...

木漏れ日の棲家、Tea room Nicol

湯布院に行って来ました。湯布院、大型バスから続々と出てくる団体客が彷徨う街並みより、爽やかな風と小魚の銀鱗に輝く川のせせらぎ、大分川の河川道を、由布岳見ながら散策するのが一番湯布院らしいのでは湯布院御三家といわれる亀の井別荘、山荘無量塔それと玉の湯、いずれも最高級の宿ですが、ティー ルームは気軽に利用出来ます。亀の井の茶房・天井棧敷、無量塔のTan´s bar、玉の湯のTea room Nicol今日は玉の湯、Tea room N...

英彦山サイクルタイムトライアル大会

ヒルクライムレースに初エントリーします。第21回英彦山サイクルタイムトライアル大会です。15.1km、高低差約800mのヒルクライムコース、ターザンさんに教えてもらいました。今まではサイクルマラソンを前提に、ある程度のスピードで最後まで完走するという気持ちで乗ってきましたが、今回は早く走れるようにトレーニングするという意識で挑みたいと考えています。第21回英彦山サイクルタイムトライアル大会開催日 平成23年9月...

走っていたらTVに

この前、阿蘇の手野の名水で水の補給をしていたら、ちょうどテレビの取材があっててインタビューを受けました。それが今放送されて、何とも、お恥ずかしいQ&Aでした~まあ、ポーズもテレビ風にしたり、いろいろ語りましたがこのくらいがいいところ、自転車してるといろいろあります。油断できませんぞ。日曜天気良かったらまたここへ行こうと思います。...

菊ちゃんタイム売ります。

パーツのことなどあまりよくわかりませんので写真でご判断ください。処分したいからと自転車仲間の菊ちゃんに頼まれて紹介しています。小傷はありますがあまり乗ってはいません。肘に負担がかからぬようとハンドル回りはリクエストしたと聞いています。菊ちゃんの身長は164cm、足は短い方、故にシートポストはかなり下げてセッティングされています。4年前のものですが、フレームに価値ありとは思います。ホイールがEASTO...

メンテナンスの日

3日通ったコースマップにエイドポイントの番号を入れ、場所と距離、時間を書いてみました。①菊池スタート(我が家でいいし、菊池物産館に駐車OK)②北山展望所(1.5H 25km)③手野の名水(2.0H 39km)④阿蘇市役所前コンビニ(2.13H 44km)⑤日ノ尾峠(2.57H 54km)⑥久木野コンビニ(3.48H 79km)⑦俵山(4.1H 84km)⑧大津翔陽高手前コンビニ(4.43H 102km)菊池ゴール(5.11H 116km)メンテナンス...

今日も阿蘇巡礼は続く

今日も阿蘇へ菊池~スカイライン~手野の名水~日ノ尾峠~俵山~大津5日で3回行った。それほどお気入りのコース、今日はボトル2本、ひとつは梅干5個を水入れてシェイク、想像以上の効果ありあとの補給は、北山展望所の売店でポカリ買って阿蘇平野を眺め、手野の名水で顔を洗ってボトル補給、阿蘇市役所前のコンビニで、鮭おにぎり、みかんゼリー、フルーツジュース、久木野の俵山登り口手前のコンビニで、水、大津の翔陽高校手...

阿蘇巡礼は続く

抜けるような青空、再び阿蘇へ行って来ました。9時20分出発、菊池渓谷の麓まではさすがに暑いですが、そこから先は涼しいこと、所々の瀑布近くを通ると冷蔵庫に入ったよう、渓谷の橋からは今日も虹がかかっていました。北山展望所気温27度、すっきり爽やかとはこの日言わずして何と言おう、風が心地よいミルクロード日和だ。手野の名水で冷たい岩清水を補給し下った先がここだ。阿蘇五岳が御釈迦さんの寝た姿、涅槃像(ねはんぞう...

今年一、酷暑の阿蘇

快晴、阿蘇へ。暑い、13日振り、運動不足の日々、なので、ゆっくり、景色を楽しみながら北山展望所を目指し9時30分出発、このコースは菊池渓谷までは川沿いを走り、日陰も多くとても涼しく走りやすい。激しい雨が続いたので、川が増水し日頃聞こえるせせらぎの音が猛々しい、川幅いっぱいに満々と湛えたその水はやや笹にごり、こんなときは流れの筋の脇をトレースするようにルアーを流すと、尺物の山女魚がいきなり竿をひったくる...

『サヴァイヴ』

『サクリファイス』と『エデン』の過去と未来のエピソードを描いた6篇の短篇集でした。チカ・伊庭・石尾・赤城にまた会えて再び感動、ページが少なくなるにつれ残念で、残念で・・・・・つい前編2冊を読み返しました。ジロの第3ステージ、ウェイラントの事故死の映像と石尾の事故死のシーンがフラッシュバックし、石尾の孤独が故の強烈な存在感をあらためて感じました。早くもチカと伊庭の今後のロードレースの続編が待ち遠しいで...

元科学者のお百姓さん

先日、ごもく農園さんこと三村ファミリーさんを我が家に強引に招待していろいろとお話を聞きました。三村さんは以前紹介しましたが詳しくはこちらをご覧ください。ひょんなことから、元科学者のご主人と農業博士の奥さんが、菊池の山村へ移住して農業を始めたという、私にとってはとても気になって仕方がないご家族です。科学のプロが、自分の家族が食べる農作物を作るというスタンスで収獲した産物を、自分流の生き方の糧のために...

朝食が美味しかった理由

前職では朝食がとても人気でした。朝ごはん目当てに来るお客さんもいるくらい上質な内容で、それを作っていたのが洗い場のおばちゃんたち、カメラを向けると逃げ回ってばかり、「写真は恥かしいよ~」と、ですからいつも手先だけの紹介でした。しかし、もういいでしょう、リーダーのおばちゃん、松尾さんを紹介します。毎朝、70種類を越える手作り料理を出してもらっていました。そのためには早朝から夜遅くまで頑張って、お客さん...

栗村監督の書評

第98回ツール・ドフランスが始まりました。22チーム/198人出場、体脂肪率4%と完璧な状態でその日を迎えた新城、それがなぜセレクションから漏れたのか、オールフランス?チーム戦略としてツールを前提に出場レースを絞り込んだはず、新城以上の有望な選手がいたのか!こう毎日雨ばかりだと、いらぬ考えもよぎる、うっとおしい今日の私の内的風景です。白石誓、伊庭和実、石尾豪が帰ってきた!『サクリファイス』、ツール・ド・フ...

私が選ぶ九州の宿三選

せっかくですから前職で得た旅館ホテルにおける自分なりの考えをこれから順次示したいと思います。まず宿を選ぶ際に最も効果的な方法が「クチコミ」です。実際に利用した人の感想ですから間違いない情報として捉えていいと思います。ただどういった人の意見なのかも考えるべきでしょう。いろいろなことに対する人の感性はそれぞれ違いますからね。それと価格帯も考慮すべきでしょう。そのへんを頭に描いてクチコミを見ると大方の傾...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム