コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2011年06月 ] 記事一覧

ついてない日はこれだ。

亀の井別荘の天井桟敷、無量塔のTan's barには何度か行ったことがあったが、玉の湯のティールーム ニコルだけは行ったことなくて、たまたま貰い物の湯布院のホテルのランチバイキング券があったので、それを兼ねて行こうとネットで場所を確認してたら、なんとそのホテル本日休館日!気を取り直して湯布院モードから急きょ予定変更し、天草で魚料理でも食べようと決定、もちろん魚介類の持ち帰り用にクーラーボックスも忘れずに。宇...

梅雨明けて フランス遠き 入道雲

新城選手、ツールメンバーとならず、ワインもイタリアからフランスに変えて準備万端だったが・・・やっぱり、ファルネーゼ。3章に分けれていて、第2章と第3章がフランスとスペインの自転車の旅、ちょうどツールにブエルタだとホクホク顔でいた、青空が何ともうらめしい灼熱の日でした。次なる目標は世界選手権、ARASHIRO YUKIYA、頑張って欲しい。...

西薗良太という人

一人酒を楽しむ本です。流儀って、大事だなあ、とても気になる人、東大からシマノレーシングへ就職、鹿児島出身の西薗良太、東京大学運動会自転車部競技班、文武両道を地でいくその力は、6月26日の全日本選手権ロードレースで4位、海外組以外では2位だ。それもエースではないチーム戦略のなかでの結果、本人のブログ(Pain is inevitable, suffering is optional)の由来について、「今回blogを始めるにあたって題名を考えな...

別府史之が全日本チャンピオンに輝く!

2011年6月26日、全日本選手権ロードレースは別府史之が登りスプリント制し2度目の全日本チャンピオンに輝きました。中盤から逃げグループで引いたり常にレースに絡んだ勝利でした。この全日本選手権ロードの模様は 6/30 15:00〜(予定)でシクロチャンネルLIVEにて放送されます。また、新城選手のツール・ド・フランスのメンバー発表は明日とのことです。全日本選手権ロードレース2011結果1位 別府史之(レディオシャック...

梅雨の晴れ間にかぶと岩

朝起きて外を見たら、今年初めての真っ白い夏雲にくっきりと青空、ベランダ出ると、珍しく俵山の風車までくっきりと羽根が回るのまで見える、天気予報は午前中晴れ、その後曇って雨となる、即、ささっと着替えて昼までには帰るからと出発、外に出るとムッとする暑さ、387号から45号になる立門からは左側が陰になり、上り坂でも涼しくて真夏でも快適のコース、菊池渓谷まで来ると一段と涼しくなり、こういう景色も楽しめて、暑...

自分の胸に手を当てて

好きな本です。野田さんは少年時代、菊池川で育った方なので五感がとても近いとつくづく感じます。なかでもこの少年記から見える川遊びの風景は懐かしい、同じ世代の方におすすめです。「丘の上の家からの眺めはぼくの好きなもののひとつだった。眼下に桑の段々畑、それに続く集落、白い県道が見え、その向こうが菊池川。川の向こうからまた低い山が連なり、一番向こうに小岱山がそびえ、ぼくの世界を区切っていた。家から見える風...

そこには「別」の名が無く、「新」は・・・・

朝は雨でしたがそのうち晴れてきて猛暑となりました。こんなチャンスを逃さないとばかりに、大津では競輪選手を発見、すばらしいフォームにうっとりです。梅雨明けかと思うような天気でしたが、明日は雨、週末も曇り&雨、そんなときは阿蘇外輪山は、雲の中か強風か大雨、またしばらく乗れません。レディオシャックやBMCなど5チームがツールの出場メンバーを発表しました。◇レディオシャック◇ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア...

ツール・ド・フランス2011公式プログラム

PROGRAMME OFFICIEL DU TOUR de FRANCE 2011予約していたアマゾンから昨日届きました。特別付録として、全ステージ・ルートマップが付いています。それがデカいこと、76cm×85cmのポスターサイズ、早速テレビの横に貼りました。新城選手は間違いないでしょうが、別府選手はどうかな!発表は開催数日前、待ち遠しい!しっかり読んで、7月2日に備えなければ、何でも始まる前が楽しいです...

忘れてはいけないこと

連日の大雨洪水警報、まだ降るのか、災害と隣り合わせの状況、そして農家の方々も大変です。この雨で根物、葉物野菜はダメになる、急いで出荷してもダブついて価格は下がる一方、「日本人であることは、どうやら多くの自然災害とともに生きていくことを意味しているようです。」(村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿より)今までいろいろな困難を生き抜いてきました。この雨ももうじき止むことは知っています。ただそれ...

馬刺しだったら菊乃家

馬刺しを食べに菊乃家へ行って来ました。最近、牛肉は食べないですね。日常的適度に豚肉か鶏、今日は御馳走だぞというときは必ず馬刺し、これは変わらない、それも馬刺しを家で食べるときは祭り事、いわゆる通過儀礼のときだけかな、買って食べることはないです。食べに行くときは馬料理専門店もありますが、いろんなものがあって、そのなかで馬刺しを食べたいですから、そうなると店も限られてきます。その点、菊乃家は馬料理が充...

ツールまで2週間、フランス料理&フランスワイン

ツール・ド・フランスまで2週間となりました。気持ちだけでも、ジロムードのイタリア料理&イタリアワインから、フランス料理&フランスワインへ食生活も一部変更なんてね!そこで、フランス家庭料理のお惣菜テイクアウトの店 ”カンティーヌ”へGOなのです。このテイクアウト店は、フランス地方料理ビストロ・シェ・ケンをメインに、隣にフランス各地小規模生産者のワインの揃う店”レクサゴン”もされています。秋にはビストロ・...

老舗ショップを訪ねると、

身内の病院の用で出かけた際に時間があったので近くの自転車の老舗ショップにお邪魔しました。店の前に数台のロードバイクが展示してあり、試乗可の張り紙、外で梱包されたダンボールから自転車を出している店主の方に、「こんにちは」と挨拶すると、「ゆっくり見ていてください」と優しいお言葉、ここは熊本市動植物園の近くの「GINRIN」さん昔からある自転車店ってなかなか入りにくくて、職人気質で立ち寄り難い雰囲気がし...

シクロクロスというのもいい

先日行った阿蘇、大雨のあとで想像していた通りの道路状況でした。ここは、日ノ尾峠を下ってすぐの集落にある郷土料理の店で「しきみん蔵」土地名が色見(しきみ)だから、地区の訛りの命名なんだろう。築250年の蔵を改装し囲炉裏を前に地物を食す、なんか、第六感が手招きしている雰囲気、炭の匂いに誘われて、だご汁あたりで補給食としたいところ、「峠を越えたぞ!」と場所的にもホッとしたところだし、気に入れば長い付き合...

メカニックと阿蘇へ

ビンテージカーのメカニックの友人と、福岡のイワイスポーツサイクルのメカニックの皆さん4名にチーム員の方1名の総勢6の方と阿蘇へ行って来ました。みなさんクラブで阿蘇方面を走るときは、小国経由でミルクロードの大観望付近は行かれるみたいですが、今が旬のラピュタや阿蘇谷から日ノ尾峠を抜けて南阿蘇は初めてのこと。天候は昨日までの大雨から嘘のように回復、霧も大丈夫のようですが、路面が土砂に覆われていることを想定...

一度是非、二度目は気兼ねなく、三度目は自分の家のように

HOTEL MAJESTIC SAIGONベトナムはホーチミン市のサイゴン川のほとりに立つマジェスティクホテル、開高健さんの「ヴェトナム日記」や「輝ける闇」に登場するホテルで、103号室の前には「開高健」が泊まっていた部屋というプレートもあり、ファンとしては一度泊まってみたいホテルです。東京の「山の上ホテル」から作家が利用した同じ部屋に泊まれるプランが登場しました。その名も、「作家たちの宿泊プラン」1954年開業以来、...

夫婦で楽しむサイクリング

このブログで知り合いになった熊本の菊陽町の「もりたんさんご夫妻」が、熊日新聞に付帯されるフリーペーパー「すぱいす」に紹介されました。昨年5月、お二人とも自転車を始めたばかりのということで、奥さんからコメントやメールを頂いて菊池川沿いをうちの家内と4人で走ってからのお付き合いです。その後は車の少ない菊池周辺を走り込まれ、今ではお住いが豊肥線に近いこともあって、輪行で阿蘇へ行きそこから箱石峠や日ノ尾峠な...

菊池に来たらこれ買おう

菊池に来られた際にはおすすめなのがこれ、常勝ファームさんのもろみポーク、生産直売なので安い、ロース、肩ロース、バラすべてグラム150円、モモ・ミンチはグラム100円、いずれも税込!そして、相当旨いぞ!それは、1. 飼料は全て丸粒トウモロコシ使用の自家配合2. 飼料にはもろみを配合している3. 飼料の原料はトウモロコシ・植物性粕類・ミネラル類・その他4. 育成期、肥育期には動物性飼料は一切使用しない5. 病気対策は...

天ぷらの衣と、モンテラックの衣

「もしもし、ルミちゃん、あっオレ、ジャージ届いたけど、持ってこようか?」「今ね、父ちゃんの畑で野菜収獲しとるけん、あとで取りに来るけん、よかね。」「よか、よか」そう言えばシャクがはいってるとも聞いてたし、ついでに持っていって、今夜は自遊亭だ。今が旬の大好物のシャクの天ぷら、ガザエビとかシャッパと言うみたいだけど熊本ではシャク、こいつは特有の上品な甘味があって、てんぷらの衣の油と絡まり合うと、不思議...

壱岐番外編~メンテナンス

家内のコルナゴに試乗するのは、今回同行した友人のチームのマネージャーで写真担当のシノちゃんです。某チェーンストアのスタッフと、取引先のクラブで結成し3年目、ビギナーが多いですが、スポーツ用品を販売する仕事柄、その勘を磨くためにも参加すべきと志は高いのですが本格的なレースは初めてで、シノちゃん以外テンションは低めのチームです。福岡を中心にLSDを基本に、しまなみ海道や雲仙など輪行で楽しんでいます。エキス...

2011壱岐サイクルフェスティバル ~情緒編~

壱岐サイクルフェスティバルの最終編です。レース合間にちょっとだけ旅人の視線で体験した壱岐を紹介します。ポイントは人と料理と壱岐の懐かしい景色です。まず、壱岐と言えばウニですね。旨そうでしょう、美味しいウニを食べさせてくれるお店も紹介しますよ。今回は車を持ち込まずフェリーで輪行の2時間20分の船旅、船室ではないパブリックスペースで過ごす2等で2480円です。帰りは疲れているので2等指定2980円でち...

2011壱岐サイクルフェスティバル ・レース編

2011壱岐サイクリングフェスティバルの模様を昨日は取り急ぎ表彰式の結果のみ紹介しました。今日はレースのことを紹介し、明日は情緒編として美味しいものや、人との交流楽しむ旅人の視線で紹介したいと思います。今回の大会も島民あげて挑む熱気を感じました。レースだけではなく、友人や家族との旅行としてもおすすめであることを三編に渡り紹介します。今回は福岡の友人とそのメンバーに同行、総勢11名で50キロに8名と家...

2011壱岐サイクルフェスティバル・表彰式編

6月5日今日、 壱岐サイクルフェスティバルを走って来ました。とりあえず、表彰式の模様をアップします。詳しくは明日、一般50キロの部優勝はチームセカンドウィンド鹿児島のマークさん、最近はいつも表彰台だね。2位は08年のウィナーTEAM GINRINの中原裕章さん、ご本人は悔しそうでしたが、おめでとうございます。グランドシニア30キロの優勝は、福島雄二さんだ!この前、初めて阿蘇を走る四国の奥さんを案内...

今日から壱岐だ!

イラストはミユキ自転車さん、ロードレースの結果を4コマ漫画の風刺絵のスタイルは絶妙、イラストも素敵でよく訪れるサイトです。今の私の気持ちはこのイラストのよう、いつもとは違う鮮やかな色に包まれた世界、それに会える期待感に胸ふくらませ、今日から壱岐です。今回の壱岐は初めての輪行、そこで忘れているものがあった!家内用の輪行バッグがない、どれにするか悩んだあげく今あるのは前輪だけ外すタイプでフェリーならこ...

阿蘇への感謝の証

発酵学者であり文筆家の小泉武夫さんの「食あれば楽あり」より『このところ、牛肉というと「あか牛」の味に魅力にひきつけられている。多くの人が黒毛和牛を賞味している中、勿論我が輩もそうではあったが、3年ほど前に熊本県に行ってあか牛のステーキを食べた時、「これは俺にあっている味だなあ」と思い、その風味に魅了されてからは、時々取り寄せて嬉しく涎ピュルピュルしている。「あか牛」は名前のとおり、夕陽を思わせる赤...

4峠ステルス試走

南郷谷(南阿蘇)から見た根子岳、一番好きな山だ。壱岐の準備として、前職のとき鹿児島から自走してきたメンバーのN君が熊本に来たついでバイクのメンテナンスをしてもらい、そのホィールのグリスアップの効果と新調したシューズの慣らしに阿蘇へ行ってきました。せっかくだから上りでのシューズの具合と、下りでのホィールの違いの確認は、7月24日の阿蘇望4峠越えの吉田線から阿蘇山頂と265号の箱石峠に試走も兼ねて久木...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム