コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

2010年12月31日

1231lpo4750
30日深夜、外を見たら猛烈な雪でした。

すでに数センチ積もり、窓から見る夜の明かりに照らされた雪景色は美しく神秘的で思わず見とれていました。




















1231lpo0743
12月31日朝8時、家の前から正観寺方面の風景。

快晴、路面は完全凍結しアイスリンクのようでした。


























si12312kkou4762
菊池では珍しく雪が積もり正観寺地蔵堂も雪化粧、ここは近所のお年寄りが毎日清掃されて花をさずけ手を合わされる地元の人のスピリチュアルスポットです。

ここ私の住む地の字名は東正観寺といいます。市役所付近がまでが西正観寺といい、あまりに広かったので東と西に分けられました。現在は地蔵堂を含む奥の本堂までが正観寺ですが、成り立ちは菊池一族の菩提寺であり開山は1341年、肥後主菊池武光が大方上人を招いて創建されたお寺です。
これにまつわるエピソードがあります。武光の父、武時が博多で九州探題の北条英時と戦った時、敗退を覚悟して幼かった武光を聖福寺住職の大方に預けられました。
そこで武光が菊池家を継いだあとこの寺を建てました。かっては大きな寺で15世紀半ばには全国十刹のひとつに数えられ、寺領は六十六町歩(198、000坪)僧侶は2、000人からいた大寺院であったといわれています。
ですから付近一帯が「正観寺」という地名であり当時を物語っています。



















1231day0747
今日はおせちを取りに行ったり、親戚に挨拶に行ったりと家内の暮れの行事の手伝いでした。

お昼は菊池プラザの信号から菊鹿方面に行くすぐ左にあるうどん屋「夕立」に行きました。ここは手打ちで地元ではなかなかの人気とか、でもうどんはレベルが高いところが多いからなあと思いながらも家内のすすめで。


















1231day0750
ごぼう天がいいねえ、ダシもいいし、うどんも美味しい、特別と言うほどのことは厳しいけど、サイクリングで菊池に来た時なんかにはおすすめだね。



















1231day0752
「夕立」って店の名前はいただけないけど旨かったです。

そういえば、昨日友だちと竜門ダムや旭志方面を走ったあと、お茶でも飲もうかとキャニオンの隣にある一柳珈琲に行きました。ここは珈琲の老舗であり確かに美味しい、それにレンガ造りの外観も雰囲気あっていいし内装が渋い濃い茶色のアンティーク風でポイントも高い。食事のカレーやシチューもいいらしい、メニュ見たらメープルトーストというのがあって一番人気とか、サイクリングの補給には良さそうな感じ、今度行ってきます。

席に座ったら白衣着た人が外に停めた自転車をシゲシゲと見てらっしゃる、まあよくあることなのでそ知らぬ風にして、珈琲と積もる話も一息つきさて帰ろうとヘルメットかぶっていたら、さっきの白衣の方と女性スタッフが来られて、

「もしかしたらコルナゴ部長さんですか?」

「はいー」と照れ笑いのびっくり!!

「ブログ見てますよ」

「よくわかりましたねー」

「だってコルナゴですから」

「・・・・・・・」

今はマウンテンに乗っていらっしゃて、ロードは思案中で只今興味津々という感じ、サイクリストに理解ある菊池でのエイドポイントがまたひとつ増えましたね。今度、珈琲&メープルトースト試してちゃんと挨拶してきます。





















1231day0746
花房から見た今日の菊池平野、正面の山が菊池のシンボル「八方ヶ岳」(やほうがたけ)。

今年一年たくさんの方にこのブログ見ていただいてありがとうございました。
ヘタな文章で間違いや妙な講釈ばかりでしたが毎回見てくれる方も増えて、コメントを頂いたり、メールもらったり、何よりも自転車の方との交流も増えて初対面の方と一緒に走るとすぐに昔からの友だちみたいでとっても楽しい思いをさせて頂きました。

暮れには事件が勃発して今だご心配おかけしていますが、人生いろいろあるんだと、同じところに定年までいるよりももしかしたら楽しいんじゃないかと、前向きに考え自分の道を進みたいと思います。

ある方に言わせると、私の場合2010年は整理の年であり、来年は活動の年、2012年が復活の年、心の年になるということでした。あまり占いとか運勢とか考えたことはなかったのですが、今の心境は正直揺れていることは間違いないので支えになる言葉でした。

個人のブログとなりますが、来年も日々更新を目標に頑張りますので引き続きよろしくお願い致します。


今日は家内の誕生日、まだ秘密ですが花束とワインのプレゼントを用意しています。これを書き終わったサプライズで2010年の中尾家は終ります。

では、よき新年を。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 08:54:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラスト&ライド 「ASO自転車お遍路のススメ」

lst0008mk
このブログで知り合いになった人たちと今年最後に阿蘇を走る忘年ライドを12月19日に計画していました。
それは今年1年間いろんな阿蘇を走った集大成である大人の発表会であり、同時に我々の聖地である阿蘇の魅力がたっぷりの今まで紹介してきたビューポイントやパワースポットという札所へのお遍路巡りともいえます。

まずその行程とは、1泊の旅でなければならない。
朝から阿蘇を巡り夕刻に宿へ到着する。雄大な景色を制した達成感に陶酔したまま、心底冷えた体を温泉の達人が管理する露天風呂へ直行、たった今走ってきた大地に、60年前に降った雨がマグマと交錯し、温泉となり、今この手の中にあるという偉大な自然の恵みを体で感じる、湯上りはまっとうな料理を宿でもいい、宿が信頼する店でもいい、いずれも舌鼓を打ち、1年かけて探した出した美酒で乾杯する。僕が27年間育てた宿で床に入り、翌朝は、土地の考えに基づいた調理方法で、熟練の母たちが作る朝ごはんを「頂きます」と手を合わせ食べる、みんなお腹いっぱい食べられる、それは日本人のDNAを呼び覚ます70種類の朝ごはんだから。よそにはないと思う。そしてお遍路の旅は終る。1年間ありがとうでもいい、運気アップでもいい、願いごとをかなえたいでもいい、何らかの思いを祈るための巡礼なのだ。



17日突然に破産管財人弁護士により23日の営業をもって菊池観光ホテルは閉館すると言われ、何が何やらわからない状態で呆然となり、とりあえずこの日のことだけはブログにアップしました。

その翌々日のこのライド、悩みましたが決行、最後のライドと最後の宿泊となりました。しかし、以後アップする時間も余裕もなくそのまま封印しとこうかと思っていましたが、このブログでみんなと走るきっかけを作ってくれたへボーネンさんが自分のブログにアップしてくれて、今となっては懐かしいホテルの部屋の写真を見たらやはり最後の記念にとアップしようと思った次第です。


ここからASO自転車お遍路、
19日9時に集合、みなさん気兼ねしてかそのことには一言もふれず、いつものように和気あいあいとスタート、オートポリスを経由して北山展望所へ、カルデラ一周にしようかと思いましたが、今年一番の発見ともいえる名所「ラピュタ」へ行き阿蘇火口で締めくくろうと。

写真はラピュタ、ここへ来た人は必ず、こんな風に見とれてしまう。

























0991yad1125
パノラマラインで阿蘇火口を目指す。樹林帯を抜け高岳の荒々しい山容が目の前に迫るとアゲインストの風、登り坂に向かい風だ。泣きたくなる。

走っているといろんなことを考える、この先のコース、仕事のこと、家族のこと、買いたいもの、生き方、いろいろなことが頭を錯綜するが、この日は当然仕事のこと、まるでバッククラッシュしたリールの糸のようにもつれて答えがでない。

ふと気づいたらペダルを無心に回していた。頂上まであっけなかった。いつもは早い友が今日は遅かった。




















lst0010mk
阿蘇火口到着。

最後の坂、いつ来ても手ごわい。
























lst0014mk
ここまで自転車で来る人、俺達だけじゃないんだねぇ。






















lst0012mk
活火山のほんの近くまで自転車で行けるとこって世界的にも珍しいはず。





















lst0017mk
火口の反対側、登ってきた有料道路方面.

さて、ここから下って30分、最近お気に入りの久木野のグランツムートでスモークベーコンパンとカフェオーレ
で休憩。ご主人が挨拶に来られ、そう言えば3周連続だね。
ここのカフェオーレ、ちょっと甘いだけど甜菜(テンサイ)がその秘密、自転車乗りには自然素材が嬉しいですね。(拍手)

ここから直帰し1時間24分で菊池へ到着しました。



















lst0025mk
いつもの自遊亭の夜、

何度来ても不思議と飽きない、


やはり、人だね。




















lst0035mk
最近のお気に入りがこれ、

菊池産もろみポークのガーリックソテー、これは日本古来の発酵商品もろみを配合した飼料と阿蘇の伏流水で育ったもので一番の特徴は脂身が食感と旨みがあることです。それに気になる臭いが肉全体に全くないこと、それは畜舎を一度見学に行った際に全く臭くないんですねえ、恐るべし日本が誇る発酵食品。


















lst0051mk
最後は店の長男、コウヘイ君のジャンベの演奏、今日はメンバーの奥さんも自転車以外は参加してくれてコウヘイ君からレッスンを受けられていました。






















lst0061mk
食べる、飲む、しゃべる、聞く、見る、撮る、叩いて見る、そしていい人に宣伝する、これが正しい自遊亭に来た時の楽しみ方です。






















lst0066
最後の〆はこれ、昭和のナポリタン、これで食は完結。





















lst0023mk
もうここでのスナップは最後であろう。

僕の菊池観光ホテルは終りました。
今後このブログは、菊池観光ホテル管理部長時代の情報発信の役割から個人のブログへ移行します。よって過去の記録は株式会社菊池観光ホテルが運営した内容になりますのでご理解ください。

力を与えてくれたメンバーのへボーネンさんのブログ是非ご覧ください。
http://heboonen.blog64.fc2.com/blog-entry-36.html

さて、これからは所属なしの肩書きなしの無職になりましたが前向きに頑張ります。

1月4日は以前からサイクリストプランでご予約いただいていた東京の女性グループの方を阿蘇へ案内します。こうなってしまったので宿は別にとられ案内だけでもとあたたかいお電話を頂き引き受けました。

明日は学生時代の友だちが集まる恒例の忘年会、これも宿を別にとり自遊亭集合です。

天気がよければ明日は近くを走ろうと思っています。
  1. 2010/12/28(火) 00:21:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

家族と過ごすクリスマス

4749xma770
久し振りに今年のクリスマスは我が家でした。
というのも、10年以上この時期は韓国の釜山に遊びに行っており、綺麗なイルミネーションに飾られたお祭り騒ぎの街の散策や、冬の海の幸を食べて過ごしていました。

これだけ通うとなじみの店ができて1年振りの来店にたいそう歓迎され、近くても外国の地に安らげる人々と会える楽しみが何度も通う一番の理由かもしれません。


















4748xma771
今回の閉館のことでたくさんの方から励ましのコメントやメールをいただきました。
内容はみなさん共通で、いい施設だったのに残念である、同じような料理や温泉、接客、それに自転車のことを期待されているというものでした。
本当にありがたいことです。

家族と過ごすクリスマス、娘が買ってきたケーキとみなさんのご意見が何よりのプレゼントでした。
  1. 2010/12/26(日) 23:37:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菊池観光ホテル最後の日

ld1kiku0619
12月23日は濃い霧に包まれた朝でした。

今日が菊池観光ホテル最後の営業日、昨日のお客さんのチェックアウト後、木造2階建ての旅館から菊池公園の斜面に建設され27年の営業が終りました。
私が入社したのは基礎工事の時、段々大きく高くなってゆく姿に見とれる毎日でした。そして今日あっという間の27年間の仕事も終りました。



















ld2kiku0623
最後のお客さんを見送って残務整理のあとの記念写真、社員は98名いますが残念ながら緊急に退去しなければならずこれだけの人数となりました。



















ld3kiku0625
お別れ会は自遊亭、5時からの宴会も初めてですが、仕事のことを考えなくてもいい初めての宴会でした。

















ld4kiku0654
徐々に人数も増え、その度に乾杯の連続、




















ld5kiku0627
そうこうしていると、スタッフのお子さんで私たちのマスコットでもある未来君も登場!




















ld6kiku0628
しかし、異様な盛り上がりに、ちょっと尻込み気味、




















ld7kiku0631
でも、すぐに慣れちゃいました^^^

なかお ぶちょだ^^と、ちゃんと呼んでくれるし、

ものおじしない未来君です。


















ld8kiku0667
宴もたけなわ、自遊亭の息子、こうへい君のジャンベのサービス!


感謝!


パーンと響き渡る太鼓の演奏で大盛況!!



















ldkiku0669
スタッフも挑戦(笑)


















ld100671
社長も挑戦・・・・(笑)





















ld11kiku0673
なぜか、太鼓のリズムに興奮して、

四股を踏むのは、

専務だあーー



















ld12kiku0676

・・・・・・・・・・

















ld130680

壊れてしまった・・・(爆、爆、爆笑)





















id14kiku0690
こうへい、みんなを盛り上げてくれて、

ありがとう!

最後の宴会をここに決めてほんとよかったです。





















ld15kiku0703
二次会突入、

カラオケと異様な踊りで大笑い!
















ld16kiku0722

最後は熱い、熱い ・・・・・・・



握手でお別れだ、



ありがとう、みんな、最高の仲間だった、



ありがとう、菊池観光ホテル、       



ありがとう。





















ld17kiku0727

輝ける宿でした。

ご存知、菊池観光ホテルです。
  1. 2010/12/24(金) 21:05:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

緊急の報告です。

本日、10時、熊本地方裁判所の命令により破産管財人弁護士が来られ、12月22日の営業をもって菊池観光ホテルを閉鎖する旨申し伝えられました。
よって、22日の宿泊のお客様以降菊池観光ホテルは閉館することになりました。

想いもよらぬ突然の出来事ですが、まずすべきははご予約のお客様の対応でありご迷惑がかからぬよう誠心誠意電話に向き合っていますが、あまりにも急な事態で膨大な予約の取り消しは多くの皆様にご迷惑をお掛けしお詫びのしようがありません。

私たちに今できることは、このようなご予約の対応と、今日を含め6日間のお客様に全力で接客することであり最後まで気を緩めることなく業務に邁進したいと思います。

取り急ぎ緊急ゆえご報告のみお知らせ致します。
  1. 2010/12/17(金) 19:32:33|
  2. 前職の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

菊池の居酒屋シリーズ、菊乃家

sar0662p
この絵は今まで何度か紹介しましたが、菊池の温泉街にある居酒屋の菊乃家(きくのや)のご主人が描いたもので、チームメンバーと一緒にサイクリングしたときの絵です。

ご主人は「菊ちゃん」とみんなから呼ばれ、菊池でも人気の居酒屋、地元の顧客や企業の接待、出張のビジネス客などでいつも賑わっています。

趣味が10年以上前からロードバイクで愛車はタイム、九州各地走ったり佐渡島一周などの遠征経験も豊富です。
しかし、永年の仕事の影響で手首や肘を痛めロードバイクはしばらく休憩して、最近は昔からの趣味であるカメラを復活し個展をするほど熱の入れよう、フォトイベントでも入選し篠山紀信さんから表彰を受けた1枚も店内に飾ってあります。



















sar0577p
今日は家内と娘の三人で行き、家内の一品目はサバの胡麻和え




















sarlp0578
娘はここの一番人気の寿司5貫盛り、菊ちゃんはもともと寿司職人だったので居酒屋ですが寿司や刺身がウリで特に馬刺寿司は必ずおさえなくては、



















sar0574p
私は酢がき、口の中目一杯の大きさで鮮度や処理、それに酢が完璧な一品。


















sar2659p
大好物のゴーヤチャンプルー、トロットロッの玉子と、ピリッとした唐辛子が爽やかでゴーヤとの相性バツグン!





















sar1684p
自転車乗りの肉料理は、鶏の柚子胡椒焼き。

菊池の年配の方は青唐辛子のことを「胡椒 」と呼び、その胡椒を使って作るのが柚子胡椒です。刺身、冷奴、餃子、サラダのドレッシング、みそ汁、それに肉料理など何にでもつけて食べます。もともとは大分県の大山町が起源らしく、近くにあるもので調味料ができないだろうかと試行錯誤の上、柚子(黄色くなる前の緑のもの)と唐辛子(赤くなる前の緑のもの)と塩をベースに出来上がりました。

年配者がいる家庭では、伝来の作り方で柚子と唐辛子と塩に秘伝の?をいれて1年分を作って、大事な方に配ったりします。うちも建物の斜面や所有の山に柚子を植え、自家菜園に唐辛子を栽培し1年分を作りおきしています。

鶏の柚子胡椒焼き、ピリッとして美味しいですよ。






















sar3022p
挨拶って大事ですよね。

元気よく挨拶されるとハッと目の覚めるような気持ちの良さがありますね、菊乃家では菊ちゃんの威勢のいい元気な声が響き渡っています。

味もサービスもいいんですが、気持ち良く過ごせる店も足を運ばせる理由でしょう。


菊乃家
電話 0968-24-5408
地図はこちら
  1. 2010/12/15(水) 19:33:00|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の阿蘇火口ライド

pjasosank
東京と鹿児島の友だちの方が冬の阿蘇を走りたいと来られ三人で冬の阿蘇を満喫してきました。

二人とも夏に一人旅やサイクリングチームで宿泊されていましたが今回はそれぞれ奥様同伴です。よってコースも女性二人は菊池や阿蘇の観光ルートレンタカーで楽しまれ、途中サイクリングの私たちと落ち合いランチで楽しもうという仲良し夫婦の大人の阿蘇の旅です。

前夜は【伝心伝承菊池膳プラン】の夕食、私もお邪魔してスッポンの丸鍋や山女魚の煮付け、刺身、炭火焼などと地酒菊池川微発泡赤ワインで大いに盛り上がりました。

奥様方の観光コースは、朝食後に菊池釜を訪問、11時に菊池渓谷で予約してあった観光ボランティアさんの案内で渓谷内を散策、その後はカルデラ一周コースでミルクロードを通り大観望・阿蘇神社など観光して14時に南阿蘇の阿蘇望の郷くぎので待ち合わというルートになります。

私たちのルートは写真の通りで(pjさん拝借)菊池から387号で菊池渓谷方面に行き渓谷麓の立門から左折し、菊池高原CC・フラワーヒル菊池高原を過ぎて205号でオートポリスへ、激坂を登って北山展望所、ミルクロードからマピュタを下り阿蘇平野へ、ここから阿蘇パノラマライン草千里・阿蘇火口に登る。帰りは阿蘇吉田線を下り南阿蘇から待ち合わせ場所の阿蘇望の郷くぎの、近くのグランツムーツでランチして菊池へ帰るルートです。




















pjst0188
9時7分、奥様方に見送られて菊池出発、快晴ですが肌寒く、今日のスタイルは冬用インナーに長袖起毛ジャージ、下は半レーパンにレッグウォーマー、冬用グローブ(3℃~10℃)携帯するのはウィンドブレーカーとネックウォーマーという冬の阿蘇にはちょっと寒いかと思いましたが登りが多いし晴れなので大丈夫だろうと悩んだあげく最近の定番スタイルにしました。

菊池高原CCを過ぎてから205号は、森の中を走り夏にはいいかもしれませんが陽が差さず冬はちょっと寒い、でも車も少なく快適そのもの、やがて野鳥の鳴き声や川のせせらぎの音に代わって聞こえてくるのは、車のマフラーの爆音やタイヤのきしむ音、そう山の中の盆地にあるオートポリスに到着、ここから激坂を登り北山展望所へ10時45分到着。

眺めはいいし、快晴の好天気、そこで正しい補給食の取り方は、ジャージのポケットに入れた朝食バイキングのおにぎりを食べながら雄大な阿蘇平野や阿蘇五岳の景色を楽しむというもの、最近仲間入りした「カレーおにぎり」が美味しいとのことでした。





















pjst2830
さて、あそこのてっぺんを目指そうか、そう、阿蘇火口だ!

着いてしばらくすると段々冷えてきて、気温は3℃、それに風もありウィンドブレーカーを着てミルクロードへ、道の脇の水溜りは凍っているし日陰は霜でびっしり、体感温度は氷点下じゃないか、外輪山のてっぺんを走るミルクロードの天候はやはり想像以上で肌を刺すような風、特に冬用グローブ1枚では手がかじかみインナーグローブを持ってこなかったことを後悔しました。でも走り行く車の中じゃ到底味合えない自然の厳しさをこうやって感じることは最近何事も「我慢」をすることのない生活に慣れた自分に渇をいれるようで悪くはない、山を下るまでの辛抱とブルブル震えながら走りました。





















pjst0189
11時05分、ラピュタ到着、お二人のご様子の通り思わず感激の景色、今日のコースのなかでも一番見て欲しいポイントです。ここは阿蘇平野からの登り口を捜すのも難しいし、ミルクロードからの降り口もよく判らなくて意外と地元の人ももあまり知らないところです。

眼下に広がる景色は到底カメラにおさめきれるものではない、阿蘇平野へ続くラルプデュエスのような激しいつづら折りの道は日本ではまず見ることができない誰しもが感動する天空への道でしょう。

まさしく、ラピュタだ!




























pjst0194
阿蘇平野から57号に出て阿蘇パノラマラインへ、3キロくらいは杉林に覆われた林道みたいですが、やがて眼下には世界一のカルデラ、さらにその先には外輪山、鍋の中心にいて、鍋底と鍋ブチを見ている感じです。真っ青の空に観光ヘリが飛び、坂を登りながら気晴らし手を振ったりと、4%くらいの坂が徐々に厳しくなり寒いのに頭や顔から汗が噴き出し、ジャージの胸をはだけると冷気で体の芯から寒くなる、日陰では道脇が凍りつき気温も一気に下がり思わずジャージのファスナーを締める、天候次第で10度以上は違う阿蘇をそれぞれの実力で気兼ねなく登り私は最後に草千里展望所に到着しました。

この景色の正面の外輪山から、さっきサドルの先をむけていたところが北山展望所、対極にあるここから見ると、「えっ」あそこから来たのと、やよくやるなあと思わず三人で笑顔。























pjst0197
阿蘇山ロープウェイの阿蘇山西駅の駐車場の脇を奥へ進んで有料道路を通り(自転車無料)自分ではこれが限界と思える坂を止まりそうなスピードで登って阿蘇中岳火口の阿蘇山ロープウェイの火口西駅へ到着、心拍は軽く180超え、呼吸が落ち着いてちょっと歩いたら未だ噴火中の世界でも珍しいカルデラを間近に見ることができます。

蒸気とガスの噴煙、火口湖のグラグラと沸騰しているエメラルドグリーンの水が神秘的でした。






















pjst0198
帰りは吉田線で南阿蘇へ、気合いれて、寒さを我慢して、慎重に下る、ぐわーんと風を切り裂いてどこまでも下る、怖いのとスピードへの快感がの交錯するなか、まっしぐらに、



















pjst0205
2センチ足らずのタイヤで時速60キロの世界。


火口から一気に下って、30分で待ち合わせ場所の阿蘇望の郷くぎのへ14時ジャスト着、観光組の奥様方もちょうどその時間に着いて完璧な時間配分に案内役としてはちょっと自慢だ。




















rarup5265
グランツムートでパスタやピザや、ここのウリのスモークチキンやスモークベーコンの入ったパンをを食べて15時に出発、快晴だった空も何やらどんよりと雲も出てきて寒くなりそうなので急いで帰ろうと、最短距離のコースを選択し57号から325号で菊池へあっという間に到着しました。

お二人もたいへん満足してもらい一組はお帰り、一組はもう一泊し阿蘇火口ライドが終わりました。
奥さん方もとっても喜んでもらって、こんな仲良し夫婦のそれぞれの「観光」もこれからありかなと思う二日間でした。


走行距離   120キロ
走行時間   5時間30分
消費カロリー 4009kcal
  1. 2010/12/13(月) 13:11:23|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カシュガイ族の絨毯、GABBEH

gab001si
ギャッべ(GABBEH)とはペルシャ絨毯の原点とも言われる絨毯でイラン南西部ザグロス山脈一帯で遊牧生活を送るカシュガイ族が作る絨毯です。ペルシャ羊の原毛を手で紡ぎ、山に自生する植物や果実などを微妙に調整しながら、美しい草木染の糸を作ります。先に張った経糸に横糸を一本一本結んでいきます。草木染された糸は色あせることが少なく美しい風合いは時を重ねるごとに増してゆくこの世に一枚だけの絨毯になります。





















gab002si
3年前、菊池で家具屋を営む鳥越さん夫妻がこの絨毯に出会い、現地イランに赴きギャッべを取り扱うZOLLANVARI(ゾランバリ社)と契約して、南阿蘇の俵山の麓に「ASOシルクロードギャラリー」というイランの遊牧民の絨毯GABBEH(ギャッべ)の専門店をオープンされました。






















gab7missIMG_2361.jpg
今でこそこんなパンフレットができましたが、全く広告はされていないしホームページも無いのに口づてで広がり多くの顧客の方がいらっしゃるようです。


















gab003si
店のオープン当初に家内と挨拶がてらお邪魔すると、この絨毯の美しさ感動、積み上げられた絨毯の山からこれはと思う1枚と巡り合いました。

価格は高級自転車1台分くらいで我が家には到底考えられないもので一旦帰って話し合い、無いなら無いでもいい贅沢品と思いましたが、目に焼きついたGABBEHの美しさと当時家内が病を患ったりして運気を呼ぶためにも大奮発してローンで購入しました。





















gab004si
南阿蘇の俵山の麓という阿蘇の山々が一望できるすばらしい環境に、鳥越さんご夫妻の熱意で貴重な絨毯が遠くイランから問屋を経由せず販売されています。それは、古代より伝統を尊重し天然素材100%の絨毯である世界一の証、伝統工芸部門でオスカー賞を受賞したZOLLANVARI(ゾランヴァリ)社の専門の目で選ばれた良質なお墨付きの絨毯ばかりです。





















gab005si
ペルシャ絨毯の地イランは下絵や図案があるペルシャ絨毯が有名ですが、遊牧民がつくるギャッべは下絵が無く1枚1枚が世界にひとつだけの絨毯になります。阿蘇を観光される機会がありましたら一度是非立ち寄られたらこの絨毯のすばらしさ出会うことができます。


















gaba82366h
このお店には鳥越さん夫妻とこの娘さんが交代で案内されています。ギャッベは稀少な高級品ですがお店の敷居はとっても低いですからギャラリー感覚で気軽にどうぞ♪

場所は熊本空港・西原方面から俵山トンネルを過ぎて1km先の右の丘

ASOシルクロードギャラリー
阿蘇郡南阿蘇村大字河陰3485-1
電話0967-67-3833
  1. 2010/12/11(土) 14:09:27|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開高健さんの命日

ken4682zoo
1989年(昭和64年・平成元年)の12月9日、午前11時57分、食道腫瘍に肺炎を併発し済生会中央病院で逝去、享年58歳でした。

29年前、小説家、開高健さんに憧れて、当時人気企業であったサントリーの面接を受けました。求人先は広報部門でしたので新商品のプレゼンを書いた資料を手に大阪本社に行きました。提案したのは従来の瓶ビールから小さな瓶のライトビールで酒を飲むというよりもお洒落にビールを楽しむというものでテレビCM用のイラストやBGMも盛り込みけっこういい出来だったように思いました。必ずその時代が来ると九州の田舎者は赤ら顔で夢を説いた結果、内定が決まり有頂天でいたところ確か2月くらいだったかな「遺憾ながら・・・」の封書で私のキラキラ光る希望に輝いた就活は終わりました。


昨日が開高健さんの21年目の命日で毎年この夜は飲み明かします。銀座のバー「ばあもす」には現在も開高健さんのボトルがあります。サントリーの山崎12年とマッカラン1973の2本、いずれも小説家本人が入れたもの、「ばあもす」はスペイン語で「さあ、いこうよ」という意味で、南北アメリカ縦断の旅から帰ったばかりの小説家が、旅先ですっかり耳に馴染んだ言葉を授けてくれたものと聞いています。

昨晩はこの2本、クラスは違いますが山崎とマッカランでしたたかに酔いました。


















ken4683zoo
大分県の長湯温泉に大丸旅館という老舗旅館がありそこの談話室に開高健さんの書籍のコレクションがあります。
最初はラウンジ&バーでしたが今は談話室になり本棚にびっしりと並んだ本を読むことができます。ドアには『kaiko』のプレートがあり邂逅と読ませていますがオーナーの開高さんに対する思いが伝わる貴重な場所です。





















kenp1085zoo
開高健さんが亡くなった翌年、出版者から未亡人で詩人の牧羊子さんを中心にして、開高さん対して書かれた多くの追悼文を一冊にしようとなり、そのなかで谷沢永一さんや向井敏さんが文芸春秋に掲載された島地勝彦さんの一文を強く推薦しましたが牧羊子さんは即座に掲載を拒絶されたといいます。その理由は「シマジのあれは、下品です」と言われたいう。

島地勝彦さんは当時の週刊プレイボーイ編集長で、読者から寄せられた難問、奇問、珍問の人生相談に開高さんが答えるという企画でしたが本人は断り続けていました。その嫌がる開高さんを島地さんが説き伏せた経緯が文芸春秋1990年2月号「開高健、砥ぎすまされた哄笑」として掲載されました。これが面白い、何度呼んでも七転八倒するほど笑う、家族から気持ち悪いと言われるくらい大笑いするんです。しかし、作家と編集者の間柄を越えた友情と晩年の開高さんの素顔が感じとれるものです。

開高健、砥ぎすまされた哄笑 1990年文芸春秋2月号





















kening1210
3年前、開高さんが最上のカクテルと名言したマティーニの秘密のレシピを授けられた、「Noblesse Oblige」という開高さんの定席であることを示すメモリアルプレートがある赤坂の「バー木家下」に行き、開高さん一色の店内に感動していると、店主の方でしょうか「座りませんか」とお招きを授かりその席で極上のドライマティーニを飲む幸せを味わいました。
そして、たまたまいらっしゃったお客さんを紹介されたのが開高健記念館の館長さんでした。翌日行くことにしていたので道順など教えていただき、開高さんの逸話もお聞きしたりと幸せな「バー木家下」でした。

葉巻の煙漂うバー木家下、大阪のたこ梅、ジャンジャン横丁のてんぐ、そして開高邸、氏のゆかりのある地を追っかけています。あと、茅ヶ崎のジンギスカン屋、越前のこばせ、銀山湖・・・・まだまだ行かなければならないところは数知れません。























ken4684zoo
2008年 長湯温泉 大丸旅館「kaiko」にて

とてもいい旅館です。来年の開高健さんの命日はやはりここがいいな。
そして、宿のお許しがあれば、「kaiko」で一杯やりたいな。

最後に開高さんの好きな言葉を、

「ええか、男はナ、」

「上を見て生き、」

「下を見て暮らさないかんのャ。」

「そういうこっちゃ」


  1. 2010/12/09(木) 21:06:26|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

●美チカラUP●女子会で体の中からきれいになろう♪

ftr0354i
女性のみなさん専用のプランができました。

■ 男 子 禁 制 ■女子会プラン………∞*

乙女心をくすぐる<女子会プラン>ができました。
たまには女性同士、恋・仕事・子育てなど・・
つきない悩みを語り合いましょう♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<特典1>
お部屋ごとにお好きなドリンクをお選びください♪

●地酒 菊池川(四合瓶)
●芋・麦・米いずれか焼酎5合瓶
●赤ワイン(フルボトル)
●選べるドリンクお1人様2杯
(梅酒・チューハイ・生ビール・ソフトドリンク)

*選ばれなかった場合は、おすすめ微発泡赤ワインやファルネーゼ等をご用意します。

<特典2>
コラーゲン茶碗蒸し&デザートは調理長おすすめデザート

<特典3>
のんびり準備でOK♪レイトチェックアウト11時(通常10時)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ お料理 ■
体の中からきれいになろう♪
もろみポーク・ネッカポークの食べ比べプランをご用意します。
豚肉には体内の脂肪を燃焼させるビタミンがたっぷり含まれているそうです。
お部屋食だから、ガールズトークも弾みます♪

【朝食】フレッシュ生ジュースなど60種類以上の健康バイキング

■ 温泉 ■
化粧水がいらないほど潤うトロットロの温泉♪
翌日にははっきりと違いがわかるはずです!
アメニティも15種類完備しておりますので、手ぶらでも大丈夫☆

★★温泉でお肌ぷるぷる×パワースポットもすぐ近くです★★

お友達の忘年会や新年会におすすめです。

お得な本館タイプのご予約はこちら →ここをクリック

ちょっと贅沢な東館はこちら→ここをクリック

じゃらん、楽天でももちろんご予約できます。


最後まで見て頂いた方にはこんな特典が!

●ご紹介●
ポンパレにて、アマゾンのギフト券1000円分が100円
というのが出てますので、是非、ご活用下さい、1登録1枚ですが900円は大きいですよ。
http://ponpare.jp/uw/uwp1101/uwt1101init.do?code=0000253&areaId=58
  1. 2010/12/08(水) 20:24:57|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青空一色、初冬のぐるりと阿蘇カルデラ一周ライド

rasq0102
雲ひとつない晴天の中、久し振りにぐるりと阿蘇カルデラ一周ライドに行ってきました。

今日は福岡の友人と二人、阿蘇は霜が降りているとの情報に装備に悩んだ末に結局最近お決まりの上が冬用インナーに長袖起毛ジャージ、下は半ズボンのレーパンにレッグウォーマー、グローブは冬用、それに携帯用ウィンドブレーカー持参で9時すぎ菊池を出発しました。

スタートしてしばらくは寒かったのですが、ミルクロードの阿蘇外輪山の北山展望所まで25キロのずっと上りが続くのですぐに暖かくなりました。ただ、菊池渓谷の入り口の念仏橋に来るとグンと冷え込みますが、ここから勾配もきつくなりちょうどいい感じでした。

ホテルの庭では野鳥の鳴き声がひっきりなしに聞こえてくるのに、標高が上がるにつれ少なくなり、渓谷を過ぎるとぱったり聞こえない、鳥たちも昆虫や果実など食べ物がなくなって里へ降りたか、渡り鳥は暖かい地へ移動したのでしょう、以前、熱帯雨林の森の中のようだった一番辛い坂の深葉地区は静寂に包まれていました。

道の脇には至るところに40~50センチの山芋を掘った穴があり最近とても増えたように思います。それは地元の方ではない趣味や実益を兼ねたおじさん達かな、掘ったらちゃんと埋めていかないと危ないですねえ。

イノシシがミミズを漁って土を掘り返した跡もたくさんあり、そういう自然のことも知っていると走っていて楽しいし、目を奪われますね。


さて、北山展望所到着、今日は1時間24分。

ご覧の通りの快晴、阿蘇五岳の山肌までくっきりと見えるほど澄み渡り、稀に見る360度の大パノラマは遠く九重山岳とその噴煙まで見ることができました。

無風で気温15度、今年の夏12度の日もあったのに、今日はうって変わって太陽がジリジリと強烈な日差しのポカポカ陽気でした。





















rasq0106
北山展望所を過ぎてしばらく行ったミルクロード沿いにある牧場、星条旗の馬車が目印でその背景には九重連山がくっきりと見えました。カウボーイスタイルの若い女性と馬が一頭いて、塀越しに餌をやったり引き馬で乗ることもでき、裏の窪んだところにある牧場ではや体験乗馬や原野のトレッキングもできるということでした。


























rasq0120
この先にある乗馬ができる老舗の牧場、エルパティオさんのドアを開けて乗馬するのは始めからその目的がないと気が引けますが、ここはミルクロード沿いに車を止めて間近でエサをあげることができ、引き馬とか乗馬が初めての方ででもできますよなんてトーク言われると衝動的に行ってみようかとなりそう、でもエルパティオさんはレストランもあるのでランチをとってお話聞くのもいいかもしれませんね。しばらく馬を見てたり、触ったりしてるとちょっと体験したくなりました。























rasq0125
今気づくと写真は青空ばかり、昨日は余程印象に残ったんでしょうね。

ここは大観望、バスだらけ、車だらけ、大型バイクだらけ、人だらけ、ロードバイクで行くにはちょっと異様な感じでした。人の多い本来の大観望を避けて手前の峰からの一枚、この付近はディレクターチェアで景色を楽しむ人や愛犬と一緒の人など静かに楽しみたい人向けのところでした。

ここからやまなみハイウェイに出て阿蘇平野に下り、一の宮でお茶休憩し265号で箱石峠に上るコースですが、エルパティオ牧場の前を通る大平原の道を走りたくてちょっと寄り道しました。九重を左に見ながら併走して走れるほど車は少なくなかなかのコースでした。阿蘇やまなみゴルフ場の前から57号突っ切り、波野地区の山村をあっちこっち迷走して265号へ出ましたが知らない道を方角を頼りに行くのもちょっとした冒険気分でしたね。
























rasq0144
高森の月廻り公園、ギザギザ山の根子岳と熊本で一番高い高岳が真正面に見え、熊本一の景勝地と自負するのもまんざらではないかも、芝生広場や食事処、温泉もあり家族連れで賑わっていました。

さて、ここから白川水源を通り久木野へ行き俵山を目指します。






















rasq0164
28号沿い、阿蘇望の郷くぎの、そのすぐ先にあるグランムーツとそばの実カフェでお茶休憩、この二つはドアは違うものの中に入ったら同じ店になっており、普通のパン屋さんですがパンを買って隣のカフェに飲み物を注文すれば利用もできます。

パン屋もカフェも賑わっており、私らはカフェの誰もいないテラス席に行き阿蘇山を眺めながら優雅な時間を過ごしました。




















rasq0160
ホットドッグをこの位置から撮ると、

まるで阿蘇の五岳なのだ。






















rasq0161
グランムーツ & そばの実カフェ、庭に燻製室を持ち、店の入り口に木のチップを乾燥させながらアピールも。

このお店のウリは、スモークベーコンとスモークチキンが具材のピラフとパスタとピザ、これがおすすめ、私が食べたのはホットドッグ、上質なスモークベーコンたっぷりで、おやっと思うほど芳醇な薫り、ついシングルモルトのウィスキーが飲みたい衝動に。

9日は開高健先生の命日だし、アイラかスペイサイト、いや開高先生だからやっぱり山崎だね、今年は思い切って12年物を飲もうか。

























rasq0179
阿蘇の山々を背に俵山を越えたらあとは一気に下るだけ、フワフワ飛んでるハングライダー、今日は最後まで青空を眺めていたなあ。

もう立ち寄るべきところは無い、あとは家路を目指すのみ、大津から325号を友達に引いてもらって残り10キロをラストスパート、なんかこう最後に頑張ると気分もいい、「やったね」が「やったぞ」くらいになるんです。

自宅到着、無事カルデラライド終了、阿蘇は何度行っても、いつ行ってもいい、深い森、雑木林、原野、人、家畜、村、田園、そして見上げと登り坂、今日もくたびれたけどいいものを見た一日でした。



走行距離  130キロ
走行時間  5時間32分
消費カロリー3543kcal
平均心拍  141bpm
  1. 2010/12/06(月) 12:56:27|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小松菜のぬか漬け 明日はカルデラ一周へ

newte0482
農家直送、大量の小松菜はおばちゃんたちの熟練の技で漬物になりました。

























newte0475
小松菜はぬか漬けに、

ぬか漬けはもちろん「ぬか床」が命、渋柿の皮、唐辛子、山椒の実、昆布に塩がはいり、

























newte0483
塩とぬかを交互に振って重ねる、ただそれだけ、

ここでおばちゃんたちの仕事は終わり。

あとは14年のヴィンテージ謹製ぬか床におまかせ、

毎日欠かさず漬けてきた野菜のエキスと渾然一体となったぬか床は乳酸菌の力をかりて、

最高の漬物に仕上げます。



























newte0484
糖尿病の予防・脳卒中の予防・大腸ガン、胃ガンの予防・胆石を防ぐ・胃腸の強化・肥満の防止・歯や骨を丈夫にする・・・・・まだまだたくさんある、医食同源の代表たる日本が生んだ食の傑作と言っても過言ではないでしょうか、それと一番大事なことは・・・・・美味しいこと!

一度当館で無添加・無着色・保存料等一切ない本物のぬか漬けを食べてください。そして自分で床を作って日常的に食べましょう、食べることを習慣にしましょう。

茄子、キュウリ、大根、人参、赤かぶを今漬けています。
ぬか漬けは一晩が基本、一夜漬けと考えて、スーパーでその時安い野菜、何でもいいですから漬けて翌日食べてみてください。間違い無くその美味しさに感動するはず、ただぬかに漬けただけ、なにもしないのに、

そして健康と握手しましょう!




















newte0007
明日は久し振りに「ぐるりと阿蘇カルデラ一周コース」を走って来ます。

1年間大怪我もなく、無事に守ってくれた阿蘇の神々にお礼を詣りも兼ねて135キロ、行ってきます。

では。
  1. 2010/12/04(土) 20:06:48|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気入りの酒の肴

bta0518v
自転車世界一周冒険旅行、その日数は何と7年半!
9万5000キロの冒険記だね。

こういうことはできないけど、この世に生まれたからには世界中の隅々まで見てみたいと切実に思いました。
でもそれは無理でしょう、って言うのは豪華客船や高級ホテルじゃなくても一夜を安全に過ごせる宿だったら可能かも、、食事もいつもレストランでなくて宿で夕食と朝食は自炊しお昼は弁当を作って済ましちゃう、物価の高い国はね、安い国は贅沢に、そして訪れた町が気に入ったら2ヶ月も3ヶ月もそこで滞在したいだけ過ごす、作者が続けたこんな旅は次なる目標に成り得るかも。

















bta0178v
先日のツール・ド・おおすみでエネルギー補給のジェル、私の誕生日の娘のプレゼント。

頑張れたのはこのお陰かも。



















bta0180v
なんせ、天然スズメバチ抽出液だからねえ。

本番での勝負ものはこだわらないととね、娘に感謝。





















bta50348v
今日も旭志の山の整備、ついでに椎茸山に行って収穫。























bta0514
どうですか、この組み合わせ!

どんこ椎茸と今が旬の川カニです。

どんこ椎茸はバター焼き、調理長から教わった最後に醤油をひとふりすると見事な絶品に、まるでステーキのようです。川カニは甲羅を開けると芳醇な味噌がデラーッと、両側のエラを取り手で二つに割り、味噌すすったらそのまま足の手前までがぶっと一口、同じようにもうひとつも、これは今だけの地方在住者の恩恵です。
またたく間に6匹終了、足は無視、好みもありますが私はカニではこいつが一番だと思います。食べた後、手を洗う必要がない、こう言えば伝わるかなあ。

旬のもの二品を肴に酒はやっぱり菊池川、無心で食べて落ちついてきたら、旅のこと、自転車のこと、メモ帳に思いを書いて、夢は大きくふくらむのです。

もう一杯、菊池川。
  1. 2010/12/02(木) 21:04:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人参ジュース、キャロット好評です。

ikdd9392
朝食バイキングの人参ジュース、会場にミキサーが置いてあり、人参を投入するとグヮーンと音とともに生ジュースの出来上がります。何も入れない、人参そのままのフレッシュジュースです。

何しろ人参だけですから、みなさんはじめは怪訝な顔をされますが、係が「甘いですから」とおすすめすると、「美味しい!」とお代わりされるのがいつものパターンです。

一度お越しになった方は、これが旨いんだよと真っ先に飲まれる人気の逸品で、生臭さなど全く無くて本当に甘いジュースです。























ikdd4636
これがその人参、皮付きのままミキサーにかけますが、見てください、いびつな形で肌も荒れてシミのような斑点もあり見かけは悪いです。このような商品はまず市場には出回らないでしょう。

























ikdd4642
でもこれが特別栽培(無農薬)の人参で、菊池市原の池田勝美さんが作られたものです。

実は池田さん、私の従兄で今でも「かつみ兄ちゃん」「こういちちゃん」と呼び合う親戚で、うちの朝食バイキングのテーマである、故郷・健康・ムラごはんの話をした際この人参のことを聞いたのが始まりでした。

この人参は数年前から熊本市内の大きな病院より無農薬の栽培の依頼を受けて作られたもので、池田さんが大手企業と契約栽培の無農薬のケールを大規模に作っておりその実績により依頼を受けたものでした。

人参はジュースにして患者さんに飲ませているそうで病院にはガンセンターもあり間違いなく体に良いものだろうと思いました。そして、もちろん美味しいということが導入の最大の理由でした。

どのような効能があるのか、量はどのくらいが適当なのか、マイナスはないのか、それはネットで検索してお調べください。
うちでは、5オンスの紙コップで軽く一口をおすすめしています。(トップの写真は申し訳ないです、見栄え的にグラスにしています)

ついでに、しじみの味噌汁(宍道湖産の当然生)、ノンアルコールの甘酒(当然自家製)、ぬか漬(何度も紹介した自家製14年のヴィンテージぬか床)あたりもネットでどうぞ。

私もロードバイクをする前は、栄養とか、カロリーとか、消化に良いとか考えることなんてなかったのですが、100キロを超える距離を走ったり、阿蘇山の火口まで登ったりしていると必然的にそのことを知っていないと目的を果たすことはできません。(いずれも目的地に行くのは全力での話)水分補給にしても、ポカリやアクエリアスなどのスポーツドリンクでは片道ももたず、エネルギーや必須アミノ酸が含まれた専用のものを補給しないと走ることは不可能です。例えば先日走ったツール・ドおおすみでは2850キロカロリー消費し、バナナだったら36本分、ラーメンだったら6.3杯分と同じカロリーです。それをバランスよくドリンクやサプリメント、ジェルで摂取しなければなりません。でないとハンガーノックで終わりです。

そのような経験があって現在の朝食のメニュが出来上がりました。なぜ朝食かと言うと一日のスタートになる栄養を補給するわけですから3食のなかでとっても大事であること、たくさん食べても太りにくい時間帯の摂取であること、それと習慣にしやすいことです。

たかが朝食ですが、されど朝食なんです。まして朝食抜きなんてありえません。
「医食同源」(医療と食事は体を良くするということでは同じものであるという考え方)を基本に美味しい食事を楽しんでください。
  1. 2010/12/01(水) 20:43:01|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: