コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2010年09月 ] 記事一覧

菊乃家大将の写真展

温泉街でも人気の居酒屋「菊乃家」、大将の「きくちゃん」は、タイムのロードバイクも乗りますが、写真が趣味で若い時にはコンテストで受賞し篠山記信から記念品をもらったほどの実力、そのきくちゃんの写真展が菊池夢美術館で昨日から開催されています。菊乃家は地元の常連さんからビジネス出張の方々など平日でもいつもいっぱいの人気店です。その人気の秘密は、きくちゃんの性格でしょうか、同じサービス業としてまず言えるのは...

日本棚田百選へ行く。

日本棚田百選の山鹿市菊鹿町「番所の棚田」と彼岸花を見に家内とサイクリングに行ってきました。棚田の黄金色の稲穂と。畦(あぜ)に咲く彼岸花とのコントランスは、目の覚めるような鮮やかさでシニアのみなさんを中心に多くの見物客で賑わっていました。自転車で来ていたのは私たちだけでしたが、このような目的ならばほど良い速度で見物できるサイクリングが一番だと思います。標高は260mくらいなので登りはありますがその分感...

秋におすすめはこれ

これなんでしょう?正体はこれ、秋とは言え、まだまだ暑くて、冬に向けての野菜の苗にはシャーッとこんな散水が必要。僕の散水はこれ、今の季節はぜったいこれ、微発泡の辛口ワイン。名前は、アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコワインの紹介コメントには、『食の都「エミリア・ロマーニャ」のランブルスコ。バラや苺の甘い香りとフレッシュな弱発泡性ワイン、しっかりとしたタンニン、ドライ感は食事を選ば...

菊池へ行こう! ”百姓三昧”

菊池環境保全型農業技術研究所が主催する『菊池へ行こう! ”百姓三昧”』が快晴の今日開催されました。参加者は、この農法に興味ある方、美味しい野菜を食べたい方、育てたい方、お子様の農業見学、菊池の美味しいお酒を飲みたい方、それから菊池の野菜を販売したい方など農業に興味がある皆さんで、無農薬無肥料で育てる米や野菜やメディアでも有名になった「走る豚」などをマイクロバスで現地に行って見学し、生産者から生産方法...

継続は力になると思う。

朝食バイキングにまたひとつ、菊池の田舎料理【のっぺ汁】が加わりました。今月から試験的に出していましたが評判もいいし、仕込みも順調で食材も定まってきたのでメニュに仲間入りしました。「のっぺ汁」は「のっぺい汁」ともいいますが、菊池では方言として「のっぺじゅる」と発音していました。でも今では田舎のお年寄りの方くらいでしょうか、方言は恥ずかしいことに思えて失われてしまいます。せめて料理だけはこの仕事を通じ...

ツール・ド・おおすみサイクリング大会

ここは鹿児島県鹿屋市にある居酒屋 錦(にしき)さん、後ろで万歳しているのが名物のご主人、周りの女の子は鹿屋体育大学の学生さんでこの店のアルバイトのみなさんです。例年秋の終わりに開催される『ツール・ド・おおすみサイクリング大会』に行った際に前泊し食事を兼ねた宴会で必ずお邪魔しています。写真は昨年のもので、志布志湾や錦江湾で獲れる海の幸を堪能していると、いきなり何の前触れもなく、真っ暗に、停電か、する...

funride見て阿蘇へ

自転車専門誌『funride』9月号に紹介された阿蘇カルデラコース、「緑の阿蘇山地をマルッと一周の旅」の記事を見て、宿泊のお客さんから初心者だけど自転車で走ってみたいとご相談があり、案内がてらに一緒に走ってきました。「初心者だけど阿蘇を走りたい!」「25キロで900メートル登りますからキツイですよ」「頑張ります!!」気合十分のお二人は半年前にお揃いのKUOTA KHARMAを購入、今までの長距離走は60キロで山岳コ...

金運強し、八大龍王神社

5年前、福岡のテレビで竜門ダムの麓にある龍王神社の御札が幸運を呼ぶと多くの体験談とともに放送されました。宝くじの高額当選や店が急に繁盛したとか、病気が治ったなど様々な幸運の声が紹介されると、日頃はのどかな田園の村に県外ナンバーの車が押しかけ、標識もない農道ゆえ道に迷う車が溢れ一時はちょっとしたパニックになりました。この付近は竜門ダムへロードバイクで行くときに通りますが、現在は平日で1時間に1台くら...

熊本国際ロード2010

『熊本国際ロード2010』が10月10日開催されます。この大会は、UCI公認クラス1-2レースで国際自転車競技連合規則によるUCIアジアツアーレースになり、UCIアジアツアー・ロード選手の強化育成と九州、熊本での国際ロードレース大会開催による自転車競技普及促進を目的としたものです。また、中高生対象JCF登録者レースとして「チャレンジサイクルロードレース2010九州大会」も2日間に渡り同時に開催されます。場所は当館から5...

1300年前の景色、今が見頃です。

ここは当館から5km、山鹿市菊鹿町にある熊本県立装飾古墳分館歴史公園鞠智城です。1300年前の古代山城「鞠智城」は本来「くくちじょう」と呼びますが現在は「きくちじょう」と呼んでおり、韓国と日本を結ぶ歴史ある建造物に地元山鹿市・菊池市で国営公園を目指す運動を興しています。鞠智城は、東アジア情勢が緊迫した7世紀後半(約1300年前)に、大和朝廷(政権)が築いた山城です。日本は、友好的であった百済を復興...

山女魚料理専門店 山の神

当館から30分、八方ヶ岳の麓、矢谷渓谷にある山女魚(ヤマメ)料理専門店、【山の神】さんです。山深い秘境の地、冷たい源流の水で育った川の女王を、甘露煮、塩焼き、刺身、天ぷら、味噌汁で食べることができます。ただし、経営されている方や働いている方は椎茸栽培が本業で、例年オフ期になる4月20日から9月15日までの営業となり閉店間近にお邪魔しました。開けっ放しの食事処は真夏でもクーラー要らず、爽やかな渓谷の...

雨ニモマケナイ、阿蘇ライド@

昨晩から泊まられていた「セカンドウィンド鹿児島」のみなさんと私たちのチーム「DRCC菊池観光ホテル」と一緒に玄関前で記念撮影。このあと鹿児島のみなさんの復路は、387号から3号線で熊本市内を縦断し、天草方面に進み五橋を渡り天草下島の最南端牛深へ、フェリーで出水市へ渡りそこから新幹線で輪行し鹿児島へ、昨晩21時30分ごろ自宅へ疲れた模様、走行距離210キロ、天草と長島では土砂降りで往路より厳しかった...

鹿児島からロードバイクの旅 - ライブ映像

今日、鹿児島から宿泊のお客さん6名が今、自転車で走って来られています。以前紹介したロードバイクチーム「セカンドウィンド鹿児島」のみなさんです。現在走っているpjさんが、自身のブログに逐次経過状況をアップされていますので、勝手ながらこちらでもリアルタイムに解説付きで紹介したいと思います。(写真pjさん借用)まずコースは、鹿児島を4時に出発、267号薩摩→大口→人吉445号→五木→五家荘→美里218・44...

鹿児島より単独行

午前7時40分、携帯にメールが届く、鹿児島の友人N君から、「急ですが、今日、シングルをひとつお願いします、15時までには到着します。」・・・・・出張かな、15時40分、フロントから、「ご予約のN様がお着きになられました」と連絡がありフロントへ行くと、ジャーン!!フロントの前に立つのは、薄っすら日焼けして、DRCCのチームジャージに身を包む、うちのメンバーのN君だ!どうしたの、見ればわかるけど、自転...

ロードバイクを舞台にした小説

この本は風間一輝(かざま いっき1943年 - 1999年)著「男たちは北へ」です。東京から青森まで、国道四号線を自転車で旅する中年グラフック・デザイナーの一人称視点によるツーリング日誌と、途中偶然拾った本により自衛隊の陰謀に巻き込まれ、追う法務官の一人称視点による追跡行の、二つのパートが交互し進展して行くハードボイルドタッチの冒険とサスペンスはついつい一気読みしてしまう数少ないロード・ノヴェルとしてはおすす...

薩摩の友よ

今度の土曜11日、鹿児島からロードバイクで6名来られことを以前紹介しましたが、そのコースは国道3号線とばかり思っていたら、何と山岳コースと知り驚きました。しかし、よくよく地図を見るとそのコース選択の緻密さに納得した次第です。鹿児島を4時に出発、267号薩摩→大口→人吉445号→五木→五家荘→美里218・443号御船→菊陽325号→大津→菊池まだまだ炎天下の猛暑、そこを10時間以上かけて自転車で・・・想像す...

阿蘇モーニングライド

18世紀のイギリスの教会を再現した、阿蘇のミルクロード沿いに佇む「聖フランシス森の教会」。イタリアの教会ならばなおのこと良いのですが、まあ、そこはご勘弁を。ジロ・デ・イタリアでお馴染みのサイクリストのメッカ「マドンナ・デル・ギザッロ教会」がありますが、ロードバイクと教会はとっても似合うの絵。6時30分出発、387号を登り立門から45号(阿蘇公園菊池線)通称菊池阿蘇スカイライン(ミルクロード)を進み念...

居酒屋放浪記 ああ、やっぱり自遊亭

何はともあれ、頑張ったごほうびは自遊亭。ここは何が旨いかって、ご主人の魚の目利きによる魚介類が人差し指、中指が煮物炒め物の味の良さ、これでピース完了、薬指がパスタでイタリア料理屋もタジタジ、自転車乗りには必須の三連勝、小指は奥さんのルミちゃんかなー、いや、そうじゃなくてご夫妻の人柄と店の雰囲気でしょう、そして親指が、酒飲みにはこれが大事、日本酒、焼酎、ワインいずれもまっとうな品揃えで上見てグゥー、...

ファンライド効果

昼休みに竜門ダムまで行ってきました。ここは標高283m、人も車も少なく湖岸にあるサイクリング専用(1周7.8キロ)道路はいつも貸切、菊池市内から往復45分の距離で自転車を趣味にする人にとっては贅沢な恵まれたところだと思います。8月20日発売の自転車専門誌funride9月号に、阿蘇カルデラコースと当館が紹介されてからいろんな方からメールや電話を頂きました。びっくしたのは、すぐ近くのマドン6.9乗りのAさん、...

鹿児島から自転車で!

来週、鹿児島からロードバイクのチーム8名さんが自走で菊池まで来られます。「自走」というのは自転車に乗って来るということで、その距離280キロ!!たぶん11時間~12時間くらいでしょうか。もちろん皆さん方は、普通に仕事を持ち、趣味でロードバイクをされている方々で「チームセカンドウィンド鹿児島」さんです。写真は8月28日・29日に開催された「第27回シマノ鈴鹿ロードレース」のTT/A部門で優勝されたスナップ(pjさ...

裏山整備、焚火部長はトマトジュースがお好き~

今日もまた裏山の整備で、倒木や枯れた竹を焚き火で処分しました。近くに女性露天風呂があり、以前、夜間の照明にシロアリが飛んで来ると言うお客さんからの情報があり、すぐに専門業者に調べてもらったところ、露天風呂近くに放置された丸太に発生しているとのことでした。シロアリというだけで駆除費用でゾッとしますが今回はエサになる丸太などを無くせばいいということでした。専門家の説明によると、シロアリは自然の山に倒木...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム