コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2010年07月 ] 記事一覧

自遊亭で夕食

家内が今日は仕事でとっても疲れたので、夕食は自遊亭にしようと、即決。さっそくお邪魔すると、私たちで満席、女性グループやカップル、家族連れで大盛況の賑わいでした。付き出しは、冷しゃぶとキュウリの酢の物、冷しゃぶのピリッとしたもみじおろしがパンチが効いて抜群に旨い。刺身を注文、イワシとかつおのたたき、焼き物は写真のこれ、秋まで待てないサンマね。サンマは大好きで居酒屋でメニュにあったら必ず食べますね、そ...

朝食バイキングに新メニュー

暑いですね、いよいよ夏本番!食欲減退のこの時期、朝食に新メニューが仲間入りしました。それは、【菊池水田ごぼうのキムチ風ピリ唐煮】菊池市大字原平良々石の池田勝美さんが作られた菊池水田ごぼうを、韓国産唐辛子でピリッと、ちょっと刺激的に煮たパンチ力のあるごぼう料理です。さっそく、みんなで試食してみたところ、「旨い!」と絶賛、これなら食欲のないときでも、朝ご飯のおかずにピッタリじゃないでしょうか。今日は3...

ファンライドの取材、阿蘇を走る。

このブログをきっかけに、走って、遊ぶ、リアルサイクリストの自転車ライフ情報誌【funride】(ファンライド)さんより取材の依頼があり、阿蘇カルデラ一周コースを案内してきました。8月20日発売の9月号「旅自転車、空自転車」の取材でライターのタナカダンさんと写真家小野口健太さんのファンライドではおなじみのお二人、写真で寝そべっているのがタナカダンさん、案内役が私(中央)と高巣さん(左)です。前日、輪行で熊本空港...

けっこう涼しい、かぶと岩ライド

阿蘇外輪山、かぶと岩へ行ってきました。この時期、暑いので朝早く出て9時には帰ってくるようにしていますが、はたしてどのくらい暑いのか体験してやろうと10時に出発しかぶと岩を目指しました。菊池を出てだんだんと涼しくなり菊池渓谷まで来ると意外と快適、樹木におおわれているのでほとんどが日陰だからでしょう。このコースだったら炎天下でもぜんぜん問題ないですね。今までで一番早く北山展望所へ到着、1時間21分で前...

水戸家の佐々助三郎、菊池に来る。

嶋屋日記の紹介です。この日記は、寛文12年(1672)から文久2年(1862)にいたる190年間の菊池郡の文教・経済の中心地であった隈府町(現在の菊池市隈府地区)の豪商嶋屋に伝来した8冊からなる日記で、商人の手控として記録されています。(菊池市文化財指定)内容は、菊池に今も伝わる能「松囃子」(熊本県指定文化財)や、米穀その他の物価、いろいろな事件、世相などが詳細に記録されています。これは菊池地方のみならず...

★★菊池に行こう!! 百姓三昧★★

菊池環境保全型農業技術研究会からの体験宿泊プランのご案内です。この長い名前の研究会の考え方は、農業は本来、自然とともに食料を生産する環境に調和した基盤的産業ですが、かって土地生産性や労働生産性を追及したため、化学肥料や農薬を大量に使用し環境に悪影響を与えてきました。加えて、食品の不正表示事件やなど、食品の安全に対する不安・不信を引き起こし、消費者は「食」に対して高い意識を持つようになり、当館もなる...

菊池の川遊びスポットはここだ!!

真夏の川遊びの人気スポットの紹介です。当館より15分、国道387号を菊池渓谷の下流にある「ふれあいひろば大場堰」(おおばぜき)がおすすめ、重味の古川地区、菊池CC入口看板から200m先、菊池渓谷給油所の手前を右折し、川沿いの道を600mほど、菊池渓谷方面からだと水の駅を過ぎてすぐ左折です。 ここは、うっそうとした森に囲まれた大きな淵と7mの吊橋、堰付近の浅場といろいろな川遊びが楽しめます。なかでも一番の人気...

山菜おこわの仕込み

朝食バイキングの山菜おこわの具材の仕込みです。菊池の北方にそびえる八方ヶ岳(やほうがたけ)の麓、標高500mで原木栽培された村上正八さんが作った乾し椎茸です。豊かな菊池の自然が生んだ幻の椎茸は、乾すことにより生にはない旨み成分が出て山菜おこわには絶対必要な具材です。乾しぜんまい、これも山菜おこわにはなくてはなりませんね。乾しタケノコ、これも食感が楽しめて、なくてはならないもの、裏山で収穫したタケノコ...

阿蘇外輪山のきすげの花が見頃です。

阿蘇外輪山のかぶと岩に早朝ライドに行って来ました。菊池では快晴、こりゃ暑いだろと日焼け止めをたっぷり塗り、5時40分自宅を出発、25km登り標高945mの北山展望所を目指します。今日は半袖ジャージにレーパンで気温もちょうど良く快適に登り続け、菊池渓谷を過ぎると涼し過ぎるくらい、早朝なのにけっこう車が止まっており、三脚持ったカメラ姿の方が渓谷の中に行かれていました。朝早いので車も少なく、谷に響き渡る鳥の声と...

梅雨明けしました。

福岡管区気象台は、今日、熊本県を含む九州北部が梅雨明けしたと発表されました。いよいよ夏休みが始まる来週は太平洋高気圧に覆われ、菊池では最低気温が25度、最高気温が33度を越える日が続きます。平年並みの梅雨明けですが昨年と比べたら18日も早いことになります。昨日からやっと晴れましたので、雨でごぼう畑に農機具が入れず、冷蔵庫に保管してあったものを使っていましたが、今日収穫したばかりのごぼうが農家の方より入...

壱岐から思わぬプレゼント

今年の大会が中止なった壱岐サイクルフェスティバル事務局から、思わぬプレゼントが届きました。口蹄疫のため直前になり中止となり、すでに用意されていた記念品や大会パンフレットなどで参加者からすれば有り難い記念に残るものばかりです。それにエントリー費用はすでに全額返金されており、たいへん申し訳ない気持ちでいっぱいです。記念品のTシャツと今年から採用のプラスティク製の自分の車両ゼッケン、これはなかなかプロレ...

7月20日から開催 「かぶと虫ナイトツアー」

さあ、いよいよ今年も7月20日から恒例ののカブト虫ナイトツアーが始まります。今年で5年目を迎えるこのツアーは、近くの山を借りて甘い樹液を飲みに来るカブト虫やクワガタなどの昆虫を自然のままの姿を観察するというもの、もちろん捕ることも目的のひとつですが、お子様の了解を得てメスを逃がしてあげたり、獲る数を制限したり、自然を大事にすることも学んで頂きます。人気の昆虫以外にも、ガやムカデ、蝶、カミキリ虫、鮮やか...

オートポリス3時間耐久レース第2戦

オール九州3時間耐久ロードレース第2戦に出場してきました。朝起きると小雨、菊池を6時20分出発、天気予報通り今日は雨、それを覚悟の上オートポリスに向かいました。菊池渓谷を過ぎて徐々に風が強くなり、樹林帯を抜けたら猛烈な風、会場のオートポリスに着くと、ツール・ド・フランスで活躍中の新城選手が優勝した3年前の全日本選手権と同じ台風のような強風が吹き荒れ、霧と雨の天候でした。チームメンバーは全員出場をキャンセ...

明日はオートポリス3時間耐久ロードレースなのに・・・

今日はたいへん穏やかな晴れの天気でしたが、15時から雨の予報が的中、徐々に雨足が強くなり只今大雨。明日はオートポリスで3時間耐久ロードレース第2戦があるというのに・・・・終日雨模様、残念です。たぶん、霧が出て、風が強くて、それでもスタートして、楽しくなさそう、雨も小雨なら涼しいくらいでいいんですが、昨年の第2戦みたいに大雨だと痛いくらいのもんじゃない、体中に小石が当たるような痛さ、それにコースの低いと...

国際禅道場 聖護寺

菊池市内から車で20分、国道133号線(菊池鯛生線)を上り竜門ダムを越えさらに奥に行くと谷あいに広がる鳳来(ほうぎ)集落があり、そこの案内看板に従い細い山道を1.3キロ上ると、ここが標高700mにある鳳儀山聖護寺(ほうぎざんしょうごじ)です。階段を登ると、目の前に本堂があり、今日は梅雨の晴れ間のせいか修行僧の皆さんが布団を干されていました。よく見るとその修行僧は外国人の方で、オーストラリア、ブラジル...

菊池の食事処、自遊亭

久し振りに自遊亭に食事に行きました。店内改装をされ、すごく居心地がよくなりましたが、新しくなったというより、きれいに古くなったという雰囲気で、古風な造りはとっても落ち着き、田舎の家に来たような感じです。今夜は家内と22歳の娘の三人で、奥の卓には20代のカップル、後で来られた方はお子様連れや女性だけのグループで、おおむねそのような客層が多い居酒屋とお酒飲みながらの食事処というお店です。付き出しが愛情た...

阿蘇で大人の自転車遊び2日間

4日と5日の2日間、私と東京M氏、福岡T氏、鹿児島W氏の4人で阿蘇をロードバイクで走って来ました。いずれも経験豊かなサイクリストの方々で、人生の半分を過ぎ、これからの目標を、出世や、お金儲けや、家族サービスなどの、ちょっと上に「自転車遊び」を置くことによって、自然と仕事や家庭が、より良き方向に行くこと知っている大人のみなさんです。私たちの「自転車遊び」とは、自転車を通じて、自然の景色やその土地の生活...

ごぼう茶が全国放送されました。

先程(7/3 19:00)、【人志松本の○○な話】の番組で、ごぼう茶が若返りする効果があると放送されました。紹介された55歳のお医者さんは確かに若い、肌・艶も良く10歳以上は若く見えましたね。ごぼう茶に含まれるサポニンがその正体であると、そしてサポニンはごぼうの皮に含まれているとのことでした。簡単なごぼう茶の作り方も紹介され、まず皮を添いで、フライパンであぶり、そのまま天日で干して出来上がり、これを日常的...

肥後名産 渋うちわ

これは昭和30年代の渋うちわです。菊の城酒造さんよりいただいたもので菊池の歴史を知る貴重なものでしょう。このうちわの柄には「熊本県鹿本町来民の栗川製」とあり、現在の栗川商店の四代目栗川亮一氏にお尋ねしたところ、「TEL51」の番号を言っただけで昭栗川商店の和30年代の渋うちわであること、金粉が撒かれた絵で裏面は朱であることを言い当てられました。こちらは、山鹿市鹿本町来民にある創業明治22年の栗川商店さ...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム