コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2010年06月 ] 記事一覧

阿蘇カルデラ一周コースがファンライドに紹介されます!

自転車専門雑誌「funride」(ファンライド)に阿蘇カルデラ一周コースが紹介されます。来月、カメラマンとライターの方が取材に来られ、実際にこのコースを私が走ってそれが記事になるというものです。2008年サイクルスポーツ6月号に「オレチャレ」という特集記事にも紹介されましたが、その時は記事の特性上160km以上ということで本来のコースとは全く違っていましたが、今回はこのブログでいつも走っているコースの紹介...

地場産品応援の店【肴屋 夢路】

旨い酒と魚が食べたくて夢路(ゆめじ)に行って来ました。うちの調理長もおすすめの居酒屋で、とにかくダシにこだわり高級鰹節や昆布を惜しげもなく使い、地物の野菜や肉、魚は天草や全国の旬のものを揃えています。価格は普通の居酒屋並みかもしれませんが、私は驚くほど安いと思いますし、ここに来る常連もそうだと思います。そして、席が空いているのに、手の回りよう、ネタ次第で平気に、あっけらかんと客を断ります。「本日の...

ちょっと晴れたら  体のメンテナンス

昨日もちょっと自転車、この前16%の登り坂の写真が撮れなかったので、再びきじ料理屋さん前の坂に挑戦してきました。13時39分、16%そして、13時44分、またもや16%先日のブログのコメントで、走ったコースを alps route で紹介したらどうでしょうというコメントを頂戴しました、なるほどそれは解り易いしリアルでいいなと、やってみたらその地図にこの道が載っていないんですね。まあ、田舎道ですから仕方ない、やはりGPSロ...

菊池釜 陶房まつたけ

庭の小径の耐熱煉瓦、釜開きした菊池窯『陶房まつたけ』さんへ行って来ました。自然と響き合う作品を目指すご主人の松竹洸哉さんは、小石原・上野焼で学ばれ1976年 菊池市藤田で開窯されました。作品は青磁の温か味のあるもので、我が家にも角皿や小鉢皿など酒の肴用に毎日活躍しています。お値段も手頃で子供が生まれた時のお祝い返しや贈答用に20年来のお付き合いをさせていただいています。仕事場は古い学校の教室を移築したも...

25000円のチケット  えっ新城選手?

日本初開催、韓国最高峰のモータースポーツが日本で開催されます。「コリアモーターフェスティバル イン オートポリス」7月3日・4日韓国からレーシングチーム関係者総勢200名と車両60台を韓国から運んでレースが行われ、マシンやドライバーとのふれあいイベント、ピットウォークや、30名を超える韓国レースクィンのオンステージ、日本最高峰レース、フォミュラーニッポンマシン走行、KOREAN SPORTS COUPEの展示、ご当地うまかも...

梅雨の晴れ間に

天気も良く、道路も乾いているし昼休みにちょこっと走ってきました。菊池の田舎道ではあじさいの花が見頃で、こうもいたるところにあじさいが植えてあるのだと花が咲いて初めてわかります。あじさいは挿し木で簡単に増やせるのも理由のひとつでしょう。きじ料理松田屋さんの坂、気温・湿度とも登り坂には辛い。すぐに汗が噴き出る。7%、9%の坂、心拍は一気に160オーバー、ここで12%くらいかな、登り坂でカメラ撮るのって、難し...

社員旅行ごっこ  水、気になる。

雨、雨、雨。でも農家の方には恵みの雨でしょうか、菊池では田植えの真っ盛り、実家が農家の社員はこのときばかりは連休とって一家総出の田植え休暇です。さて、この記事は「もう一度日本を旅する」(文芸春秋2010季刊号)より、漫画家しりあがり寿さんのコラム、「社員旅行ごっこ」こんな旅行が流行れば嬉しいですね。次は、気になるお話し・・・大好きな椎名誠さん、これからは「おいしく飲める水」がとっても大事で、その地を訪...

ごぼう王国

またもや、ごぼうについてです。しつこいようですが菊池は田んぼで作る【菊池水田ごぼう】というブランドがあるくらい産地ゆえ、ごぼう料理がそれはそれはたくさんあり《ごぼう王国》と言ってもいいくらいです。また、菊池ではどこの家に行っても冷蔵庫には、タッパに入ったきんぴらごぼうや、ブタのしっぽみたいなごぼうの先っぽを炒めたもの、酢ごぼうなど年中保存食として常備してあります。ごぼうは食物繊維の多い野菜の代表格...

雨の日は気分だけでも、そして現実に

雨が続きますね。梅雨ですから仕方ない、この時期は外にでるのは諦めて本でも読みましょう。サイクルロードレースの世界を舞台に描く青春ミステリーの逸品(帯の紹介通り)、本屋大賞2位・大藪春彦賞受賞の近藤史恵著【サクリファイス】、国内プロチームに所属する主人公、国内の大会で知ったエースの疑惑、ベルギー遠征でそれが明らかに、そして・・・チーム戦略とアシストとエースの絆、グイグイと引き込まれる後半は一気読みで...

話題の若返り茶、ごぼう茶が人気です。

この前、『情報ライブ ミヤネ屋』で報道されたごぼう茶、若返り茶と言われるこのお茶は、菊池市の渡辺商店さんが作っており、当館でもラウンジや朝食で出して販売もしています。「若返り茶」と言われる由縁は、不老長寿の万能薬、高麗人参に含まれる主成分「ジンセイド」を含んでおり、この成分は医学的にも免疫力を高め、血流をよくすることが実証されています。動脈硬化予防、ガン抑制、便秘改善、細胞老化防止、利尿促進、高血...

遊牧民の絨毯 イタリア料理 サイクリング

ここは、南阿蘇の俵山の麓、「ASOシルクロードギャラリー」、気さくなオーナーとお嬢さんが経営されるイランの遊牧民の絨毯GABBEH(ギャッべ)の専門店です。2年前、オーナーの菊池の鳥越さん夫妻がイランに行き、ギャッべを取り扱うZOLLANVARI(ゾランバリ社)と契約、ここに店をオープンされました。そこで挨拶がてらに立ち寄るとこの絨毯の美しさ感動、積み上げられた絨毯の山からぞっこんの1枚と巡り合い、全くの衝動買いをして...

菊池生んだ日本最速スプリンター

陸上・日本選手権最終日、男子100m決勝で菊池出身の江里口匡史君(早大 鹿本高出)がライバルの塚原直貴選手(富士通)と直接対決を制して堂々の2連覇を果たし日本最速スプリンターになりました。地元紙には江里口匡史君のお父さんも紹介、匡史君のお父さんは菊池で工務店をされており、以前青年会議所時代に私の委員会に所属されていたとき、菊池十五代の武光公の像を作ろうという活動を一緒にしていました。昭和30年代生ま...

朝食の基本

朝食バイキングの人気メニューのひとつ山菜おこわ、只今の具材の仕込中です。大鍋で50kg、1ヶ月分をまとめて作ります。具材の真竹、水田ごぼう、原木栽培乾し椎茸、人参など作った人の顔が見えるものばかり、周辺10キロ以内で採れた山菜を使用しています。農家の方から畑ごと買った大量のチンゲン菜は朝漬けのお漬物に、シャキシャキとした食感とチンゲン菜の風味を生かした逸品です。たぶん、どこにも無いと思います。新鮮な採...

阿蘇3峠超え

二重の峠、箱石峠、それに地蔵峠を登って来ました。(写真は高森の月廻り公園、熊本で一番の景勝地、正面に見えるのは阿蘇五岳のひとつ根子岳)友人と3人で阿蘇を目指して9時に出発、菊池赤水線(23号)で大津町真木地区から二重の峠(ふたえのとうげ)を目指します。この峠は阿蘇から九十九折り(つづらおり)ですが、菊池方面からは逆コースで静かな森の中を登ることになり、これからの季節は涼しくてとても快適と言うか幾分...

リュシウォンがオートポリスに!

韓国最高峰のモータースポーツがオートポリスで日本初開催されます。韓国から多数のレーシングチームが参加、そのなかには韓流スターのリュシウォンも参加されるとのことです。☆☆☆開催概要☆☆☆大会名:KOREA MOTOR FESTIVAL in AUTOPOLIS開催日:7月3日(土)予選     7月4日(日)決勝開催地:大分県 オートポリスインターナショナルレーシングコース前売券:6月10日~6月27日 ロ...

電動アシスト自転車に初体験

3日間ご無沙汰でした。旅館組合の旅行で昨日帰って来ました。京都の嵐山にあったレンタルの自転車、それも電動アシスト!自転車には詳しいと自負しておりましたが、電動アシストは初体験、さっそくレンタルしてみんなで走ってみると、凄い!ほとんど原付バイクの感覚、特に坂になると威力を発揮し、こりゃ無理だろうと思う坂も止まってからも難なくスイスイと、全く馬鹿にしておりましたが想像以上に便利な乗り物でした。嵐山の大...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム