コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

厳冬期の阿蘇・九重ライド

10246
ここは菊池渓谷を過ぎた深葉地区、シンと静まり鳥の声も行き交う車もほとんどない。

聞こえる音と言えば、道路に撒かれた雪の粉みたいな凍結防止材をタイヤ踏む「バツッ」という
乾いた音。それに重なるようにすぐ後ろを走る友達のまだおだやかな吐息。









10242
そう、この寒いなかロードバイクで阿蘇を目指している。
寒いから平地を走ると風が辛い、山はどんなに寒くても登りは運動量も多いから暖かい。
だから今日は阿蘇を目指している、いや今日も阿蘇を・・・ロードレースの大会やイベント以外は
年中阿蘇を走っている。いつもポラールの図表は激しい地震計のようだ。









20101024
道の端っこの雪にはキツネやタヌキの足跡、たまに沿道の斜面を掘ったような形跡は昨夜イノシイが
昆虫の幼虫かミミズを探した証拠。

タヌキは同じ場所に糞をする、だからタヌキの糞は自転車で坂を登るスピードでも見つけることがで
きる。今年は柿の当たり年だったので糞は柿の種だらけだ。

ロードバイクで坂を登るスピードは、景色だけでじゃなく、こんな自然観察も有り、キツイ坂を登る
辛さを忘れさせてくれるのもいい。










10243
北天望所到着、

いつもの阿蘇が目前に広がる、

これがあるからいつも来てしまうんだな。









10241
こんな絶景が見れるのに店は休み、

でもすぐ前がこんなだから仕方ないな、

ここに着いて、今日何処に行くか決めようと思っていたが、友人は阿蘇神社へ初詣の案、

でも天気もいいし、










10244
九重方面のこんな景色に惑わされ、やまなみハイウェイを登って三愛高原にいざ。

でも調子こいて、牧ノ戸峠を越えて長者原もいいかな、なんて思っていたら、

三愛高原までの坂が何ともいやらしい、

そんなに勾配も見えないのに、ペダルが重くだらだらと坂が続く。

登りきったと安堵のあとに、・・・また坂。










10245
正面に見えるのは、九重の天狗ヶ扇。

ここは三愛レストハウス、とんでも無い長者原をあきら左折し日田街道へ、

ここから一気に下りが続く、が陽が射さず、寒いのなんのって、

アッと言う間に黒川温泉、

街道から温泉街に行くが、いつもの人通りは無くなんとなく寂しい、

温泉組合下の「陽だまり」でパスタでもと思ったが、

まだまだ険しい登りがあるので固形物は入れない。











10247
ここは小国の「林檎の樹」の隣りの「茶のこ」さん、日本茶が有名でレーパンにビンディングでは
と思いきや、実はここのご主人はサイクリスト、白木造りの明るい店内で高級な雰囲気でも大歓迎。
日本茶以外にもチャイやカフェオレ、それに黒豚のハヤシライスが以前食べて旨かった。
今日はまだまだ、難問があるので小国ジャジー牛乳のカフェオレで、ご主人と自転車談義。

おすすめ「茶のこ」是非一度。0967-42-1512

ここから387号へ、いやなトンネルがあるので下筌ダムの橋を渡らず左岸を進んで中津江から兵
戸峠を越えて菊池へ到着。

走行距離108km、走行時間4:48分、消費カロリー3346cal、最後は足も吊り気味でヘト
ヘトで5時前到着、温泉で冷えた体を温めると、最後の最後にこれでもか!という兵戸峠を登る最中
自分に約束していた出前の「ホルモン味噌煮込」を2人前食べて炬燵で爆睡、撃沈ライド・ジエンド。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/25(月) 16:53:11|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美人奥さんの居酒屋自遊亭

20102226
居酒屋自遊亭に行ってきました。

玄関をガラガラっと開けると、

こんな雰囲気で、







20102228
ルミちゃんの、元気な威勢のいい

「いらっしゃませ♪」

を聞くと、

ホッとするんです。






まずは、生ビールに今日のおすすめメニュから、

メジナの刺身、

そう、今が旬の寒グロ、

ウマイよ!








さばゴマ刺、

菊池では、サバのゴマジョイといいます。

いい魚ですが、

マスターの胡麻と醤油のバランスが上手。

思わず(笑)ちゃいます。





タチの塩焼きね。

秘訣は塩だと、

何とか天然塩という、

でも、焼き加減がよろし、抜群ね。






20102225
ハイボール登場。

揚げ豚足、豚もやし炒め、カキフライも完食、

後半に最近必ず注文するのは、








20102228
昭和のナポリタン♪

ご主人は独身時代パスタ職人であり、

ルミちゃんと結婚して、

この店がオープン、

だから、パスタは得意なのだ!





20102229
ご主人登場、

ご主人も、奥さんのルミちゃんも、息子の小学6年コウヘイもサイクリスト。

店の奥には秘密のトレーニングルームもあり、ルミちゃんは毎日ローラーに乗ってるらしい。(ほっ)

ご主人は海の出身、だから魚の目利きが得意。

お洒落な雰囲気と豊富なメニューで女性客やカップルが多い。

当然、菊池の店ですから、馬刺し・馬レバー刺しも完備、

県外からのお客さん歓迎、ランチ(要TEL)もあって、サイクリスト歓迎(レーパン・ビンディング
シューズOK)

お安い価格、愛嬌のいいご夫妻、上質な素材ですべて手作り、黒瀬・萬緑・三千盛・菊池川・厳選
木村屋ワイン完備、コルナゴ部長おすすめの間違いなしの店です。


居酒屋自遊亭 0968-25-2476 熊本市内を結ぶ国道387号と菊水・植木ICからの325号の交差
点角、駐車場有り(電話するとルミちゃんが明るく元気に「じゆうていでーーーす」 と言います)




  1. 2010/01/23(土) 19:28:36|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春のおもしろ自慢☆鎧兜・女官の着付け体験♪

20101209
菊池公園の桜をバックに菊池十五代武光公の騎馬像、3月末から4月始めにかけてこんな景色にな
ります。

場所は当館から徒歩3分の市民の広場、ここにある菊池観光協会で鎧兜や女官の着付け体験ができ
ます。








20101202
鎧兜の着付けは結構本格的で、












20101204
15分後にはこんなに変身できます。














20101205
女官はこんな感じで着付けは5分です。

そして、











20101206
子供用の鎧兜もあり、

10分我慢すると、










20101203
かっこいいでしょ!

節句祝いに絶対おすすめですね!











20101201
歴史は、勉強するのもいいけど、楽しみましょうね。

旅の記念に菊池ゆかりの武者体験、還暦の記念に武者姿と女官で写真撮影される方や、お子様の節句
祝い、歴女も鎧兜になったり、とにかく大賑わいの着付け体験はおすすめです!


3月22日から4月10日まで鎧兜・女官・子供鎧兜体験が付いた宿泊プランができました。
ここを→クリック  じゃらんネットや楽天などネットサイトからももどうぞ

菊池公園に咲く1万本の桜をバックに最高の思い出の写真を撮りましょう。

  1. 2010/01/20(水) 19:41:59|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菊池無双誕生。

20101183
南北朝時代、後醍醐天皇の皇子である懐良(かねなが)親王を征西将軍として足利幕府と戦い、遂に
九州を統一した菊池氏第十五代菊池武光公の騎馬像、軍配は征西府の拠点の大宰府を指している。

押せる。押せるはずだ。征西府を畏れるな。

背後で地鳴りがした。

「お館様、ここは落ちのびてくだされい。顕景がお供します」

馬のむきを変えられていた。なにが起きたのか、頼尚にはよくわからなかった。ただ、見方は総崩
れになっている。

「馬鹿な」

悪夢でも見るように、頼尚は戦場に躍りこんできた旗を見ていた。並び鷹の羽。菊池武光だった。

そんなことがあるのか。あっていいのか。
















20101182
「怯むでないぞ」
武光の声が、全軍に響き渡った。

「菊池の力を見せてやれ。武時公以来の無念を晴らすのは、いまをおいてない。城武顕。行けっ」
先鋒の騎馬槍隊から、土埃とともに鯨波(とき)があがった。槍の穂先を揃えた騎馬槍隊が、魚鱗
の中央の旗にむかって突撃していく。

「騎馬一番二番、右翼。徒は、城武顕に続け。恵良惟澄、左翼より迂回」
武光の下知は、その場の戦況を見て下すものだった。判断の速さに、いつも唖然とさせられるほど
だ。阿蘇外輪山の原野で、鍛えに鍛え抜いた精兵である。下知を受けた時の動きは素晴しかった。

「雑兵には眼をくれるな。狙うは大将の首のみ。征西府と、菊池の命運を賭け戦ぞ。生きて帰ろう
と思うな。」

武光は太刀を抜き放った。

「御所様、参りますぞ」

ひときわ高く、武光の叫び声があがった、二百五十の騎馬が、一斉に走りはじめた。先頭に赤星武豊
以下十数騎。それに忽那重明の十数騎。次にはもう、懐良と武光と頼治が並んで続いていた。

                                      北方謙三著 武王の門より














20101181
「菊池無双Tシャツ」できました。
背中と胸に描かれた家紋こそ菊池一族が使っていた「並び鷹の羽」

菊池夢美術館にて好評販売中 2000円
  1. 2010/01/18(月) 18:52:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正八の原木椎茸のこだわり

20101145
村上正八 36歳、彼はダムの水没からまぬがれた、静かな山深い村で親子代々山師として3世代
で暮らしている。

菊池の北方に位置する八方ヶ岳の麓、5月から11月までは椎茸の原木栽培を営み、冬から春は山
師として間伐の請負をしている。


















20101141
椎茸の栽培は十人十色、さまざまな方法があるが、正八は標高500mの杉林で椎茸品種113号の
栽培にこだわる。

113(いちいちさん)は標高が低いところでは育たない品種、でも香りと味は一番と正八は自慢気に
言う。


















20101143
椎茸山に正八と行った。2車線道路から車1台がやっと通る荒れたセメント道を行くと正八の集落が
ある。

昭和の懐かしさが残る村を過ぎ小川沿いの山道を3キロほど登ると八方ヶ岳林道、そこから1キロ
の杉林に正八の椎茸山が延々と広がる。
















20101142
杉林の中は暗くても明るくてもいけない 「こんくらいが良か」と正八。

ボタ木はすぐ近くの山から伐採した樹齢20年のクヌギで普通より30~40cmも長い。1本当
たり椎茸の菌が入ったコルク状のコマを20個打つ、その数年間15万個という。

コマをボタ木に打ち、菌が繁殖しやすい親父から受け継いだこだわりの一工夫をして杉林に立掛け、
あとはほったらかし、何もしない、自然の成すがまま、でも次の年にはもっこりと113が頭を出す。




















20101144
収穫は人より早く、まだ傘が完全に開かない時期に獲り乾燥機へ、正八は乾燥椎茸が専門で生は出さ
ない。形を一定にするためシーズンには家族総出で収穫しヘッドライト姿で徹夜するときもあると言う。
それは大きさを揃え、巻きの良さ、柄、白さ、傘の亀裂など厳格な基準をクリアし品評会で賞を狙うか
らだ。見事な椎茸はそんなこだわりと菊池の自然の賜物ゆえ顧客販売だけで完売する。

山で 「こん前ん、獲り残したい」 と正八にもらった。
家に帰って焼いて食べた、美味しかった、まるでステーキみたいな肉質、芳香な薫りも抜群だった。
食べたあと正八が横にいるような気がした。



正八の原木椎茸、当館でもメニューに、

早々にお知らせします。
  1. 2010/01/14(木) 11:09:36|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬の菊池川ポタリング

2010112
曇りの日、家内の天草下島一周サイクルマラソンの練習に菊池川沿いをポタリングしました。

家内のペースに合わせてゆったり時速20km弱で景色を楽しみ、菊池川支流の合志川沿い河川専用道を
旭志から泗水・植木と下り、鹿本町で菊池川に合流する熊本山鹿自転車道(ゆうかファミリーロード)
の分田橋を渡って上内田川を登り水辺プラザ経由で帰ってきました。

走行距離  38km
平均時速  18.8km
走行時間   2時間
消費カロリー 742cal
平均心拍   107bpm


















2010111
『どんどや』、標準語では、「どんど焼き」というらしいですがこちらでは『どんどや』です。

今では菊池でも田舎の方だけの懐かしい行事、小さいころ餅焼いて食べていました。

自転車で見る『どんどや』、煙くないのに涙が出そうな風景でした。

  1. 2010/01/11(月) 17:56:20|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今から熊本で一番のおすすめスポット!

2010082
寒い日が続きますねー。

さあ、いよいよ熊本の春を告げるイベント『農協植木祭り』がいよいよ1月23日から開催されます。

400年以上前から続く熊本の早春の大イベントで、植木や盆栽・花など120万点の以上の緑が出品
されるほか、県内各地の物産も勢ぞろいしまるで各地の道の駅が集結した感じ、地元の人も毎日通うほ
どの人気です。















2010084
場所は熊本県農業公園カントリーパーク、昨年a-nation'09が開催されたところで24,000平方
メートルの広大な会場に170業者が出店、入場者数も1日5000人~10000人で毎日あふれ
んばかりの賑わいです。
















2010083
ここにはゴルフ場2ホール分くらいの芝生広場やアスレチック施設もあり入場無料で1日中遊べますよ!



















2010085


さあー!防寒具を着て、青空いっぱいの会場へどうぞ。お子様からご年配の方まで楽しめますよ、
焼肉や揚げたての辛子蓮根(からしれんこん)屋台や食堂などグルメもいっぱい、ランチにも最適
ですね♪♪

県外から団体・グループの方にもおすすめ、迷子にならないよう集合場所と集合時間を決めたら観光
コースに早変わり!!

場所は当館から20分、387号の熊本市内と菊池の中間にあります。

(定期バスあり、1時間に2~4本 熊本電鉄バス)






















2010081
ここでおすすめの山野草は福寿草これはおすすめですよ!
けっこう長く花が楽しめて、あと庭に植えるとけっこう増えますね。

場所 熊本県農業公園カントリーパーク(合志市栄3802-4 ) 

期間 平成22年1月23日(土)~2月22日(月)
時間 9:00~17:00(入場無料)

アクセスは →コチラ(当館より車で20分)
  1. 2010/01/08(金) 12:42:29|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健康のために七草粥、それとサイクルマラソンとロードレース

2010173
今日は七草、今朝の朝食には七草粥を出しました。
正月料理やお酒でちょっとくたびれた体に優しい自然食、気持ちまで元気を取り戻すね。

社員食堂でも、おばちゃんの愛情いっぱいの七草粥です。お客さんに出した鍋の残りを
玉子をいれてバージョンアップしみんなで食べました。



さて、じゃらんネットご利用のお客様から有り難いクチコミを頂きましたので紹介しましょう。

『お部屋は広くて眺めもよくとても綺麗でした!
到着してすぐにお茶をいれていただいたのが嬉しかったです。
あらゆる面で、ケチケチしたところが一切なく、とても気持ちよく過ごせました。
子連れだったのですが、子供への配慮もしていただき、とても感謝しています。
夕食も、多すぎず、少なすぎずちょうどよい量でした。
びっくりするほどの御馳走とまでいはいきませんでしたが、価格からして十分満足できるものでした。
朝食のバイキングは、手作りのものばかりでとても美味しくゆっくり食べれてよかったです。
子供におにぎりやヨーグルトまで持たせていただいて感謝しています。
接客サービスは文句なしです。
また利用したい宿でした。
本当にありがとうございました!』

ありがとうございました。こんなご意見頂くと元気がでますね。感謝です!



















2010171
体力的、気分的にも健康にはサイクリングが一番!

今年の最初のサイクルマラソンは【天草下島一周サイクルマラソン】です。


天草空港がスタート地点のすぐ近く(20km平坦な道)にあり、例年関西・関東から輪行の方も多く
見受けられますね。












2010172
数あるサイクルイベントのなかでも、ひと足早い春一番を感じられる大会で、東シナ海や山村、漁村、
や教会などいろんな景色が日本で最初に体験できます。

けっして派手な大会ではなく、コースは車の少ない田舎道が多く力いっぱい応援してくれる島民の方
もおじいちゃん、おばあちゃんが多いですね。
ほのぼのとした島巡り的なイベントです。

サイクルマラソンの幕開けの大会ですから人気も高く、135kmはけっこう早く定員になりますの
で参加希望の方はお早めに。
また、田舎で車も少ないので女性の方初めての挑戦にもいい機会だと思いますよ。
家内や行きつけの居酒屋「自遊亭」ファミリーももこの大会がデビューでしたし、、友達の奥さんも
初のロードバイクとなります。

135km定員500名、105km定員300名















2010174
この写真は昨年のツール・ド・フランス第2戦、新城選手が驚きの強豪を抑えて5位に入賞という
サイクルロードレースを知る人には驚愕のシーン、実況の栗村さんだったかな、ゴール寸前まで
沈黙でしたからね、そんなこと有り得ないことでしたから仕方ないです。
私も全身に泡が走り、涙した瞬間でした。

ア ラ シ ロ !!
















2010175
そんな新城選手も今年2年目、フランスのブイグテレコムに所属しジロ・デ・イタリアやツール・
ド・フランスで活躍することでしょう。(右から4人目)

ブイグと言えば、















2010176
今年から、バイクはコルナゴです!

ウレシイな!














2010177
Y.ARASIRO の文字見えます!

売れるだろうな、コルナゴ。

ブイグ、新城、コルナゴ、頑張れ!
  1. 2010/01/07(木) 11:58:47|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1月2日、社員食堂では

2010121
今日は社員食堂のメニュを紹介しましょう。
お客さんに美味しいものを提供するには、私達も美味しいものを食べなきゃですね。
それに試食もみんなでして、「これは旨い」とわかってからお客さんに出すのが基本、それにどんな
味か知らないで説明なんてできませんしね。


写真の粕汁、とろっとしたクリーミーでまろやかな味でまるでホワイトシチュー、でも中身は野菜
や椎茸、揚げの純和風、鮭が本来メインのなる粕汁ですがモチモチの平らな団子が主役の逸品です。
まあ、これも試作中の鍋料理ですが、ほとんど完璧に仕上がっていました。












2010124
雑炊、これはお客さんの朝食バイキングで余ったご飯使用ですが、ダシがきいててポカポカになり
ます。額には汗がにじむほど、やはり寒いときはこれが一番ですね。













2010122
麦ごはん、これも余りもの。でもそんなに食べれない!











2010123
十穀米ごはん、これも余りですが女性社員に人気。














ブリ刺身
天然ブリの刺身、これも余りもの、ラッキーでした。











野菜炒め
味彩牛の炒め物、余った野菜と味彩牛のブロック肉の切れ端ですが抜群に旨いです。ビールが欲しく
なる逸品です。

他にもポテトサラダやコールスローもあり幸せなお昼ご飯となりました。
















12222
早朝からぶっ続けの調理場、もう午後1時を過ぎているのにまだまだ仕込みの最中です。
美味しいものを提供するにはこんな裏方の頑張りがすべてです。

お先にご馳走さんでした。
  1. 2010/01/02(土) 17:03:31|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: