コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2009年12月 ] 記事一覧

2009年最後の夕日。

今年の最後の夕日です。菊池では一番高い東館14階の屋上から撮りました。17時20分が日没ですが残念ながら雲に厚い覆われ、直線距離にして53km先の雲仙の山並みに沈む夕日は見ることはできませんでした。さて、明日から2010年、このブログも3年目を迎え今までと同じ流れで、苦手の文章と苦心の写真であれやこれや、教えたいこと、伝えたいことを紹介しましょう。私し、コルナゴ部長の菊池観光ホテルでの仕事は、総務...

サイクリングの走り納め、「ぐるりと阿蘇一周コース」

ロードバイクの走り納めをしてきました。もちろんコースはおすすめの阿蘇北外輪山から南阿蘇を回る『ぐるりと阿蘇一周コース』です。阿蘇の最低気温は2度との予想、防寒対策をして友達と二人で10時に出発、菊池渓谷越えは道路凍結が予想されるので菊池赤水線(23号)で旭志の真木を抜けるコースました。天気は雲ひとつ無い快晴、風も無くおだやかな田舎の風景は、竹の笹ですす払いをするお爺さん、庭で障子張りをするお婆ちゃ...

朝メシ抜けば、気も抜ける。

今日の読売新聞の広告記事、養蜂業者の健康へこだわりの紹介で公立菊池養生園 名誉園長の竹熊宜孝氏が自論の健康への考えを述べていらっしゃいました。菊池養生園は当館の産業医で、スタッフの健康診断や医療相談などお世話になっており竹熊先生は私達のいわば主治医でもあります。竹熊先生の紹介はご本人のホームページがありますのでこちらをご覧ください。 ココをクリック生命を育む安全な食べ物を作り、病気にならないための...

別府史之 VS ビートたけし

2010年1月号の新潮45、『ビートたけしの達人対談』にプロロードレーサー(スキル・シマノ所属)別府史之選手が登場しました。しかし、ビートたけしさんは何でも知っているんですね、これ読むとロードレースについての知識もかなりの豊富だし、以前から興味があってツール・ド・フランスを衛生放送で見てたと言うんですからね。別府選手のたぐい稀な才能もあらためて知りました。ヨーロッパでも一握の人間しかプロになれない...

ディープなプサンの旅

21日より2泊3日で家内とプサンに行って来ました。10年以上になりますが、毎年この時期にクリスマスの街並みと冬の海の幸を味わいに懲りもせず通っております。今年はロッテデパートが半分以上完成し営業も始まっていたので、南浦洞地区は凄く賑わっていました。プサンに来たら、まずはチャガルチ市場の小さなテント張りアジュマの店で、コムヂャオ(ヌタウナギ)を食べます。生簀で生きている日本で言えばヤツメウナギを、捌...

3日留守します

このカレンダーいいでしょう!ロードレースカメラマン砂田弓弦さんのプロレースのカレンダーです。アマゾンで売ってます、おすすめです。突然ですが明日から3日休みます。家内とプサンに行ってきます。食べ歩き珍道中です。もう10年以上行ってるかなあ。あの街と料理がピッタリ合うんですね。それでは、24日にお会いしましょう。...

農業を志す若い皆さんに調理長が講演

菊池地方新規就農者スキルアップセミナーが当館が開催されました。熊本県主催の今後の菊池の農業を担う若い人たちを支援する会で、畜産・野菜・園芸・椎茸・米麦大豆の生産を目指す60名の皆さまが参加されました。そのなかで当館の緒方調理長が講演を行い、「使う人」の立場で「作る人」に、これから求めらる食材、売り手と買い手の意思の疎通など話し、質疑応答では盛んに意見が寄せられました。なかなか、うまいこと話しが盛り...

大好評、自家製【おはぎ】は朝食で

朝食バイキングの献立のひとつ、【自家製おはぎ】がとっても人気です。エッ、朝から、と思われますが、みなさんニコニコして男性の方も美味しいそうに食べられていますね。アンコも手作りで懐かしい菊池のお母さんの味が人気の秘密かも知れません。そこで、もっと美味しそうに見せるためにおはぎ専用のお盆を買ってきました。黒いおはぎには柿渋風の赤のお盆が何とも似合うんじゃないかと思いましてね。朝からぼた餅どうですか?...

カブトムシの幼虫

今日は椎茸山に収穫と整備に行ってきました。朽ちたボタ木を片付けているとその根元でカブトムシの幼虫を発見、20匹以上集まっており大きいものは直径が5cm位もありました。気持ち悪いなんて言わないでくださいね、来年6月には立派なカブトムシになりますからね。この幼虫は今年の8月にここに産卵、10日~2週間で卵から7~8mmの幼虫になり、今まで椎茸を作っていた朽ちたクヌギの木をモリモリと食べ脱皮を2回終えた3齢...

小説家の命日

開高健先生が亡くなって20年目、昔から好きで一昨年には茅ヶ崎の開高健記念館を訪れました。付近の先生の散歩コースをたどったり、夜は赤坂の「バー木家下」のメモリアルプレートがある席「Noblesse Oblige」(位高ければ、務め重し)に座らせて頂き、マーティニを飲み長年の夢も叶えました。命日の昨日は、家内と二人で【夢路】で我流の偲ぶ会をしました。開高先生が広めたといってもいい【ハイボール】で乾杯、...

椎茸山の整備

自家用の椎茸山の整備に行ってきました。農薬や肥料など全く使わない原木の栽培の椎茸は、完全にカサが開かない肉厚の状態で食し【どんこ椎茸】と呼ばれます。塩と酒で味付けし、バター焼きが最高に美味しいですね、コリコリとした食感は地元でも人気ですが、そんなに流通しないので椎茸に携わる人の特権でもあります。椎茸を栽培する原木は、どんぐりの木と言われる「クヌギ」の木に椎茸の菌をコルク状の玉に混ぜたものを打ち込み...

いよいよ冬らしくなりました。

あし湯のつくばいです。昨日から一気に葉が落ちて掃除が間に合いません、でもこれもまた風情があります。今日の写真は全部【NOKIA N82】の画像、携帯とは思えないでしょう。クリスマスの赤い実を代表するのがホーリー。モチノキ科の常緑樹で11月~12月に真っ赤な実をつけます。この木は、あし湯の庭にあり、しばらくしたら調理の佐藤君によって料理のあしらいとなり、裸にされることでしょう。でもとっても強い木で、すぐに...

名曲【旅の宿】の酒は白肌の君

三千盛(みちざかり)の1合の白瓶、なんと精米歩合50%、吟醸酒並みの王道を行く日本酒だと思います。部屋食のみですが取り扱い始めました。上品な白肌の君は、ヌル燗がオススメ。ちょっと季節は過ぎましたが、初めて見たとき【旅の宿】の酒だなあ、と思いました。1970年代、アコースティクギターとハーモニカだけで構成されたフォークソングの王道にぴったりの酒。なんか懐かしいと思うのです。浴衣のきみは ススキのかんざ...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム